地域

井村屋グループ㈱であずきバーの製造工場に入る参加者たち

井村屋グループ㈱であずきバーの製造工場に入る参加者たち

7月27日、津商工会議所=岡本直之会頭=は、設立125周年記念事業として、ものづくり親子企業見学会「夏休み親子教室」を開催した。
児童がものづくりや地元企業への興味を持つきっかけづくりと共に、就業感を育むことが目的。
参加した津市内の小学生とその保護者32名は、集合場所の津市産業・スポーツセンターを出発し最初の見学場所である「パナソニック㈱エコソリューションズ津工場」=津市藤方を見学=。スイッチやコンセントなど、身近に使われている部品の自動組み立て工場を見学した。
その後、「井村屋グループ㈱ 」=津市高茶屋=へ移動。2017年度は2億7500万本もの販売実績を記録しているあずきバーの生産工場を見学。オートメーション化された工場の中で、普段食べているあずきバーが次々とつくられていく光景を目の当たりにした参加者たちは瞳を輝かせていた。
その後、「住友電装㈱津製作所」=津市新家町=で自動車部品の製造工場を見学し、最後は津市・産業スポーツセンターの「サオリーナ」で、全国高校総体のハンドボールの観戦と施設を見学した。

国道163号の恭仁歩道橋(京都府木津川市加茂町河原東大門)

国道163号の恭仁歩道橋(京都府木津川市加茂町河原東大門)

木津川市加茂町銭司から少し進むと、間もなく「湾漂山トンネル」。短いトンネルだが、新しく歩道も広いため、歩き易い。朝からここまで心が削られるような辛い道のりが続いてきたこともあり、「こういう道がずっと続けば良いのに」と本音がポロリ。
歩く人が居ないから路肩が狭く、歩道もない箇所が多いのか、はたまた逆なのか。ロードバイクでツーリングを楽しむ人が増えている昨今。この日も何人かの自転車乗りとすれ違っていることを考えると、インフラさえ整えば、日本各地を歩く人が増えてもおかしくない。歩く人が増えれば、〝燃料〟を補給する飲食店も増え、宿屋も増えるのではないか。自動車などと比べるとに進むスピードも遅いので新しい需要も生まれるのではないだろうか、などと都合の良い妄想をどんどん膨らませながら歩いていく。
そうこうしていると、「ぐぅ…」と腹の虫の悲鳴。我に返ったところで時計に目をやるともう13時前。朝から何も食べていないので、仕方がない話だ。
空腹を抱えた私は、少し歩みを早め、周囲に飲食店がないか探してみるが、最初に見つけた店は残念ながら定休日。ひょっとしたら昼食にありつけないかもしれないと嫌な予感がよぎったところで、次に見つけた和食屋に入ることができた。
私は店内に入り、カウンター席に腰掛けると、手早くうどん付きの日替わりランチを注文。お冷を一気に飲み干すと、喉から身体の隅々まで清涼感が広がっていく。
店内は昼時を少し過ぎたにも関わらず、笑い声が絶えず響いている。先客の方に目をやると、同じ制服を着た中年の男性10名ほど。どうやら、全員タクシー運転手のようだ。会話に聞き耳を立てていると、「あそこのお寺の入口はかなり狭い」「名ドライバーの〇〇さんやったら、問題ないやろ」というような会話が聞こえてきた。どうやらこの辺りの観光名所を巡る研修しているようだ。
ほどなくして、料理が運ばれてくる。ランチは薄味だがしっかり出汁のきいたうどんと、からりとあがった天ぷらで構成されている。私は手を合わせ「いただきます」と小声でつぶやき、料理を平らげていく。
人心地ついた私は食事もほどほどに、運転手たちの会話に聞き耳を立て始める。すると、運転手の一人が、「苦手なお客さんおる?」と話題を振ると別の運転手が「若い女の子」と即答。なるほど、異性かつジェネレーションギャップ。私でも気を遣ってしまう相手だ。続いて、更に別の運転手が「やっぱり、酔っ払いやろ。俺も酒好きやけど」と答える。そこで一同爆笑。
そこからは酔客に困らせられた様々な思い出話を運転手たちが口々に話し始めた。これが、ただの愚痴であったら、聞くに堪えないが、終始明るい調子。こっそり聞いている私も思わず笑ってしまうようなエピソードも多い。時折、飛び出す辛い出来事も笑い飛ばしながら最後は「我々の仕事はお客さんあってのことやしな」と頷き合うのはお見事。もちろん彼らは私がカウンターの隅で会話に聞き耳を立ているとは思っていないだろう。それなのにこんな人たちが運転するタクシーなら乗りたいと魅了されてしまう。これこそが運転技術だけにとどまらないプロのドライバーの技なのかもしれない。
食事を終えた私は、会計を済ませ、空腹も心も満たされたところで近くの歩道橋に目をやると「恭仁」の二文字。これは、〝幻の都〟がこの辺りにあったことを示す足跡だ。ちょうど紙幅も尽きたところなので、その詳細は次回に譲るとしよう。(本紙報道部長・麻生純矢)

前回の「昔のくらし 久居のようす」の様子

前回の「昔のくらし 久居のようす」の様子

津市久居東鷹跡町の久居ふるさと文学館で8月15日㈬から20日㈪の10時から16時(20日は11時から)、「昔のくらし 久居のようす」展を催す。主催はガイド団体「久居城下案内人の会」。
会員が自宅や実家から持ち寄る、昔の家具や台所用品、農業用の道具のほか、紙芝居、戦後に撮影された久居の航空写真などが展示される。
子供達に、父母や祖父母が小さかった時代の道具やまちの様子などを知ってもらおうと、一昨年から開いているもの。久居には郷土資料館がないこともあり、住民が地域の歴史に触れる良い機会となっている。
来場者には鈴虫をプレゼント(子供優先、数に限りあり)。
問い合わせは代表の森下さん☎080・1556・4559。

[ 30 / 1,322 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »