地域

 六面地蔵(浄泉寺)

六面地蔵(浄泉寺)

彌尼布理神社

彌尼布理神社

知らない河芸を旅してみませんか!
10月26日㈪、道の駅津かわげと観光ボランティアガイド・「河芸『江』の会」のコラボ企画の第7回「秋麗 河芸名所めぐり」が開かれる。参加者募集中。雨天決行、荒天中止。
名所を同会が案内するもので、毎回好評を博している人気企画。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため徒歩移動となる(2・5㎞)。参加者はマスク着用。
五穀を司る神として昔から近隣住民に崇敬されている彌尼布理神社(みにふりじんじゃ)などをめぐる。
▼集合=道の駅津かわげイベント広場(受付8時半から)
▼コース=同道の駅(9時出発)~彌尼布理神社~三行神社・浄泉寺・薬師寺~なぶり地蔵~浄見寺~同道の駅で昼食(11時15分到着)
▼参加費=1000円(昼食代、保険代込み。野菜詰め放題付き)当日支払う。
▼定員先着20名(最少実施人数10名)
▼申し込みは同道の駅レジ又は電話で。締切りは10月20日だが定員になり次第締切。
問い合わせ・申し込みは同道の駅☎059・244・2755。

三重県社会福祉協議会は、介護職員初任者研修及び生活援助従事者研修(通信講座)の受講生を募集している。
福祉・介護職場の人材不足を改善するため、働いていない人を対象に募集するもの。
応募要件=三重県に住民登録しており、働いていない人で、概ね70歳未満の人。研修修了後は福祉・介護職場で働ける人
募集人数=各39名(応募者多数の場合は抽選)
受講料=無料(テキスト代は自己負担)
受講方法=同会から送付されるテキスト等の資料で学習し、指定する各期日までにレポート課題を提出。実技科目はスクーリングで学習する
スクーリング会場=三重県社会福祉会館(津市桜橋2の131)
◆生活援助従事者研修(通信講座)=2回目…募集締切・9月16日㈬必着。研修期間…10月14日㈬~12月4日㈮。うちスクーリング3日間
◆介護職員初任者研修(通信講座)=第2回…募集締切・11月18日㈬必着。研修期間…12月10日㈭~令和3年3月9日㈫。うちスクーリング10日間。
申し込み・問い合わせは同人材センター介護職員初任者研修担当☎津227・5160。

IMG_0007 7月14日、津市高野尾町の「高野尾花街道 朝津味」で、津市立高野尾小学校の2・3年生児童14名が海を渡る蝶として知られるアサギマダラのことについて学ぶ三重県総合博物館の出前事業に参加した。
朝津味では、アサギマダラが好む植物であるフジバカマの植栽を行い、飛来スポット化を目指している。アサギマダラの行動生態は、学術的にも注目されていることから、三重県総合博物館と企業パートナーシップ連携事業を行っている。今回の出前授業もその一環。同小学校とも連携し、フジバカマを増やしたり、アサギマダラの観察会などを行っていくが、出前授業は、それに先駆けて行われたもの。
授業の講師は同博物館学芸員の大島康宏さん。大島さんは児童たちを前に、日本国内だけでなく、遠くは海を越えて台湾などへも渡るアサギマダラの生態などをクイズ形式で楽しくレクチャーした。児童たちからも昆虫全般やアサギマダラについての様々な質問が出るなど、大いに盛り上がっていた。
今後、児童たちはアサギマダラの飛来をめざしながら、朝津味のフジバカマ畑の整備を行う。
そして、朝津味では10月の開花期に合わせて再び出前事業を行ったり、観察会などを実施。収穫したフジバカマで、におい袋づくりなども行う予定。

[ 10 / 1,651 ページ ]« First...89101112...203040...Last »