163号をゆく

田園風景を走る国道163号(津市片田井戸町)

田園風景を走る国道163号(津市片田井戸町)

国道163号沿いの集落(津市片田町)

国道163号沿いの集落(津市片田町)

津市片田志袋町から片田井戸町、片田町、そして片田久保町。国道163号は田園地帯に沿って緩やかな曲線を描いている。収穫を終えたばかりの田では風に舞う稲わらが、豊穣を告げている。
この一帯は、旧伊賀街道に沿って集落が形成されており、片田町から片田久保町にかけては、旅籠だった建物や、常夜灯など宿場町の面影も残っている。
そんな風景に心躍らせながらも、アスファルトをなぞる足取りは決して軽やかではない。この地域には歩道や十分な広さの路側帯が余りなく、必然的に車道の端を歩く時間が長くなるからだ。平日昼間でも交通量があり、気を抜けば、事故になりかねないので、慎重にならざるを得ない。
道路の右側を歩きながら、前方から来る自動車に全神経を注ぐ。スペースがあれば大きく避け、無ければ立ち止まり、やり過ごす。それを繰り返しつつ、少しずつ美里町方面へと歩みを進める。
国道沿いでも少し古めの家々は、玄関が国道にほぼ直結しているものが少なくない。これは数十年前まで、道路が単なる交通インフラというだけでなく、文字通り人々の生活の場であったことを示す証。道路は子供たちの最も身近な遊び場であり、大人たちにとっても社交の場だった。
自動車への〝主役交代〟によって、利便性は飛躍的に向上したが、ほとんどの道路は自動車のために最適化されてしまった。一方は、陸を統べる王者の顔色を伺い、もう一方はか弱き貧者への施しに腐心するかの如き均整を欠いた関係が路上の常となっている。
本来、人間は2本の足と道さえあれば、どこへでもいける生物のはずだ。〝遠く〟が近くなった反面、〝近く〟が遠くなってしまったのは、皮肉という他はない。
なにも今を否定したいわけではない。大切なのは私たちが何を得て、何を失ったのかを知ることだ。ただ道路を歩くという単純な行為が、それらを浮き彫りにしていくから不思議だ。 (本紙報道部長・麻生純矢)

伊勢自動車道の高架(津市殿村)

伊勢自動車道の高架(津市殿村)

津市殿村。見渡す限り広がる田園風景と、澄み渡る晩夏の空のコントラストを楽しみながら国道163号を伊賀方面へ進んでいく。容赦のないように思えた日差しも盛夏のそれとは違う微かな柔らかさを秘めていることに気付く。「秋隣」という言葉はこういう時にこそ使うべきなのだろう。
再び歩道が途切れ、気を引き締めつつ歩くと、伊勢自動車道の高架が見える。1993年に全線開通したこの高速道路は東西の名阪自動車道と三重県の南北の主要都市を結んでおり、伊勢神宮の参拝者も多く利用している。近年では、紀勢自動車道にも接続され、尾鷲や熊野といった東紀州とのアクセスも飛躍的に向上している。
余談になるが、高速道路の正式名称は高速自動車国道で、その名の通り国道の一種。大正時代に道路法が制定された際には、東京から伊勢神宮を結ぶ道が国道1号(現在の国道23号)と定められたことは余り知られていない。江戸時代には〟一生に一度〝と言われたお伊勢参りには、伊勢街道などを通って全国から多くの旅人が訪れていた。この高速道路も、その時代から連綿と受け継がれた思いが形づくっていると思えば味わい深い。
伊勢自動車道の高架下をくぐる際、道路に鳥の糞が落ちている。見上げると橋の付け根部分の出っ張っているところで何匹ものハトが羽を休めている。ちょっとやそっとの災害ではびくともせず、危害を加える人間もほとんど通らない高架下は格好のねぐらとなるのは自明の理である。
泉ヶ丘団地に繋がる道と163号が合流する交差点で普段よく通っているはずだが、今まで全然気づかなかった。これを書くのに調べたところ、高架下でのハトの営巣は全国各地で問題になっているらしい。こういうことを自分の目で見て感じられるのは歩く醍醐味だと思う。
道中の幸運は願うが、不ウンに見舞われたくないので慎重に高架下をくぐり、片田地区へと入っていく。北には伊勢平氏発祥の地である忠盛塚。辺りのコンビニで初めての休憩。店舗脇に腰を降ろし、購入したばかりの冷えたミネラルウォーターを一気に飲み干す。人心地ついたところで、懐からスマートフォンを取り出す。時間は15時。出発から一時間半が経過しており、距離にするとまだ7㎞ほど。当然のことながら目標の長野峠は遥か彼方。まだまだ、ここで休みたいが気持ちを奮い立たせ、国道に戻っていく。(本紙報道部長・麻生純矢)

終点付近にある水上マーケット

終点付近にある水上マーケット

 

8月31日13時半頃に国道163号の終点から出発。ただ少々寂しいのはここが終点と誰もが一目で分かるようなランドマークがないこと。全国の国道ファンの間では〝おにぎり〝と呼ばれ、親しまれている国道の道路標識もかすれ、歩道に三重県の距離票(道路のしてん起点からの距離を記してある)が打ち込まれているのみ。道路の起終点を示す道路元標設置義務はもうないが、小さなものでも良いので終点を示すモニュメントがあれば、この道に興味持つ人が増えるかもしれない。
ここから近鉄津新町駅周辺にかけての区間は、国道163号という名前以上に「新町通り」という通称の方が圧倒的に知られている。津市史には、戦後復興の折、厳しい物資統制の隙間を補う形で生活必需品を販売する露店が立ち並んでいたことから、次第に商店街が形成されていく通り

終点付近にある水上マーケット

終点付近にある水上マーケット

の黎明期が記されている。
歩き始めた私を最初に出迎えてくれたのは、岩田川に沿って広がる水上マーケット。立ち並ぶ商店の前を走る歩道には、スレート屋根に鉄骨がむき出しの簡易なアーケードが掛けられている。戦後のいわゆる闇市がルーツで、当初は川沿いの狭い土地にバラックが並んでいたが、やがて水上にまでせり出す形で少し広い店舗が建てられた。昭和36年に床下は埋められたが、今も護岸いっぱいに並ぶ古びた建物は決して名前負けしていない。
今では、入口付近の建物は火災で焼失し、シャッターが閉まったままの店舗も多く、少し寂しい印象も受ける中、近鉄津新町駅方面に歩を進めていく。国道に沿って、昭和の面影を色濃く残す佇まいは終点として、インパクト十分な風景かもしれない。
アーケードを抜け、その先の津新町商店街を通過していく。飲食店を中心とした比較的新しい店舗、逆に小売り店は長い歴史を感じさせる店が並ぶ。戦前まではただの一つの通路に過ぎなかったというこの道が、戦後復興より津新町商店街の目抜き通りになり、やがて主要地方道に。それが、平成5年には国道へ

三重県の距離標

三重県の距離標

終点にある〝おにぎり〟

終点にある〝おにぎり〟

と格上げされていく流れには大きなドラマを感じる。
ようやく近鉄名古屋線の踏切にさしかかり、津新町駅を超え、どんどん163号を遡っていく。ここまでの所要時間は約15分。流石に疲労感は無いが、想定を下回るペース。ここ数年の不摂生でかなり体が鈍っていることだけは確信できた。
軽い気持ちでこの日の目標と定めた約20㎞先の長野峠付近までたどり着くのは難しいかもしれない。残り火と呼ぶには、まだ厳しい夏の日差しが私を急き立てるように降り注いでいる。額に浮かぶ汗をタオルで拭い、歩みを早める。(本紙報道部長・麻生純矢)

[ 4 / 5 ページ ]12345