地域

蒲生氏郷

蒲生氏郷

三重歴史研究会は1月19日㈰10時~11時半(受付9時半~)、アスト津4階会議室1で新春歴史講演会を開くにあたり受講者を募集している。
講師は、門暉代司さん。演題は「未完の天下人 蒲生氏郷」。
戦国時代の武将・蒲生氏郷は天正12年(1584年)に近江国日野城から松ヶ島城(松阪市)に移って南勢12万3千石を領し、4年後には新たな城を築いて「松坂」と命名し、城下町に楽市楽座を布いた。
また、氏郷はキリシタン大名、茶人として知られる。松ヶ島・松坂時代には洗礼を受け「レオ」と名乗り、また千利休に師事して「利休七哲」筆頭の門人にあげられた。
その後、氏郷は奥州会津藩(福島県)へ42万石で移封され、さらに加増されて徳川家康・毛利輝元に次ぐ92万石の大大名になるが、文禄4年(1595年)に40歳の若さで没している。
講演では、武将氏郷とともに、キリシタン・茶人だった文人としての一面を紹介する。
受講料は、資料代など200円(同会会員は無料)、当日受付にて支払う。
申し込みはFAXまたはハガキに〒・住所・氏名・電話番号を明記して三重歴史研究会・副会長の中村安彦さん(〒514の0115、津市一身田豊野1406の260)へ。☎080・5131・7012、FAX059・232・0631。

おめでとうございます。まずは歌留多でご挨拶。
(い)命を守る行動を(ろ)ロケットマンはエルトンジョン(は)花見にご招待(ほ)ポイントで還元(に)にわかファン増加(へ)下手な食レポ「肉肉しい」(と)翔んで埼玉ださいたま(ち)チコちゃんは五歳(り)リアルに生きようweb時代(ぬ)ぬくぬく老後は難しい(る)累積する温室効果ガス(お)オーバーツーリズム外国人だらけ(わ)ONE TEAMで(か)勝てば代表グランドチャンピオンシップ(よ)四年に一度じゃない。一生に一度だ。(た)台風接近計画運休(れ)令和始まる(そ)空から脅威飛翔体(つ)作るのたいへん映え弁当(ね)ネズミ年来たる(な)並んでタピオカ(ら)ラインとヤフー統合の未来(む)娘に言われ免許返納(う)歌ってパプリカ花が咲いたら(の)ノーベル賞は吉野さん(お)お前が打たなきゃ誰が打つ(く)靴が苦痛で#KuToo(や)闇営業で謹慎(ま)マラソン札幌開催(け)軽減税率対応レジ(ふ)ふいにジャッカル(こ)子供部屋おじさん(え)NHKをぶっ壊す(て)転落無残エリカ様(あ)アンダークラスと上級国民(さ)サブスク広がる(き)QRコードでペイ(ゆ)夢があります同期のサクラ(め)メモ取らない新人(み)民間試験見送り(し)しぶこのスマイル(ひ)日傘男子デビュー(も)持ち運び扇風機(せ)セクシー発言進次郎(す)すばらしい年に。         (舞)

本紙は、今年度の三重大学教育学研究科・増田直史さんの教育実習に協力し、同大学附属小学校5年A組児童に新聞づくりの特別授業を行いました。後日、児童達は授業での学習を活かし、8班に分かれて津市大門で取材し、記事原稿を書き上げました。2班づつ、計4回に分けて紙面で紹介します。2回目の今回は、7班の「津センターパレス」と2班の「蜂蜜まん本舗」です(写真も児童が撮影)。

子どもから老人まで気楽に来れる場所を

津センターパレス

津センターパレス

津市大門に1985年(昭和60年)に建てられた「津センターパレス」。昔は、ショッピングセンターとして使われていたが、今はお店が少なくなったので子どもから老人たちが過ごしたりできる施設として使われている。
また、津まつりの時にも休けいできる場所として椅子や机、お手洗いを開放している。
センターパレスは、津市民が楽しく過ごすための中央公民館や津市まん中こども館、薬局や服屋さんなどのお店が約30店舗入っていて、会社や事務所も入っている。
バスの待ち時間などの合間に寄っていくなど気楽に来れる場所が「津センターパレス」だ。事務所の人は「この仕事のやりがいは、子どもから老人までここにきて楽しんで笑ってもらうこと」と笑みを浮かべて話していた。
(三重大学附属小学校5年A組 7班)

 

甘くて美味しい蜂蜜まんのおいしさの秘密

 

心を込めて焼き上げた「蜂蜜まん」

心を込めて焼き上げた「蜂蜜まん」

蜂蜜まん本舗

蜂蜜まん本舗

三重県津市大門にある蜂蜜まん本舗は、創業66年の老舗だ。ここでは、蜂蜜まんが1日に3千~4千個作られている。その蜂蜜まんには、店内で売られているはちみつが使われている。店内には他にもはちみつを使った食品がたくさん並んでいる。
蜂蜜まんは、昔から受けつがれてきた方法で作っているため、いつでも昔ながらの美味しい蜂蜜まんが食べられる。しかも、蜂蜜まん本舗以外に津駅東口やイオンモール津南(火曜日限定)等でも購入することができる。
店主の水谷栄希(46)さんによると、「おいしい蜂蜜まんができますように」と願いながら作っているそうだ。その気持ちが伝わっているのか、お客さんがいつも絶えない店となった。
水谷栄希さんは、これからもずっとお客さんの事を想いながらおいしいと言ってもらえるように蜂蜜まんを作り続けていきたいとおっしゃっていた。(三重大学附属小学校5年A組 2班)

[ 33 / 1,611 ページ ]« First...1020...3132333435...405060...Last »