社会

津市出身の太田美穂さん(20)はこの春に三重県初のガールズケイリン(女子競輪)の選手となり、今は7月に予定されているデビュー戦に向け、ホームバンクの松阪競輪場でトレーニングを重ねる日々を送っている。華やかな勝負の世界に身を投じた太田さんは全国の選手たちとしのぎを削ることになるが、これから県内で同じ道をめざす未来の後輩たちの憧れの存在となれるよう、今後の活躍が期待されている。

 

三重県初のガールズケイリンの選手になった太田美穂さん=松阪競輪場で

三重県初のガールズケイリンの選手になった太田美穂さん=松阪競輪場で

戦後よりしばらく開催されていた女子競輪は、長らく途絶えていたが、2012年よりガールズケーリンとして正式に復活。男子競輪とは一線を画する独自のルールと、女性選手たちが織りなす華やかなドラマが人気を博している。
太田さんは、父・安治さんが監督を務めていた小学生の陸上チーム「一志Beast」での活躍を皮切りに、小中高と陸上競技に打ち込んできた。転機が訪れたのは高校卒業を間近に控えた頃。大学進学が決まっていたものの、陸上競技を続けることに迷いが生じていたところに、いきつけの整体院で「ガールズケイリンをやってみないか」と勧められた。早速、松阪競輪場でガールズケイリンのレースを観戦し、その世界観に魅了され、すぐに選手を目指すことを決意した。その後、土日や夏休みには自転車漬けの日々を送った。
太田さんの師匠は、松阪競輪場をホームバンクとするS級最高齢優勝記録を持つ萩原操選手(54)。萩原選手門下の男性選手に交じっての練習で、男子と女子のスピードの差に、時には心が折れそうになりながらも、精神的にも肉体的にも鍛錬を重ねた。
そして昨年、太田さんは日本競輪学校=静岡県伊豆市=に入学し、約10カ月間の厳しい生活を終え、この3月に卒業。日本競輪選手協会の三重支部にも所属し、晴れて三重県初のガールズケイリン選手として第一歩を踏み出した。
学校に入るまでは、男性と練習をする中で悔しい思いもしてきたが、同じ女性と走った時に自分の実力が改めて認識でき、自信にも繋がった。そして、同期のライバルたちの存在は、更に競技に打ち込む原動力にもなっている。
「自分の力で勝つことやコツコツ努力を重ねて結果に繋がることも嬉しい。競技としては、様々な駆け引きがあるのも魅力」と笑顔で語る太田さんは現在、7月に予定されているデビュー戦に向けて、松阪競輪場で萩原選手らの指導を受けながら力を蓄えている。
太田さんが萩原選手たちの温かい指導を受けながらガールズケイリン選手へと成長していく姿は、ユーチューブでも動画として配信されており、「ミポリン」の愛称で親しまれている。動画を見た人たちから温かい言葉をかけられることも多く、「地元の松阪競輪場のバンクで走りたいという気持ちが強い」と師匠である萩原選手や、応援してくれる人たちへの感謝を込めながら語る。
三重県初のガールズケーリン選手としてプレッシャーを感じることもあるが、全国のライバルたちとの戦いを夢見て今日も練習を積む太田さん。同じ女性選手が身近にいない先駆者ならではの苦労も少なくないが選手としての飛躍と共に、同じ道を目指そうとする〝未来の後輩〟の目標にもなれるよう今後の活躍が期待されている。

 

 

「広い庭なんていらない!」と友人が言っている。それが庭の広さ自慢じゃないことは明白だ。この時期の雑草といったら、倍々ゲームのように増えていくから。
道端の草を見ていても、雨の後には一気にボリュームが増える。中でもスイバは、ぴゅーっと伸びて、薄赤い花を咲かせている。似たような草で、少し大きい緑の花を咲かせるのがギシギシ。これもあっという間に大きくなる。
庭に除草剤はまきたくないし、草引きは大変だ。自分で草刈り機を使えれば一応格好はつくけれど、それも重労働。広い庭を持つ人には気の毒な季節である。
草を動物に食べさせたらと考える。庭で兔を飼うのはどうだろう。ギシギシを摘んで兔に与えた記憶がある。スイバやギシギシは兔の大好物だ。
山羊や羊なら、もっと草を食べる。ニュージーランドで聞いたが、彼の地では夜でも冬でも羊を外に放りっぱなしらしい。ニュートン算みたいに、羊が草を食べる速度と庭の草が伸びる速度を計算して庭に羊を放しておく。
それでも、動物を飼うのは除草作業より手間がかかりそうだ。防草シートぐらいが、現実的な雑草対策だろう。さらに上をいく対策は、広い庭を持たないこと。庭は公園に任せて、日本人らしく小さな敷地のウサギ小屋に住めば草の悩みは解決だ。      (舞)

地域住民でつくる「自主防災組織」のリーダー育成などを目的に、平成19年度から毎年開講している「津市民防災大学」(事務局=津市危機管理部防災室)。28年度までに238名が修了し、うち86名が25年度末に始まった同大の「人材バンク」に登録しているが派遣実績はなく、卒業生と地域のマッチングが課題となっている。そこで市は今年度の講義を通じ解決方法を検討し、来年度から同大の事業を一新する予定。

 

昨年度の津市民防災大学のチラシ

昨年度の津市民防災大学のチラシ

自治会などが任意でつくる「自主防災組織」は、災害時に地域住民が助け合う「共助」の軸となる組織で、防災訓練や被災者の救出・避難誘導などを行う。阪神淡路大震災を教訓に全国で設立が進み、津市の組織率は98・1%に上るが、結成したものの活動が停滞しているグループも少なくない。しかし約1年前の熊本地震で改めて明らかになったように、自主防災組織が活性化し災害時に機能を発揮するには、グループを引っ張るリーダーの育成や住民の防災意識向上が重要。
そして今年度で第11期目を迎える「津市防災大学」は、この課題解決に大きな役割を担っている。
実施主体は市職員や卒業生など官民でつくる実行委員会で、対象は市内在住・在勤・在学の人。昨年度は10月~2月に8回開講し、川口淳三重大学准教授の南海トラフ巨大地震に関する講義や、災害時をイメージしながら歩くタウンウォッチングなどが行われた。地域での防災活動の入り口となっており、19年度~28年度までに238人が修了。
しかし、卒業生が地域と繋がりを持ち、講義で学んだ知識を生かし防災活動を行うための仕組みが不十分で、懸案となっている。
市は、対策として全修了生のうち希望者が登録する「津市民大学 人材バンク登録者名簿」を25年度末に作成し、津市防災ホームページで公開。自治会・自主防災組織・事業所などから依頼を受け、市の仲介で登録者を派遣するというシステムで、28年4月9日現在で86名が登録しているが、問い合わせは少なく、現在まで派遣実績はない。
大きな原因は、同ホームページ以外で名簿についてPRを行っていないこと。また名簿には、登録者がどのような防災活動ができるのかが記載されていない。
一方、卒業生が自力でより発展的な防災活動に取り組んでいる例もあり、その一つが27年4月に発足した団体「津市民防災ネットワーク」=朝倉玲子代表。地域で防災活動を実践しているメンバーが毎月1回、定例会議を開き情報共有や勉強会などを実施。会議には同部の職員も出席し、卒業生と行政が交流する貴重な場となっている。
市の対応は後手に回っていたが、ついに、同大の事業が今年度を一区切りとして、来年度から一新されることとなった。講義の中で「受講生が修了後にどのように地域で活躍できるか」と、「地域住民が防災活動に求める人材」のマッチングを目指していくという。
リニューアルの具体的な内容は今年度10月頃~来年2月頃に開講する第11期の講義を通じ検討する予定で、防災室は「今年度は、例えばタウンウォッチングを卒業生も一緒にしたり、地元の自主防災組織の会長と受講生の交流の場をつくることを考えている」としている。受講生は防災の初心者が多いため、地域・行政と連携し防災活動を実践するには、受講中だけでなく卒業後のサポートも重要。そのため新事業には、例えばフォローアップ講座など、卒業生を対象とした人材育成の継続的な取り組みが欠かせないだろう。

[ 2 / 60 ページ ]12345...102030...Last »