地域

オカリナの演奏に合わせて手遊び

 津市安濃町曽根にあるルミナスビレッジ曽根デイサービスセンターで、21日、市内在住の10名でつくるオカリナ演奏団体「スイートピーの会」=篠木政司代表=による慰問演奏が行われた。
 同団体は今年から月2回、市内外の介護施設での慰問演奏を行っており、同施設では今回で3回目。
 利用者10数名が、「ふるさと」の演奏に合わせて歌を口ずさんだり、手遊びをして楽しんだ。
 同団体の荒木まりこさんは「皆さんに喜んだり聴いて頂くことで、頑張って練習できます」と話した。

改装された落ち着いた雰囲気の座敷席

 津市南丸之内の力士料理『金鍋』=女将・平松佐智恵さん=は、開店30周年を機に、先月20日から客席などの改装工事を実施。明後日29日にリニューアルオープンする。
 同店は昭和58年7月1日創業。元力士が作るちゃんこ料理やアットホームな雰囲気が評判で、地域はもちろん、多くの著名人にも愛されてきた。また旭天鵬をはじめ友綱部屋所属の力士たちと長年、深く交流しており、毎年、名古屋場所前などに店で力士たちを温かくもてなしている。
 今回の改装は、よりお客さんに優しい環境づくりをしようと20年以上ぶりに行ったもの。改装前の客席は1・2階とも座敷のみだったが、お年寄りなど正座が苦手な人に配慮し、1階にテーブル席を設置した。また、壁紙などの内装を、女性スタッフによるコーディネートで一新。女性らしいセンスを活かした優しい色使いで、ゆったりと寛げる空間となった。 
 このほか、改装オープンにあたり、津藩祖・藤堂高虎公にちなんだ、鷹の爪入りの「鷹鍋」とカレー味の「虎鍋」といった暑い夏にぴったりのメニューや、女子会コースなども新登場。
 さらに、6月29日から7月末まで、生ビール1杯目を無料でサービスする(夜営業のみ)。
 平松さんは「これからもアットホームで温かいお店づくりをして、お客さんに気を張らずに来て頂きたいです」と話している。
 7月1日は貸切のため休業。その他の営業日などに関する問い合わせは℡059・224・0075へ。

鯖戸さんによる迫力満点のマグロ解体ショー

 津市香良洲町などに在住の主に30~40代の人でつくる『(人と絆)チャリティーライブ実行委員会』=鯖戸伸弘委員長=は、東日本大震災被災地の継続的な復興支援に尽力している。
 今月14日~16日には、メンバーや有志ら7歳~71歳の27人が、バスで宮城県を訪問。同県石巻市開成にある同市最大の仮設住宅団地(1100世帯)内の開成ささえあい拠点センター前広場で、迫力満点のマグロの解体ショーを実施した。団地の住民約800人が来場し、マグロの寿司などの美味を堪能していた。
 鯖戸さんは、住民に盛大に歓迎してもらい感激する一方で、津波で家が流され何もなくなった場所を見て、津波の恐さと防災対策の重要性を改めて実感。「被災地では今、ネズミの大量発生とカビで困っていると聞いた。今後も現地で困っていることを広め、対処法を考えたり、皆さんに東北のほうへ目を向けてもらいたい」と語った。

[ 1,163 / 1,269 ページ ]« First...102030...1,1611,1621,1631,1641,165...1,1701,1801,190...Last »