地域

津商工会議所は3月2日㈪16時~20時半、津市大門の都シティ津5階伊勢の間と津市センターパレスホールでビジネス交流会を開く。様々な業種の会員事業所が事業に係る情報発信の場として活用すると共に、業種を超えたビジネスに係るヒントや人脈形成を図り事業拡大や新たネットワークを構築するきっかけとなることが目的。
◆第1部=①講演会。
▼講師…下津醤油㈱代表取締役社長・下津浩嗣氏。テーマ「顧客のニーズに応える商品づくり」
▼講師…㈱日本政策金融公庫津支店。支店長(兼)国民生活事業統轄の田宮良則氏。テーマ「㈱日本政策金融公庫が取扱う事業承継支援事例」
▼第1部②自社PRタイム…写真、図、文字等を用いたパネル等を活用し会社概要、商品説明等のPRを行う。パネルの代わりにパワーポイント、パンフレット、チラシ、商品の披露等も可能。
◆第2部=名刺交換会・交流会(ビュッフェスタイル)※第2部のみの参加は不可。
参加対象者=津商工会議所会員または津市内等に事業所を有する事業者(1企業2名以内)。参加費は、同会議所会員はひとり2千円、非会員はひとり1万円。
申込・問い合わせは同会議所☎059・228・9141へ。申し込み締切は2月7日㈮必着。

見事な演技を披露した生徒たち

見事な演技を披露した生徒たち

津市上弁財町の「高田由紀子バレエ学園」が昨年12月26日、大阪市北区中之島のフェスティバルホールで開かれたチャリティー公演「第67回洋舞合同祭~モダンダンスとクラシックバレエの合同公演~」に出演した。朝日新聞厚生文化事業団主催。
この公演は、戦後間もない1946年(昭和21年)に、歳末助け合いを目的に「関西舞踊家集団公演」として始まったもので、関西の団体が出演し、収益金は社会福祉事業に活用される。
高田バレエが同公演に参加するのは今回で56回目。演目は、『コッペリア』より第3幕を中心に抜粋した明るく楽しい作品。演出・振付は高田恵さん、高田さちさん。
津と大阪の2教室から計50名、幼稚園児~70代の生徒が出演した。
両教室は練習を基本的に別々に行い、合同リハーサルが行われたのは本番当日を入れて2回のみだったが、各教室での練習の成果もあり、本番は全員が一体となって華麗な演技を披露した。
同学園では「皆さんがフェスティバルホールという大きな舞台に立つことを夢見て練習に励み、本番では観客から沢山の拍手をもらうことができました」と話した。

2月8日㈯~3月3日㈫まで、『第11回榊原温泉のお雛さま』が実施される。主催=榊原温泉振興協会。同温泉の護り神である射山神社境内の大黒の像が持つ「恋こ槌」に触れると良縁が授かると言われている。こうしたことを背景に同イベントを毎年催し、地域の施設の協力を得て雛人形展示などを行っている。

▼記念婚式=3月1日㈰10時~、射山神社で。参加を希望する夫婦は〝恋のひと言〟として、夫婦の馴れ初め、感謝の気持ち、結婚何年目かなどを短文にまとめ、連絡先も記入して〒514─1251、津市榊原町5824─1、榊原温泉振興協会事務局宛てへ郵送、またはメールsakakibaraonsen@zc.ztv.ne.jpで応募。字数は自由。他薦も可(推薦される人の了承が必要)。締切りは2月8日㈯。応募者の中から優秀者を招待(記念の菓子・写真、温泉利用券など贈呈)。※当選した夫婦は式に自前の正装(和・洋装何れでも可)で参加、最優秀者1組には十二単と宮司装束を着用してもらう
▼協賛施設(湯元榊原舘・清少納言・砂羽・神湯館・湯ごり)がおもてなし
▼スタンプラリー
▼フォトコンテスト
問合せは同振興協会☎津252・0017。

[ 27 / 1,611 ページ ]« First...1020...2526272829...405060...Last »