地域

 

 

前葉市長(右)に浄財を手渡す深見さん(中央)と西山さん

前葉市長(右)に浄財を手渡す深見さん(中央)と西山さん

 

出演団体が一堂に会するフィナーレ

出演団体が一堂に会するフィナーレ

3月20日、津城復元の会は津リージョンプラザお城ホールで「津城復元 桜待ちコンサートⅡ」を開いた。後援=津市、一般社団法人津市観光協会、津観光ガイドネット。
コンサートの収益金は津市のふるさと納税制度の津かがやき寄附を活用して、津城の復元資金として積み立てられる。コンサートは3部構成。
第1部はコール蘭=稲垣ゆたか代表=。旧津、一志、鈴鹿在住の女性たちで結成したおかあさんコーラスグループ。指揮者は吉田浩代さん、ピアノ伴奏は丸地麻美さん、更にフルートの原田美佳さんを迎え、荒城の月、さくら、見上げてごらん夜の星をなどの名曲を情感を込めて歌い上げた。
第2部はサニーサイドゴスペルグループ三重=小西生峰リーダー=。「みんなで一つになって歌い平和に生きよう」をモットーに県内を中心に活動をしており、「オー・ハッピイ・デイ」「ドゥ・ユー・ノウ・ヒム」などゴスペルの名曲を披露。明るい笑顔と美しいハーモニーで会場を盛り上げた。
第3部は津高虎太鼓=中田正己代表=のトップチーム。実力をいかんなく発揮し、「競手」「遊飛」「緋色一閃」などの曲で聴衆を魅了した。
22日には、津城復元の会の深見和正さんと、西山みえさんらが津市役所の前葉泰幸市長のもとを訪れ、コンサートの収益金と会場募金を合わせた42万5200円を寄附。
「津城跡の整備」へは累計で約2万6000名約5400万円を超えた。
前葉市長は、ふるさと納税の好調もあり、今回の浄財を合わせ令和3年度だけで復元資金への寄附は900万円を突破したと報告。「寄附が増えていることに気運の高まりを感じる」と語った。

特別ゲストの真木柚布子さん

特別ゲストの真木柚布子さん

「でいごの花の会」は4月24日㈰9時半から津市役所隣りの津リージョンプラザお城ホールで、社会福祉支援『昭和歌謡48年の歴史 チャリティ歌の集い』を開く。後援=三重テレビ放送、ZTV、本紙。入場無料。県下から集まった110名が晴れの舞台で自慢の喉を披露する。
ステージに華を添える特別ゲストは歌手の真木柚布子さん=キングレコード=。真木さんは北海道出身、昭和50年役者としてデビュー、映画「エデンの海」、テレビドラマ「銭形平次」「太陽にほえろ」や数多くの舞台で活躍。平成元年に歌手デビュー。「いのち花」が平成2年度新宿歌謡祭銅賞受賞、「宝船」「雨の思案橋」など12作品でキングレコード賞受賞、歌と踊りと芝居を一つのステージで表現する「演歌ミュージカル」を確立。
この他のゲストは、伊賀市と名張市を中心に活躍中の「木村弘士と伊賀流真太鼓」=木村弘士代表=と、卯月さなえさんによる琉球舞踊で沖縄ムードを盛り上げる。
尚、当日の募金は後日、三重テレビ放送を通じて社会福祉支援金として福祉団体に贈られる。
問い合わせは浜田さん☎090・3578・6953。

集合場所のお城公園の藤堂高虎公像

集合場所のお城公園の藤堂高虎公像

4月9日㈯9時半~12時半、津市丸之内の津城跡周辺で、楽しく津城と津藩祖・藤堂高虎公について学べるイベント「津城をもっと城にぃ!」が開かれる。主催=安濃津ガイド会。共催=津ガイドネット。協力=津市商工観光部。
津城跡が続日本100名城に選ばれて5周年を記念して開催するイベント。オープニングイベントの津城と高虎公についての〇×クイズ。高虎公ゆかりの津城周辺13か所をめぐる謎解きウォークラリー、津城と高虎公のことがわかるパネル展(津センターパレス2階ホール)など、楽しい内容が目白押し。オリジナル御城印缶バッジのほか、沢山の商品も用意している。
参加無料。家族、グループ、個人でも参加可能。定員100名。小学生以下は保護者同伴で参加を。希望者は、参加者全員の住所・氏名・年齢と代表者の連絡先を明記しFAX059・221・0811かEメールtsu.guide.net@gmai.comへ連絡。締切は3月31日。当日は9時にお城公園の藤堂高虎公像前集合。

[ 30 / 1,776 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »