地域

「天孫降臨」…縦25㎝×横60㎝・桂材

「天孫降臨」…縦25㎝×横60㎝・桂材

津市南が丘団地内刻字工房『有石』及び『紀平有石印章』を拠点に国際的に活動する刻字作家・有石さんが、今年11月に自身の作品の集大成となる個展「津城復元の会協賛チャリティ展」を開く。
有石さんは、1968年に長揚石氏(初代・国際刻字連盟会長)に師事。今年で54周年を迎え、今回で10回目の個展となる。その間、毎日書道展刻字部審査部長・総務部長・陳列部長、国際刻字公募大展審査員、日本刻字展審査部長、日本刻字協会副理事長を歴任。
作風は現代性を表現した作品が多く、漢字圏以外の国々への出品・訪問が目立つ。米国・イスラエル・オーストラリア・フランス・シンガポール・チェコ共和国・サウジアラビア王国・ポーランド等、計10カ国になる。
特に2013年に日本・イスラエル国交60周年記念展(外務省後援)として開かれたイスラエルテイコテエン美術館や、在サウジアラビア日本大使館より日本天皇誕生日のレセプションの書道実演の招聘、サウジアラビア教育省よりダールアルクローム大学での特別書道講座の講師として外務省より派遣される。
特に、チェコ共和国の国立美術館(プラハ)では、煌く日本の現代書巨匠展に出品された作品が収蔵され、翌2014年、有石氏の作品をメインに、ジャパニーズペインティング・カリグラフィーアンドグラフィックアート展が開かれた。作品収蔵先として、チェコ共和国国立美術館・在サウジアラビア王国日本大使館・真言宗総本山高野山金剛峰寺・曹洞宗四天王寺への奉納。現在、公益社団法人・全日本印章業協会主催全国印章技術大競技会審査員を務める。
写真の作品は「天孫降臨」…縦25㎝×横60㎝、桂材=本来ならば右から天孫降臨となるところを、作品中央に天孫、右に降、左に臨という布字で天に孫がぶら下がるように一体化、甲骨文字の上もはつり、バックの色合いも微妙な変化で今回の個展の顔となる作品。

展示している愛機と制作者の平田さん

展示している愛機と制作者の平田さん

津市美里町北長野の美里ふるさと資料館で「ラジコン飛行機展」が開かれている。入場無料。
同町南長野在住のラジコン飛行機愛好家・平田政敬さんが30年以上に渡り、制作してきた飛行機やヘリコプターなど15点あまりを展示。平田さんは30代よりラジコン飛行機の制作を始め、平日の夜や休日を使い、様々なキットをコツコツと組み立てて塗装を施した上で、河川敷などで飛行を楽しんできた。墜落させてしまい、愛機を失ったこともあったが、精魂を込めてつくりあげた飛行機が自在に空を舞う爽快感は他に代えがたい魅力という。
現在は伊賀市に飛行場がある木津フライングクラブにも所属している。
会場には昔から集めているスターウォーズや燃えよドラゴンなど上映当時の映画ポスターも同時に展示している。
平田さんは「飛ばすのもつくるのも楽しい。廃版となった飛行機もあるので是非見に来て頂けたら」と笑顔で話す。
月曜休館。展示は1月30日まで。

寄贈品を手に…池田会長(左)と青木校長

寄贈品を手に…池田会長(左)と青木校長

12月27日、津市東古河町の津市立西橋内中学校で「西橋内中学校PTAOB会」がラミネーターと二酸化炭素濃度測定器2台を寄贈した。
同会はPTAOBが自分の子供が卒業した後も、学校との関わりがもてるようにと組織されており、会員は80名。日頃から親睦を深めたり、学校に役立つものを定期的に贈っている。今回の品目は、校内の掲示物を保護するラミネーターが破損したことと、新型コロナ対策として換気のタイミングを計る二酸化炭素濃度測定器が普通教室分しかなかったため、音楽室や美術室など使用頻度の高い特別教室に設置できるようにと選ばれた。
池田慎弥会長は「子供たちのために是非役立ててほしい」と挨拶。青木利斉校長は「貴重なものを有効に使わせて頂く」と感謝した。

[ 32 / 1,762 ページ ]« First...1020...3031323334...405060...Last »