地域

金子安雄(1907~1988)

金子安雄(1907~1988)

津センターパレス地下1階の津市市民活動センター研修室で23日、津市生まれで映像作家として活躍した金子安雄(1907~1988)の生誕110年記念上映会が開催される。主催は三重映画フェスティバル実行委員会。
金子安雄は「安っさん」と呼ばれ、温かく人間味あふれる人物だった。呉服店や高級洋品店「おしゃれの散歩道カネコ」を営みながら、戦前・戦後を通じ、撮影した写真は数々の賞に輝いた。また、写真展の審査員や文化団体の代表なども務めた。
一方、映像作家としても活躍し、文部大臣賞を含む各種の受賞は10数本に及ぶ。氏が遺した映画はドラマではなく、郷土愛あふれる津市や三重県各地の風景をはじめとするドキュメンタリーや、昭和初めの大都市を音楽的に表現したモダンな短編。デジタルやCGのない時代、映像によってどのような表現ができるのかを究めていった。
今回は、2017年が金子安雄の生誕110年にあたるのを記念し、氏のいくつもの短編作品を上映。会場では写真パネル展示も行われる。
▼スケジュールは、13時45分=開場、14時=開演、同実行委員会の藤田明さんの解説、14時15分=上映開始(16時上映終了予定)。※上映後、希望者による座談会(16時半まで)。
▼入場無料(事前予約不要)、定員50名(当日先着順)。
▼問い合わせは、同実行委員会の田中忍さん☎090・8735・8971へ。

小川実行委員長(右)から松本副理事に寄付

小川実行委員長(右)から松本副理事に寄付

三重ボランティア基金実行委員会は、8日に松阪市嬉野島田町の西日本セブンスリーゴルフクラブで開いたチャリティーゴルフコンペで造成した寄付金28万8千円を、三重ボランティア基金に贈った。コンペ終了後の表彰式で行われた贈呈式で、小川益司実行委員長が、同基金の松本利治副理事長に浄財を手渡した。
小川実行委員長は「今回でコンペも32回目を迎えた。ボランティア活動の支援に役立てほしい」。
松本副理事長は「多くの寄付に感謝します。今後も助成支援が継続できるよう、ご協力を願います」と謝辞を述べた。

生徒の前で薬物乱用防止を訴える杉田真一さん

生徒の前で薬物乱用防止を訴える杉田真一さん

津ライオンズクラブ=池田慎弥会長=の青少年健全育成推進・薬物乱用防止委員会=山尾陽彦委員長=は8日、県立津工業高校を訪れ、薬物乱用防止教室『ダメ。ゼッタイ』が開かれた。
同クラブでは、青少年育成事業の一環として、市内の小中高の児童・生徒を対象にした薬物乱用防止教室を開いている。
今回は、同クラブメンバー9名が訪問。体育館に集まった生徒の前で啓発DⅤDを観た後、杉田真一さんが講師となり、芸能界で広がる違法薬物や危険ドラッグが身体や精神をボロボロにしてしまう怖さについて話し「誰か身近な友人が薬物を使っていたとしても、ぜったいに関わらないで下さい」と強く呼びかけ、違法薬物に関する知識の大切さや、絶対に使わないという意志、周囲に相談する勇気を持つよう訴えた。終了後には、生徒全員で「薬物乱用はダメ。ゼッタイ!」を斉唱し気持ちを確認した。

[ 1 / 1,136 ページ ]12345...102030...Last »