地域

 22日18時~、津リージョンプラザお城ホールで「ライトミュージックフェスティバル」の25回記念大会がある。主催=同フェス実行員会。共催=津市。
 このイベントは、K─Net=越山仁志会長=が企画・運営・制作の全てを行う形で平成元年に旗揚げ。県内のアマチュアバンドシーンを牽引するイベントとして知られる。
 今回は多数の応募から厳選された6団体(一般3・高校生3)が出演。スペシャルゲストにはビートルズサウンドを本物そっくりに再現する「ザ・ビートリップス」も登場。25周年記念のパネル展も同時開催。
 チケットは全席自由席で前売1000円、当日1300円。K─Net事務局(℡0598・42・6656)・津市スポーツ文化振興課・三重県文化会館チケットカウンター・県内の楽器店などで販売中。

《プレゼント》
 チケットをペア5組にプレゼント。希望者は官製はがきに、氏名・住所・年齢・℡を明記し、〒514─0028、津市東丸之内26─12三重ふるさと新聞LМF係へ郵送。12月13日必着。

優等賞一席に輝いた「みなみ」号と出品者の山口さん、朝日屋の香田副社長(左)

 松阪肉牛〝七保和牛〟の女王を決める『第9回大紀町七保肉牛共進会』が21日、同町野原のJA伊勢大宮支店野原肉牛集出荷所であった。主催=同町七保肉牛共進会(会長・谷口友見町長)。
 同共進会は旧七保村、旧大宮町から数えて今年で59年目。今年は七保和牛部会の肥育農家15名が未経産牛60頭を出品した。
 審査委員長の三宅健雄・県畜産研究所大家畜研究課主幹研究員らによる厳正な審査の結果、最高賞の優等賞一席には、山口市郎さん(62)が肥育した「みなみ」号645㎏が輝いた。
 山口さんは旧町村時代から数えて2回目、25年ぶりの最高賞受賞に、「久しぶりで本当に嬉しい」と満面の笑みを浮かべ、喜びもひとしおの様子だった。 
 審査委員長の三宅主幹研究員は「体の幅も体高も数値的に見て、全てが素晴らしかった」と評価のポイントを解説した。
 毎年、出品された牛を全頭購入している精肉店、朝日屋の香田佳永副社長(53)は「今年も例年と同じく粒揃い。肉質やモモ・肩のハリも良く、背中から腹にかけて幅のあるバランスが素晴らしかった」と今年の一席の出来栄えについて語った。

沿道からの祝福に応える新郎新婦

 24日、津新町通り商店街振興組合主催の『第34回新町フェスタ』が津新町通りを歩行者天国にして盛大に開かれた。
 同フェスタの午前中のメインイベント「和船山車安濃津丸船上結婚式」で今年、挙式したのは四日市市下海老町在住の川合功郎さん(37)と、梨佐さん(24)。功郎さんは鈴鹿市出身。運送会社に勤める会社員。梨佐さんは四日市市出身で化学工業会社勤務。仕事の縁で知り合い、平成23年に結婚、入籍。愛娘・来奈ちゃんがいるが、諸般の事情で結婚式はしていなかった。
 羽織袴の功郎さんと、清楚な白無垢に身を包んだ梨佐さんは安濃津丸に乗船し新町通りをお披露目パレード。高山神社の多田久美子宮司が神前挙式を執り行い二人は永遠の愛を誓った。
 式を終えた2人は「沢山の人に祝ってもらえて嬉しい。子供も2歳になるので幸せな家庭を築いていきたい」と幸せをかみ締めていた。

 

[ 1,111 / 1,322 ページ ]« First...102030...1,1091,1101,1111,1121,113...1,1201,1301,140...Last »