地域

小﨑麻莉絵さん

小﨑麻莉絵さん

三重県子ども・福祉部地域福祉課ユニバーサルデザイン班は8月10日㈮10時~11時40分終了予定(開場9時半)、三重県庁講堂で、小﨑麻莉絵さんを講師に招き講演会を開く。演題は「ヘルプマークを知ってますか?~ヘルプマークでつながるおもいやりの絆」。
小﨑さんは、2014年に骨髄異形性症候群(MDS)を発症し、余命5年の宣告を受けた。
現在、社会復帰した内部疾患者として〝ヘルプマーク〟を普及する活動(署名活動、イベントでの啓発、学校や企業等での講演活動、募金活動等)に取り組んでいる。
同課では、「病気と寄り添いながら活動している小﨑さんの活動や今後に向けた思いなどを通じて、参加者にヘルプマークについて知ってもらい、配慮が必要な人と支援ができる人とを結ぶおもいやりの絆がつながり、広がっていくことを期待しています」と話している。
入場無料。要約筆記・手話通訳あり。事前予約制で定員200名になり次第締め切り。
WEBからの申し込みはホームページ(「三重県子ども・福祉部地域福祉課ユニバーサルデザイン班」で検索)のオーダーフォームで。FAX津224・3085でも受け付けている。
申し込み・予約に関しての問い合わせは同課ユニバーサルデザイン班☎津224・3349へ。
※ヘルプマークとは、外見からわからなくても援助や配慮を必要としている障がいのある人や病気の人などが、日常生活や災害時などで困ったときに周囲に示し、支援や理解を求めやすくするマーク。

前回の相談セミナーの様子

前回の相談セミナーの様子

昔のように子供が親の家を継ぐ事なく、郊外の団地などに新築の家を建てる事が多くなるに伴って、近年、放置された空家が増えている。
これでは景観や地域の治安の悪化を招きかねない。平成27年2月から施行された「空家対策特別措置法」では、特定空家と判断し、改善に応じなかった場合、固定資産税の軽減措置が外され、従来の6倍に跳ね上がるだけでなく、50万円以下の罰金が過料される可能性もある。さらに、火事や老朽化の進んだ空家の場合、火事や倒壊し近隣住宅に迷惑をかける恐れもあるだけに早い段階での対応が求められる。
しかし、相続した家族としては、思い入れのある実家だけに解体に二の足を踏んでいる場合も多い。
こういった不動産をめぐる相続の悩みや相談に応じているのが津市一身田平野318の5にある「㈱ハートランド」。
同社によると、被相続人の住居家屋を売却する場合、様々な要件を満たす必要があるが、相続してから3年目の12月31日までであれば、売却価格から3000万円の控除が受けられる特例もあるそうだ。
7月25日㈬10時から「相談セミナー」も開く(参加無料。事前予約制)。土地家屋の取り扱いでの相談をはじめ、ちょっとした悩みにも気軽に応じてくれる。
問い合わせ・申し込みは☎津231・8811。

▼第10回二科三重グループ展=~19、県総文第2ギャラリー
▼サンリオファミリーミュージカル「ハローキティのドリームトラベラー」=29、クラギ文化ホール
▼浦田直人個展=~22、三重画廊
▼ゴスペル・ライブ2018=21、津リージョンプラザお城ホール
▼民謡藤正会第36回発表会=20、農業屋コミュニティ文化センター
▼二兎社公演42「ザ・空気ver2誰も書いてはならぬ」=20、県総文中ホール
▼みえ福祉コレクション=20~21、県総文第1・2ギャラリー
▼日本センチュリー交響楽団三重特別演奏会=21、県総文大ホール
▼ベストボディ・ジャパン2018津大会=21、県総文中ホール
▼第24回ジブ展(世界の帆船模型展)=27~29、VOLVOX
▼津市中学校体育連盟夏季総合体育大会・卓球=21~23、バスケットボール=22~23、サオリーナ

[ 5 / 1,286 ページ ]« First...34567...102030...Last »