地域

「上ノ村寺小屋」の会場となる成願寺会館

「上ノ村寺小屋」の会場となる成願寺会館

津市白山町上ノ村の成願寺会館で、地域を元気にする勉強会「上ノ村寺子屋」が開講する。
第1回目は18日㈯19時半~21時。県交流アドバイザーの田垣実郷氏が開講記念講演を行う。演題は「地域学入門講座」。
上ノ村地区の住民をはじめ、他地域の人・大学生・企業がともに地域づくりを目指す「上ノ村環境保全プロジェクト」=大倉信幸代表=が、「村を元気にする大人の学び場」をコンセプトに運営するもの。
今年度(今月~来年3月)は第1・第3土曜19時半~21時に開講。受講者が一人でもいれば開講するという方針で、当面は実験的に運営する。地区内外からの受講者、講師、スタッフを募集中。
上ノ村地区は人口約280人、世帯数76戸の小さな集落。同プロジェクトは平成21年に発足し、獣害対策、料理の得意な女性による「村のレストラン」、食や農に関心のある母親のグループ「まめっこ」による休耕田での大豆の栽培など実施。これらの事業を通じ住民が主体的に活動するようになり、地域づくりのリーダーも育っている。
プロジェクト事務局の木村さんは、寺子屋開講にあたり「他地域の人にも参加してもらい、足並みを揃えて白山町全体など広域で地域づくりができれば。また、その先導役になれれば」。
問い合わせは木村さん☎080・9578・4759。

第1回せんべろのまりりんのメニュー

第1回せんべろのまりりんのメニュー

津市大門商店街の通称「ランタン通り」で6月1日㈯、飲み歩きイベント「せんべろ~偶数月に1度の呑んべえ企画~」の第2回が開催される。     主催はランタン通り実行委員会。
「せんべろ」は、1000円も出せばべろべろになるほど酒が飲めるという意味。この企画は、同実行委員会が、最近徐々に人通りが増えてきているものの、まだまだ賑わっているとは言い難い同商店街に再び賑わいを取り戻そうと4月にスタートしたもの。偶数月に1回、土曜日に開催。
参加店で、せんべろチケットと引き換えに、趣向を凝らした、お酒とおつまみの「せんべろメニュー」が堪能できる。
▼第2回の参加店は……キャンプバー・ランタン、歌声サロンまりりん、串揚げまるう本店、アンコムチュア。※ランタン通り周辺の店舗が追加で参加する場合あり。
▼参加方法は……①「せんべろチケット」を購入。参加店で前売りあり。当日は会場に設置する本部で販売。チケット料金は事前・当日とも1000円②参加店で、チケットとせんべろメニューを引き換えて味わう。※せんべろメニューは数量限定の場合あり。③参加店を飲み歩き。
問い合わせはキャンプバー・ランタン☎津253・0125へ。

豊福千賀会による「津音頭」

豊福千賀会による「津音頭」

4月21日、津リージョンプラザお城ホールで、毎年恒例の『第64回チャリティ民踊・舞踊まつり』が開かれた。主催=津音頭保存会、豊福千賀会。
津まつりなどでおなじみの津音頭保存会は昭和39年に発足。津市の市制75周年を記念して作られ、今や津市の郷土芸能として市民に親しまれる津音頭の伝承・保存を目的に活動している。
開会の際、同保存会の鳥山豊福千賀会長が挨拶し、来場への感謝を述べた。また前葉泰幸市長、西山みえ市議と出演者たちが「津のまち音頭」を踊り、会場を盛り上げた。
そして豊福千賀会による津音頭を皮切りに、華やかな衣装の出演者が次々と踊りを披露。
会場では、津市の福祉活動に寄付するため出演者や来場者から募金が集められた。

[ 3 / 1,487 ページ ]12345...102030...Last »