地域

樹木を観察しながら森を巡る参加者ら

樹木を観察しながら森を巡る参加者ら

10日、津市美里町南長野の「美里水源の森」で、市内小学生親子が樹木の観察などを行うイベントが催された。
津市水道水源の約20%を取水している雲出川水系の支川・長野川。その上流部に位置するこの森は、棚田として利用されていた場所と雑木林で形成されている。平成26年度より流域の7自治会を中心に組織した「長野川流域環境保全協議会」が策定した計画を柱に整備が進められており、遊歩道、休憩所、トイレなどを新設し、平成30年度に完成。水源かん養や林業振興に関する学びの場として活用されている。整備の財源は「みえ森と緑の県民税交付金」が使われている。
この日は5組10名の市内小学校に通う児童とその保護者が参加。森林インストラクターらと共に水源の森を守る役割を果たす樹木を観察。
樹木の名前の由来や特徴を聞くだけでなく花、樹皮、葉、実などに手で触れながら、食用、民間薬、染料などに使われることもあるそれぞれの特性を学んだ。
児童は、観察した樹木からお気に入りを一本ずつ選び、記念に自分の名前を書いた木札を立てかけた。

青年部の原田会長(左二人目)と女性会の加瀬会長(左三人目)

青年部の原田会長(左二人目)と女性会の加瀬会長(左三人目)

11日、津なぎさまちで津商工会議所青年部=原田朋幸会長、以下津YEG=と津商工会議所女性会=加瀬由美子会長=の会員約60名が清掃を行った。
この日はYEGの日として、全国の単会が様々な事業を展開。津YEGも毎年参画しているが、今年は津市と中部国際空港を結ぶ高速船の発着場である同所の清掃と、地域経済を支える若手経営者と女性たちで構成する両会の交流を深めようと企画された。
旅客船ターミナルに集まった会員たちは自己紹介や名刺交換を行った後に、グループに分かれ、清掃を開始。ゴミ袋や火ばさみを手に、ターミナルや商業ビルの周辺を回りながら、たばこの吸い殻やペットボトルなどのゴミを丁寧に収集。
津市と海外を結ぶ玄関口を美しくしながら、地域経済の更なる発展も願っていた。

10月下旬まで展示された御所車の柄の布

10月下旬まで展示された御所車の柄の布

津市榊原町にある湯元榊原舘のロビーで、和裁講師の宇留田敬子さん(81、松阪市嬉野黒田町)と生徒の垣内雅子さん(68)が、9月下旬~10月下旬まで、御所車(昔の貴人の乗り物)の雅な柄の着物の布などを展示した。
その後、10月下旬に作品を入れ替え、今月末まで、「歓ぶ布たち」と題して、明治・大正・昭和時代の布や、昔の着物を生かして制作したミニ着物、人形などを展示している。
宇留田さんは、自宅で和裁教室と、日本の伝統・着物の文化を語り継ぐまちかど博物館「長閑(のどか)」を運営。
湯元榊原舘での展示は7年程前から行っていて、「歓ぶ布たち」には日本橋と富士山の柄の着物など、色とりどりの布が出品されている。また垣内さんが古布で制作した、秋の月夜に雅楽を奏でる楽人と殿様、月をイメージした毬などの小物もあり、来舘者の目を楽しませている。
「30代、40代の男性も展示に興味を持って質問してくれて、嬉しいです」と宇留田さん。

[ 50 / 1,613 ページ ]« First...102030...4849505152...607080...Last »