地域

オーディションの様子

 原爆の被爆体験を通じて戦争の悲劇を伝えるオペラ「いのち」が今年9月28日・29日、三重県文化会館中ホールで上演されるがキャストを決めるオーディションが23日、三重県総合文化センターフレンテみえ多目的ホールで開かれた。主催=オペラ「いのち」制作実行委員会。
 作品の舞台は1945年の長崎。医師の松尾邦夫は原爆投下の当日、福岡にいて難を逃れる。しかし長崎に戻ると変わり果てた街の姿に唖然とする。
 松尾は病院で勤務するが看護師の一人に中沢夏子がいた。夏子は自身も被爆の後遺症に苦しみながらも、原爆症の患者達に対して献身的な看護を続けていた。やがて心が通じ合うようになる二人。しかし、松尾の求婚に対して何故か話をそらす夏子。そんなある日、夏子が病に倒れる…
 このオペラは松尾の回想により夏子の被爆体験談、そして生き抜いていこうとする人々に襲いかかる戦争の悲劇を夏子の代わりに語っていく。
 指揮者である星出豊氏が20数年を費やして書き下ろした台本に、津市在住の錦かよ子さんが作曲し、09年に完成。10年には長崎でピアノによる抜粋の試演会が開かれている。
 上演は今夏から秋にかけて長崎、三重、群馬の3箇所・5公演が決定。星出氏自身が指揮を務め、舞台美術、照明などは日本が誇る舞台家陣が賛同、参画する。演奏は東京からのゲストに加え、三重オペラ協会、三重フィルハーモニー交響楽団など地元音楽家が総力を挙げて上演する。
 オーディションには応募のあった17名が星出氏と錦さんの審査を受けた。キャストは約1カ月後に決定する予定。

防犯危惧の説明を受ける参加者(手前)

 21日、津商工会館で3月1日から始まる『三重県防犯優良アパート認定制度』の実施説明会が行われた。主催=三重県防犯協会連合会・三重県建築士会・NPO法人三重県防犯設備協会。後援=三重県警。
 アパート(3階建て以下の集合住宅)はマンションと比べるとセキュリティが弱い物件が多く、窃盗といった犯罪被害が多いという統計データが出ている。更に入居者側からはセキュリティが高い物件を選びたいという声も大きい。そこで主催の3者がこの制度を導入し、入居者側の声とそれに応えるオーナー側のニーズを叶えつつ、安全・安心の住環境の普及をめざす。同様の認定制度の導入は全国で5番目。説明会にはアパートのオーナーを中心に約50名が参加。共用スペースへの防犯カメラや、各部屋毎にテレビモニターつきインターフォンなどを設置することなど20もの基準をクリアしたアパートに認定プレートを設置する制度の仕組みに熱心に耳を傾けていた。認定には新築アパートが15万円、既存アパートが8万7千円が必要。
 問い合わせは三重県防犯設備協会℡059・232・0303。

講習会でお木曳きの歴史などを学ぶ参加者たち

 来月29日~31日に津市香良洲町で行われる『お木曵き行事』(市指定無形民俗文化財)に向け18日、同町のサンデルタ香良洲で、第1回お木曳きボランティアガイド講習会が開かれた。主催はお木曳き観光PRセンター。20名が参加。
 この行事は香良洲神社の20年に一度の式年遷座(定期的に社殿を造り替える行事)の前年にあるもの。9つの区ごとに山車(お木曵き車)を曳き回し神社に到着する。
 同町には「香良洲ガイド~矢野路~」=濱村隆通会長=があるが、会員は行事に参加するため、市内の他の地域のガイド団体会員が、当日のガイドを務める。
 講習では、講師の濱村会長が、お木曳きの歴史や音頭、お木曳き車などについて説明。
 参加した一志町歴史語り部の会副会長の倉田進さんは「以前から式年遷座や伊勢神宮の式年遷宮についても学んでおり、ガイドをすることは、満を持して待ってましたという感じです」と意気込みを話した。
 講習は3月18日・25日にも開かれ、18日はお木曳きのコースや周辺で現地研修が行われる。

[ 1,620 / 1,653 ページ ]« First...102030...1,6181,6191,6201,6211,622...1,6301,6401,650...Last »