地域

道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」向かいの茶畑

道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」向かいの茶畑

月ヶ瀬駅口の旧トンネル

月ヶ瀬駅口の旧トンネル

道の駅の向かいの丘には大きな茶畑が広がっている。宇治茶の歴史は800年余りにも及び、南山城村を含む京都南部の山城地域は日本を代表する高級茶葉の産地。広く飲まれている「煎茶」、茶道に欠かせない「抹茶」、世界にもその名を轟かせる「玉露」などの生産技術を生み出した。
茶道を始め、日本を語る上で欠かせない喫茶文化を茶葉の品質向上や生産面から支えてきたこともあり、山城地域8市町村の文化財が平成27年に文化庁の日本遺産「日本茶800年の歴史散歩」として認定を受けた。南山城村に広がる茶畑も文化財に名を連ねている。
「日本茶のふるさと」と呼ぶに相応しい歴史を持つこの地域にあって、その軌跡を刻む建造物や庭園も非常に重要な存在だが、今も生産技術に磨きをかけながら、次代へと受け継いでいく姿勢こそが喫茶文化の源といえるだろう。
収穫シーズンを迎えたこの時季の茶畑には、黒い覆いがかけられている部分が見受けられる。収穫前の一定期間こうすることで、茶葉に含まれる渋み成分のカテキンが抑えられ、うまみ成分のテアニンが増す。玉露やかぶせ茶は、このように栽培されており、その生産技術がこの周辺地域で生まれたということを少し意識するだけで何気ない村の風景ですら、貴重な文化財と捉えることができるかもしれない。
あと、この道の駅周辺で少し面白いものといえば、JR関西本線の月ヶ瀬口駅の下にある新旧一対のトンネル。新しく道幅が広い方には「新今山隧道」の扁額がかけられており、コンクリートづくりの至って普通のトンネルだ。一方、道幅の狭い方のトンネルは、相当古く、道の駅の逆側は煉瓦の長手と小口を組み合わせたいわゆる「フランス式」で積まれている。現在では新は車道、旧は歩道として利用されているている。旧トンネル内部もレンガ積みで、道の駅側はコンクリートで延伸されたことがわかる。
トンネルを歩いているとまるでタイムスリップしたかのような感覚が味わえるのも魅力。更にトンネルを抜けたところにある水路も旧トンネルと同じ煉瓦積みで相当の歴史を感じさせる佇まい。
こういった旧世紀に整えられたインフラが、21世紀を迎えた現在も、立派に人々の生活を支えていることを設計者や作業に関わった人たちが知れば驚くに違いない。経済的な理由などもあったのだろうが、ただ壊して新しいものをつくるのではなく、残して活用するという判断も素晴らしい。文化とは、物に宿るのではなく、それと向き合う人の心なのだとはっきり確信した。(本紙報道部長・麻生純矢)

本殿にて「胡蝶の舞」の奉奏の様子

本殿にて「胡蝶の舞」の奉奏の様子

南朝の忠臣・結城宗広卿が祭神の津市藤方の結城神社で、今年も1・3・4日に春祭が執り行われた。
1日の例大祭には、全国各地にいる結城宗広卿の子孫による結城同族会代表や神社関係者と、地元選出の県議会議員、市議会議員など約100名が列席。伊勢神宮楽師の雅楽演奏が流れる本殿で宮司が開扉して神体に神饌を捧げ祝詞を奏上。続いて神社本庁からの献幣使も祭祝詞を奏じた。
その後、神宮舞楽の男舞「蘭陵王」と女舞の「胡蝶の舞」を奉奏した。
最後に列席者たちが玉串を奉奠し、最後まで忠節を貫いた宗広卿の遺徳をしのんだ。
3日は三重県少年剣道大会、4日には第42回三重県少年相撲親善大会と第31回三重県中学校春季相撲選手権大会も行われた。

akatuka_san 日本の宇宙開発の父、故・糸川英夫博士の一番の思想後継者で、赤塚建設㈱社長の赤塚高仁氏の講演会を収めたDVD「やまとのこころ~あぁ日本人に生まれてよかった~」が㈲クロフネカンパニー(中村文昭社長。伊勢市)から発売された。
赤塚氏は、日本とイスラエルの交流に人生を捧げた博士の遺志を継いで一人でも多くの日本人をイスラエルに導くことに精魂を傾けており、両国を結ぶ親善団体「ヤマト・ユダヤ友好協会」の会長も務め、また「聖書に学ぶやまとこころの旅」団長として、マスコミが伝えないイスラエルの真実の姿や聖書の教えの素晴らしさを全国各地、海外でも講演し、人々に伝えている。
赤塚氏は「2千年にも及ぶ流浪を経ても、ユダヤの民は民族のアイデンティティを失わずにいた。イスラエルは日本人が世界で唯一学ぶべき国である」。また「空を飛ぶ鳥に空が、水を泳ぐ魚に水が見えないように、日本人に一番見えていないのは自国」と指摘。一度滅びた国を蘇らせたイスラエルと比べ、ほとんどの日本国民は建国の歴史すら知らないという日本を憂い、「歴史を知らない民族は滅びる」と訴えかける。
このほか、DVDでは、三重県から出征し、パラオ・ペリリュー島から唯一の生還者、名張の上島氏のことも詳しく紹介。
一見、お堅そうな内容だが、実際は笑いあり、涙ありの楽しい講演。DVDではそんな赤塚氏の講演の魅力を余すところなく収録している。
定価税別2千円。赤塚建設で取り扱い中。
問い合わせは同社☎059・226・6627 ※第4面に関連随想あり。

[ 10 / 1,251 ページ ]« First...89101112...203040...Last »