地域

細部まで精巧に作られているお木曳き車のミニチュア

川俣元さん

 津市香良洲町の桜町区で建設業などの「㈲リビングかわまた」を営む川俣元さん(50)は3月29日~31日にある同町の最大行事『お木曳き行事』を町内外に広くPRするため、同行事で木材を載せて曵き回す山車(お木曵き車)のミニチュアを制作。市観光協会やサンデルタ香良洲などで展示している。
 同行事は、香良洲神社の20年に一度の式年遷座(定期的に社殿を造り替える行事)の前年にあり、9つの地区ごとにお木曵き車を曳き回す。川俣さんは今回、お木曳き音頭の歌い手を務めるなど、行事を盛り上げるため尽力している。
 お木曵き車のミニチュアの制作は2年前に開始。昨春、同区のお木曵き車の制作に向け、区民へのプレゼンテーション用に縮尺模型を作ったところ、「お木曳観光PRセンター」のセンター長・太田隆雄さんに、行事のPRに活かしてはと勧められ、各地で展示を始めた。
 制作活動は、同社の一角に設けた「お木曳き工房」で早朝に行う。ヒノキなどの木材を電動の彫刻機で削り、接着剤などを使って組み立てていき、縮尺8分の1、高さ55㎝・尾木までの長さ90㎝の大きいもので完成までに2週間程かかるそう。実物と同様の材料や構造にこだわり、建築の専門技術を活かして、車輪と車軸の摩擦で独特の音が出る「わん鳴り」などを見事に再現している。
 「町外からも行事に足を運んでもらってなんぼだと思う。できる限り宣伝して町内外の皆さんに興味を持ってもらい、20年後の次回に繋げたい」と川俣さん。

特設舞台から福豆まき(資料写真)

 伊勢路に春を呼ぶ参宮街道の風物詩、津観音こと恵日山観音寺『鬼押さえ節分会』が今年も2月3日にある。吉例の福豆まきに登壇する善男善女を募集中。
 本堂横に設けられる特設舞台から、津市長や津クイーン、京都宮川町の舞妓さんらと一緒に福豆・菓子をまく。今年厄年の人、還暦の人、年男年女はじめ、一度は体験してみたいという人まで誰でも参加OK。
 時間は①13時②14時半③16時のいずれか1回。集合は各1時間前に、北側道路をへだてた大宝院へ。
 男性は裃、女性には赤袢纏を着てもらい、厄除け祈祷の後、福豆まき。参加費は1万円(厄除け祈祷料・福さらえ・福ます授与)。
 申込みは、往復葉書、またはFAX(津226・7057)で、氏名・生年月日・住所・℡(携帯、FAXも)・希望時間(第1希望&第2希望)を書いて、〒514─0027、津市大門32─19、津観音大宝院へ。締切りは31日必着。
 問い合わせは同寺℡059・225・4013へ。

 津法人会=津市広明町=は2月7日14時~15時半、津都ホテル5階で新春講演会を開催。参加者を募っている。
 講師は本紙会長で津市観光ボランティアガイド・ネットワーク協議会会長の西田久光(63)。演題は「あなたも津の通に~津ふるさと学検定あれこれ~」。
 昨年10月に開かれた第1回津ふるさと学検定は大きな話題を呼び、10代の若者から90歳のお年寄りまで市民を中心に170名受験した。
 なぜ今、津検定なのか、その経緯、テキストブック作成の裏話などを聞くほか参加者に例題クイズにチャレンジしてもらう。
 参加申込みは往復葉書で〒514─0006、津市広明町121、津法人会へ。問い合わせは℡059・225・1302。

[ 1,710 / 1,724 ページ ]« First...102030...1,7081,7091,7101,7111,712...1,720...Last »