地域

表彰状を手に、西井教諭

表彰状を手に、西井教諭

三重県立稲葉特別支援学校の西井孝明主幹が実践する「口腔機能の改善を目指し、流涎コントロール向上に向けた自立活動の取り組み」が、このほど仙台市の国立大学法人・宮城教育大学の「第15回教育実践・宮城教育大学賞」を受賞した。
同教育賞は、国内外の幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校等に勤務する人、または各種機関で児童・生徒に日常的にかかわっている人が対象。
公募で募集し、審査基準は、実践の独創性や実践の意義、普遍性や将来性、教育研究への寄与等に加え、教育実践に刺激を与えうる可能性など総合的に判断する。
今回の取り組みは、重度の知的障害を抱え、特別支援学校小学部5年生まで流涎の止まらなかった女児が、自立活動教諭(言語障害)免許状を所有する西井主幹を中心とした教師集団の指導で4カ月後、流涎を自らコントロールできるようになった。その事実が教育実践の価値、そして教職の高い専門性を具体的に表す尊いものとして評価されたもの。
流涎コントロールに向けた西井主幹の指導のスタートは、指針となる過去の実践が見当たらず、肢体不自由児や乳幼児の医療的資料を参考にするところからだった。
生活の質を高め、人生の可能性をひらく効果をあげたのは、教師集団の協働によって女児の可能性を発見し、女児の実態に応じた適切な方法を創ったことが大きい。
同大学は「『子どもの内に深く蔵されたたから』(同大学学長を務めた林竹二氏の言葉)を引き出す教育の創造を目指す、本学の教育臨床研究に豊かな示唆を与える実践である」と伝えている。
西井主幹は「知的障害教育としては先行研究もなく、手探りで始めた実践でした。健康の保持、そして生活の質を高めることを目標に、段階を踏まえて指導を続けた結果、流涎を止めることができました。これは、クラスの同僚と保護者の方の協力、そして対象とする児童の意欲なくして達成できなかったこと。受賞にあたり、指導に携わった全ての皆様と宮城教育大学賞選考委員の皆様、大学職員の皆様、そして対象児として共に頑張った児童に心より感謝申し上げます」とコメントしている。

二見興玉神社からの夕日

二見興玉神社からの夕日

田んぼアート

田んぼアート

川邊秀子さんによる写真展「束の間の この一瞬 トキメキ&キラキラ」が、11月1日㈪から30日㈫までの平日9時~15時、百五銀行五軒町出張所で開かれる(土日祝休み)。
川邊さんは写真歴約28年。幼稚園の元事務職員で、当時仕事で園児の写真を撮っていたのをきっかけに趣味として始めた。それ以前は油絵が趣味で、「色彩感覚が重要なのは写真に通じるところがある」と感じている。
80歳を超えた今も県内外に出かけ祭りなどを取材・撮影している。
例えば、伊勢神宮の式年遷宮を7年間撮影するなど、設定したテーマをとことん追いかける。
今回は、田んぼアートやああまびえ、二見浦からの夕日、鯉のぼりなど、その時期、その季節でしか捉えるとこのできない〝キラリと輝く一瞬〟をカメラに収めた12点を展示。問い合わせは川邊さん☎090・1835・4779へ。

津城復元の会のメンバーたち(右から二人目、馬場実行委員長)

津城復元の会のメンバーたち(右から二人目、馬場実行委員長)

6日、一志町大仰の一志ゴルフ倶楽部で津城復元の会=西田久光会長=が2年ぶりに復元資金造成のためのチャリティゴルフコンペを開いた。
同会は津市のシンボルである津城の復元を目的に、これまで津市のふるさと納税「ふるさと津かがやき寄附」の利用を呼び掛けたり協力店への募金箱の設置や街頭募金、復元資金造成ライブなどを実施。その一環のコンペは今回で5回目。復元に寄せられた浄財は、9月末現在で述べ2万3952名から4653万円余と第1次目標の1億円の半分の5000万円に近づいている。
気持ちの良い秋晴れに恵まれたこの日は174名が集まった。コロナ対策として、プレー後の表彰式は行わず、最初の9ホールのハーフで集計しスコアを競い合った。
実行委員長の馬場康雄さんは「津城の歴史的なことももっと多くの人に知ってもらいたい。来年は藤堂高虎公の命日にあたる10月5日開きたい」と笑顔で話していた。
この日集まった19万6千円の浄財は翌日、津市の財政課へ届けられた。

[ 4 / 1,717 ページ ]« First...23456...102030...Last »