地域

川越火力発電所の構内も見学

川越火力発電所の構内も見学

でんきの科学館で遊びながら楽しく勉強

でんきの科学館で遊びながら楽しく勉強

8月27日、本紙恒例の「夏休み親子見学会」でが開かれ、親子20組40名がバスの旅を楽しんだ。
生活に欠かせない電気がどのように作られているのかを学んでもらおうと中部電力三重支店の協力を得て毎年企画しているもの。名古屋市の「でんきの科学館」と、三重郡川越町にある「川越火力発電所」「川越電力館テラ46」を見学した。
一部リニューアルされたでんきの科学館では展示を通じ、火力・水力・原子力の発電方法や送電の仕組みなどを勉強。オームシアターでゲームも楽しんだ。
その後、今年より中部電力と東京電力グループの合弁会社㈱JERAが事業を引き継いだ川越火力発電所へ。世界有数の大規模火力発電所で、1号機から4号機の総出力は480万2千kW。発電所の施設内で発電の燃料であるLNG(液化天然ガス)がカタールなどの外国からタンカーで発電所内のタンクに貯蔵されるまでの説明を受けた。LNGを燃やした熱で発生する蒸気で発電するタービンも間近で見学、その音と熱を直に感じていた。
また、365日24時間体制で運転している発電所の中央制御室も見学し、普段当たり前のように使っている電気が多大な努力で支えられていることを改めて実感した。
同発電所隣の川越電力館テラ46でも、エネルギーと環境の関係を学んだ。

津市内13のガイド団体でつくる「津観光ガイドネット」などが「JR名松線 沿線ええとこめぐり4」の秋バージョンを催す。内容は次の通り。
◆10月16日㈬=「井関石あれこれ─石切場跡地─」。集合・受付場所は2ケ所=①一志総合支所9時30分②JR井関駅10時。コースは徒歩約6㎞。
◆10月30日㈬=「紅葉の若宮八幡宮~みそぎの滝」。JR伊勢奥津駅前に8時50分~9時10分集合・受付。徒歩約5㎞。
◆11月20日㈬=「紅葉の家城ラインを歩く」。JR家城駅前に10時15分集合・受付。徒歩約3㎞。
▼申込方法=往復葉書で〒514─0009、津市羽所町700、 アスト津2階 津観光ガイドネット「名松線」係へ。
往信用葉書の裏面に参加者の住所・氏名・☎・参加希望する月日を記入、1枚の葉書で3人まで申込可。
各開催日の14日前必着。定員は各回50名(先着順)。
申込後、返信葉書で指定の口座が知らされ、弁当・土産代1500円を振り込み、エントリー完了。振り込み手数料は申込者負担。キャンセルの場合、返金不可。
▼定員=各回50名。
▼参加特典=オリジナル缶バッジ進呈
▼問い合わせは同協会内の津観光ガイドネット☎津246・9020。

やなせ1 やなせ2 津市中央の三重画廊3階ギャラリーで18日㈬~22日㈰10時~18時(最終日17時まで)、「やなせグループ」=坂口富貴子会長=の洋画小品展が開催される。
同グループは講師・柳瀬たか子さん(89・津市)のアトリエや、県総合文化センターで学ぶ「ゆうゆう」「やなぎ」「茜会」の3団体で構成。平成11年の結成当初から〝自分らしい絵を描こう〟をモットーに制作し、各自の感性で捉えた対象の美しさを表現してきた。
会員達は、柳瀨さんの個性を尊重する指導だけでなく、人柄や、凛とした生き方も慕っている。
今展では、23名が、人物・静物・風景などを描いた計約30点を出品。
柳瀨さんは「このグループは長い間に培われた強い絆で結ばれ、お互いに個性を尊重しながら生きる糧として制作を続けてきました。真剣に取り組んでいる作品を、ぜひ見て頂きたいです」と話している。
問い合わせは坂口さん☎津265・4778へ。

[ 2 / 1,530 ページ ]12345...102030...Last »