地域

 

力士らとともに挨拶する平松佐智恵さん

 1日、津市南丸之内の力士料理『金鍋』は開店30周年記念パーティーを盛大に開催した。
 同店は昭和58年の7月1日に開店。以来、元力士が作る本格ちゃんこの味だけでなく、女将・平松佐智恵さんの温かい人柄やアットホームな雰囲気で多くの人に愛され続けている。友綱部屋(旧大島部屋)の力士たちとの親交も深く、この日も旭天鵬を始め、幕内力士の旭日松・旭秀鵬や、幕下力士の旭大星・旭鵬山・旭光・旭龍皇ら7名が祝福に駆けつけた。
 リニューアルオープンしすっかり美しくなった店内には、平松さんの幅広い交友関係が伺える顔ぶれの約130名が出席。 
 冒頭、津市観光協会の松田直久会長が「これからも美味しいちゃんこを出してもらうだけでなく、女将さんの温かさや人情を守って頂ければ」と挨拶。
 その後、平松さんを『日本の母』と慕う旭天鵬関が熱い抱擁で「30周年おめでとう。この先もずっと続けてほしい」と祝福。平松さんは「30周年を迎えられたのは皆様のおかげ。これからも頑張っていきたい」と感謝していた。更に宴の途中、前葉泰幸市長も駆けつけ祝福の言葉をおくった。

 河芸ライオンズクラブのメンバーが4日、津市役所に前葉泰幸市長を表敬訪問し、事業への協力を要請した。
 訪れたのは、後藤昭久会長、井田和男幹事、会計の樋廻巧会計と、前会長の田邉敏弘さん、前幹事の稲垣善之さんの5名。同クラブは37年の歴史を持つが、会員が減少し現在15名。会長方針として、会員拡大、会員の100%例会出席をはじめ、青少年育成事業や、地域住民に感動を与えられる事業の実施などを掲げている。
 後藤会長は献血運動や河芸町での桜の苗木植えなど、具体的な奉仕活動の実績を市長に報告した上で、例会へのゲスト出席などの協力を求めた。
 これに対し前葉市長は「呼んで頂ければいつでも行きます」と快諾すると共に、中勢バイパスや同道路に計画されている道の駅の進捗状況などを報告し、情報交換した。

着付けたモデルと共に…武藤さん(右)

 津市戸木町の美容室『サロンド・いけだ』の武藤直美さんが1日、アスト津であった第41回三重県美容技術選手権大会の花嫁化粧着付競技で優秀賞を獲得。10月22日に神奈川県横浜市で開かれる全日本美容技術選手権大会にも出場する。
 10年もの間、アメリカで生活していた武藤さんは10年前に帰国した際、日本文化の素晴しさを再認識。特に〝和〟の心が息づく着物の魅力に惹かれ、着付の技術を磨き始めた。
 その後、高い技術と共に着物に関する様々な知識が求められる厚生労働大臣認定の上級着付師や、全日本着付け技能センターの一級着付け技能士を取得。確かな技術とセンスで、様々な着物が持つ魅力を最大限に引き出しながら、多くの人たちの晴れ舞台を華やかに彩ってきた。
 過去には第39回の県大会の中振袖着付部門で準優勝を獲得。更に百日草花粧会全国きもの着付コンクールで優秀賞、第38回全日本美容技術選手権大会入賞など数々の輝かしい入賞歴も持っている。
 今回の県大会の競技でも一目で高い技術を伺わせる見事な手際を披露。厳しい審査基準をクリアしつつ、黒の振袖を上品かつ艶やかに着付け、その素晴しい仕上がりは高い評価を受けていた。
 10月の全国大会に向け、ますます着付けの技術に磨きをかけている武藤さんは「近年、成人式で振袖を着る人は多いが、結婚式はドレスが主流。これからも日本伝統の正装である着物の美しさを沢山の方々に伝えていきたい」と着物への熱い思いを語る。

[ 1,156 / 1,269 ページ ]« First...102030...1,1541,1551,1561,1571,158...1,1701,1801,190...Last »