地域

創刊号と1月号(20周年240号)を手に…光野さん

 NPO俳句みえ=光野及道主宰。津市久居本町=が月刊で会員向けに発行している俳句集「初時雨」が、1月の240号で創刊20周年を迎えた。
 俳句みえは平成5年、旧久居市文化協会俳句部門として会員11名でスタート。単なる同人誌の仲間作りではなく、高齢化時代に各自がどう老後を過ごすのか?という観点から話し合い、俳句の趣味を持つ仲間同士がまちの役に立つ、後世に残るものを作ることで意見集約。ホトトギス新歳時記を教科書とし花鳥諷詠、客観写生の大道を歩むことになる。
 創刊号からしばらくは全くの手作りでの発刊が続いたが、やがて本格的な印刷物になる。また、会員増加と共に出稿作品も増え、号を重ねるごとに頁数も増し、1月号は94頁に及ぶ。
 平成10年にはNPOに組織変更し、現在までに会員は240名と拡大。各地各所での吟行俳句を通じ研鑽を重ねている。
 内容は、県下32教室から集まった作品を紹介するほか、毎月の教室の開講スケジュールなども掲載するなど充実。俳句愛好家から重宝がられている。
 光野さんは「これからも市民レベルでの俳句文化の向上に微力ながら尽くしていきたい」と話す。
 尚、20周年記念として4月14日10時~12時(予定)伊勢市駅前公園広場にて芭蕉「御遷宮」句碑除幕式や記念俳句会、さらに常若の国《伊勢》初時雨20周年記念誌刊行、ご遷宮俳句大会など様々な記念行事を予定している。
 問い合わせは事務局℡059・255・2651。

草深支部長(右)から今井会長に寄付金贈呈

 (公社)三重県宅地建物取引業協会津支部=草深靖志支部長=は、12月26日、津市森林セラピー基地協議会=今井幹雄会長=に11万4077円を寄付した。
 同協議会は、美杉町に地域外から居住者を誘致する「空き家情報バンク制度」に関して津市と協定を結び見学会で物件案内するなど地域振興に尽力。移住者や二地域居住者の定着など、着実な成果を上げている。
寄付は美杉の地域振興のために毎年贈っているもの。今回は昨年秋の「ふれあい宅建フェスタin津まつり」で販売したフランクフルトやお茶、ジュースなどの売上金全額を贈ったもの。
 津市上浜町の三重県不動産会館で行われた贈呈式で草深支部長は「寄付が少しでも手助けになれば」と話すと、今井会長は「本当にありがたい。森林セラピー基地は立ち上げから手作りでコツコツやってきた。今日いただいた寄付を自立した経営のための運営資金に充当させていただき、有効に使います」と謝辞を述べた。

鈴木知事と共に気合いを入れる選手たち

 今月12日~14日、伊勢市の三重県営サンアリーナで行われる第18回・全日本ユース(U─15)フットサル大会出場の『津ラピドFC』が昨年12月25日に三重県庁の鈴木英敬知事を表敬訪問した。
 津スポーツセンター=津市神戸=を拠点に練習を重ねる同チーム。U─12時代に全国優勝を経験したメンバーを有する強豪で全国大会出場は3年連続3度目。この日、知事室を訪れたのは同チームの選手15名と世古和正コーチ、三重県サッカー協会の高井幸郎副会長、杉本熊野県議ら。鈴木知事を前にキャプテンの末光幸太さん=南が丘中3年=が「楽しみながら一戦一戦を戦い、全国制覇の夢を成し遂げられたらと思う」と抱負を語った。それを受け、 鈴木知事は「伊勢神宮の式年遷宮があるので三重県にとって大切な年。その最初を優勝で飾ってほしい」と激励した。

[ 993 / 999 ページ ]« First...102030...991992993994995...Last »