地域

 消費税を中心とした間接税の納税者でつくる津間税会(森昌哉会長)は5月24日、プラザ洞津で第55回通常総会を開いた。
 同会は、税務行政に協力することを基本理念とし、消費税のあり方を考える団体として消費税の完納運動や周知啓発運動、学校へ出向いて児童・生徒向けの出張租税教室の実施。また、税の標語作品募集と表彰式、世界の消費税率を印刷したクリアファイルの配布などに取り組んでいる。
 総会では、令和5年度の事業報告承認案、同収支決算報告承認案、令和6年度の事業計画案と収支予算案などを全会一致で可決した。
 総会に先立って開かれた記念講演会では、津税務署法人課税第一部門・統括国税調査官である広岡辰文さんが「税金トリビア」と題し、国税庁の報道発表資料を基に、令和4事務年度の所得税や消費税の調査の状況を話した。
 「所得税は1年間で約4万6千件を調査し、追徴税額は約1015億円。簡易な接触を含めた追徴税額は過去最高の1368億円となっている。有価証券・不動産等の大口所有者や海外投資を積極的に行っている個人など、いわゆる『富裕層』や、インターネット上のプラットホームを介して行うシェアリングエコノミーなど新分野の経済活動に係る取引や、暗号資産(仮想通貨)などの取引を行っている個人等に対して積極的な調査を実施している。特に無申告者に対しては、自発的に適正な申告をしている納税者に強い不公平感をもたらすことになるため、的確かつ厳格に対応していく必要がある」と強調した。
 その後、「事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得が高額な業種」について、平成25事務年度から令和4事務年度の上位5位をランキング形式で示し、令和2事務年度には、それまで1位もしくは2位にランクされていた風俗業がランク外になり、逆に経営コンサルタントやブリーダーなどが上位にランクされるなど、大きな変動があったこと、また、その要因はコロナの影響を受けているのではないかと独自の推測も交え説明した。

 消費税を中心とした間接税の納税者でつくる津間税会(森昌哉会長)は5月24日、プラザ洞津で第55回通常総会を開いた。
 同会は、税務行政に協力することを基本理念とし、消費税のあり方を考える団体として消費税の完納運動や周知啓発運動、学校へ出向いて児童・生徒向けの出張租税教室の実施。また、税の標語作品募集と表彰式、世界の消費税率を印刷したクリアファイルの配布などに取り組んでいる。
 総会では、令和5年度の事業報告承認案、同収支決算報告承認案、令和6年度の事業計画案と収支予算案などを全会一致で可決した。
 総会に先立って開かれた記念講演会では、津税務署法人課税第一部門・統括国税調査官である広岡辰文さんが「税金トリビア」と題し、国税庁の報道発表資料を基に、令和4事務年度の所得税や消費税の調査の状況を話した。
 「所得税は1年間で約4万6千件を調査し、追徴税額は約1015億円。簡易な接触を含めた追徴税額は過去最高の1368億円となっている。有価証券・不動産等の大口所有者や海外投資を積極的に行っている個人など、いわゆる『富裕層』や、インターネット上のプラットホームを介して行うシェアリングエコノミーなど新分野の経済活動に係る取引や、暗号資産(仮想通貨)などの取引を行っている個人等に対して積極的な調査を実施している。特に無申告者に対しては、自発的に適正な申告をしている納税者に強い不公平感をもたらすことになるため、的確かつ厳格に対応していく必要がある」と強調した。
 その後、「事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得が高額な業種」について、平成25事務年度から令和4事務年度の上位5位をランキング形式で示し、令和2事務年度には、それまで1位もしくは2位にランクされていた風俗業がランク外になり、逆に経営コンサルタントやブリーダーなどが上位にランクされるなど、大きな変動があったこと、また、その要因はコロナの影響を受けているのではないかと独自の推測も交え説明した。

三重県交通安全協会は、第21回交通安全「俳句」「川柳」「スローガン」作品コンクールへの応募作品を募集している。
 多くの人に交通安全意識を高めてもらい交通事故の防止に繋げるのが目的。
 募集部門は、俳句・川柳の部…全年齢が応募可(小・中・高生を除く)。スローガンの部…小学生・中学生・高校生のみが応募可。
 応募資格は、三重県内在住者又は県内在勤者もしくは同在学者で、交通安全協会の会員・非会員は問わない。
 応募作品は、交通安全に関するもので一部門3作品まで。応募用紙(作品)には「俳句」、「川柳」、「スローガン」のいずれかを必ず記載。氏名、住所、年齢(「スローガン」は学校名と学年を記載)及び電話番号を記載。
 なお、氏名は一般の部のみペンネーム可だが、応募者本人との連絡に必要なため本名を必ず明記(表彰状は本名となりる)。
 応募方法は、応募用紙又はハガキで郵送もしくはFAX・Eメールで送付(応募用紙は「三重県交通安全協会のホームページからダウンロードできる)。
 募集期限は、9月6日㈮まで。
 その他、最優秀作品及び優秀作品の発表は、表彰状等の発送をもってこれに代える(三重県交通安全協会ホームページ上でも発表)。
 最優秀作品及び優秀作品に入選した人は、受賞作品と名前等を報道機関に資料提供及び交通安全機関誌等に掲載することがある。佳作入選者にも賞品等が贈られる。
 昨年の最優秀作品
 ▼俳句の部
 「ヘルメット 並べ水飲む 初夏の旅」
 ▼川柳の部
 「知らせ合う 早めのライトと 反射材」
 ▼スローガンの部
 「決めておこう 飲酒の後の 運転手」
 問い合わせは同協会安全対策課☎059・253・7744へ。

戦場カメラマンの渡部陽一さん

 三重県保険医協会(津市観音寺町)は8月11日㈰14時から15時30分、津駅北隣のアスト津4階アストホールで市民講演会を開くにあたり参加者を募集している。後援=津市教育委員会。
 同協会の創立50周年を記念して企画されたもので講師は、戦場カメラマンの渡部陽一さん。テーマは「戦場からのメッセージをあなたに」。
 渡部さんは1972年生まれ。静岡県富士市出身。明治学院大学法学部・法律学科卒業。学生時代から世界の紛争地域を専門に取材を続ける。
戦場の悲劇、そこで暮らす人々の生きた声に耳を傾け、極限の状況に立たされる家族の絆を見据える。イラク戦争では米軍従軍(EMBED)取材を経験。これまでの主な取材地はイラク戦争のほかルワンダ内戦、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、アフガニスタン紛争、コロンビア左翼ゲリラ解放戦線、スーダン、ダルフール紛争、パレスティナ紛争など。2011年2月、富士市では初となる「富士市観光親善大使」に任命された。
 当日は、戦場での取材を通じて見えてきた命の大切さや人権問題など、ニュースでは分からない現場で起こっている出来事や事実を、写真や映像を織り交ぜながら話す。  
 全席自由・定員250名(申し込み多数の場合は抽選)。参加申込はFAX059・225・1088で(「渡部陽一市民講演会」と記入し氏名・郵便番号・住所・電話番号・参加人数を明記)。申し込みは1口につき2名まで可能。応募期間は、7月19日㈮10時まで。当選者にのみはがきで通知(落選の場合は通知はない)。
 問い合わせは同協会☎059・225・1071へ。

[ 10 / 1,854 ページ ]« First...89101112...203040...Last »