地域

小津安二郎監督の映画「戸田家の兄妹」

小津安二郎監督の映画「戸田家の兄妹」

津市に由縁のある小津安二郎監督作品を大きなスクリーンで鑑賞しようと7月27日㈮(12時半開場)、アスト津4階アストホールで、「彼岸花映画祭in津特別企画」の映画上映会「小津安二郎とアメリカ西部劇を大スクリーンで楽しむ」が開かれる。主催=彼岸花映画祭実行委員会。共催=国立大学法人三重大学、津市。後援=本紙ほか。
9月に開催予定の小津安二郎を偲ぶ映画上映会「彼岸花映画祭」をさらに盛り上げようと立ち上げた特別企画。戦前を代表する小津作品「戸田家の兄妹」と、アメリカ西部劇の傑作「黄色いリボン」を観て楽しむ。また小津作品と西部劇の不思議なつながりを紐解いていく。
解説は藤田明さん(全国小津ネットワーク顧問)、志田行弘さん(三重テレビ放送相談役)。三重テレビ放送「とってもワクドキ!」キャスター稲葉寿美さんが司会として登壇。テレビ番組的なコーナー展開で作品の魅力に迫る。
◆映画上映1部(13時)・「戸田家の兄妹」(1941年・104分)※本編のまえに解説あり=家族の崩壊と再生を描く、『東京物語』に続く、戦前小津作品の傑作。 ◆映画上映2部(15時半)・「黄色いリボン」(1949年・103分)※本編のまえに解説あり=アメリカ西部劇の傑作。退役を間近に控えた騎兵隊の大尉の物語。
入場無料。事前申し込みは不要だが、満席(270席)の場合は入場を断る場合もある。いずれか1本のみ鑑賞も可能。
問い合わせは080・4547・2015(同映画祭実行委員会事務局・吉村さん)

haooti 和太鼓奏者、服部博之コンサート「一會─いちえ─2018」が8月10日㈮18時半から(開場18時)、津リージョンプラザお城ホールで開かれる。
これは08年から続く「一會─いちえ─」シリーズで、今回で13回目。「ひとつの出会いからすべてが始める」をテーマに毎回様々なアーティストと共演し、好評を得ている。
今回の共演者は新谷卓也(ピアノ)、百本マイ(唄)、澤岳司(花)。
チケットは前売(全席自由)一般4000円、学生2000円(共に税込)。当日券は前売り券より500円プラス。未就学児は入場無料。ただし、座席が必要な場合は料金が必要。
チケット取り扱いは、三重県文化会館チケットカウンター津233・1122。いせもん本店(担当・小倉さん、中江さん)☎津221・5777。レストラン中津軒☎津228・2748。近藤楽器店☎津225・2755。きものひろば☎津256・6006。四天王寺☎津228・6797。
インターネットでの購入はichie2018.peatix.com
問い合わせは実行委員会(アレグリア内)☎0598・56・9669。

みえむの第20回企画展「おもちゃ大好き!」のチラシ

みえむの第20回企画展「おもちゃ大好き!」のチラシ

津市一身田上津部田の三重県総合博物館(みえむ)で9月2日㈰まで、第20回企画展「おもちゃ大好き!~郷土玩具とおもちゃの歴史」が開催されている。主催は同館。
今も昔も、子供達の身近な存在である「おもちゃ」。そんなおもちゃにも歴史があり、特に明治時代から現在に至る、150年間の移り変わりには目を見張るものがある。そこで今展では、全国各地の郷土玩具や明治・大正・昭和のおもちゃを1000点以上展示。来場者を、大きな、大きな、おもちゃ箱へと誘う。
▼時間=平日は9時~17時(土日祝日は19時まで)。最終入場は閉場の30分前まで。
▼休館日=月曜。
▼観覧料=一般900円(団体720円)、学生540円(同430円)、高校生以下無料。
▼問合わせは☎津228・2283。
なおタイアップイベント「ミエトイ・キャラバン in MieMu」が9月2日までの9時~17時、同館で開催中。主催は県農林水産部みどり共生推進課。木と親しむ「木育イベント」。

[ 3 / 1,286 ページ ]12345...102030...Last »