地域

雲井理事長(右)に浄財を贈る楠相談役

雲井理事長(右)に浄財を贈る楠相談役

集まった来賓を前に挨拶する楠社長

集まった来賓を前に挨拶する楠社長

10月28日、津市新町のプラザ洞津で「三重電業㈱」=楠幸治社長、津市あのつ台=の70周年記念式典及び祝賀会が催された。
同社は、有名ハウスメーカーを中心とした一般住宅の電気設備工事から工場や官公庁などの大規模な電気設備の設計・施行・メンテナンスまで幅広い電気工事業を展開。更に、防犯設備工事や太陽光発電なども手掛けている。
同社のスタートは昭和22年5月。元々、大阪で電線などの電気工事用資材を販売する商社を営んでいた創業者の髙間清輔さんが昭和19年、戦火を避けるために津に疎開。 戦後に商売を再開したが、戦災復興で資材の販売よりも直接工事をした方が利益がでるという取引き先のアドバイスを受け、個人企業「三重電機工業所」を津市上浜町に設立。その後、昭和41年に髙間さんの娘・清子さんと結婚を期に現在の楠修次相談役が社長に就任し、時代の風を読みながら、企業を大きく成長させた。そして、平成13年に楠相談役の長男である現在の楠幸治社長が代表取締役に就任。21世紀の社会ニーズに合致した新たなアプローチで企業として躍進を続けている。
祝福に駆けつけた約70名の来賓の前で、楠相談役が「これまで時代の大きな変化と共にコツコツと成長ができた。これは先人を含め、多くの皆様に支えて頂いたおかげ」と深く感謝。続く、楠社長も会社の歴史を黎明期から紐解きつつ、「これからも誠心誠意を社是とし、力強く歩んでいく」と語り、百周年に向けた決意を新たにした。
また、楠相談役は喜寿の記念に自殺防止の電話相談を行っている「三重いのちの電話協会」の雲井純理事長に浄財を贈った。

最近なんでか知らんが家内に叱られ、子供に叱られ身の置き場がない。趣味の囲碁の相手がない。否あるにはあるが、自分とそこそこか少し弱い者をさがしているがそんないいかげんな者につきあってくれるものなどいるはずがない。ところがそれがうまい具合に最近まで二人もいてくれた。が一人は山でなくなり、一人は転勤してしまった。まったく二人の存在が僕にとって大きかったのでがっかり、とみにしょぼくれている。
へぼながら碁というゲームは実に面白く、愉快で相手がなくてもテレビでも楽しめる。しかし人間相手がいる。家内によると初期認知症(その愛のことば?ちょっと待ってくれよ)の脳トレにいいし、「碁はお金がかからないのでお勧め」らしい。あと、「お酒やめてくれたら、二重丸や」ときた。そりゃそうやろ。また家内は「事業主やってたころから酒豪で今その後遺症がみられる?」と。
家内曰く酒飲むと「鉄幹のごとく熱く語り」客を離さないのが悪いくせらしい。なんぼ離婚考えたやらといわれている。

閑話休題(かんわきゅうだい=それはさておき)
去年たいへんたいへん人様にご迷惑をかけたのでこの紙面をお借りしてお詫びさせていただくこととする。粗忽者の僕はドブ掃除中転落入院、まぁありがたいことにうちどころよく…?今ぴんぴんして車を運転、大阪の娘のところへ往復したと知人に語ったら「あほちゃうか、はよ免許返上しなさい」と叱ってくれた。つづけて「車やめてタクシーにした方がはるかに安い」と、もつべきものは友と涙があふれた。彼いわく「村田さん明神里山というものに20年間とりくんでこられたし、これからの後半生は好きな半泥子の勉強をして社会奉仕されたら輝くよ」と断じてくれた。他人さまの方がよくわかってくださっている。裸の王様、井の中の蛙だったと目からうろこが落ちた。
ところで最近来てくれた我が家の同居人猫のチャッピーは朝早くから僕をたたき起こしてくれて、顔はなめるは、すりすりしてくれるは、買ってきた茶碗を壊してくれるは、パソコンの操作をするは、勝手にテレビのスイッチを入れたり、夜中にラジカセのスイッチを入れて大好きなクラッシック音楽を聞かせてくれたりいやはやうれしいやら腹立たしいやら困ったものだ。しかしチャッピーが僕にやる気をださせてくれている。
ところで前に書店で買った津市が生んだ奇才の陶芸家ともいうべき「半泥子を語る」は僕の能力範疇を越えていてなまじ語ればかえってその姿をくもらせかねない。今一度勉強しなおしてからにさせていただく。僕は陶芸の知識はまったく無く、半泥子さんの人となり、ウィット、ユーモア、そして僕と同じ幼少期虚弱だった半泥子がどのようにして大人(たいじん)へと変貌していくか、に興味津々、これはある意味現代幼児教育に生かせる気がしてきたのだ。小さい頃から五感を鍛える「半泥子教育」をやったら素晴らしいと第六感。去年大病を患って、仕事もリタイヤし、昨日、友人が免許の返上を薦めてくれたので、もう潮時だろう。里山というものに20年間取り組み、子育てに生かす試みも試行錯誤した。大した事も出来なかったが、そのねばりだけは自分をほめてやりたい。幸い里山明神は後継者ができたので手離れできたし、81歳になって出来る事は、千歳山の魅力を子育てに利用させてもらえないかと勝手に考えている。建物だけでなく他の遺構も数多くある。ひょろひょろしていても、かの有名な日野原さんのように何かのお役に立たせていただく事ができないか。
平成29年10月26日
津市半田 自営業

三増紋之助さんの曲独楽で盛り上がる会場

三増紋之助さんの曲独楽で盛り上がる会場

古今亭寿輔さんが軽妙な語り口で落語を披露

古今亭寿輔さんが軽妙な語り口で落語を披露

10月26日、松阪市嬉野中川町のくしもと整形外科=久志本忠彦院長=で、開院18周年記念行事が開かれた。
この周年イベントは毎年恒例。毎回、幅広いジャンルのステージが行われ、患者や地域住民に好評を博している。今回は約150名が来場。
まず、6周年以来、毎年出演している司会の荒木おさむさんが、漫談や替え歌で会場を盛り上げたほか、心温まる物語を朗読した。
続いて、三増紋之助さんが日本の伝統芸能「曲独楽」を披露。大小の独楽を、開いた扇子や刀の刃の上で回したり、独楽に綱渡りさせると、大きな拍手が起こった。また映画「座頭市」に出演したなど独楽師としてのユニークな体験を話した。
最後に落語家の古今亭寿輔さんが登場。古今亭さんは昭和43年三代目三遊亭圓右に入門。47年二ツ目昇進。「寿輔」を名乗る。53年真打に昇進し活躍中。落語芸術協会理事。英単語を交えたネタを軽妙な語り口で披露し、笑いを誘った。

[ 30 / 1,156 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »