地域

本堂で二胡とピアノの演奏会(潮音寺にて)

本堂で二胡とピアノの演奏会(潮音寺にて)

津市中河原の真宗高田派・乙部山潮音寺でチャリティ二胡演奏会が9月21日夜に開かれ、約25名が参加。郷愁誘う二胡の音色を聴きながら心を癒やした。
主催した「自死遺族サポート ガーベラの会」は、大切な家族や知人を自死(自殺)で亡くした人々が集まり、安心して胸の内を語り合い、思いをわかちあう場の提供を目的に2011年に設立。
同会の代表である松下恵美さん(松阪市)も17年前に小学校からの同級生でもあった夫をで自死で亡くした際(享年43歳)、周りの人々のサポートやフォローを受けて現実に対応できた経験を生かし、ひと月に1回のペースで津市・松阪市などで「わかちあいの会」を開催するなど、遺族(家族)をサポートしている。
また、同会の活動に賛同した同寺の村上英俊住職とは毎年6月に追悼法要(今年で7回目)や、遺族の語らいの場「茶話会」を行うなど交流を深めてきたが、今回の同寺でのチャリティ演奏会は初めての試み。
当日は、上海音楽学院教授・王永徳氏監修・認定の二胡初級指導者認定試験合格者の二胡奏者・出會深雪さん(三重県在住)がピアノの山田友希さんの伴奏で「木欄の涙」、河島英五の「時代おくれ」などを演奏。生憎の天気で中秋の名月を観ることは出来なかったが、悠久の音を奏でる二胡の調べに酔いしれた。
会場には募金箱が置かれ、浄財は同会の活動に生かされる。

(前回からの続き)
[仮説に基づく新型コロナウイルスの発生から拡大のシミュレーション]

事故による新型コロナウイルスの流出が起きる何カ月も前、WNBLでは危険廃棄物処理システムや空調システムに問題があり改修が行われていた。研究所内では空気循環が悪化しており、空気中にはウイルスが長時間浮遊していた。
同時期、研究者たちはコロナウイルスの研究をBSL─2やBSL─3という安全性の低い実験室で行っていた。空調システムの不良のため、新型コロナは長時間空気中に浮遊しており、研究者は感染する可能性が高まっていた。
研究所は従業員用のシャトルバスを運行させているが、新型コロナに感染した従業員はそれに乗った後、地下鉄で武漢中心部を移動して、市中に新型コロナウイルスを広げた。
事故による流出が起きたことがわかったのは2019年の9月前半。その時は新型コロナウイルスがヒトヒト感染するとは知らず、また多くの人が無症状だったため、流出はあまり懸念されなかった。
9月12日の深夜、研究所近くにある武漢大学が9月後半に研究所のインスペクションが行われるという通知を出した。この通知は同地域にある研究所にも出した可能性がある。
その3時間後、武漢研究所のデータベースが消去された。また約17時間後、WNBLはガードマンやビデオサーベイランスなどセキュリティーの調達をすると発表、それにかける予算は120万ドル(約1億3200万円)を超えていた。
2019年10月のスポーツ大会は実施されたが、無観客だった。参加したアスリートやボランティアは感染し、市中に新型コロナウイルスを蔓延させた。無症状感染していたアスリートやボランティアは大会終了後、自国に戻り感染を広げた。
SARSの時同様、中国は感染を隠蔽し、武漢で新型コロナウイルスが拡大していたことが分かった時には、既にウイルスは世界中に広がっていた。
2019年12月には武漢の病院は患者を受け入れられなくなるほどいっぱいになったため、感染を隠すのは不可能になった。同年終わり、中国人民軍の生物兵器専門家がWNBLのBSL4実験室のトップとなった。中国CDCの武漢支部は感染は武漢海鮮市場を訪ねた人にだけ発生しているとしたため、本当の起源は曖昧なものとなった。
翌2020年1月、研究所側は研究所と利害関係がある米研究機関エコアライアンスのダスザック氏に、研究所が新型コロナウイルスの発生源だという陰謀論を抑えるための声明文を出すよう依頼、2月にその声明文が医学誌ランセットに掲載された。 (終わり)
(OHMSS《大宇陀・東紀州・松阪圏・サイトシーイング・サポート》代表)

「三重県民手帳2022」

「三重県民手帳2022」

2022年版三重県民手帳が発売された。
発行は三重県印刷工業組合。毎年三重県の伝統工芸をモチーフにしているが、今年のカバーデザインは三重県ゆかりのクリエイターのコラボによる「三重格子」。四日市市出身のイラストレーターつぼいたけしさんがデザインをし、伊勢型紙職人の那須恵子さんが彫刻している。伝統模様「菊五郎格子」のような言葉遊びで、МIE、三重、ミエの文字が散りばめられている。綿布生地(ナトゥレーザ)印刷で、グレーとグリーンの2種類。各1200円(税込)。
「日本一のバリアフリー観光推進県」を掲げる三重県のバリアフリーに関する取り組みやバリアフリー観光情報SDGsへの取り組みを特集企画としてカラー10頁で掲載、各種統計データ、生活相談、災害などにまつわる多彩な情報が満載。
県内の書店、文具店、同組合加盟の印刷会社などで販売。
詳細は「三重県民手帳2022」で検索。

[ 2 / 1,713 ページ ]12345...102030...Last »