地域

「一語一画」のポスター

 3月1日13時30分~15時半、津市久居烏木町の「きものひろば」で松阪市在住の書家・伊藤潤一さん(28)のトークライブツアー「一語一画」が開催される。入場無料。
 伊藤さんは大学在学中の07年に一人の書家と出会い独学で書を学ぶ。現在は創作活動に加え、店舗看板店舗なども手掛けており、迫力あるライブパフォーマンスなど、型に捉われないスタイルが魅力。
 このツアーは今年、京都やパリなどで開催されるユネスコの第22回国際平和美術展に「平和の願い」を届ける伊藤さんの思いをより沢山の人たちに伝えることが目的。名古屋・滋賀でも成功を収めている。
 3月23日14時30分~16時には桑名メディアライブ多目的ホールでも開催予定。
 問い合わせはinfo@itoujunichi.com

来場者らの目を楽しませている雛人形(大門のあのつ画廊にて)

  津市大門のだいたて商店街と津観音で「津・大門のおひなさま」が3月3日まで開かれている。
 主催する「津観音・だいたて街の会」が商店街の賑わい創出を目的に毎年行っているもので、商店街の各店に華やかな雛人形が飾られ、訪れる人の目を楽しませている。
 3月1日には、新婦が十二単、新郎が束帯を身にまとっての「おひなさま姿で仏前結婚式」も挙行される。11時半にメガネの服部前から商店街を歩きながら市民らにお披露目。12時から津観音本堂で式が行われる。式の終了後、境内で平治煎餅本店の「祝い菓子」が先着100名に振る舞われる。

オリーブオイルについて講義する飯田さん

 クレタ島から最高級のオリーブオイルを輸入している「七栗村」=津市庄田町=が主催するオリーブオイルを語ろう味わおう会」の第16回が16日、津市久居射場町の喫茶えくぼで開かれ、15名が参加した。
 オリーブオイルの輸入量は、健康志向の高まりで過去20年間で、8tから34tと急激に増加している事から、消費者に正しい知識を持ってもらおうと開いているもの。
 七栗村代表の飯田博さんが講師を務め、、オリーブオイルは抗酸化のオレイン酸が主成分で悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持する効果がある事や、約4千年前、欧州最古のミノア文明(クレタ島)がオリーブオイルを多用していた事実、さらに世界全体では年間約300万tが、ほぼ地中海地域で生産されていることや、日本には130年前に伝わったが現在では小豆島のみで栽培されている事などを解説。
 また、産地の違いや製法の違いなどで、値段がピンからキリまであることを指摘。良質なオリーブオイルをを選ぶために必要となるボトルに貼ってあるラベルの読み方を伝授した。講義後は、同喫茶店がオリーブオイルを使って作った美味しいランチを堪能した。

[ 993 / 1,251 ページ ]« First...102030...991992993994995...1,0001,0101,020...Last »