地域

講演する成岡氏

 25日、津市久居東鷹跡町の久居総合福祉会館3階レクリエーション・ホールで津市・津市民文化祭実行委員会主催の三重大学シリーズ、第49回文化講演会?「発見塾」が開かれた。主管=津文化協会。共催=久居文化協会。後援=同大学、本紙。
 三重大学の持つ知識を一般と共有しようと各分野の専門家を招き隔月ペースで開いているもの。今回の講師は、同大学院生物資源研究科教授の成岡市さん。演題は『上野英三郎とハチ公は今の時代に何を伝えたのか?』。
 成岡さんは「土壌は生きもの。そこには生きものがいて、美味しく健康に良い、安心・安全なものがつくられる。
 農地では作物がつくられるだけでなく技術が蓄積され心も通うと芸術になる。また、そこには国土保全、国家、社会、人がある」と話した。また久居出身で農業土木の父・上野英三郎博士が世界の流れを見渡し、100年先を見通して制度をつくり、後継者を育てたとし、「忠犬ハチ公は人々の心に訴え、上野博士は日本の骨組みの屋台骨をつくった。この2人が揃って初めて、世界中の誰もが共感し、『そうだったのか』と理解できるものになった」と語った。
 講演終了後には上野博士と忠犬ハチ公の顕彰歌「ああ忠犬ハチ公よ」=作詞・森本アキラ、作曲・多田逸郎=が会場に流れ、皆で口ずさんだ。また、久居げんき会サポーターが、同会が制作した「ハチ公音頭」を賑やかに披露し、会場を盛り上げた。

迫力の演奏を披露

 19日、『美里龍神太鼓』=若林善周代表=が津市美里町穴倉の専用練習場で支援者や地域住民を招き、恒例の謝恩懇親会を開いた。
 同チームが感謝を込めて年に一度開いているもの。前葉泰幸津市長のほか、地元選出の国会・県会・市会議員も多数駆けつけるなどにぎやかなムードの中、焼肉やビールなどが振舞われ一日盛り上がった。
 ステージでのアトラクションも多彩で地元からは美里輪踊りの会やカラオケグループが登場。ゲストの津・高虎太鼓の水谷忍さんが率いる津打の会の和太鼓演奏や津市出身の演歌歌手・結城さおりさんの歌謡ショーは大好評だった。
 その後は少年の部である龍童太鼓が元気いっぱいの演奏を披露。締めは年々、レベルアップを続ける美里龍神太鼓が迫力のステージで会場を魅了していた。終わりに若林代表は「皆様のおかげでここまで成長できた。今後もよろしくお願いします」と感謝していた。

「小樽運河」篠木信子・作

 「洋画を描くことが好き!」という仲間でつくる「一洋会」の第8回作品展が6月5日~9日まで津市久居本町の有形文化財・油正ホールで開かれる。9時半~17時(最終日は16時まで)。
 同会のメンバーは30歳代~70歳代の10名。経験も技法も様々だが、各メンバーの個性あふれる約50点の油彩・水彩画を展示する。
 出店者は(敬称略)…植地珠子・岸川昭宏・篠木信子・清水正人・竹内義夫・田端忠勝・橋本苗彦・長谷川實・松尾悦子・松尾和男。
 問い合わせは長谷川さん℡津293・6521。

[ 1,552 / 1,638 ページ ]« First...102030...1,5501,5511,5521,5531,554...1,5601,5701,580...Last »