地域

CDを手に…作詞者の森本さん

 東京渋谷駅前の銅像や壁画になり、バスやサブレに名前が使われるなど、渋谷のシンボルとして長年親しまれている忠犬ハチ公の慰霊祭が今年も4月8日、JR渋谷駅北口ハチ公銅像前で行われる。
 それに合わせ、忠犬ハチ公と飼い主である郷土(津市久居)の偉人・上野英三郎農学博士の顕彰グループ「ハチ公の歌を歌おう会」=後藤晃一会長。事務局・津市寿町=が当日、博士とハチ公の顕彰歌「ああ忠犬ハチ公よ」=作詞・森本アキラ、作曲・多田逸郎=のCDを渋谷区の小中学校と幼稚園合わせて50校に贈る。
 ハチ公は、飼い主の上野博士が亡くなってからも、生前の博士の出勤・帰宅時間にあわせて渋谷駅前へ通い続けたことから評判となり、1934年に渋谷駅前に銅像が建立された。
 1935年3月8日、ハチ公は渋谷駅近くの路地で亡くなっているのを発見され、翌年から桜の時期に合わせて毎年4月8日にハチ公銅像前で慰霊祭が行われている。忠犬ハチ公銅像維持会関係者の挨拶のほか、ハチ公の銅像にお神酒や榊が供えられ、神主のお祓いの後で献花される。
 ハチ公の銅像は、渋谷駅前のほか、ハチ公の故郷である秋田県大館市に建立されているが、上野博士の出身が津市であることは意外に知られていない。
 そこで、有志らでつくる「上野博士と忠犬ハチ公の銅像を建てる会」が昨年10月に全国で初めてとなる博士とハチ公の一対の像を久居駅東口に建立。ひとまず目的を達成した同会は解散したが、代わって、同様に有志らでつくる「歌おう会」を設立。ホームページを開設し、CDを制作。3月15日までに顕彰歌「ああ忠犬ハチ公よ」のCDを教育委員会を通じて県内の小中学校・分校合わせて480校に贈っている。
 また、ハチ公を通じて三重県の知名度を上げるために渋谷と大館、津市の3地域で連携した活動にも取り組んでおり、今回の慰霊祭出席と学校へのCD寄贈もその一環。
 同会では「音楽の副教材として活用してもらい、児童や生徒に愛唱してもらえたら、新たな郷土愛にもつながると思う」と話す。

香山リカ氏

 6月23日㈰14時〜16時、津駅東口前のホテルグリーンパーク津6階、伊勢・安濃の間で、県内の医師・歯科医師で構成する三重県保険医協会=津市観音寺町=の第40回定期総会記念講演が開かれる。現在、広く一般から参加者を募集中。
 講師は、メディアでも活躍中の精神科医・香山リカ氏。テーマは「いま子どもに教えたいこと〜精神科医の立場から〜」。 
 参加無料。定員は先着250名。
 申し込みは☎059・225・1071、または同協会HP(mie-hok.org/)の申し込みフォームで受付け。定員に達し次第、締め切り。

多くの来場者で賑わう会場

 3月24日、メッセウイングみえで『介護だワッショイ』が開かれた。
 主催は、グループホーム・中小社会福祉法人・在宅介護サービス事業所などが、三重県の支援を受けながら単独では困難な事業に取り組む「みえ福祉連携プロジェクト・津ユニット」。ユニットにはグループホーム・小規模多機能ホームとのむら(津市殿村)、グループホーム安東苑(津市安東町)、グループホーム白山苑(津市白山町南出)、グループホームおたっしゃ長屋(津市野田)が参加。
 一般の人にも身近な問題である『介護』と気軽に楽しくふれあってもらおうと企画したこの催しには約600名が来場。第一線で活躍するプロたちが介護についての悩みに答える相談コーナを始め、介護車両・介護用品の展示や介護食の試食、介護予防・防災・ケアなどが多角的に学べる講習・講演、お楽しみステージなど、どれも好評だった。

[ 1,300 / 1,351 ページ ]« First...102030...1,2981,2991,3001,3011,302...1,3101,3201,330...Last »