地域

「蔵」を生かし美しく整備された中町商店街

「蔵」を生かし美しく整備された中町商店街

中町商店街担当者から説明を受ける参加者

中町商店街担当者から説明を受ける参加者

津商工会議所社会文化部会(原田陽介部会長)が、商店街活性化策の先進例を学び、津市の中心市街地振興のヒントにしようと、長野県松本市と飯田市の2つの商店街を11月29日・30日の行程で視察した。同会議所の設立125周年記念事業の一環。今回はその様子をレポートする(同行取材=本紙・森昌哉)。
今回参加したのは会員12名と同商議所の葛西豊一専務理事ほか職員4名の計16名。初日朝、津市をバスで出発し、昼過ぎに松本市の「中町商店街」に到着。松本城の城下町でもある同商店街は、かつては街道筋問屋街として発展したが、明治期の大火で町屋の多くが焼失。その後は耐火建築物として「土蔵」が随所に建てられ、現在にいたった経緯がある。
同商店街も全国の中心市街地の例に漏れず、郊外型の大型店の出店のあおりを受け、客足が遠のいていた。その挽回策として昭和61年、「中町・蔵のある街」をキャッチフレーズに趣のある「蔵」を改築してシンボル的存在に位置づけたほか、電線地中化や石張り歩道、雰囲気のある街灯の整備などで魅力あるまちづくりを進めた。同時にホームページや「まちなかマップ」などを製作し、国内だけでなくインバウンド客の誘致にも注力する事で、同商店街への誘客を図っている。
一行は、同商店街振興組合からこれらの戦略についてのレクチャーを受けた後、実際に商店街を歩いて視察、美しく整備された商店街の雰囲気をじかに感じていた。現代的建築形態の街並みが殆どとなった今、中町における蔵造りの街並みなど、従来からある資源を生かしたまちづくりは、津市のまちづくりを考える上でも大いに参考になった。 (次号に続く)

「トキメキ」16㎝×23㎝

「トキメキ」16㎝×23㎝

「櫻」10㎝×15㎝

「櫻」10㎝×15㎝

 

「天孫降臨」26㎝×61㎝・甲骨文字

「天孫降臨」26㎝×61㎝・甲骨文字

津市南が丘団地内の刻字工房『有石』及び『紀平有石印章』を拠点に国際的に活動する刻字作家・有石さんが、ここ1年ほどで出展した作品を紹介。有石さんは現在までに毎日書道展刻字部審査部長・総務部長・陳列部長、国際刻字公募大展審査員・日本刻字展審査部長を歴任。現在、毎日書道展審査会員・(公社)全日本印章業協会主催全国印章技術大競技会審査員を務める。
▼公募・第37回日本刻字展(1月20日~26日・東京都美術館)…「トキメキ」=16㎝×23㎝・女性の視点から古代文字とカタカナで恋文を描くシリーズ。同シリーズでの有石さんの雅号は惠壽子。
▼チャスラフスカさん日本を愛してくれてありがとう展(5月10日から1週間・チェコ共和国リトミチェル市バフラディ城・後援=外務省)…「櫻」=10㎝×15㎝・チャスラフスカさんは櫻と富士山を好んだ事から出展。また4年前、東洋のカリグラフィという企画展でメインに展示され、何かと縁のある国となった。
▼第70回毎日書道展(7月11日~8月5日・国立新美術館)…「天孫降臨」=26㎝×61㎝・甲骨文字。真ん中に天孫、右に降、左に臨と配置。古代文字をアートにという作品の方向性を志向した作品。
有石さんは、今年夏ごろに津市内で個展開催を予定。刻字界初。惠壽子の古代文字で恋文を描く展、全6作のシリーズの完成記念展(併催・古代文字をアートに 刻字家 有石展)。実に県立美術館での個展開催から10年ぶり、新作も出品される。津城復元の会も協賛するチャリティ展でもある。既に予約済みの作品がかなりあるという。
尚、現在、直門の生徒さんは募集しておらず、篆刻・刻字の直接指導を希望する人は芸濃公民館の新年度の講座の講座募集を確認のこと。

IMG_498912月17日、(公社)三重県宅地建物取引業協会津支部=草深靖志支部長=は、津市社会福祉協議会=小渕徹夫会長=に8万4953円を寄贈した。
寄付は同支部の社会貢献活動の一環。毎年津まつり会場で行っている「ふれあい宅建フェスタin津まつり」で販売したフランクフルトと飲み物の売上金を贈ったもの。寄付は地域福祉の一助となるべく毎年行っている。
贈呈式では、草深支部長から同社協の小渕事会長へ目録が手渡された。それを受け、小渕会長は「毎年本当にありがたい。地域の皆様に行き渡る事業に使わせて頂く」と感謝。草深支部長は「公益社団法人である我々の役目。これからも寄付を続けていく」と笑顔で語った。

[ 10 / 1,414 ページ ]« First...89101112...203040...Last »