地域

本番に向け熱の入った稽古をする津演(仏教会館にて)

本番に向け熱の入った稽古をする津演(仏教会館にて)

津市を拠点とする社会人演劇集団・劇団津演=若林一博代表=の2022年公演『仇討』=作・井上ひさし、演出・山本賢司=が7月2日㈯18時半(開場17時半)と3日㈰14時(開場13時)、お城ホールで開かれる。新型コロナウイルス感染症の影響で4度の延期を経ての待望の公演。
同劇団は昭和38年創設以降、59年間にわたりオリジナル作品や名作などを上演してきた。三重県文化奨励賞演劇部門やNHK東海いぶき賞などを受賞している。
『仇討』は、井上ひさしの作品として今までにほとんど上演されていない幻の名作と言われる。
あらすじは──
中国の経書で親孝行を説いた『孝経』に心酔する武士・及川孝之進が、自分を刺した蚤(のみ)に対して仇討をしようとするが、幕府の巡見使より「仇討には浪人となる必要があり、蚤に喰われた武士が、一々仇討を志していたら、天下は浪人だらけの不穏な世の中になる」と横槍が入り、藩の行方にも関わることから、家老は、人間への仇討というシナリオに仕立て上げようと画策する。
一方、蚤も自分の女房を殺されて、人間に対して仇討しようと考える。さらに、その様子をそばで見ていた蚊達は蚤を運んで仇討に助太刀したり…それぞれの言い分や心模様を面白おかしく演じる。
同劇団では「仇討と聞くと深刻なテーマに感じるかもしれませんが、舞台ではユーモアを散りばめ、クスっと笑って頂けます」と話す。
前売は大人1500円(当日1800円)・学生1000円(同1200円)・小学生600円(同800円)。津演劇鑑賞会☎津228・9523、三重額縁☎津225・6588、県文チケットカウンター☎津233・1122、津市大門の仏教会館(月・水・土の20時以降)で取り扱うほか、6月29日㈬までメールでも受付中。氏名・枚数・日時・種類を記載しg-tsuen@hotmail.comへ送信。尚、手指消毒、受付の混雑回避など様々な新型コロナウイルス感染症予防対策を施しての上演となる。
問い合せは劇団津演☎津226・1089(月・水・土曜の20時以降)。

第112代三重県議会議長の前野和美氏(議長室にて)

第112代三重県議会議長の前野和美氏(議長室にて)

三重県議会第112代議長に就任した前野和美氏が掲げる「オンライン会議」への取り組みについて聞いた──
「未だに収束していないコロナ禍や、さらに発生が危惧されている大規模災害時においても、きちっと県議会が機能するようにするためにも会議のオンライン化を進めたい。災害時に議員が家から一歩も出られないという環境の中でも会議ができるようにするには、まず議員のWi─Fi環境が整っていないといけない。オンライン会議が可能かどうかの環境整備を調査した上で、最高に良い環境にしていきたい。 現在の法律では、参集される議場や委員会室に議員がいないと成立しない。しかし、県議会議員は広い県域の各地で活動している。大災害で議員が参集できず、過半数が集まることに困難な状況が出てくると思うので、議会運営委員会か代表者会議に諮らせていただいて議論を深めた上で、全国都道府県議会議長会を通じて総務省にお願いをしていきたい」。
次に 「議会改革とひらかれた県議会」について──
「三重県議会は改革先進県という自負をしながら、議会基本条例を中心に議会運営が行われている。しかし第三者の識者の立場から見た時に、本当に議会改革が進んでいるんかと。4年間の判断を、第三者の識者の方に意見を伺った上で、来期に活かしたい。
また、三重県議会では、大学院で公共政策に関連する研究を行っている学生をインターンシップ実習生として受け入れている。県議会の取組や業務内容の説明、委員会や本会議の傍聴、さらには、議員との対話や交流を通して意見発表してもらい、議会にフィードバックしている。こうして、次代を担う若い人に身近な存在としての県議会でいることは重要と考える」。

映画「晩春」のワンシーン

映画「晩春」のワンシーン

映画上映などを通じて、津市と縁の深い映画監督、小津安二郎を顕彰する「彼岸花映画祭in津」の第7回が6月25日㈯13時~16時40分(開場12時半)、津リージョンプラザお城ホールで開かれる。主催=同映画祭実行委員会、共催=津市・三重大学、後援=中日新聞社、㈱ZTV、本紙、ほか。
小津安二郎は、日本を代表する映画監督。「世界のOZU」として20世紀の文化芸術分野における世界最高峰の一人として認められている。普遍的テーマである「家族」を見つめ続け、家族こそが人間とその生活の原点であることを、映画を通じて訴えている。
中でも『東京物語』(1953年)は2012年、英国Sight&Sound誌で世界の監督が選ぶ映画の第1位に輝いた。小津の世界的評価は、没後に長い時間をかけて高まっていき、生誕110年の2013年には世界三大映画祭(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン)で小津作品が上映されるという快挙も成し遂げた。
1903年12月東京で生まれた小津は、9歳の時に父の故郷である三重県松阪へ転居し、旧制宇治山田中学を卒業後、飯高町の宮前小学校で一年間、代用教員をしてから松竹蒲田撮影所へ入社している。小津の母も祖母も生粋の「津」の人で、津は小津の映画表現の根本にかかわる美意識を育てたところと言える。
今回、第3部(14時45分~16時35分)で上映される小津の映画は「晩春」(1949年・108分」。出演は、原節子、笠智衆、杉村春子、月丘夢路ほか。
娘の結婚を巡るホームドラマを小津が初めて描いた作品であり、その後の小津作品のスタイルを決定した。小津が原節子と初めてコンビを組んだ作品でもある。原作は、作家の廣津和郎が熱海に滞在中に書いた小説『父と娘』。小津は本作以前にもホームドラマを数多く手掛けているが、結婚する娘と父の関係を淡々とした日常の中に描いたのは、本作が初となる。
◆第1部(13時~14時)は、津市出身で世界的ピアニストである兼重稔宏氏とNHK交響楽団の中心となるヴァイオリニストの樽井悠樹氏による映画音楽コンサート「映像を彩る魅惑の名曲たち」。 ◆第2部(14時半~14時45分)は映画解説「晩春の景色」。
入場無料。先着600名(予定)。問い合わせは事務局☎090・3389・1454ヘ。

[ 1 / 1,762 ページ ]12345...102030...Last »