地域

目録を手にする米川理事長(中央)と、増田会長(左から2人目)ら

目録を手にする米川理事長(中央)と、増田会長(左から2人目)ら

「津ロータリークラブ」=増田冬樹会長、会員67名=が、「NPO法人スペシャルオリンピックス(以下・SO)日本・三重」=米川直樹理事長=へ、2月21日~23日に北海道で行われる冬季ナショナルゲームへの参加を支援するため、三重県選手団パーカー9人分、スノーシューイング用の器具4足、プロジェクター1台を贈った。贈呈品は計30万円相当。
SОは、知的障害のある人の自立や社会参加を応援するため、様々なスポーツトレーニングと、その成果発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的なスポーツ組織。運営は、ボランティアの寄付で行われている。今大会の三重県選手団は高校生~40歳代のアルペンスキー・スノーシューイングの選手6名と、コーチ3名。
また同クラブではSO日本・三重の活動に賛同し、2016年から支援を行っている。
12月11日に都シティ津で開かれた同クラブの例会で、増田会長が米川理事長に目録を贈呈。米川理事長は挨拶で厚く謝辞を述べ、「継続的な支援を頂くことで、事業計画が立てやすくなります」と話した。

火の用心を呼びかけながらパレードする園児たち

火の用心を呼びかけながらパレードする園児たち

のべの幼稚園=津市久居ニノ町、山中理園長=年長児88名が12月13日、『のべの幼年消防隊』として、津市消防本部や津南警察署の職員らとともに、同園を発着点に約1㎞の市中防火パレードを行った。
寒くなり、料理の火や暖房器具を使う機会が多い年末に、地域に防火・防犯を呼びかけることなどを目的に毎年催されているもの。
子供達は「火の用心」と書かれた法被やハチマキを身に着け、堂々と歩きながら、シンバルや太鼓を演奏。また「戸締り用心、火の用心!」と元気良く歌い、この日は天気が良かったこともあり沿道では例年よりさらに多くの地域住民たちが温かく見守ってくれた。園庭にゴールすると保護者やほかの園児たちに迎えられ、パレードを披露。
同園では「子供達はとっても上手に、元気にできたと思います。園児が市民の方に防火を呼びかける機会をもたせて頂けるのは大事なことだと思います」と話している。

かおり野スイーツを手に…水谷社長(右二人目)と三重大生たち

かおり野スイーツを手に…水谷社長(右二人目)と三重大生たち

12月14日・15日、イオンタウン津城山=津市久居小野辺町=で、三重県産のいちご品種「かおり野」を使ったスイーツの新商品お披露目会が開かれた。
県下最大級のいちご園を持つ「㈲こうちく男爵」=津市高野尾町=とコラボしたのは、カフェサークル「ルリアン」と地域活性化に向け活動するサークル「三重創生ファンタジスタクラブ」所属の三重大生15人。
こうちく男爵が栽培しているかおり野は、その名の通り上品な香りとさわやかな甘さが特徴。このいちごを使った新商品の開発に当たり、若者の柔軟な発想を取り入れたいと考え、このプロジェクトはスタートした
今回開発したのは、マドレーヌ、ダックワース、スコーンの3種。10月より試作を重ね、香料を使わず、いちごだけで香りを出すなど、一切の妥協をせず、かおり野の美味しさが感じられるまでに仕上げた。
店頭での試食や販売を行ったところ、売切れる商品も出るなど好評。
水谷隆社長は「今後、販売するためには材料費など、クリアすべき点もあるが、頂いたアンケート結果をもとに商品改良などを行っていきたい」と話す。

[ 32 / 1,611 ページ ]« First...1020...3031323334...405060...Last »