地域

快挙を喜ぶ伊藤さん

快挙を喜ぶ伊藤さん

11日、東京都港区の東京食肉市場で行われた「第62回・松阪肉牛枝肉共進会」で、「㈲伊藤牧場」=津市一志町高野=が3年連続となる最優秀賞1席に輝いた。
同共進会は松阪肉牛協会に所属する肥育農家が手塩にかけて育てた松阪牛から選りすぐった枝肉を出品。その中で最高値で競り落とされたものが1席となる。3年連続1席はこの共進会の歴史でも伊藤牧場が初。
伊藤牧場は70年ほどの歴史があり「非常に光栄なことで嬉しい」と快挙を喜ぶ代表取締役の伊藤浩基さんは祖父の代から数えて三代目。現在は、600頭ほどの松阪牛を肥育しており、東京に9割を出荷。A5ランクへのこだわりから、優良血統の仔牛を仕入れ、ストレスがかからないよう衛生的で一頭当たりのスペースを広くとった牛舎の中、一般的な松阪牛より長い月齢35カ月以上の肥育を行う。肥育期間を長くすると、脂に含まれる不飽和脂肪酸が増え口どけが良くなると同時に甘みが増す。霜降り肉でもさっぱり食べられ、もたれなくなるという。
また、自社の松阪牛糞の堆肥で無農薬米を栽培し、その藁を飼料にする循環型農業も実践。
別会社を立ち上げ、台湾など海外へ牛肉を自社ブランドで輸出しているが、今後は松阪肉牛協議会を通じた松阪牛ブランドでの輸出をめざす。
伊藤牧場の松阪牛は直営店の「焼肉いとう」=津市久居野村町=、ネット通販で食べられる。東洋軒でも使用している。

日頃学んだ技術で作った料理を、来場者に提供する学生たち

日頃学んだ技術で作った料理を、来場者に提供する学生たち

津市大谷町の三重調理専門学校で16日、学校祭
「三重調フェス2019」が開かれ、400人以上が来場し大盛況だった。
同祭の目的は、調理・製菓の技術を学んでいる学生が、日頃の成果を来場してくれる保護者や友人に披露すること。また、地域住民との交流も目指している。
1・2年コースの学生約60名が参加。飲食ブースでは、紀北町長島で93年続き昨年閉店した和菓子屋「とらや製菓」から同校学生がレシピを受け継ぎ、アレンジした「あんまき」や、焼き菓子、パンなどが販売された。
また、オムライス・ドリアや、三重テレビの番組の同校担当コーナー「キチキチキッチン」で紹介された豆乳担々麺などの料理も提供され、好評で売り切れるメニューも。
学習成果発表として、辻製油のかんきつジュースを使った料理レシピを開発した授業などに関する展示も行われた。
1年コースの桐生愛梨さん(18)は校内の案内などを担当し「お客さんが少しでも楽しんでもらえるよう、色とりどりの折り紙を作って、来てくれた小さい子供さんに渡しました」と話した。

津市美里町家所の旧辰水小学校ランチルームで30日㈯17時(16時30分開場)~19時30分、「第3回HOROYOIコンサート」が開かれる。入場無料。主催=辰水元気づくり協議会。
同協議会では、旧辰水小学校校舎の利活用の一環として毎年2回イベントを行い、地域の交流と活性化を図っている。
今回は、三重県出身・在住のシンガーソングライター・胡池マキコさんの弾き語りライブを開催する。胡池さんは2枚のオリジナルアルバム「ワンダーランド」「ツキミマンテマ」を自主制作。今年、アルバム「Morgenrot(モルゲンロート)」を自身初の全国リリース。
会場ではビールなど各種飲み物やおつまみの販売も行われる。
問合わせは同協議会事務局の杉平さん☎090・3308・7175。

[ 28 / 1,593 ページ ]« First...1020...2627282930...405060...Last »