地域

華望ちゃんが描いた夢のお菓子

華望ちゃんが描いた夢のお菓子

夢のお菓子を手に…坂口華望ちゃんと川村さん

夢のお菓子を手に…坂口華望ちゃんと川村さん

夢のお菓子が実現しました!
津市物産振興会スイーツ部会は、募集した「あなたの夢のお菓子作ります」イラストコンテストの優秀賞に選ばれた5作品の作者にイラストを再現したスイーツを9月末までにプレゼントする。
同部会は、毎年2月に市内のスイーツを一堂に集めた「スイーつフェスタ」を開いている。同コンテストはその一環としてを行っているもので、市民から食べてみたいスイーツのイラストを募集し、最優秀賞5作品には同部会に加入する市内の和洋菓子店の菓子職人がイラストを基に再現したお菓子をプレゼントしている。
しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大で今年2月の開催を断念。コンテストの優秀賞授賞式と再現スイーツのプレゼントも中止となっていた。そんな状況下でも「何とか子供達の夢を実現してあげたい」という関係者の熱い想いから今回、店頭でプレゼントする事にした。
13日には、津市久居新町のケーキショップ「ボンマルシェ」で、オーナーパティシエの川村英俊さん(57)から坂口華望(はなの)ちゃん(小学3年)が描いた「うさぎのいちごケーキ」がプレゼントされた。
華望ちゃんは、日頃からイチゴとウサギが大好き。イラストには沢山の甘酸っぱいイチゴと可愛いウサギのったケーキを描いてみた。
川村さんによると「イラストを再現すると直径24㎝、イチゴは40個ほど使いました。中もシャルロット(スポンジケーキ)の間にイチゴをふんだんに使いました」と説明。
また、全体のバランスを考えて、中央にチョコレートで象った大きなウサギも添えた。
華望ちゃんは「とっても嬉しい。お友達と食べたい」と喜んだ。父親の充彦さん(45)も「いい記念になりました」と謝辞を述べた。

「あなたの知らない街道めぐり」。大阪、奈良、京都方面と伊勢を結び多くの旅人で賑わった奈良街道を久居立藩350年記念と題し、ガイドを受けながら歩く催しを開催。主催=津市観光ボラティアガイドネットワーク協議会、久居城下案内人の会。後援=津市観光協会。
①五百野から久居城下…10月14日㈬9時半受付。稲葉口バス停集合。吹上の道標~近鉄久居駅までの約10㎞。
②久居城下散策…10月28日㈬9時半受付。近鉄久居駅西口集合。玉せん寺~久居八幡宮の約7㎞。
③久居城下~月本の追分…11月11日㈬9時半、久居駅西口集合。栄松寺~JR六軒駅の約10㎞。
参加希望者は各回別に往復はがきに参加者の住所、氏名、☎、参加希望の日時を記入。1枚3名まで応募可能。申込先は〒514─0009 津市羽所町700 アスト津2F 津観光ガイドネット「街道」係。実施日の14日前に必着。参加費500円は当日集金。
問い合わせ☎059・246・9020。

会員たちの前で語る浅生さん(安濃中央公民館にて)

会員たちの前で語る浅生さん(安濃中央公民館にて)

14日、津市観光ボランティアガイドネットワーク協議会が安濃中央公民館で研修会を開いた。
同ネットワーク所属の13団体の約60名が出席。三重郷土会常任理事の浅生悦生さんが「津藩、寛政大一揆と村々の動き」を演題に、寛政8年(1796)の津藩寛政一揆について語った。
津藩の9代藩主・藤堂高嶷の時代に、藩財政は困窮しており、均田政策など様々な改革案を打ち出したが、農民の不満を招き、それが一揆の原因となった。
浅生さんは、一揆勢が庄屋宅などの打ちこわしを行いながら、領内を巡った経路、それに対する津藩や久居藩の対応、取り調べや拷問の様子などを詳細に説明。農民たちにとって、決して不利な内容ばかりではなかったが、急激すぎる改革が引き起こした悲しい歴史を紐解いた。 14日、津市観光ボランティアガイドネットワーク協議会が安濃中央公民館で研修会を開いた。
同ネットワーク所属の13団体の約60名が出席。三重郷土会常任理事の浅生悦生さんが「津藩、寛政大一揆と村々の動き」を演題に、寛政8年(1796)の津藩寛政一揆について語った。
津藩の9代藩主・藤堂高嶷の時代に、藩財政は困窮しており、均田政策など様々な改革案を打ち出したが、農民の不満を招き、それが一揆の原因となった。
浅生さんは、一揆勢が庄屋宅などの打ちこわしを行いながら、領内を巡った経路、それに対する津藩や久居藩の対応、取り調べや拷問の様子などを詳細に説明。農民たちにとって、決して不利な内容ばかりではなかったが、急激すぎる改革が引き起こした悲しい歴史を紐解いた。

[ 2 / 1,651 ページ ]12345...102030...Last »