社会

15日、津市と友好都市提携をしている北海道上富良野町で行われる「かみふらの収穫祭」に『高野尾花街道 朝津味』=津市高野尾町=の職員や農業塾生と地元の豊が丘自治会住民らによる訪問団が参加。サトイモなどの販売を行うと同時に、農産物の状況や市場の調査を行い、年間を通じた相互の農産物の流通促進による経済交流を図る。

 

朝津味関係者と上富良野町の向山町長(右4人目)と津市の訪問団団長の生川さん(右)

朝津味関係者と上富良野町の向山町長(右4人目)と津市の訪問団団長の生川さん(右)

津市と上富良野町は明治30年に入植した田中常次郎=納所出身=らが、原野を切り拓き町の礎を築いた縁から、平成9年に友好都市提携を締結。今年で20周年を迎えた。同町と朝津味の関わりの発端は津市の友好都市提携を結ぶ5年前の平成4年に遡る。当時、主要農産物の値下がりと輸入農産物の攻勢によって経営する農場の収益減少で悩んでいた「㈲フラワーランドかみふらの」の現相談役・オーナーの伊藤孝司さんに朝津味の運営会社である「フューチャー・ファーム・コミュニティ三重」の社長で赤塚植物園会長の赤塚充良さんが観光生産農場の設立を提案し、ジャーマンアイリスの球根提供や栽培技術の指導を実施。現在では同町を代表する観光スポットとなり、農産物の生産・販売も行っている。その流れから、県下最大級の農産物直売所を備えた朝津味が昨年7月にオープンした際、「相互の地域農業の発展のための文化・産業交流協定」を結び、同町のメロン販売などを行ってきた。
15日に同町で行われる「かみふらの収穫祭」に塾生や地元住民たちによる訪問団15名が参加する理由は協定を踏まえた上で、更なる交流の発展を図るため。団長は同町と40年以上、草の根の交流を続けている生川介彦さん=津市豊が丘=。
朝津味では、地域の新たな主要農産物化を目指し、サトイモの栽培を生産者にも推めており、今年春開講の農業塾でも栽培。気候条件でサトイモが栽培できない同町での需要が見込めるため収穫祭で販売する。逆に同町のじゃがいもなどは津市で需要が見込め、四季を通じた農産物の相互販売を軸にしたビジネスプラン構築をめざす。
収穫祭では販売の他、農業塾の指導講師の小林総業㈱の小林哲博さんが商標登録を行ったサトイモの品種「福丸」と同町のじゃがいもを使った「芋煮汁」を振る舞う。一行は13日に同町入り。朝津味職員と塾生らは収穫祭の前後の日程で、現地の生産者やフラワーランドかみふらのやスーパーに集積される農産物の状況を調査し、流通の促進を計る。津まつりで同町の訪問団と共に来津していた向山富夫町長は収穫祭を前に「これからは農産物の生産だけでなく、販売を考え、消費者の声を聴き、朝津味のようにできるようプロジェクトチームも立ち上げたばかりなので交流の発展はありがたい」と期待を込め語った。

10月2日より、「津市緊急告知ラジオ」の無償貸与と販売の受付が開始される。避難勧告などの発令時にFM三重が発信する信号を受信すると自動起動し、避難情報を伝えるというもの。貸与の対象者は自分で情報を集めるのが困難で避難に支援が必要な一定基準を満たした高齢者や障害者などの避難行動要支援者とその関係者。申請時に避難が必要な人たちの情報を集め、支援体制づくりも進めていく。

 

IMG_9342 屋外に設置されている行政防災無線は、市からの災害情報も流されるが屋内だと聞こえづらく、それだけでは、防災情報を知らせる手段としては弱いことが津市でも指摘されてきた。その一方、携帯電話やスマートフォンの緊急災害速報や、津市でも登録制の防災情報メールやFAXでの配信サービスを行うなど、隙間を埋める情報伝達手段の普及は進んでいが、それら手段をとれず、避難時に支援を必要とする人もいる。そこで「津市緊急告知ラジオ」は、その隙間を埋める形で、津市がリストアップを行っている避難行動要支援者(一定の基準を満たした高齢者や障害者)やその代理となる関係者(家族や自治会関係者など)で緊急速報メールなどが使えない人を対象とした無償貸与事業を実施する。
このラジオが、どのようなものか説明をすると津市が災害情報の発信をFM三重に依頼し、番組内でその情報が流れるのだが、その際に専用の信号を発信すると、起動しその放送が流れる。①津市を津・河芸②久居・香良洲③安濃・芸濃・美里④一志・白山・美杉と津市を4エリアに分け、設置家庭の該当エリアに情報が発令されると起動する。非常にシンプルなつくりでFM三重以外の局は受信できず、電波が届かない場所の場合はケーブルテレビの回線を利用して放受信することも可能。
要支援者の数と携帯電話の普及台数などから試算し、本年度が2000台、来年度2000台の計4000台の無償貸与を行う予定。10月2日より貸与希望者の受付を行い、来年1月にラジオの貸与と操作説明を兼ねた「配布会」を市内各地で実施する予定。
当初は要支援者に貸与する形のみだったが、対象者以外でもラジオが欲しいという声もあったため、同じく10月2日より希望者を募って販売を行う。ラジオは津市専用の信号を受け取る特注品なので受注生産でという形になる。来年度になってから入札によって業者を選定し、製造するため、手元に届くのは少し時間がかかる。発注数などで変動はあるが価格は8000円~7000円の見込み。
加えて、無償貸与の申請の手続き時に「避難行動要支援者避難活用シート」の記入を求め、要支援者の詳しい情報を改めて集めることで、より的確な支援を行う体制づくりに役立てる。
今まで災害情報を得るのが困難な人にとっては非常に有意義なものであり、危機管理課にも購入希望者からの問い合わせが寄せられている
同課では「災害に備えて色んな情報を集める手段が必要で、その一つとしてラジオを役立ててほしい」と話している。
無償貸与と購入の手続きは、津市役所8階の危機管理課か各総合支所の地域振興課へ。
購入は12月28日までに申し込みが必要。
問い合わせは津市危機管理課☎059・229・3281へ。

国指定名勝「三多気の桜」=津市美杉町三多気=は樹勢が衰退しており、市の委託で日常管理を担う地域住民の高齢化も深刻。市は平成23年にこの名勝の再生の指針を出し、保存管理計画策定を打ち出したが未だ手つかずの状態。そんな中、今年5月発足した「三多気の桜」景観保存会=田中稔会長(61)=は、地域内外から会員を募集。弾力的な活動で桜を将来に亘って守り、次世代への継承を目指していく。

 

県の事業で三多気の桜を訪れた学生達と話す田中さん(奥)

県の事業で三多気の桜を訪れた学生達と話す田中さん(奥)

国指定名勝「三多気の桜」

国指定名勝「三多気の桜」

幹が空洞化している桜

幹が空洞化している桜

国指定名勝「三多気の桜」は、伊勢本街道から真福院への参道沿いにある約400本の桜並木。伝承では、理源大師聖宝が899年頃に植樹したのが始まりとされる。周辺の集落や棚田、国登録有形文化財である茅葺きの家屋(田中さん所有)などと調和し見事な山里の風景を形成。市の「景観形成地区」でもある。
しかし古木が多く、シカの食害なども重なって樹勢の衰退が深刻化。そのため市は平成23年、「名勝『三多気の桜』再生のための指針」を策定したが保存管理計画は未だに立てられていない。
今年7月この桜を調査した日本樹木医会三重県支部長の奥田清貴さんは、保全管理について「(樹勢の低下が)気になってからでは遅い。剪定などを行うことで、ある程度の樹勢回復が見込める木もある。保全管理を行う場合、樹木医は予算に合わせて提言はできます」としている。
また桜の日常管理は長年、地元自治会による「伊勢地景勝・史跡保存開発事業委員会」が行っているが、高齢化で将来の担い手不足が危惧される。
そこで地元出身で市の嘱託職員の田中さんが、この名勝を守り次世代に継承するため同会を発足。会員は他地域からも広く募っており、桜愛好家など40名。今月2日には、県の事業で派遣された学生とともに桜マップづくりを行った。
田中さんは「会員から多種多様な意見を取り入れ、桜を積極的に守る仕組み作りに取り組んでいく。将来的には、(後継者がいない)茅葺きの家屋の利活用に繋げることや、桜の時季に地元の物産を販売するなど経済面での取り組みも検討しています」と抱負を話す。
津市の重要な観光資源であり、古来から地域住民の生活とともに在る三多気の桜。再生には地域内外の様々な立場の人・行政・専門家などの連携が必要であり、同保全会の活躍が期待される。
同保全会への問い合わせは田中さん☎090・7032・6487、またはメールmk43@ztv.ne.jpへ。

[ 10 / 73 ページ ]« First...89101112...203040...Last »