地域

▼田岡和貴のラッキーセブン展=~28、岩田川久画廊
▼橋本とも子個展=3・10~14、三重画廊
▼点字絵本作品展=3・2~31、百五銀行本店
▼伊藤清和個展=~28、三重画廊
▼松阪市嬉野文化協会・邦楽部発表会=28、嬉野ふるさと会館
▼白山地域文化祭=28、白山総合文化センターしらさぎホール
※イベント・催しの内容は新型コロナウイルス感染症拡大防止の影響で延期もしくは中止になっている場合があります。事前確認をおすすすめ致します。

見頃を迎えた梅の花

見頃を迎えた梅の花

津市戸木町の伊勢温泉ゴルフクラブ内にある福祉と環境が融合した花園『かざはやの里』で「梅まつり」が開かれている。
同花園は、社会福祉法人『正寿会』=伊藤滋之理事長=が運営。ゴルフクラブの約半分に当たる2万㎡にも及ぶ広大な敷地に46種555本が植えられている。正寿会が運営する障害者施設の利用者たちが手入れを行っており、園芸福祉の実践の場でもある。
現在、ちょうど見頃を迎えており、白、紅といった色とりどりの花を咲かせる多彩な梅が咲き乱れている。来月中旬まで楽しめる見込み。新型コロナウイルス感染予防として、来場者にもマスクの着用、検温などの協力を呼び掛けている。
出店では津ぎょうざ、うどん、やきそばなどが食べられるほか、東洋軒のブラックカレーレトルトなど、津市物産も販売されている。
開園時間8時~17時。協賛金は一般500円。高校生以下や障害者手帳所持者は無料。
問い合わせは☎059・255・5755へ。

「EFACE Lite」の前での寄贈式…中川代表取締役(中央)と前葉市長(右)と中川常務

「EFACE Lite」の前での寄贈式…中川代表取締役(中央)と前葉市長(右)と中川常務

1月21日、津市役所で「㈱ライフ・テクノサービス」=三重県津市中央、中川裕代表取締役=が、津市へ新型コロナウイルス感染症の対策予防対策機器の寄贈を行った。
同社は三重県内で福祉用具レンタル、介護施設運営、保育園運営といった事業を幅広く展開。今回寄贈したのは、同社グループ企業で介護用品の製造販売を手掛けている「㈱ヒトラボ」が販売している顔認証・非接触検温入室管理システム「EFACE Lite」2台。この製品はAIを利用した瞬時顔認証と非接触検温で通行の可否を判定し、建物内部人員との接触を遮断。マスクを着用していても顔認証ができ、マスク不着用者に入室拒否を行うこともできる。政府の緊急事態宣言に伴う三重県独自の緊急警戒宣言を受け、「事業発祥の地で本社を置いている津市に恩返しができれば」という思いで寄贈を行った。
寄贈式には、前葉泰幸津市長、中川裕代表取締役、中川敬史常務取締役らが出席。「EFACE Lite」2台の前で、目録が手渡された。
同社では「この度の寄贈が、地元・津市民の皆さまの安心につながるよう微力ながら新型コロナウイルスなど感染症対策の一助になれば」と話している。「EFACE Lite」は市役所1階ロビーに設置されている。

[ 10 / 1,686 ページ ]« First...89101112...203040...Last »