地域

松阪市嬉野権現前町の嬉野グラウンド前駐車場で、8月5日17時~21時10分、『嬉野おおきん祭り』が催される。雨天の場合は8月6日に順延。主催は同実行委員会。
▼おおきん子どもシネマ「ペット」=ふるさと会館大ホールで。開場13時、開演13時半、入場無料。※祭りが順延になっても5日に上映する。
▼ありがとう抽選会(松阪北部商工会)=17時~21時。
▼おおきん屋台=17時~21時。屋台と縁日ゲーム、ふれあい動物園、木工教室。
▼お面で変身コーナー=17時半~19時。お面を作って幼稚園の先生と遊ぶ。
▼ドリームメイトと遊ぼう=17時~20時。ピエロがバルーンアートを作ってくれる。マスコットキャラクターも登場。
▼おおきん御輿=17時10分~17時50分。
▼スペシャルステージ=17時50分~20時。17時50分~=市内などのダンスチーム。19時~=津市出身の女性シンガーソングライター・あつ。19時半~=ポケットピエロのHeyちゃん。
▼盆踊り=20時~21時。
▼ファイヤードリーム「花火」=21時~21時5分。
問合せは同実行委事務局(松阪市嬉野地域振興局地域振興課内)☎0598・48・3804。

小柴信之氏

小柴信之氏

合唱団「うたおに」による「第41回うたおに音楽会~病の床 とにかく、こんな音楽会がしてみたかった!~」が7月29日(土)14時から(開場13時半)、津リージョンプラザお城ホールで開かれる。後援=三重県合唱連盟。
同合唱団は1974年創立。学生から会社員・自営業者・主婦など約30名のメンバーで構成。97年11月、全日本合唱コンクール全国大会で最高位にあたる文部大臣奨励賞を受賞。以来、演奏会活動を精力的に展開する。
三重県内を中心に各地を巡り、馴染みの曲も交えながら様様な趣向を凝らしてのコンサートツアー「うたおにコーラスピクニック」、知られざる名曲や難易度の高い作品も積極的に紹介する「うたおに音楽会」、合唱曲の宝庫ともいうべきテーマから色彩豊かな曲を繰り出す「うたおにクリスマスコンサート」、これらの自主公演を軸にしながら、ほかにも他団体との合同演奏会、オーケストラへの賛助出演、オペラへの出演、自治体関連の各種事業、老人福祉施設への慰問演奏や学校訪問演奏などを行っている。
公演ごとの曲目はその時々の客層やステージのコンセプトにより、ジャンルや年代、様式を問わず非常にバラエティに富んでおり、トークや演出も含めた気取らず温かい雰囲気のステージ構成は、幅広く好評を得ている。
年間40公演以上を行うが、「うたおに音楽会」としては、15年に開いた創立40周年記念演奏会以来2年ぶり。
「病の床─」というサブタイトルは、同合唱団の団長兼指揮者である小柴信之氏が昨秋に大腸癌に倒れたものの、2カ月半の入院・療養を経て指揮者に復帰できたことからつけたもの。
今回は、今までに取り上げてきた曲を再演。どの曲も1回の音楽会でメインとなる曲ばかりで、指揮者である小柴氏と団員の想いをのせ、新しい命を吹き込み披露する。
曲目は「水のいのち」「嫁ぐ娘に」「愛する女の墓にながす恋人の涙」「2つの合唱曲」「マトラの風景」。
全席自由。前売り一般1500円、高校生以下500円(当日は各+300円)。未就学児無料。
問い合わせは、うたおに専用ダイヤル☎080・2629・2514

津市河芸町浜田の河芸公民館2階第1・2会議室で8月24日13時半~17時、歴史講演会「津の近代化 明治~大正」が開催される。主催は津観光ガイドネット。
講師は三重県文化財保護指導員・三重郷土会理事の浅生悦生さん。参加料は無料。
申し込み締め切りは8月18日。問い合わせは津観光ガイドネット藤井さんへFAX津232・9788、またはメールoyyw_f@yahoo.co.jpで。

[ 20 / 1,071 ページ ]« First...10...1819202122...304050...Last »