地域

松井周(写真 平岩 亨)

松井周(写真 平岩 亨)

村田沙耶香(写真 Sayo Nagase)

村田沙耶香(写真 Sayo Nagase)

16日(月・祝)13時~、三重県総合文化センター生涯学習センター4階大研修室で芥川賞作家・村田沙耶香と岸田賞作家・松井周のトークイベントが催される。入場無料。主催=三重県文化会館。
松井さんと村田さんが、共同原案を元に演劇と小説をそれぞれ発表するプロジェクト「 inseparable(い ん せ ぱ ら ぶ る )」の関連企画。12月14日・15日に同センターで演劇「inseparable(いんせぱらぶる)変半身(かわりみ)」が上演される。inseparableは、「切っても切れない」という意味。
16日は、2人が12月の演劇に向けた取材や執筆合宿についてトーク。創作秘話や、作家の素顔が掘り下げられる。
村田さんは1979年、千葉県生まれ。玉川大学文学部芸術文化学科卒。03年、『授乳』で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。09年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、16年『コンビニ人間』で芥川賞受賞。『コンビニ人間』は累計発行部数100万部を突破した。
松井さんは72年東京都出身。96年劇団「青年団」に俳優として入団後、作家・演出家としても活動を開始する。07年『カロリーの消費』より劇団「サンプル」 を旗揚げ、青年団から独立。11年『自慢の息子』で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。16年『離陸』でKuandu Arts Festival(台湾)に、18年『自慢の息子』でフェスティバル・ドートンヌ・パリ(仏)に参加した。
問合せ、申込先は三重県文化会館チケットカウンター☎津233・1122、FAX津233・1106、メールkenbun@center-mie.or.jp(件名に「プレトークイベント申込」と明記)。
申込は先着順。

日本各地の風景写真や、日めくりのカレンダーなどが並ぶ展示

日本各地の風景写真や、日めくりのカレンダーなどが並ぶ展示

津市東丸之内にある紙と文具の専門店「ミフジ」本店の1階特設コーナーで、12月31日㈫までの10時~19時、『2020年 手帳&カレンダー展』が開催中。火曜不定休。11月6日以降は年内無休。
来年の新作の品揃えがピークを迎える10月初め頃を前に、この時期に入手できる限りの品を集め展示している。
内容は、10月始まりのカジュアルダイアリー約160点、システム手帳の日付入りリフィル約40点、風景写真や、有名画家の作品、可愛い動物などのカレンダー約300点。今後、ビジネスダイアリー手帳約100点などを追加予定。
近年、カレンダーは西暦表記が主流だったが、来年の日めくりカレンダーには全ページに新元号「令和」が書かれたものが登場している。
同店では「まだまだ出始めの商品ですが、今入っているものは再入荷はしませんので、気に入った商品はお早めにお求めください」と話し、来場を呼びかけている。
問い合わせは☎059・226・2510へ。

◆『法話×落語』 9月13日19時開演~(18時半開場)、津市栄町の四天王寺で。曹洞宗・長楽寺(兵庫県丹波篠山市)の住職で、僧侶が仏の教えを説く法話で「もう一度会いたいお坊さん」の頂点を選ぶH1法話グランプリで優勝した安達瑞樹さんの法話と、三重県出身の落語家で三重大学特任教授も務める林家菊丸さんの落語の共演。二人のトークもあり。
入場料は前売り・予約3000円。当日3300円。未就学児は入場不可。チケットの取り扱いは四天王寺☎059・228・6797。もしくは津あけぼの座☎059・222・1101。

[ 4 / 1,530 ページ ]« First...23456...102030...Last »