地域

40周年を振り返る伊藤達雄会長

 26日、三重大学内の環境情報科学館で『都市環境ゼミナール』=伊藤達雄会長=の「40周年記念特別例会」が開かれ、会員ら80名が出席した。
 同ゼミナールは昭和47年の7月に行われた三重大初の公開講座の受講者有志が中心となり、翌年の昭和48年1月20日に設立。当時四日市ぜんそくなどに代表される公害や伊勢湾台風などの災害が国民的な関心事となる中、個々の事例の原因追及という狭い視点に終始することなく、問題の根本であるより良い都市環境の創造に向けた研究に取り組み続けている。
 今でこそ主流となっている大学・自治体・企業が一体となった産官学スタイルもいち早く実現。全国の都市環境政策の先進地視察のみならず、海外視察も続けており台風で中止になった一度を除き毎月欠かさず例会を開いている。
 同大名誉教授でもある伊藤会長はこの40年を振り替えりながら「都市環境から考えると、次は地球環境にまで視点を移したらどうだろうと考えている。海外視察にも行っているが世界各国に目を移すと環境問題以前の問題がたくさんある。我々としては力の続く限りゼミを続けていきたい」と次の目標を語った。
 その後、名古屋大学環境学研究課教授で日本環境共生学会会長の林良嗣さんが「21世紀後半の都市環境デザインを考える─公害・災害を超えて」という演題で講演。都市環境の問題を分析し、個人よりも更に多くの人の利益を追求する必要性や多様化する価値観の集約などの打開策を示した。

 昭和4年に創立され3月末に惜しまれつつ閉園となる龍宝幼稚園が、3月13日12時半(開場11時半)~15時40分、県総文大ホールで瀬戸内寂聴さんを講師に迎えて閉園記念講演を開く。同園卒園者・関係者だけでなく、広く一般から参加を募集している。主催=学校法人真盛学苑、後援=天台真盛宗西来寺。
 プログラムは──
 ▼12時30分…荒井眞道さんらの一絃琴・尺八・和太鼓の演奏。曲目は「古題わくらは」「須賀」「荒城の月」など。
 谷篤さんの唄「雪、舞い」
 ▼13時20分…来場者から瀬戸内さんへの質問をリサーチ
 ▼13時30分…休憩
 ▼13時50分…主催者挨拶
 ▼14時…瀬戸内さんの講演
 ▼15時…瀬戸内さんが来場者からの質問に応える
 ▼15時30分…龍宝幼稚園園歌を会場全員で合唱
 全席指定。入場は無料だが入場券が必要。
 2月13日~15日9時~15時、津市乙部6─34の同園で先着順に配布する。
 同園では「入場券の配布は、定員に達し次第、終了しますのでなるべく早めにお来こしください」と呼びかけている。
 問い合わせは℡059・228・5339。

 サッカー好きの子供たちあつまれ──
 NPO法人三重県生涯スポーツ協会=津市寿町=は2月9日10時~16時、津ボートレース場2階展示スペースで「第1回幼児ミニサッカー大会」を開く。共催=ボートレース津・ボートレース振興会・三重エフエム放送。後援=津市サッカー協会。
 参加資格は6歳以下(1チーム12名まで登録可能)
表彰は、優勝と準優勝、3位はトロフィー・賞状・副賞。4位は賞状、副賞。そのほか、最優秀選手賞や優秀選手賞もある。参加費は無料。
 申込み締切りは2月7日までだが、定員の20チームになり次第、締め切り。
 問い合わせ・申し込みは同協会℡059・273・5300へ。

[ 1,118 / 1,136 ページ ]« First...102030...1,1161,1171,1181,1191,120...1,130...Last »