地域

施工完了書を手に…池村さん(左)と大西課長

施工完了書を手に…池村さん(左)と大西課長

新年を迎え、今年こそ新型コロナウイルスの終息が全世界の願いとなっている。そのためにもより効果的な感染防止策が求めらている。特に不特定多数が出入りする施設での感染予防策が課題。 12月3日、三重県庁で、庁内のエレベーター5基に、抗ウイルス性のある光触媒コーティングを無償施工した「㈱ミエアカリ」=津市栗真小川町=が施工完了贈呈式を行った。
今回、同社が施工した光触媒コーティングはグローバル・エコロジー㈱の「エコララコート」。 これは、国立研究開発法人・産業技術総合研究所が特許を持つ素材を使ったコーティング技術。 施工すると、電灯の光に反応してウイルス、菌、臭いに対する分解効果を発揮する。使用される環境によって変化するが、効果は数年間持続するという優れもの。新型コロナウイルス感染拡大を受け、社会貢献の一環として同社が施工した。津市アルスプラザにも施工している。
贈呈式では、同社代表取締役の池村祐樹さんが管財課の大西宏明課長に施工完了証を手渡した。
大西課長は「エレベーターは朝などで密になりやすい場所。本当にありがたい」と謝辞を述べた。
それを受け、池村さんは「新型コロナ第三波が訪れる中、不安になっている方も多いので、少しでもお役に立てれれば嬉しい」と話した。

左から河北会長、前葉市長、川尻消防団長

左から河北会長、前葉市長、川尻消防団長

12月11日、津市のボランティア団体「みな月会」=河北浩峰会長、会員39名=が津市役所の前葉泰幸市長を訪ね、津市消防団のへ激励品のみかんの購入費用として10万円を贈った。
「元気で安心、快適な津市の創生」を目指す同会。災害に備え日々、献身的な活動をしている消防団員の役に立ちたいと年末特別警戒に合わせて行っているもの。15回目となる今年、河北会長と会員たち、前葉市長、津市消防団の川尻研二団長らが出席。
前葉市長は河北会長から目録とミカン箱を受け取ると「合併以来ずっとご支援頂き本当にありがたい」と深く感謝した。
河北会長は「年末の消防の安心安全を守る見守りは本当に大変。少しでもお力になれれば」と語った。
今年は、新型コロナウイルスの影響で消防団の年末特別警戒も、徹底した感染防止対策の下で行われるため、同会の温かい志は例年以上に団員の励みとなった。

昔の道具 羽釜から電気炊飯器へ

昔の道具 羽釜から電気炊飯器へ

氷を使って冷やす氷冷蔵庫

氷を使って冷やす氷冷蔵庫

三重県総合博物館でトピック展「昔の道具を考える」が開かれている。主催=同博物館、後援=三重県博物館協会。
明治時代から平成時代にかけての生活用具について、電気の普及による道具の「電化」を中心に実際に使ってきた人々の感想を交えて紹介するとともに、新しい道具の出現が暮らしにどのような変化をもたらしたのかを考える機会とするのが趣旨。
展示内容
「電化」により、人力や火が担っていた役割が大きく変化した道具の移り変わりの様子をわかるように展示。
例えば音楽を聴く道具では、蓄音機からレコードプレーヤー、カセットテープレコーダー、CDプレーヤーなど、炊飯道具では、羽釜から電気炊飯器などの変化の様子を紹介。
観覧料=基本展示観覧料一般520円、学生310円、高校生以下無料。 関連行事
▼ミニ講演会&道具の使い方紹介
令和3年1月11日(月・祝)・2月11日(木・祝) 13時半~15時まで。
学芸員が展示の見所を紹介するとともに現在では珍しいモノとなった道具の使い方を紹介。
場所=3階レクチャールーム。誰でも参加できるが、未就学児は保護者の同伴が必要。定員=各日54人(当日受付・先着順)。無料。
問い合わせは同博物館☎津228・2283(なお、1月4日まで休館)。

[ 3 / 1,669 ページ ]12345...102030...Last »