地域

イルミネーションの下で・点灯式に集まった人たち

 津駅東口近くの栄町公園で今年もイルミネーションが点灯中。
 津駅前の経営者や商店主らでつくる津駅前ストリート倶楽部=青山春樹会長=が、津駅前を明るく照らし防犯に繋げることも目的に毎年この時期に実施。今年で12回目。
 サンタやトナカイなど冬の風物詩をかたどったイルミネーションを公園の木々に設置しており、美しい光がきらめく憩いの場として津駅周辺を訪れる人たちにも親しまれている。㈱アルファ=津市一身田大古曽=が無償で設置工事に協力している。
 1日に行われた点灯式で青山会長は「イルミネーションは子供や女性の安全を守ると同時に綺麗さと明るさを保ちたいという思いがあり毎年点灯している」と挨拶。前葉泰幸市長は「皆さまが思いを込めて明かりをともして頂くことに感謝する」と続いた。
 イルミネーションが点灯すると色とりどりの光を目にして集まった人達も喜んでいた。
 点灯時間は日没から~24時。期間は来年2月末まで。

訓練で変圧器を交換する様子

 8㈰、津市美里町五百野の中部電力パワーグリッド㈱の中勢訓練所で非常災害を想定した訓練が行われた。
 訓練には、同社の県内にある支社と営業所から復旧作業に携わる部門に所属する約130名が参加。近年、被害が拡大傾向にある台風などに対し円滑に対応するために配電や送電といった部門間の連携や、営業所の垣根を越えた対応力の向上を目的に実施された。
 参加者たちは、大型台風によって津市全域に停電が発生したという想定のもと、高所作業車を使い、強風によって断線した電線や変圧器の交換などの復旧訓練を実施。更に、土砂崩れによって停電している病院に送電するという想定で、ディーゼルエンジンを動力とする高圧発電機車による応急送電訓練も行った。
 また、断水時にため池の水などを機械でろ過して飲み水を確保する訓練や、台風などの発生時に復旧現場とのやりとりを行う社内通信回線の構築訓練等にも取り組んだ。
 参加者は一般的な復旧作業よりも厳しい想定のもとで訓練を行うことで、技術や連携を高めていた。同社配電運営グループの川村雄作班長は「個々のレベルが高く早く復旧できた。更にレベルを高めていきたい」と話していた。

 

津商工会議所は、設立130周年記念事業の一環として、「観光サービス業部会」=青山春樹部会長=と「社会文化部会」=杉田真一部会長=の合同県外視察見学会を4日・5日、尼崎市塚口本町の「塚口笑店街」と淡路島の「のじまスコーラ」を訪れた。
 津市の商店街も全国の例に漏れず、空き店舗が目立ち衰退しているのが現状。行政や各商店街組合員らも、かつての賑わいを取り戻そうと様々な施策を打っているが抜本的な解決には至っていない。津市地域の商工業社(者)3004会員で構成する同商議所としても、商業活性化のための施策を行政に提言・要望するなど、地元経済の振興に取り組んできた。
 県外視察は、毎年この時期に実施しているもので、活性化に成功している全国の商店街や施設を訪問し、活性化のヒントを探り、地元にフィードバックするべく研究してきた。
 4日に訪れた「塚口笑店街」は、阪急の梅田駅と三宮駅の間に挟まれた塚口駅前にあり、組合員は35店舗と規模こそ大きくはないが、創意工夫を凝らした取組みで衰退から脱却し、「はばたく商店街30選(2019)」に選ばれるなど全国から注目を集めている。現地では同商店街組合の村上賢司理事長と、商店街アドバイザーの堀登志子さんから説明を受けた。
 要旨は…2015年に『活性化委員会』を始動し月に1回のペースで勉強会を実施。活性化策をかつてのトップダウンや、外部組織への丸投げではなく、組合員の小さな意見を無視しない、他人の意見を否定しない、過去を事例に拒否しないなどの約束事の決定。若手からのボトムアップを図りながら、各店の常連客が商店街全体の常連客になることを目標に定めた。その後は「まちゼミ」の開催や「ひるのみ」「屋台」「縁日」「スタンプラリー」などの事業を次々に開催。また、プロトン急速冷凍機を使った冷凍食品の開発、自販機での販売やネット販売、ふるさと納税返礼品の登録などで需要の掘り起こし。現在では若手の飲食店の出店も相次ぎ、新規出店率は50%を超えている事などを語った。
 5日は、淡路島(兵庫県淡路市野島蟇浦)で地方創生に取り組んでる㈱パソナグループが運営する「のじまスコーラ」を訪問。同施設は、淡路島の阪神淡路大震災の震源地「野島断層」の近くにある旧野島小学校を学校らしさを残しつつ全面改装した複合施設。スコーラとは、イタリア語で「学校」を意味する。旅行客のみならず淡路島の住民にも愛されている。
 淡路島の特産品やお土産が集まるマルシェ、地元の人々にも人気なベーカリー、ペットと一緒に食事ができるカフェ、地産地消をテーマにしたイタリアンレストラン、かわいい動物たちと気軽に触れ合える動物園、開放的で自由に使えるドッグランなどがある。ここでは、同グループ常務執行役員の松村卓司さんと、㈱パソナふるさとインキュベーション旅行事業部の渡部泰徳さんかが講話。淡路島が温暖で関西空港にも近く、2025年開催の大阪万博、IR誘致の可能性など地の利がある事や、東京一極集中で課題となっている介護離職、少子高齢化、待機児童、農業の衰退、地方の衰退の解消と、心身の健康の保持・推進をするために、2020年9月に本社機能の一部を淡路島に移転し、多くの社員が地元に根差しながら地方創生に取り組むことの意義を語った。

[ 30 / 1,854 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »