地域

展示作品「花の妖精と共に」

 津市大谷町の百五銀行津駅西口支店で30日まで、津市高野尾町にある「アトリエののはな」の仲間によるレカンフラワー作品展『花の妖精たちと共に』が行われている。
 「レカン」とはフランス語で「宝石箱」の意味。レカンフラワーは、花や葉を立体の状態で乾燥させて作るため、自然な色や形が保たれ、長期間楽しむことができる。
 「ののはな」では草花が大好きなメンバーが月1、2回、皆で楽しみながら制作活動を行っており、今回は、桜やスイートピーなど春の花と共に可愛らしい花の妖精が額装されたものなど、約30点を出品。美しい力作が、観る人の心を癒している。出品者は(敬称略)…主宰・伊東邦枝、中西千代子、芳賀容子、加藤かをる、市川陽子、永橋久美子。
 伊東さんは「ぜひレカンフラワーの美しさを観に来て頂きたい」と呼びかけている。

 世界的ギタリスト、布袋寅泰による「TOMOYASU HOTEI TOUR2013」が4月25日19時から(開場18時半)、四日市市民文化会館第1ホールで開かれる。主催=三重テレビ放送。
 日本を代表するギタリスト。伝説的ロックバンド・BOOWYの解散後、アルバム『GUITARHYTHM』でソロデビュー。その後、吉川晃司とのユニット・COMPLEXの結成・活動休止を経て、本格的にソロ活動を再開。数多くのヒット曲を世に放ち、ロック・ギタリスト&シンガーとして独自のスタイルを確立。プロデューサー、作詞・作曲家としてもミリオンヒットを記録。
 また、映画出演や音楽監督、CM出演など幅広く活動し、50歳を迎えた現在もロックシーンのフロンティアとして走り続けている。
 今回は前作「GUITARHYTHM Ⅴ」以来4年ぶりのオリジナルアルバムをリリースする布袋寅泰の全国ツアー。昨年アーティスト活動30周年を迎え、英国移住を経て発売される作品を演奏。布袋サウンドがさく裂するステージに期待が高まる。
 全席指定・税込7350円。チケットは三重テレビ放送HP、ちけっとぴあ・0570・02・9999(Pコード189─460)、ローソンチケット、イープラスなどで発売中。
 問い合わせは三重テレビ編成企画室☎津223・3380(平日9時〜18時)

 三重歴史研究会は4月28日15時〜16時半(受付14時半)、ホテルグリーンパーク津6階で総会記念講演会を開く。講師は本居宣長記念館館長の吉田悦之氏。演題は『谷川士清と本居宣長の交友』。
 吉田氏は「伊勢湾沿岸は近世国学の大動脈。名古屋から桑名、四日市、鈴鹿、白子、津、松阪、伊勢からは近世古典研究や国学史上を飾る、そうそうたる面々が輩出されている。伊勢湾沿岸が国学のゆりかごとなり得たのは、身分や地域、主義主張を超えた素晴らしいネットワークがあったことに尽きる。では、なぜ伊勢湾沿岸なのか、実際の交友はどのようなものであったのか。士清と宣長の交友を通じてお話します」と述べている。 
 聴講料は会員無料。一般は資料代として200円。
 問い合わせ中勢地区・若林さん☎059・255・4168。全地区・市川さん☎059・358・0743。

[ 1,080 / 1,136 ページ ]« First...102030...1,0781,0791,0801,0811,082...1,0901,1001,110...Last »