地域

 21日~23日の10時~16時県総文で『夢の手づくり市・祝祭』が開催される。
 津市在住のノンフィクション作家・ふきの藤さんの主催。県内外の手づくり作家が多数出店し、創作アートや雑貨・ジュエリーなどを販売。「三重そうぶんシネマスクエア」との共催。
 ステージも充実。21日12時~のタップダンス、22日12時~のキッズ・ヒップホップダンス、23日13時~の殺陣は体験、レッスンもあり、当日参加可能。

 三重大学教育学部教育コース天文学研究室は今日19日19時~21時、教育学部1号棟屋上(正面階段ではなく、北側の階段を上った5階)で「第5回星空観望会・お月見サイエンスカフェ」を開く。雨天・曇天の場合は中止。
 同学部が定期的に開いているもので、今回は教育学部家政科と連携し、サイエンスカフェ風に月見団子とドリンクを用意。お月見に関するちょっと学術的な話を聴きながらお月見気分が味わえる。
 ちなみに、サイエンスカフェとは、喫茶店にいるような気軽な雰囲気でアカデミックな話題に触れようという試みで、参加者とお茶を飲みながら語り合う。
 対象は三重大生、教職員・一般市民(小学生~)参加無料。事前申込み不要。
 問い合わせは同大教育学部理科教育講座天文学教室℡059・231・9240伊藤さん。

 三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いている津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第51回文化講演会?「発見塾」が28日13時半~、津リージョンプラザ健康教室で開かれる。主管=津文化協会。後援=同大学、本紙。
 今回の講師は同大学院工学研究科教授の菅原洋一さん。演題は『千歳山・半泥子ワールドへようこそ』。
 「津市千歳山は、城下町当時から景勝の地として名高く、明治以降はここに川喜田半泥子が創意を凝らしたユニークな邸宅を構えていました。中核となる洋館や和館は、戦争中に市外の海軍施設に移築されましたが、その後、数奇な経緯を辿り、現在は解体部材として保存されています。その調査も行われて、津の事実上の迎賓館となっていた川喜田邸の具体像が明らかになってきました。半泥子が千歳山に営んだ邸宅について報告し、半泥子ワールドの秘密と魅力に迫ります」と菅原さん。
 入場無料、事前申込み不要。直接会場へ。
 問い合わせは事務局℡059・228・8393東さん。

[ 1,009 / 1,163 ページ ]« First...102030...1,0071,0081,0091,0101,011...1,0201,0301,040...Last »