社会

土地の実態を正確に把握する『地籍調査』は災害復旧の観点からも注目され、津市では近年めざましいペースで調査が進められているが、森林は傾斜地も多く測量に危険が伴ったり、現地立ち合いも困難を極めるため課題となっていた。市域の6割を森林が占める津市は、今秋より国のモデル事業として航空写真などを使い、遥かに早く安全に境界が確定できる新たな手法を全国に先駆けて取り組んでいる。

 

リモートセンシングデータによる境界案(国交省資料より)

リモートセンシングデータによる境界案(国交省資料より)

国土調査法に基づき、主に市町村が主体となって行っている地籍調査。一筆毎に土地の所有者、地番、地目を調べ、境界の位置と面積を正確に測量し、境界を確定する。なぜこの作業が必要かというと、登記所に備えられた地図や図面の多くは明治時代の地租改正時に作られたもので、土地の境界や形状が不正確なため。調査を終えると、登記所の登記簿に記載された情報が現在の状態に沿った正確なものへと更新される。
全国の調査進捗率は平成29年度末で52%にとどまっているが、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた被災地において迅速な復興に繋がったことから、その意義が再評価されている。
津市でも、「津市地籍事業計画」を策定し、用地・地籍調査推進課も設置。南海トラフ巨大地震に伴う津波対策として、河芸から香良洲までの沿岸部約10㎢を重点整備計画として平成27年度より、10年計画で取り組んでいる。地域住民の関心の高さから、土地の境界立ち合いもスムーズで計画を2年繰り上げた令和4年に区域内の調査が終了する見通しとなった。調査の進捗率も平成26年度末の2・81%から平成30年度末の3・85%まで短期間で大きく伸ばしている。
しかし、津市が調査を進める上で、大きな課題がある。それは市域の約60%(約420㎢)を占める森林である。そのほとんどが民有地であるがスギやヒノキの木材価格の低迷に伴い、財産としての価値も下がり、相続によって、正確な境界すらわからない状態の土地も多数含まれている。地籍調査するために測量や現地立ち合いを行うにしても、その土地まで辿り着くこと自体が困難であったり、傾斜地などでは滑落の危険もあり、膨大な時間と費用がかかってしまうことが全国的な課題となっていた。
そこで国は、近年発達がめざましい人工衛星や航空機などから地表を観測するリモートセンシング技術を活用した森林の地籍調査マニュアルを策定。津市は、これに基づく国のモデル事業として一志町波瀬・美杉町八手俣地区の森林を対象にした地籍調査を今秋より実施している。ヘリコプターによる対象地域約10㎢の撮影やデータ収集はわずか一日で終了。地権者の境界の現地立ち合いは行わず、デジタルデータを見ながら、境界線を確定していく。今回の対象地域は、わずか3~4年ほどで、登記簿の登録が完了できる見込み。これは全国初の試みとなる。
また、今年度から始まった森林経営管理制度では市町村が森林所有者の意向を確認し、林業経営に適した森林は意欲のある林業経営者に集約を進める一方、林業経営に適さない森林は、環境保護や災害防止の観点から市町村自らが管理していくことが定められている。そのような時代の流れの中で、今回のモデル事業は大きな意義を持つといえる。
津市は地籍調査の先進地となれるよう重点整備地域を含む市街地の地籍調査も積極的に進めていくだけでなく、新たな手法で森林の調査を進めることも期待される。

ついに県内でも被害発生!

 

桜や梅などの木を食害しながら、全国で生息域を広げている特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」が三重県北部でも確認された。津市ではまだ確認されていないが、桜や梅の名所が市内の貴重な観光資源になっているだけに的確な対策が求められる。行政と市民が一丸となった取り組みで地域ぐるみの資源を守る必要がある。

 

穴から幼虫が出すフラス

穴から幼虫が出すフラス

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリの成虫

クビアカツヤカミキリは中国と朝鮮半島が原産の甲虫。成虫は全体に光沢のある黒色で胸部が赤いのが特徴。幼虫が木の内部を食べ、2〜3年かけて成虫となり、6月中旬から8月上旬に成虫となり、木の外へ出る。その際、周囲の木に飛び移り、卵を産み付けながら繁殖を続けていく。国の特定外来生物にも指定されており、生きたままの移動や飼育、売買などが禁じられている。
被害地の東京、埼玉、群馬、栃木、愛知、奈良、和歌山、徳島では、梅や桃などの果樹への食害が発生。
さらに今年7月には、三重県北部で桜を食害しているのが確認され、これまでに雌雄16匹が見つかっている。他の被害は確認されていないが、三重県では被害の拡大に備え、警戒を呼びかけている。津市ではまだ未確認だが、桜や梅の名所が重要な観光資源になっているだけに被害を抑える事前の対策は不可欠と言える。
ただ、果樹である梅や桃と比べると、桜は名所以外にも、公園、街路樹、河川など至る所に植えられているため、行政が対策を行うためには、農業だけでなく、観光、公園などの施設、さらに道路や河川などを担当する部署の横断的な連携が必要となる。また、被害地では庭に植えられた梅の木で繁殖するケースも確認されており、被害の範囲を考えると市民へ周知徹底や、対策への協力を得ることは必須。被害の大きい木は、周囲の木を守るために伐採する必要があるが、桜は地域のシンボルとなっていることも多く、伐採の必要性を予め伝えることも必要。
成虫の活動期は、6月〜8月で、これからの季節は見つけづらくなっているが、木の中の幼虫が穴から出すフラス(フンと木くずがまざったものもの)は出し続けるので、発見の手がかりにはなる。行政による飛散を防ぐためのネットや農薬の用意だけでなく、積極的な広報を行い、注意を呼びかけると同時に、発見場所の報告をベースにした情報の集積も必要。他県では、市民を交えた地域ぐるみの防除策も行われており、駆除に対する報酬を用意している自治体もある。
津市では、観光資源だった御殿場海岸のマツが同じくカミキリムシの繁殖によって被害が広がる病気「松くい虫(マツ材線虫病)」への対策の遅れから、甚大な被害を受けただけに悲劇を繰り返すわけにはいかない。
被害の発生に備え、行政と市民が力を合わせた地域ぐるみの対策が求められる。

「発達障害」は、生まれつき脳の発達が通常と違うために、幼いうちから現れる様々な症状。障害に対する社会の知識・理解不足により多くの当事者が生きづらさを抱えている。今回は、前号に続き三重県立子ども心身発達医療センター(津市大里窪田町)の金井剛センター長と、成人後に発達障害と診断された今井貴裕さん(37・鈴鹿市)が対談。発達障害を持つ人は、障害特性への適切な対応・支援を受けられないことなどが原因で心身の疾患や引きこもりなどの二次障害を発症するケースが多く、今井さんも、うつ病や双極性障害を経験した。

 

今井 僕は(発達障害の特性で)「本音と建前」がわからないので、以前は周りの皆にひたすら本音でぶつかり、わかってもらえなかった。けれど33歳頃、うつ病で受診したのを機に発達障害の診断を受けたことにより、自分が定型発達の人と違う特徴を持っているとわかったので、まず皆の話をちゃんと聞いて、各自の欲求や事情があることをきちんと理解してから話をしようと。僕の生き方は変えないけれど、相手の意見が自分の意見と違っていても許容できるようになりました。
また、双極性障害(うつ状態と躁状態を繰り返す病気)になりましたが、1年程前に落ち着いたような感じです。
金井 ただ、双極性障害は気分の山が高ければ谷は深いから、本当に落ち着いたなら(谷が浅くなったなら)山も低くなっているはずなんだけれど……。
うつ状態は防衛的なニュアンスがあり、何もできなくなる。そうなれば自然とエネルギーが戻ってくる。ところが躁状態はある程度自分で意識して抑えないと、そのあと当然落ちてくる。だから実は、自分で努力すべきことは山を少しでも低くすることなんです。
今井 そうですよね。僕が今でもうつになりそうで危ないと思うのは、躁で多弁の状態だけれど、浮足立っている感覚がある時。周りの人は気づきませんが、自分がまずいなと思ったら早めに休むようにしています。
金井 皆、本当はそういう前兆のようなものがある。今井くんのように脳の処理速度が速く、自分で前兆に気づいてコントロールできる人は良いけれど、発達障害の方の中には気づきづらい人も多くて、例えば「不安」や「疲れ」が何かがわからなかったりする。その場合は、周りが気づいてあげなくてはならない。

子供の可塑性は高い   良い出会いは生きる肥しに

今井 一番不幸な境遇が、発達障害を持って生まれた子がDV(配偶者などからの暴力)の家庭に育つことだと思います。「親しい人に危害を加えることは悪くない」という考えのもとで育ってしまうので。
金井 子供達がそういう境遇で育った場合、集団生活などで上手くいかないことが必ず表面化する。その時ある程度早い時期に良い環境に置いてあげると、子供の可塑性(外的刺激に柔軟に対応する性質)は非常に高いから効果が出ます。僕は15年間の児童相談所勤務でそういう子を大勢診て、子供の可塑性はとても高いと実感している。
僕の師匠が、ある子を5歳の時に1回だけ診た。そして僕がその子が17歳の時に診た。僕が何で5歳の時と同じ病院に来たの?と聞くと、その先生と5歳の時に会って、とても良い気持ちがしたからと。そういう出会いって、子供にとって大きい。その子は、5歳の時その先生と折り紙で鶴を折ったことを17歳になっても覚えていた。ある意味でとても重症な子だったけれど、多分その出会いが17歳まで生きて来られた肥しの一つだったんでしょうね。だから、子供達にそういう出会いがあればと思う。
(終)

[ 2 / 81 ページ ]12345...102030...Last »