地域

毎年恒例となっている「第一ホンダ 秋の大感謝祭」が「Thanks giving Fest 2019」と名称変更して津市一志町日置128にあるホンダカーズ津一志店で11月9日・10日の10時から17時まで開催される。
今年も女子スタッフが腕によりをかけて手作りする「おもてなしメニュー」でお出迎え。今回は話題の「タピオカドリンク」が初登場するほか、定番の「ほくほくコロッケ」もある。
そのほか、初の試みとして、「第一・マルシェ」を開催。おうちごはん「寺子屋」のお弁当販売や、ネイルサービスや手作り雑貨販売、同社スタッフによるフリマブースなど内容充実。
さらに「ビンゴ大会」や「リフティング大会」、「ノスタルジー・インスタフォトコンテスト」等々、懐かしい企画や新しい企画を盛りだくさん。限定車・ディーラー使用車販売、限定ご成約プレゼントも準備。
問い合わせは一志店☎059・295・0888。

案内を受けながら施設見学をする児童

案内を受けながら施設見学をする児童

4日、津市雲出鋼管町の「雲出川左岸浄化センター」で、津市立育生小学校4年生児童約60名が施設見学を行った。
同センターは旧津市南部、旧久居市東部、旧香良洲町を対象地域とした三重県の下水処理施設。公益財団法人・三重県下水道公社が管理している。今回の事業は9月10日の下水道の日に合わせた啓発事業の一環。
児童たちは、職員の案内を受けながら、施設間を繋ぐ長大なパイプが走る地下管廊、水の汚れを分解する微生物の入った活性汚泥を混ぜる生物反応層、ゴミや泥が沈殿によって分離され、綺麗になった上澄み水をろ過へと回す最終沈殿池などを見学。家庭排水がどのように浄化され、海へと戻されるかを学んだ。

泳ぎを楽しむ参加者ら

泳ぎを楽しむ参加者ら

6日、津市高茶屋小森町の「アサヒスポーツクラブくじら」で「第8回・ジャパンスポーツスイミングフェスティバル」が開かれた。
「㈱ジャパンスポーツ運営」=津市西古河町、西田浩志社長=が運営する津アサヒスイミングスクール、津アサヒスイミングスクール千里、アサヒスイミングスクールくじらの利用者が年に一度、競技と交流を楽しむイベントで、今年は30代から80代までの64名が出場した。
競技は個人メドレー、自由形、背泳ぎ、バタフライ、平泳ぎなどの部門があり、出場者同士が着順を競い合うのではなく、事前の自己申告タイムと当日の計測タイムとの差が小さいほど順位が上がる方式。
参加者からは自分のペースで練習に打ち込めると好評だった。

[ 61 / 1,611 ページ ]« First...102030...5960616263...708090...Last »