地域

三重大学医学部附属病院の産科婦人科が、このほど、ロボット支援下での「子宮体がんの子宮全摘出と傍大動脈リンパ節郭清の同時手術」に成功した。国内での実施例が少ないこの術式での複数の成功事例であり、患者負担を軽減できる手術の保険収載にむけ前進した。

 

 

執刀した近藤英司医師

執刀した近藤英司医師

国内の子宮がんの罹患数は、年間約2万5200例(地域がん登録全国推計値2012年)、死亡数は、約6400人(人口動態統計2014年)と報告されており、このうち子宮体がんは、約1万3600例と子宮がん全体の半数以上を占め、死亡数は約2200人となっている。
年々、罹患者数は増加傾向にあり、食事の欧米化、肥満、糖尿病患者の増加などがその要因と考えられている。
「子宮体癌治療ガイドライン」では、子宮体がんのステージIB期、II期で手術による治癒が期待できる場合、子宮・卵巣・卵管の全摘出、および傍大動脈リンパ節郭清の外科療法を行うことを推奨している。しかし、同手術を同時に行う場合には、開腹により実施することが規定されている。
近年では、開腹よりも身体への負担が少ない腹腔鏡を用いた傍大動脈リンパ節郭清も保険適用となっているが、子宮などの摘出手術とは分けて行うこととされており、患者は2度にわたって手術を受ける必要がある。
同産科婦人科では、2021年11月から2022年3月末までに、子宮体がんに対するロボットを使った手術で、「子宮および卵巣・卵管の全摘出・傍大動脈リンパ節郭清・骨盤リンパ切郭清・(場合により大網膜切除)」を一度で実施する手術を3例実施し、その全てで成功した。
また、同手術は、国内でも実施例が少なく、さらに身体的負担が少ない経後腹膜アプローチ(患者が横向きになり、身体の後方から皮膚を切開して手術を行う術式。大動脈・下大静脈が見やすく郭清をスムーズに進められ、内臓の損傷リスクが少なく早期に食事を再開できるなどのメリットがあるが、より高い技術を必要とする)により実施された。同手術は、まもなく保険収載が進められる見込み。
同病院産婦人科では、今回の手術を執刀した近藤英司医師をはじめ、腹腔鏡下やロボット支援下での子宮がんの根治術で全国有数の実績を持つ術者を有している。
同科は、「ロボット支援下手術は、他の術式に比べて傷口の目立たなさや術後の回復においても優位性が高いことがわかっています。特に患者さんの身体的・社会的・経済的負担を減らせることが期待できるため、この術式を多くの患者さんに提供できる体制を目指してまいります」と話している。

【用語解説】リンパ節郭清…リンパ節はがんが転移する道筋となりやすく、転移が起こりやすいため手術の際にがんだけでなく、その周りのリンパ節も郭清(切除)することが検討される。子宮体がんでは、傍大動脈リンパ節に転移しやすいため合わせて切除する場合が多い。

私たちと一緒に楽しく陸上競技しませんか!

私たちと一緒に楽しく陸上競技しませんか!

津市と松阪市の小学生たちによる陸上チーム『一志Beast』では部員を募集中。
全国レベルの実力を誇る同チームは、カリスマ陸上指導者の田中由一さんが、中学・高校の陸上界で活躍できる選手の育成を目的に05年に創立。所属選手たちが全国大会にも出場するなど、県内屈指の強豪チーム。OB・OGたちも陸上界で幅広く活躍中。
現在は、年長児から小学6年生まで80名が所属。強豪ゆえに練習は非常に厳しい雰囲気をイメージしがちだが、質の高いメニューをこなしながらも、全員が楽しく参加している。試合に勝ち抜くために必要な体力や技術だけでなく、精神的な充実感を得られる環境づくりにも注力している。
子供たちもコロナ禍で家に閉じこもりがちで戸外で思い切り遊ぶことがしづらくなっており、学校の体育の時間だけでは運動量が不足しがちとなっている。同チームでは陸上競技を通じて、全てのスポーツの基礎となる走・跳・投を楽しく学びながら、健康な身体と健全な心を養う。練習は週3回。土曜9時半~11時半、旧大井小グラウンド、月曜・水曜19時~20時半、一志西小グラウンド。費用は年会費5000円、月会費2000円。
詳細の確認は事務局長谷川さん☎080・1211・1225へ。

津市一志町田尻の「松尾表具店・ギャラリースペース一期一會」で『名松線・駅ポートレート』が開かれている。会期は5月31日まで。時間は10時~18時。入場無料。
同展覧会は、同店と親交のある6名の写真愛好家たちに呼びかけて実現した写真展。松阪と津市美杉を結ぶJR名松線の15の駅で、昨年5月から今年4月にかけてそれぞれが撮影したポートレート作品を展示。作品は各駅ごとに5枚の組写真で構成し、それぞれのストーリーを表現している。
フォトグラファー(50音順・敬称略)は、晶子・稲葉秀樹・倉田岳・齋藤正和・matsu_hyou・ゆぅ
モデル(50音順・敬称略)は、明希・伊東カヨ母娘・えみ・笑佳・きよこ・高濱幸子・辻享子・成川千穂・夢美・寛子・真菜・水品優・美波・りえ
同ギャラリーでは「地域の素朴な駅の少し非日常な世界をお楽しみいただき、立ち寄ってみたいと感じていただければ幸いに思います」と話している。
問い合わせは☎059・293・0175。

[ 5 / 1,758 ページ ]« First...34567...102030...Last »