地域

阿漕平治」「空き家」のポスターステージ

阿漕平治」「空き家」のポスターステージ

ステージで歌う中元さん

ステージで歌う中元さん

元警察官で、演歌歌手“みの吉”こと中元実さん(68、津市長岡町)が16日、キングレコードから、メジャーデビュー2作目となるシングルCD「阿漕平治/空き家」を発売する。価格は1200円+税。
中元さんは、熊野市出身。三重県警で約30年、一般防犯や薬物、銃器の取り締まりに携わっていた。歌は小さい頃から好きで、定年退職する数年前、歌手の中条由美さんに師事したのを機に、歌好きの心に火がついた。
退職後に慰問活動を始め、警察官としての経験を活かし、振り込め詐欺防止啓発ソングをを作詞。 軽快で親しみやすいリズムの曲にのせ各地で披露し、高齢者に詐欺の怖さを伝えている。
一方、今回の新作CDに収録された2曲は、昨年10月頃に作詞したもの。
「阿漕平治」は、親孝行の平治が、病気の母のために禁漁の海で夜な夜な魚を獲っていて──という津の伝説にちなんだ曲。
中元さんは現職のとき転勤が続いたため、今は亡き母のそばにいることができなかった。そのことを「悪かったな」と振り返り、同曲では童歌を交え、平治の母への強い思いを歌っている。
また中元さんはほぼ毎朝、寺に読経に通っており、同曲の根底には自身の宗教観があるという。
なお、この曲は10月から通信カラオケDAMで配信予定。
カップリングの「空き家」は、現在は空き家となった実家での母との思い出を歌った曲。
中元さんは「『阿漕平治』の曲を、地域の文化振興に役立てることができたら」と話している。

▼結節点2017《Ⅰ期》=23~27、三重画廊
▼第37回写真集団おちこぼれ写真展=23~27、津リージョン3階階
▼夏体験!オペラコンサート~ホールでオペラの宴歌声を聴こう~=21、農業屋コミュニティ文化センター
▼松阪ウインドアンサンブル第33回演奏会=27、農業屋コミュニティ文化センター
▼世界が認めた日本画壇の至宝・平山郁夫・祈りの旅展=25~27、県総文第1G
▼親睦ダンスパーティ=20、県総文第2G

昨年の展示の様子

昨年の展示の様子

津市久居東鷹跡町の久居ふるさと文学館で16日~22日10時(初日は11時~)~16時、「昔のくらし 久居のようす」展を催す。主催はガイド団体「久居城下案内人の会」。
会員が自宅や実家から持ち寄る、昔の家具や台所用品、農業用の道具のほか、紙芝居、戦後に撮影された久居の航空写真などが展示される。
子供達に、父母や祖父母が小さかった時代の道具やまちの様子などを知ってもらおうと、昨年から開いているもの。久居には郷土資料館がないこともあり、住民が地域の歴史に触れる良い機会となっている。来場者には鈴虫をプレゼント(子供優先、数に限りあり)。
同会は、小学生対象の出前授業や現地ガイドも行っており「2019年に迎える久居藩350周年を意識して行う展示です。沢山の子供達に来てもらい、久居は殿様がおったところということを知ってもらいたい」と話している。
問い合わせは代表の森下さん☎080・1556・4559。

[ 5 / 1,071 ページ ]« First...34567...102030...Last »