地域

店内に設けられた祭壇の前で祈りを捧げる日置社長

 津市大門、津センターパレス4階の「かに料理オホーツク」は、創業記念日の15日『かに供養祭』を行った。平成8年の開業以来、地域一番のかに料理店として年間約18トン・2万3千匹のかにを消費するため、かにをはじめ食材への感謝の気持ちを込めて毎年行っている。
 店内入口に設けられた祭壇前で高山神社の多田久美子宮司が海の神の大綿都美神、食べ物全般の神の御食津神、給仕などを司る膳夫神に祝詞奏上し、日置武雄社長はじめ津センターパレス役員、社員らが玉串奉奠して食材への感謝と共に今年の商売繁盛を祈願した。
 供養祭後の直会では皆で手作りの桜餅を頂き気持ちを新たにした。尚、同店は今年の努力目標に「一歩前へ」を掲げている。

 津市美杉町奥津の八幡地域住民センターで、13日、『かわせみ寄席』があった。近くで津市商工会の女性会員有志が運営している「かわせみ庵」がJR名松線や地域の活性化を目指し、落語家で市議の桂三発さんの協力で開いたもの。素人落語の樋口クンが「寿限無」、桂三段さんが「子ほめ」、三発さんが新作の「桃太郎」、カナダ出身の桂三輝さん=写真=が「風呂敷」を披露し、50名の来場者は滑稽なオチに爆笑して楽しんでいた。

 今年で創立40周年を迎えた都市環境ゼミナール=会長・伊藤達雄三重大学名誉教授=は、20日14時15分~15時半、三重大学翠陵会館2階会議室で平成25年度総会と記念講演会を開く(講演は一般公開。無料)。
 講師は国土交通省中部地方整備局の梅山和成局長。演題は「国土政策の新しい局面を迎えて」。
 問い合わせは事務局℡059・231・6403。

[ 1,589 / 1,655 ページ ]« First...102030...1,5871,5881,5891,5901,591...1,6001,6101,620...Last »