社会

11月5日、津市高野尾町の㈱赤塚植物園の「レッドヒルヒーサーの森」で、『第16回地域が応援するキャリアアップセミナー』が開かれる。三重県内を中心とした小中高大の児童・生徒・学生が広大な敷地を誇る里山で植生の観察・COの測定などの環境学習と共に、学校間交流にも取り組む。今年から鈴鹿中学校・高等学校が主催に加わり、全国的にも先進的な小中高大という形でのキャリア教育の場をつくっていく。

 

中島教諭と共に当日の下見をする鈴鹿中学校の生徒たち

中島教諭と共に当日の下見をする鈴鹿中学校の生徒たち

同セミナーは地域の未来を担う中高生に、進学などで都会に出たとしても、将来的には三重県で活躍してほしいという願いを込めて同セミナー運営委員会が産学連携のスタイルで実施してきた。共催は三重大学、名古屋産業大学、㈱赤塚植物園、㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重。
会場となる赤塚植物園の「レッドヒルヒーサーの森」は元々、同社の栽培試験場だったが、隣接する「朝津味」のオープンに伴い整備され、9月末より一般公開している。広大な敷地に自然の植生を残した里山であるため、同社が環境学習に役立ててほしいと場所を提供している。
今年は、県内の公立と私立の中学と高校に加え、地元の豊が丘小学校が参加。チームリーダーとして三重大の環境ISO学生委員会に所属する学生と名古屋産業大学の大学院生が参加。
昨年までは三重県教育委員会が運営に携わっていたが、それに代わる形で、今年から鈴鹿中学校・高等学校(6年制)が同セミナー運営委員会と共に主催になっているのが大きな特徴。私立校が公立校を含む他校を交えたセミナーを主催するケースは珍しく、小学生から大学生までが同じ場で学ぶというのも、キャリア教育として非常に先進的といえる。
昨年は一参加校だった鈴鹿中学校・高等学校だが、今年主催するまでになったきっかけは同校の中島啓介教諭(35)が、生徒が環境学習の成果を高校生や大学生に交じって発表することで成長する姿に感動したこと。加えて、同校は進学校だけに都会の大学に進学する学生も多いが、いずれは三重県に残る人材を育てたいとセミナー本来の趣旨と同じ思いを持つに至った。そこで学校側に掛け合ったところ、快諾が得られた。
今年のセミナーでも、各方面のエキスパートと共に植生の観察やCO濃度の測定、昆虫や土壌生物の観察、里山ビジネスの考察と多彩なフィールドワークを行い、その後、グループ毎に討議や学習内容を発表しながら交流にも繋げる。
昨年から続けて参加する鈴鹿中学校の2年生たちは小学生から大学生まで、参加者に10歳以上の年齢差がある中、どのようにコミュニケーションを取れば良いのかなど、運営を円滑にするため、22日に現地を訪問。リーダーの藤原龍一くん(14)は「参加者たちに豊かな自然を見てもらいたい」と意気込みを語った。
今回のセミナーは里山を生かした先進例として岡山商工会議所の環境関連部会も視察に訪れる予定。また来年には台湾の学生も参加する予定があるなど、環境学習を核にしたキャリア教育や国際交流の場としても大きな注目を集めている。

津市委託の文化創造事業『森の劇場プロジェクト2016』=長野多恵代表(白山町、ポプラ身心育成研究会主宰)=の目玉として今年12月25日、白山総合文化センター=同町二本木=しらさぎホールで、津市オリジナル舞台作品「コノ村『山神』伝」のプレゼンテーション公演が行われる。来年から、本公演が継続上演される予定。市民生活の豊かさ向上にも繋がる白山総文の活性化に向け、大きな第一歩となりそうだ。

 

白山総合文化センター

白山総合文化センター

目玉事業の公演や参加者募集をPRする長野代表(後列右)らプロジェクトメンバー

目玉事業の公演や参加者募集をPRする長野代表(後列右)らプロジェクトメンバー

津市白山総合文化センターは、客席数604のしらさぎホール・図書館・生涯学習ゾーンからなる複合施設。24年に劇場の活性化における、国や地方公共団体の役割・関係者の連携などについて定めた「劇場法」が施行。これを受け26年、津市民文化祭特別研究事業「森の劇場育成プロジェクト」で同ホールの活用方法の検討・提言が行われ、今年4月の『森の劇場プロジェクト2016』発足へと繋がった。
プロジェクトメンバーは芸術・教育・地域活性化など様々な分野で活動している幅広い年代の市民26名。代表の長野さんは、幼児~小学6年対象のモダンバレエスクールや、18歳以上を対象とする、便利な現代の生活の中で疲れた体を、元々の快適な状態に戻す体操教室を開いている。
目玉事業が12月25日12時半~、同ホールで行う津市オリジナル舞台作品「コノ村『山神』伝」(脚本=西田久光、演出=山本賢司)のプレゼンテーション公演(本公演の予告)。さらに来年、市内の大人と小学生を対象に出演者を募って本公演が始まり、継続上演することが予定されている。
そしてプロジェクトの重点の一つが、自然豊かで高齢者が多い白山町ならではの「生活の中にある芸術」で、例えば同作品にも登場する整備された田んぼの造形美や、お年寄りが衣服を可愛らしく繕うなどして物を大切に使う昔ながらの文化。そこで、そのような〝芸術〟を生み出す地域住民が、インターネットなど人以外から大量の情報を得ている現代の子供達と交流し、本能や感性に直接働きかけられる空間をつくりたいと考えている。
そのため住民に気軽に白山総文で活動してもらい、本公演の衣装を縫ったり縫い方を子供達に指導してもらうなど、様々な関連企画を検討しているという。
「この公演を、皆さんが来年どうやって過ごすかを考えたり、生きる希望を持てるような、今の時代に形を変えた〝まつり〟の場にしたいです」と長野さん。
白山総文が市民生活に豊かさをもたらす施設として活性化するには、芸術・文化だけでなく教育・観光など多様な分野に関わる人や団体が、官民などの組織を越えて情報共有・密に連携することや、それらをコーディネートする人材の育成も重要といえる。
劇場法に定められた実演芸術の拠点である文化ホールのあるべき姿を考える上でも、単なる先進事例の模倣ではなく、ホールをとりまく地域の日常や豊かな自然こそが〝芸術〟であるという原点に即した取り組みは意義深い。幅広い分野で活躍するメンバーが関わる同プロジェクトは、その大きな第一歩となりそうだ。
なおプレゼン公演で客席から挿入歌を唄ってくれる参加者を募集中。本番前に5回(10月31日、11月16日・30日、12月16日・24日の19時半~20時20分)の練習が同ホールである。指導は長野さん、元宝塚歌劇団娘役トップの南風舞さん、合唱団「うたおに」ほか指揮者の小柴信之さんらで「楽しく、気持ち良く、自分のカラダを感じながら声を出してみましょう」としている。
▼定員百名▼対象=年齢・性別不問。できれば練習に3回以上可能な人▼参加費=今年は準備の年のため無料▼申込方法=白山総文(火曜休館)へ☎津262・5893又はFAX262・5445で、申込者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の住所・☎・FAX番号を伝える。

津市立誠之小学校=津市久居西鷹跡町=の児童とその保護者たちによる任意団体『げんキッズ』はバスケットボールを通じ、児童の心身と共に地域愛を育む新たな試みを行っている。他チームとの試合は行わないため、活動は団体の中だけで完結しているのが特徴。少子化と習い事の多様化によって児童を取り巻く様々な既存コミュニティが衰退するという時勢に反し、人気を博す理由は〝楽しさの連鎖〟にあった。

 

「げんキッズ」に所属する児童と保護者

「げんキッズ」に所属する児童と保護者

『げんキッズ』は平成27年2月に、代表者兼コーチを務めている奥田浩明さん(41)が設立。奥田さんは同校のPTAであると共に久居地区の在住・在勤の若者たちによる団体「久居げんき会」の中心メンバーとしても活躍しており、そこから派生する形でげんキッズが誕生した。
子ども会といった児童を取り巻く既存のコミュニティは、少子化と習い事の多様化によって衰退の一途を辿っている。それに伴い、地域コミュニティが希薄化し、長い目で見れば人口流出に繋がるという問題を秘めている。同小の児童を対象にしているげんキッズではバスケットボールの指導を通じて、児童の心身と共に地元を愛する気持ちを育むことを目的に毎週月曜日と木曜日の夕方に同小の体育館で活動をしている。
スポーツ少年団などとの最大の違いは他チームとの試合を一切行わず、活動が自己完結していること。技術の向上に向けた指導は行うものの、楽しむことを主眼に置いているのも特徴。もちろん、然るべき場面ではきちんと叱るなど、メリハリのある指導も行い、集団行動で必要な心構えも伝える。その上で学年を超えた交流を楽しんでおり、中学校でバスケットボール部以外の部活に入っている卒業生も時折、後輩の指導に訪れている。
指導者も最初は、奥田さん一人だったが、意欲的な児童の保護者が運営に係わっており、児童と同じく楽しみながら活動している。現在は、児童25名が所属しているが、指導の手が回らないため、来年の新入生まで新規入会を断っている状況が続いている。活動を地元のみに限定したことと、他と競わない方針が結果として、児童と保護者の負担を軽くし、心から楽しめる環境づくりに繋げられているという見方もできる。
げんキッズに入っている5年生の松林那旺くん(11)と小田琉司くん(11)は「みんな仲良くて楽しい」と笑顔。奥田さんは「子供たちが大人になった時、げんキッズに戻ってこられるような場所づくりをめざし、活動を続けていきたい」と語っている。
地方の人口流出は深刻な問題で、学校の教育だけではカバーできない児童を対象にした地域愛を育む草の根活動は非常に重要な意味を持つ。児童と保護者が共に全力で楽しめる環境を整え、その〝楽しさの連鎖〟をつなげていく中で、将来の地域を支える子供たちを育てようとするげんキッズ。その取り組みはまだ始まったばかりだが、今後の展望が非常に楽しみだ。

[ 10 / 63 ページ ]« First...89101112...203040...Last »