地域

 三重フィルハーモニー交響楽団の第42回定期演奏会「フランス音楽への招待Ⅱ」が9日14時~(開場13時半)、県文化会館大ホールで開かれる。主催=同交響楽団、岡田文化財団助成。後援=在日フランス大使館、三重県、津市教委等。
 同交響楽団は、三重県民による初の本格的オーケストラとして昭和46年(1971)に結成。本格的なオーケストラとして昭和46年に創立。オーケストラ活動を通じてクラシック音楽の普及に取り組んでいる。
 翌年6月に、野上阜三博氏の指揮によって第1回演奏会を開催、以降も大友直人、山下一史、矢崎彦太郎ほか各氏を招聘し、毎年定期的に演奏会を開いている。団員100名。
 今回の演奏会は矢崎彦太郎名誉指揮者の就任記念演奏会でもある。矢崎氏は四半世紀にわたりパリで活躍し、フランス国立トゥルーズ室内管弦楽団の首席指揮者を務めるなど、フランス音楽を中心にした国際派の指揮者として知られ、01年には、長年にわたる日仏音楽交流への貢献に対して、フランス政府から「芸術文化勲章シュヴァリエ」が授与されている。
 三重フィルのような地方のアマチュアオーケストラが、矢崎氏のような実績のある著名な指揮者を名誉指揮者に迎えることは「たいへん誇らしいこと」と言う。
 演奏曲は、モーツァルト・交響曲第31番「パリ」、ドビュッシー・バレエ音楽「おもちゃ箱」、ストラヴィンスキー・バレエ音楽「ペトルーシュカ」。
また、TVタレントの中井美穂さんが「おもちゃ箱」の演奏にナレーターとして出演。
 コンサートミストレスにはアメリカの有名なオーケストラで活躍中の広江洋子氏がゲスト出演する。
 入場料は指定席1500円(県総文チケットカウンター、谷楽器、近藤楽器で販売中)、自由席1000円(同チケットカウンター、津・鈴鹿市内有名楽器店、主要プレイガイドで発売中)。
 問い合わせは津230・2133森本さん。

 和太鼓奏者の服部博之コンサート『一會─いちえ─2013』が6月28日18時半から(開場18時)津リージョンプラザお城ホールで開かれる。主催=オフィスハットリ。
 服部さんは74年、三重県生まれ。幼い頃に和太鼓を始め高校生の頃より地元の「津・高虎太鼓」に入会。その後、和太鼓奏者として大学進学後も修行を積む。
 95年からは「和太鼓一路(後にJDO一路)」のメンバーとして、ヨーロッパツアー等に参加し、世界各国で公演活動を行う。
 また、96年からは和太鼓奏者・林英哲氏主宰の、全国から選び抜かれた太鼓打ちの精鋭による、特別編成の和太鼓集団「英哲 風雲の会」のメンバーとしても活動。国立劇場「日本の太鼓」など多数の舞台に出演した。
 99年からは三重を拠点にソロ活動を始める。ソリストとして様々なアーティストとの共演も行い、各地でライブやコンサート等を開催している。また津商工会議所青年部「元気玉」、現役僧侶による和太鼓集団「鼓司(くす)」など地域の太鼓グループの作曲や指導者も務める。
 『一會─いちえ─』は08年をスタートに今回で6回目。当日は尺八奏者の新田みかん、和太鼓の木村優一、書家の山本魁星、鼓司をゲストに迎え、息の合った絶妙なコラボレーションを繰り広げる。
 全席自由。入場料・前売り一般4000円、学生2000円(当日券は各500円プラス)。
 三重県文化会館チケットカウンター、イオン津南SCサンバレー、伊勢門本店、中津軒、花音、アレグリアで販売中。
 問い合わせは実行委員会(アレグリア内)℡0598・56・9669へ(日祝休み)。

2部門の表彰状を手に…中西さん

 津市野田在住の中西秀輝さん(65)は5月19日、伊勢市の県営総合競技場であった第18回・三重マスターズ陸上競技選手権大会に初出場し、M65(65歳~69歳)の1500m(5分33秒05)と3000m(11分50秒48)で1位の栄冠を勝ち取った。
 中西さんは三重県警の元刑事部長で、県警を早期退職後に津市の消防長としても活躍。現在は全国各地のマラソン大会に年4回ペースで出場を続ける市民ランナーで、中南勢のランナーたちが集うランニングチーム「ウィニングラン」に所属。国内最高齢の競技マラソンランナーとして国際大会出場資格を持つ山口千勢子さんらと共に日々、密度の濃い練習を重ねている。今回のマスターズ大会にはフルマラソンの練習の一環として出場した。
 中西さんが走り始めたきっかけは50歳を過ぎた頃、警察官として尾鷲市で子供たちと徒歩で熊野古道の峠越えをするという青少年健全育成事業を企画した際、途中で足が動かなくなり、悔しい思いをしたこと。
 そこで一念発起し、ジム通いを始めた。やがて、体力が付くに従い、10㎞やハーフマラソンに出場。58歳当時の平成18年にフルマラソンに初挑戦した。タイム的には不本意な結果に終わったが、苦難に立ち向かい克服していくことが大好きな中西さんは、どんどんフルマラソンの魅力に取りつかれていった。
 以来、全国の大会に出場しており、先月の長野オリンピック記念マラソンではシャーベット状の雪が路面を覆う厳しい天候の中、3時間22分15秒のタイムで自己ベストを更新した。
 中西さんは初出場で経験豊かなシニアアスリートたちから勝ち取った今回の快挙を喜びながら「あくまでフルマラソンがメインだが秋以降のシーズンに向けてトレーニングを重ねつつ、秋のマスターズでは、県記録更新を狙いたい」と今後の意気込みを語っている。

[ 1,071 / 1,163 ページ ]« First...102030...1,0691,0701,0711,0721,073...1,0801,0901,100...Last »