地域

2018年度版三重県民手帳が発売中。
発行は三重県印刷工業組合。今回は三重が誇る伝統工芸品の伊勢型紙とコラボ。他県の手帳よりも高級感のある仕上がりにこだわっている。内容も県民に役立つ情報を第一に、県内のイベント、文化、地域などバラエティに富んだ情報を掲載している。
革調ソフトカバーに凹凸をつけ、ハートを敷き詰めた現代風の小紋柄を表現したスタンダード版は980円。より質感やデザイン性を重視し、布染めを表紙にあしらっている数量限定のプレミアム版は縞と花柄の2種類で各1080円。価格はすべて税込み。
県内の書店やホームセンター、文具店、同組合加盟の印刷会社などで販売。詳細は「三重県民手帳」でウェブ検索。
問い合わせは同組合☎059・228・6252へ。

鳥羽水族館の2018年版オリジナルカレンダーを本紙読者5名に1部ずつ贈呈。ご応募は葉書に〒・住所・氏名・☎を明記し〒514─0028、津市東丸之内26─12 三重ふるさと新聞「鳥羽水族館カレンダー」係まで。締め切りは10月26日必着。当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。
なおこのカレンダーは、同館売店とインターネットショップで販売中。売り切れ次第終了。
今回のテーマは「あっぷっぷ」。まるで生きもの達がすぐそばにいるような、可愛らしい表情や仕草のシーンを集め制作された。卓上型で、サイズは縦15㎝・横21㎝。2017年12月始まり。
価格は800円(税込・送料別)。

バルをPRする増田さん(右)と今年度津クイーンの井本さん

バルをPRする増田さん(右)と今年度津クイーンの井本さん

11月11日・18日に津市の大門地区で、食べ歩き・飲み歩きを楽しめる恒例イベント「第4回津ぅのドまんなかバル」(主催=同実行委員会)が開催される。
津市の中心地でありながら、空洞化(ドーナツ化)が進む大門の活性化に繋げるのが目的。
今年は62店が参加し、「エントリーチケット方式」で行う。チケットは一冊6枚綴りで前売500円、当日600円。チケット1枚と現金(500円・700円・1000円の何れか)で、様々なメニューを味わえる。
チケットは津都ホテル、津駅前観光案内所、参加店、別所書店(修成店・津駅店・イオン津店)、本の王国(津文化センター前店)で販売中。
実行委員長で市職員の増田芳則さんは、「店とお客さんの距離が近くコミュニケーションが楽しめるという、大門の良さを楽しめるバルです。ぜひこの機会に大門の扉を開いてください。開く鍵は、このチケットです」と呼びかけている。
問い合わせは増田さんへ☎090・7955・6787、またはメールでz.domannaka.bar@gmail.comへ。
なお大門では来月、「津ぅのドまんなかブックテラス」(プレ11日・メイン18日)、「津ぅのドまんなかジャズフェスティバル」(前夜祭10日・メイン11日)も催される。

[ 2 / 1,118 ページ ]12345...102030...Last »