地域

コール「蘭」

コール「蘭」

サニーサイドゴスペルクラブ三重

サニーサイドゴスペルクラブ三重

高虎太鼓

津高虎太鼓

津城復元の会は津リージョンプラザお城ホールにて、3月7日㈯12時15分開場・13時開演で「津城復元桜待ちコンサートⅡ」を開く。後援=津市・(一社)津市観光協会・津観光ガイドネット。今年の協賛出演はコール「蘭」=稲垣ゆたか代表、サニーサイドゴスペルクラブ三重=小西生峰リーダー、津高虎太鼓=中田正己会長=のトップチーム。
コール「蘭」は、1993年、旧津、一志、鈴鹿在住の女性たちで結成したおかあさんコーラスグループ。ほぼ5年に1度リサイタルを開いているほか、市民音楽祭への参加、老人福祉施設への慰問活動などに取り組んでいる。指揮者は「合唱団うたおに」の小柴信之さん、ピアノ伴奏は丸地麻美さん。今回は①春の海②荒城の月③古城④柔⑤人生一路⑥東京五輪音頭~2020~を歌う。
サニーサイドゴスペルクラブ三重は2009年津・伊勢・四日市・伊賀で活動開始。メンバーは県内で160名。昨年7月、県文化会館中ホールで10周年コンサートを開き、パワー全開のゴスペルが満員の観客を魅了した。会費の一部をカンボジアの農村地域に住む小学生に奨学金として送り続けている。今回は有志約60名が出演。曲目は①希望の歌②オー・ハッピイ・デイ③ユニティ④サンキュウ・ロード⑤ジェネシスなどゴスペルの名曲を大迫力で聴かせる。
津高虎太鼓は①競手②吾唯足知③緋色一閃④破天⑤KIBA⑥遊飛⑦入相桜⑧おこせ火⑨和気藹々。普段のイベントなどでは聴けない曲目など9曲を演奏する。
全自由席。前売・当日とも千円(但し前売完売の場合は当日券なし)。前売券取扱所=アスト津1階津駅前観光案内所・近藤楽器・三重額縁・本紙。遠方の人は予約可。 因みに復元資金は12月末現在で3647万円。 問い合わせ☎090・3933・6061、復元の会・西田久光会長へ。

橋南BCの岩田代表(後列右)と選手たち

橋南BCの岩田代表(後列右)と選手たち

主に近鉄白塚グラウンド=津市白塚町=で練習している中学生の軟式野球チーム「橋南ベースボールクラブ(KBC)」=岩田和己代表=が、2期生を募集中。
KBCは市内の小学生の軟式野球チーム「IKUSEI GUTS」の中学部として昨年4月に発足し、今年1月に独立した。中学進学後も野球に打ち込みたいという子が対象で、社会人野球経験者らが指導し、高校野球で即戦力になる選手育成を目指す。
現在の選手は中学1年の5人と少なく単独で実戦出場できないが、基礎練習を徹底的に行い技術を磨いてきた。球速などをアプリで測り具体的な数値目標を掲げ、切磋琢磨している。今後、県内外の学校やクラブチームとも交流していく。
キャプテンの安藝悠人さん(12、久居中)は「メンバー全員が礼儀正しく親にも感謝できて、強いチームにしていきたいです」と抱負を話している。 練習は土曜・日曜・祝日の8時半~17時(テスト期間は除く)。体験を随時受付中。問い合わせは岩田さん☎090・9890・0285へ。

南インド出身シェフが作るケララ・ミールス(カレー定食)をお座敷で!
インド最南端ケララ州の高級ホテルで修行したヴィシュヌ氏が2月23日㈰に来松、松阪市殿町の八千代で一日料理長をつとめる。
ミールスとは、主に南インドで供される、お米を主食とした複数のカレーや副菜で構成される定食。豆や野菜を中心としたやさしい味が特徴。インド米、パロタ(パン)に添えて、定番のラッサム(酸っぱいスープ)、サンバル(野菜と豆のカレー)に加え、鶏や魚のカレーを中心に8~10品を提供する(お代わり可)。料金は、デザートとドリンク(チャイ・ラッシー)付き。ひとり3000円(税別)。昼夕2回(①12時~②18時~)。各30人限定。要電話予約。
問い合わせ・予約は同店☎0598・21・2501へ。

[ 21 / 1,611 ページ ]« First...10...1920212223...304050...Last »