地域

桜の美人「藤島武二」

 公益財団法人「石水博物館」=飯田俊司館長=は2月3日まで開いている「石水所蔵名品展─新三重県指定文化財古伊賀水指 銘『鬼の首』を中心に─」の展示品を4日より一部入れ替えている。
 同博物館の所蔵品は、川喜田半泥子(十六代久太夫)をはじめ、伊勢商人川喜田家の歴代当主が収集してきた茶道具や日本画、洋画、古書典籍類、古文書など多岐にわたる。
 今展では半泥子の愛蔵品で、昨年、三重県の文化財指定を受けた古伊賀水指銘「鬼の首」を中心に、日頃からリクエストされることが多い作品や資料を展示している。
 また、第2展示室では所蔵品展「川喜田半泥子とその周辺─半泥子筆『広永絵巻』に見る半泥子旧作展─」が開かれている。 
 開館時間=10時~17時(入館は16時半まで)。休館日=月曜(祝日の場合は翌日)。入館料=一般500円(20名以上の団体は400円)・高校生以上の学生300円。
 問い合わせは、石水博物館℡059・227・5677。

 昭和4年に創立され、3月末に惜しまれつつ閉園となる龍宝幼稚園が3月13日12時半~(開場11時半)、県総文大ホールで閉園記念講演を開く。現在、同園卒園者・関係者の参加申込みを受付け中。主催=学校法人真盛学苑、後援=天台真盛宗別格本山西来寺。
 内容は①荒井眞道さんらの一絃琴・尺八・和太鼓の演奏、谷篤さんの唄②休憩③瀬戸内寂聴さんの講演。
 入場は無料、全席指定。 申込みは郵便でのみ受付ける。方法は=封筒に①申込書(A5の白紙に申込者住所・氏名・・同園との関係を記載したもの)②返信用封筒(郵便番号・申込者住所・氏名を明記し80円切手を貼ったもの)を入れて〒514─0016津市乙部6─34 学校法人真盛学苑 龍宝幼稚園へ郵送。 一つの封筒につき一人受け付け。一人で複数の申込みは不可。締切りは2月10日必着。入場希望者が多数のため抽選を行い2月末頃までに結果を返送する(当選者には入場券を送る)。 問い合わせは℡059・228・5339。

小川詮雄《二人の女》1913年

長原孝太郎《第6回白馬会展ポスター》

 津市大谷町の三重県立美術館で開館30周年「コレクションの全貌展」が開かれている。
 三重県立美術館は、開館の3年前(1979年)からコレクションづくりをスタート。江戸時代以降の作品で三重県にゆかりのある作家の作品、また明治時代以降の近代洋画の流れをたどれる作品や日本の近代美術に深い影響を与えた外国の作品、作家の創作活動の背景を知ることのできる素描や下絵、水彩画などという基本方針に沿った収集活動に、92年からはスペイン美術が収集対象に加わり、現在では5千点を超える。
 今回の展覧会は企画展示室と常設展示室を会場に、コレクションの全貌が観覧できるよう、二期に分けて公開。江戸期から現代まで時間軸に沿って東西の美術がどのような広がりを見せてきたのかを様々な分野のコレクションでご紹介。
 スペインバロック期の画家ムリーリョと曾我蕭白の展示室での意外な出会い、明治初期に描かれた岩橋教章の緻密な《鴨の静物》と同時代にフランスで描かれたモネらの印象派絵画。予想もできない組み合わせを見ることができる。
 ▼第1期=~2月11日。▼第2期=2月14日~3月24日。
 主な展示作品は=曾我蕭白、月僊、池大雅、ムリーリョ、ゴヤ、岩橋教章、安藤仲太郎、黒田清輝、フォンタネージ、モネ、村山槐多、関根正二、宇田荻邨、キルヒナー、シャガール、伊藤小坡、藤田嗣治、前田寛治、マイヨール、安井曾太郎、尾藤豊、ニコルソン、ダリ、ブラック、阿部展也、宇佐美圭司、小磯良平、ミロ、タピエス、横尾忠則、山口啓介、吉本作次、キーファー、シシリア
など。
 開館=9時半~17時(入館は閉館の30分前まで)。休館は毎週月曜(1月14日と2月11日は開館)、1月15日、2月12日。観覧料=一般500円、高大生400円。中学生以下無料。障害者手帳等を提示した人とその付添者の1名は無料。

<プレゼント>
 本紙読者ペア5組に同展の招待券をプレゼント。希望者は葉書に住所・氏名・年齢・を明記して、〒514─0028、津市東丸之内26─12、三重ふるさと新聞「美術館」係へ。締切は17日必着。当選の発表は券の発送をもって代えさせて頂きます。

[ 1,265 / 1,269 ページ ]« First...102030...1,2631,2641,2651,2661,267...Last »