地域

前葉市長に大会宣言を提出する4団体の代表ら

  2日、「NHK大河ドラマ『藤堂高虎』を誘致する会」・「津市議会お城をいかしたまちづくり推進議員連盟」・「藤堂藩五日会」・「ときめき高虎会」は共同で、津市役所の前葉泰幸市長を訪問し、来たるべき津城の復元に向け、市民からの寄付金の受け皿となる制度の整備を要望した。
 誘致する会の西田久光会長は先月28日にリージョンプラザお城ホールであった「高虎のつどい」の基調講演で城郭研究の第一人者である広島大学大学院の三浦正幸教授より、津城が「日本一の築城の名手・藤堂高虎が手がけた江戸時代の城郭の規範となった天下の名城」という評価を受けたことを説明。「津の市民が思っている以上にすごい城であるし、知れば知るほどいかに素晴らしい城であったかが分かる」と熱弁し、正確な図面・古写真・石垣が残っているという文化庁が定める復元の基準を満たした非常に稀有な例であることを強調した。
 その上で中長期的な視点に立った城跡全体の復元構想を述べ、第1期として北面にあった丑寅櫓と戌亥櫓とそれを結ぶ多門櫓の復元を提案。その建設費は三浦教授の試算によると6億円であるが市民からの浄財でまかない、市内の大工や左官が市内産の木材や瓦でつくると説明。現在、津城址にある模擬隅櫓は昭和33年に戦災復興のシンボルとして、地元の商店街関係者らが市民から浄財を募り完成させたものであることからも行政に頼るのではなく、市民主導型による城づくりの重要性を訴えた。
 その後、西田会長ら4名が高虎のつどいの大会宣言を前葉市長に手渡し、津市のふるさと納税制度「ふるさと津かがやき寄付」を浄財の受け皿として整備するよう求めた。これを受け、前葉市長は「かがやき寄付の条例の中には初めから津城跡と北畠氏遺跡の整備が含まれているので、より津城の整備ということを明確化にさせる形をとれば、今の条例の範囲内でできると思う」と整備に前向きな姿勢を見せていた。

来店を呼びかける中山さん(左)と大西さん

 津市の大門大通り商店街内の「街の駅だいもん」に明後日14日の一日限定で、三重大学と三重短期大学の学生が企画・運営する『Cafe HONOBUONO(ほのぼーの)』がオープンする。営業は10時~16時、ランチ10時半~13時半。
 中心市街地活性化などを目的に両大学や津市、同商店街振興組合が連携して開くもので今年で4回目。クリスマスをイメージしたランチやデザートで毎年人気を呼んでいる。
 今回は同大教育学部消費生活科学コースの学生10名が広報や店内の飾り付け、当日の接客を担当。10月から始めた出店準備を通じ、消費者と事業者両方の視点から商業を実践的に学んでいる。当日は、同短大生活科学科食物栄養学専攻の学生が味や栄養価にもこだわったシチューなどを提供。 三重大2年で広報担当の中山智津子さん(19)と大西美咲さん(20)は「子供さんからおじいさん、おばあさんにも来てもらい、クリスマス気分を味わってもらいたい。地域活性化に繋がれば」と話している。

挨拶する澤田理事長

 11月24日、津都ホテルでNPO法人「ラピドスポーツクラブ」の創立20周年記念パーティーがあった。
 同法人は津市・名張市などでフットサルチームを運営しており、中でも「津ラピドFC」は全国大会で優勝したこともある強豪チーム。OBには現在、ポルトガルのポルティモネンセSCに所属し、日本代表にも選ばれたことのある金崎夢生選手がいる。
 ОBや保護者など、約100名が出席したパーティーで同法人理事長の澤田一雄さんは「20年間やってこられたのも子供たちや、支えて下さる保護者のおかげ。更に全国で通用するチームに育てたいし、今後は第2の金崎君も育てたい」と挨拶した。

[ 1,070 / 1,286 ページ ]« First...102030...1,0681,0691,0701,0711,072...1,0801,0901,100...Last »