社会

トップ 「総合型地域スポーツクラブ」=以下、総合型クラブ=は、多世代が、地元で、それぞれの目的・レベルに合わせて参加し、様々なスポーツを楽しめるクラブ。運営主体は住民。 文部科学省が平成7年から全国各地に設立し、津市内でも約10カ所にある。
総合型クラブには生涯スポーツの振興や、地域コミュニティの核という役割があり、それを果たすには、住民自らが決める活動の在り方が重要とされている。
そんな中、津市白山町で昨年4月に「白山文化・スポーツクラブ」がスタート。現在、「暮らしの中に文化・スポーツを」をキャッチフレーズに来年度の設立に向け準備中で、すでに13の教室が開講している。
そのうち「白山陸上クラブ」では、町内や近隣在住の小学生以下の約60人と、中学生以上~70代の約40人が活動。元実業団ランナーで、隣の美杉町にあった「美杉陸上クラブ」などでの指導経験も豊富な松本恵美子監督のもと、親子で同じ練習に励み、共に成長し絆を深めている。
白山陸上クラブが誕生したのは、松本さんが美杉陸上クラブ閉団後、元メンバーで白山町在住の子供を指導することになり、そのことを知った庄山昭子さん(現在、白山文化・スポーツクラブ事務局担当)が声をかけたのがきっかけ。
地元の市立白山中学校は少子化の影響でバスケ部などが廃部になり、陸上部は以前から無い。そのため住民は、陸上で子供達のスポーツの選択肢を広げたいと考えた。
練習は白山体育館・運動場などで基本的に毎週水曜・金曜の夕方~夜に1時間という短時間に集中して行われる。メンバーは県大会上位入賞者や美し国駅伝ランナーから陸上未経験者まで様々。 病気や登校拒否などの悩みを持ち入団した子も松本監督の情熱と気迫に満ちた指導を受け、自己ベストに挑戦している。
親が、子供と同じ目線で陸上に取り組み難しさを体感することで、子供の努力や長所に気づき、今まで上目線で接していた事を反省して子に対する姿勢が変わるケースも多い。また親達は自分の子も他の子も同じように温かく見守り、子育ての情報交換も盛んに行っている。
山本十獅朗くん(家城小2年)ら子供のメンバーは「走るのは楽しい。親と一緒だったら努力できる。松本監督の指導は厳しいけど、陸上が自分の誇りになる」、また松本監督は「保護者には、子供達は月日を重ねて輝くものがあるので待ちなさいと話しています」。
特色ある取り組みで、スポーツを通じた生活向上や地域コミュニティの充実を実践している同クラブ。今後の発展が期待される。

10月28日、津市大門の都ホテルで津商工会議所125周年記念事業として和太鼓チーム「津商工会議所青年部元気玉太鼓」の20周年を記念した感謝の集いが催された。会員や関係者を始め、市内の郷土芸能団体の関係者ら約180名が出席。津まつりでの演奏など、今や津市の郷土芸能の一翼を担う存在にまで成長したチームの節目を祝った。

 

 

 

挨拶する津商工会議所青年部の尾﨑会長

挨拶する津商工会議所青年部の尾﨑会長

元気玉太鼓は、江戸時代に疫病退散を祈願して作られ、時代の流れと共に姿を消した西町=津市中央=の玉山車を平成18年に当時の長谷川雅敏会長の下、津商工会議所青年部の会員たちが復活。まちの未来を担う青年経済人たちの集まりらしく現代社会に蔓延する疫病である「不景気」の退散を願い、元気玉と名づけられた。
当初は小さな山車に和太鼓を乗せたところからスタート。受け継がれていく中、プロの和太鼓奏者の指導を受けるなど、演奏技術の向上を図りながら年々レベルアップ。現在は同青年部の会員に加え、OBや一般参加者による元気玉協力会=大西伸二会長=が力を合わせて運営しており、津まつりでの練り歩きや演舞、市内の様々なイベントにも出演。知名度を上げると共に津市の郷土芸能の一翼を担う存在として成長している。

今年の津まつりで市内を 練り歩く元気玉太鼓

今年の津まつりで市内を
練り歩く元気玉太鼓

大勢の出席者が集った感謝の集いの冒頭で同青年部の尾﨑正彦会長は、「20年やってこられたのは、我々の力だけではなく、ここにいらっしゃる皆様のおかげ」と深く感謝した。続いて、津商工会議所の岡本直之会頭が「津まつりを始め、市民の皆様に愛される郷土芸能に成長したことは感無量」と喜んだ。更に前葉泰幸津市長も「青年部の皆さんは色々な立場でまつりに関わっていると思うが、元気玉はその拠り所で団結をつくり上げていると思う」と活動を高く評価した。
その後、元気玉の設立に深く携わった当時の会員や協力者に感謝状と花束の贈呈が行われた。
津商議所の辻正敏副会頭の音頭で乾杯が行われた後、出席者たちは酒食を楽しみながら、20年の歩みを振り返ると共に今後の展望を語り合った。

「アライグマ」の被害が広がり続けている。繁殖力旺盛で食べる物を余り選ばず、ねぐらとなる空き家の増加などもあり、農作物の食害だけではなく、市街地での住宅の侵入などの被害が増加しているという部分で他の獣害と一線を画す。特定外来生物にも指定されていることもあり、津市では捕獲用の小型檻を毎年増やし、貸し出しているが、被害拡大を防ぐためには市民の協力は不可欠となる。

 

捕獲されたアライグマ(津市提供)

捕獲されたアライグマ(津市提供)

アライグマの足跡(津市提供)

アライグマの足跡(津市提供)

北米原産であるアライグマは、虫や小動物から植物まで食べるものを余り選ばない雑食性で雌は生後1年ほどで成熟し、一度に3~6匹も出産できる。国内に天敵もいないため、全国で生息域が拡大しており、許可なく飼育や移動などができない特定外来生物にも指定されている。環境省の調査でも10年前と比べると生息域が3倍に拡大。三重県内でも生息域の拡大が確認されている。
津市では平成24年に香良洲地区のナシ畑が被害にあうまで目立った被害が無かったが、あっという間に市内全域へと被害範囲が拡大。ナシ、スイカ、ラッカセイなど、果物や野菜への農業被害に留まらず、最近では観音寺町や上浜町などの市街地で、住宅への侵入被害が増加している。
アライグマは手先が器用で高所に上ったり、狭い場所から侵入するのはお手の物。雨風がしのげる住宅の天井裏や屋根裏に侵入し、ねぐらとしたり、繁殖することが多い。津市でも天井裏にねぐらをつくられ、多くのアライグマの排泄物で酷い状態になったケースも。
また、市街地では餌となる残飯が季節に関係なく手に入るだけでなく、ねぐらにできる空き家が増加。むしろ、山中など純粋な自然環境下よりも市街地周辺はアライグマが住みやすい環境が整っているともいえる。
津市は対策として、平成27年に防除計画を策定し、捕獲用の小型檻の市民への貸出を開始。当初60基だったが、ニーズに追い付かず、現在では約160基まで増加。それでも絶えず、貸し出しが行われている状態。捕獲頭数も平成28年度に89頭、平成29年度は135頭、今年度は8月末で56頭と檻を増やせば増やすほど、増えている。
アライグマはねぐらさえ特定できれば、檻をしかけて捕獲することは比較的容易だが、市街地周辺で不特定多数の人々が通る場所は危険が伴うため、設置場所を選ぶ。シカ、イノシシ、サルとは違った意味での対策の難しさを抱えている。
環境省のシミュレーションによると100頭のアライグマの群れを捕獲せずに放置した場合、6年後に5倍、10年後に50倍にまで増えると想定されるほ繁殖力は驚異的。生息場所が市街地周辺に移行し、市も檻の貸出と被害発生地域の把握といった現行の対策以上に踏み出し難いのが実情。
その一方で最大の対策となるアライグマにとって住みにくい環境づくりには市民一人ひとりの協力が不可欠となる。津市でも広報などを通じて啓発活動を行っている。
例えば、アライグマの餌となる生ごみを外に置く際も鋭い爪や牙で破られるネットは避けて密閉できる容器入れたり、家の内部に入り込まれないように外壁や軒下の隙間をくまなく塞ぐ、アライグマの好物であるカエルが集まり易く隠れ場所になる庭の草をこまめに抜いたり、生け垣の下部を地面が露出するようにしっかり刈り込むといった日常的な対策は効果的。その上でアライグマを見かけたり、屋根裏などから聞きなれない音が聞こえたり、見慣れない足跡を見かけた場合は、市に通報し、然るべきアドバイスを受けた上でしっかりと捕獲し、数を減らすことが重要となる。
ただし、アライグマは爪や牙が鋭く、気性も荒い。病原菌を媒介している可能性があるので、捕獲には危険が伴う。無理をせず専門業者に依頼するのも得策といえる。
中山間地域に被害が集中していた従来の獣害と比べると、地域に関係なく被害が発生する可能性があり、今以上に大きな問題へと発展するのはほぼ確実とみられる。
アライグマ関連の相談は津市農林政策課獣害担当☎059・229・3238へ。

[ 1 / 74 ページ ]12345...102030...Last »