地域

肩掛けにしたバッグからシャラシャラと小さな音がする。友達からもらった鈴。京都の神社のお守りだ。一足進めるごとにシャラと鳴って、心地よいリズムとなる。
 鈴なんて持ったことはなかったのに、すっかり身になじんでいる。鍵やお財布に付ければ落とした時に気付きやすい。そういう時のためのお守り鈴かもしれない。
 神社で巫女さんが神楽を舞う時にも鈴を振る。鈴には神につながる力があるのだろう。鈴なりという言葉もめでたい。
 鈴を見て、ねぶたに行った時のことを思い出した。ねぶたの周りには「ラッセイラ、ラッセイラ」と叫びなら跳ねるハネトがいた。跳ねる度に賑やかな鈴の音が聞こえた。
 時々ハネトが観客に向かって鈴を投げてくれる。その鈴は幸せを呼ぶと言われる。私もカラフルな鈴を何個も拾ってきた。
 しまい込んだまますっかり忘れていた鈴を、夏向きの玄関飾りにと探し出した。ねぶたの扇と鈴を飾ったらねぶたの夏がやってきたようだ。ハネトの鈴はきれいな色のまま軽やかな音を立てる。幸せの音色だ。
 歩く時の鈴のシャラシャラは、私には心地よいが、気に障る人もきっといるだろう。だから人のいる場所ではバッグの内ポケットに押し込んで他の人に聞こえないようにする。何より猫の鈴みたいに私の居場所を教えるのも恥ずかしいし。         (舞)

 津まつり実行委員会では令和6年の津まつりポスターデザインを募集している。
 「デザイン・イラスト・写真等を使って制作してください。手書きのポスターも大歓迎。熱気あふれる津まつりをイメージしたデザインをお待ちしています」と話す。
 採用された作品は、津まつりのポスターやガイドブック等のデザインに使用される。
 ▼規格=ポスターA3版(横29・7㎝×縦42㎝)カラー※実際に制作するポスターはA2サイズ
 ▼応募方法=作品の裏面に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を記入し、郵送または持参またはメールで。
 ▼応募先=〒514の8611、津市西丸之内23の1、津市役所内津まつり実行委員会事務局へ。メールの場合は
229-3170@city.tsu.lg.jp
(データ提出時はJPGもしくはPDFに変換。容量は3МB以内)
 ▼応募締切=7月19日 ※郵送の場合は当日到着分まで有効。
 ▼賞金=最優秀賞1人に5万円。
 ▼注意=応募作品はデザイン原画のみ、文字は記入しない※下部6㎝には「津まつり」のロゴが入るので何も書かない。
 ※最優秀賞のポスター案は「津まつりガイドブック」の表紙としても利用するほか、ホームページにも掲載。
 ※画用紙等に色鉛筆や絵の具で描いたポスター案も歓迎。
 ※画用紙の場合は八つ切り以上。
 ▼備考=作品は応募者のオリジナルで、未発表のものに限る。採用作品の著作権等、一切の権利は津まつり実行委員会に帰属。応募作品の返却はない。採用作品は、主催者の都合で一部修正する場合がある。
 問い合わせは、津まつり実行委員会事務局(津市商工観光部観光振興課)☎059・229・3234へ。

展示作品と共に…真柄さん

 津市乙部の津乙部郵便局で、介護福祉士の真柄力也さん=津市乙部=のコレクションを展示する相撲のお宝展「大相撲乙部場所」が開かれている。会期は31日まで(土日祝休除く)。入場無料。
 大相撲名古屋場所の開催に合わせて開いたもので同郵便局の一角には、大相撲ファンである真柄さんのコレクションから選りすぐりの23品を展示。春の巡業の皮切りとなる伊勢神宮奉納相撲の過去4回分のポスターや、名古屋場所のポスターパンフレットなどを展示しているほか、津市出身の琴風や双羽黒、若花田、貴花田などの手形サイン色紙などを展示している。
 真柄さんは「名古屋場所と一緒に展示を楽しんで頂ければ」と話す。

[ 3 / 1,854 ページ ]12345...102030...Last »