地域

11月29日の中日新聞によると、積水ハウスとマリオット・インターナショナルは、『Trip Base 道の駅プロジェクト』を展開するそうだ。
これは、国内の各自治体と連携し、『道の駅』をハブにした『地域の魅力を渡り歩く旅』を提案する地方創生事業だ。
ドキュメントをダウンロードしてみると、ロードサイド型ホテルが5府県15か所に展開する事が分かる。三重県では大台町と御浜町だ。
このホテルのシリーズは、泊食分離の宿泊特化型で、食事やお土産などは地域のお店で購入してもらうとの事である。外資系ホテルの方が、少なくとも民泊よりは地域の防災・防犯の上で安全だ。店さえ開いていれば、地域経済にも貢献するに違いない。店が有ればの話だが。
ところが、12月1日のCNNによると、マリオットは11月30日、傘下のスターウッドの予約データベースがハッキングされ、約5億人の個人情報が流出した可能性を明らかにした。このスターウッドは、マリオットが2016年に買収したホテルチェーンで、セントレジス、ウエスティン、シェラトン、Wホテルなどのブランドを展開している。
マリオット側は、ハッカーによる不正アクセスは2014年からあったが、問題を突き止めたのは先週だったと説明し、「アクセス権限を持たない者が情報をコピーして暗号化した上、削除に向けた準備を進めていた」と述べている。
また、流出した5億人の個人情報のうち、3億2700万人については、氏名や電話番号、メールアドレス、パスポートの番号、生年月日、到着や出発の情報など比較的軽微であるが、他の利用者に関しては、クレジットカード番号やカードの有効期限が影響を受けた可能性があるという。ハッカーが、クレジットカード番号を保護する暗号を解除できたどうかは未確認だ。
CNNによると、ハッキングの対象には欧州の顧客も含まれることから、EUの一般データ保護規則GDPR違反に問われる可能性もあるとする。もちろん、GDPRは日本も例外ではないのだが、日本のメディアは意図的に報じてはいない。
だが、この連載の№16にも詳しく書いたが、5月25日にEUが施行した、この新しい個人情報保護にまつわるルール、GDPR(General Data Protection Regulation)は、『個人データ』の『処理』と『移転』に関する法律であり、その制裁金は、2000万ユーロ(約26億円)か、全世界年間売上高の4%の、どちらか高い方となる。多国籍企業マリオット・インターナショナルの2017年の売上高は228億9400万ドル。邦価換算だと、2017年は1ドル平均112・17円だったので、2兆5680億1998万円だ。その4%である1027億2080万円は、かなりの高額である。もちろん、ここには個々への補償は含まれてはいない。
(O・H・M・S・S「大宇陀・東紀州・松阪圏サイトシーイング・サポート」代表)

太陽礼拝のイメージ

太陽礼拝のイメージ

津市中河原にある「真宗高田派 乙部山 潮音寺」で、30日㈰14時~(約2時間)、ヨガの太陽礼拝という一連のポーズを繰り返し行うイベント「太陽礼拝108回~自分自身の大掃除~」が開催される。
現在、参加者を募集中。
太陽礼拝は太陽に感謝する動作で、12のポーズから形成される。ポーズをとることによって体の前側・後ろ側を交互に開き、身体機能向上が期待できるだけでなく、胸も開いて呼吸が整う。
そしてこのイベントは、大晦日の夜から元旦にかけて除夜の鐘を煩悩の数だけ鳴らすという恒例行事にちなみ、太陽礼拝を108回行って、体も心もスッキリしよう!というもの。
講師は、同寺で数年前から催されているイベント「ゆったり寺ヨガ」でも教えている荒木裕子さん。
当日は最初に荒木さんが「煩悩とは何か」をヨガの目線から話し、ポーズに入る。各自のペースで行うので誰でも参加できる。
荒木さんは「ヒンドゥー神話では太陽は健康と生命の象徴として崇められていました。1年の終わりに感謝を込めて行いましょう」と呼びかけている。
▼参加費=2000円。マットレンタル料=300円。
▼定員=約15名。
▼予約・問い合わせはメールでscarry.book2@gmail.comへ。

よっかいちFCが製作したロケ地マップ

よっかいちFCが製作したロケ地マップ

巨木を倒すシーンのロケハン(美杉町の山林で)

巨木を倒すシーンのロケハン(美杉町の山林で)

妻夫木聡と黒木華が演じる田原夫婦が、タクシーに乗る場面の撮影風景(白山町で)

妻夫木聡と黒木華が演じる田原夫婦が、タクシーに乗る場面の撮影風景(白山町で)

大ヒット映画「告白」などを手掛けた中島哲也監督のホラー映画で公開中の「来る」は、一部が、津市白山町・美杉町で撮影された。民間団体「津フィルムコミッション『ロケっ津』」が受け入れ、地元企業の協力により市内での撮影シーンが当初の予定より増えたという。
同映画は岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡など個性的な面々が出演。原作はホラー小説「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智)。妻夫木聡が演じる田原秀樹が原作で三重県出身ということもあり、県内各地でロケが行われた。
クランクインの今年2月4日、白山町の近鉄榊原温泉口駅前で、帰郷した秀樹と妻の香奈(黒木華)がタクシーに乗るシーンが撮影された。さらに、中島監督から、田原夫婦がハイキングするスナップも近くで撮りたいと希望が出て、当日俳優らに控室を提供していた「猪の倉温泉」が協力。同温泉が所有する山で急遽、撮影が行われた。
また同団体は津名物「津ぎょうざ」入りのロケ弁を手配。監督や俳優に、さり気なくPRした。
そして後日、映画スタッフから同団体に、巨木を倒す場面も津で撮りたいという予想外の連絡があり、美杉町が舞台となった映画ウッジョブ!の撮影にも貢献した「三浦林商」の協力を得て、4月に同町の山林でのロケハンが実現。6月に撮影が行われた。
よっかいちフィルムコミッションが製作した県内ロケ地マップには、観光振興のため、周辺情報として猪の倉温泉や美杉町の森林セラピーも掲載されている。津市役所、上映館のイオンシネマ津・津南などで配布中。
ロケっ津事務局の原田浩治さん(48)は地元の協力に感謝し「撮影を受け入れて『楽しかった』で終わってはもったいない。地域活性化に繫げたいし、市民が地元について自慢できることを一つでも作りたい」と今後も貪欲に活動していく。

[ 20 / 1,414 ページ ]« First...10...1819202122...304050...Last »