社会

津市の雲出本郷町に終点がある『国道165号』、津市で暮らす人々の生活に欠かせない重要な幹線道路。津市から奈良県桜井市までの区間は、長谷寺をめざす初瀬街道がルーツ。関西から伊勢参りで訪れる人々に古くから利用されてきた道で、国道となった現在の始点は大阪市北区の梅田新道交差点。以前に全区間を踏破した国道163号に続き、国道165号の踏破を試みる。    (本紙報道部長・麻生純矢)

 

国道165号終点のある国道23号雲出本郷町交差点付近

国道165号終点のある国道23号雲出本郷町交差点付近

国道165号は、国道1号や国道163号を始めとする7つの国道の終点と起点が集まる梅田新道交差点から国道23号と交差する津市の雲出本郷町交差点を結ぶ総延長130㎞超の国道で三重県、奈良県、大阪府を結んでいる。

三重県から奈良県にかけての区間は、旧伊勢国と旧大和国を結ぶ初瀬街道がルーツ。関西から伊勢参りに向かう人が利用したり、逆に伊勢国から関西に向かう人々も然りで、国学者・本居宣長の菅笠日記にも、街道を歩く旅の様子が描かれている。街道の終着点である初瀬(現在の桜井市初瀬)にある長谷寺は全国にも、その名を知られる名刹である。
本紙では20周年企画として一昨年夏より今年の初頭まで、国道163号線の全区間を踏破する連載を行ない、多くの反響を得た。そこで平成から令和へと大きく時代が変化していく中、この街の記憶を残すと共に、普段何気なく通っている国道の未知なる姿をお伝えすべく国道165号の全区間の踏破を試みる。
京都府の南端及び奈良県北部を通り、大阪府へと入る国道163号をめぐる旅と終着点自体は同じ場所だが、当然ながらそこに至る道程は全く異なっている。
この地域で暮らす人々にとって、名張市より西に位置する奈良県内から大阪府にかけての様子は特に新鮮なものとして映るかもしれない。
国道163号を巡る旅(約120㎞の行程を6分割した上で踏破)で確信したのは、20世紀後半から現在までモータリゼーションが台頭し続ける中、すっかり姿を消してしまった徒歩の旅の味わい深さ。移動に多くの時間を費やした昔の人々と同じ時間感覚を共有することで、様々な事象が浮かび上がることもある。そして、多くの人々がそれぞれの思いを抱えながら、踏み固めてきた結果できあがった道が今ここに存在している理由や、そこで繰り広げられた歴史やドラマを掘り下げることもできる。
また、ゆっくりと流れる景色、温度、湿度、におい、肌触りなど、五感を通じた体験も徒歩の醍醐味。そういった一本の道を通じた体験を、前回の旅と同じく連載を通じて綴っていく。
2県1府にまたがる100㎞を越える徒歩の旅は〝既知〟から〝未知〟を探しに行く道程でもある。起点の津市から梅田新道交差点を遡るもう一つの物語が始まる。
(連載は次号の新年号よりスタート)

「NPO法人ピアサポートみえ」=津市西丸之内、杉田宏理事長(37)=は、障害者の「自立して一人暮らしをしたい」という思いを実現するため、08年から市内のアパートの一室で「自立生活体験室」を運営している。障害の種類や程度を問わず利用可能で、同様の施設は県内では希少。障害者が地域で自立して暮らすノウハウを実践で身に着けられる場として意義は大きく、同法人は利用を呼びかけている。

 

トップ 「ピアサポートみえ」では、障害のある人が運営の主体となり、重度訪問介護事業などを行っている。
障害のある人は親元や福祉施設などで暮らすケースが多く、「一般の住宅で一人暮らしをしたい」と思っても、新しい環境に適応できないことなどが原因で諦める人が大半。そこで同法人では、津市の中心地・西丸之内のアパートの一室を借り、地域で自立し一人暮らしをするノウハウを実践で身に着けられる場「自立生活体験室」を運営している。
対象は障害がある人(原則、三重県在住の人)。身体・知的・精神・発達障害などの障害の種類や、程度は問わない。自分の意思を表すことができない重度知的障害や精神障害がある人も利用できる。同様の体験室は全国各地にあるが、県内では希少。
面積約49㎡で6・5畳のダイニングキッチン、12畳の洋室、手すり付きのトイレ・浴室などがある。利用料は1日千円。体験期間は1泊2日からで、相談し決める。
2008年から2018年3月まで三重県の委託事業、2018年4月から同法人の独自事業として運営されていて、近年の年間利用者数はのべ約50人~65人。
利用者は事前に障害当事者のコーディネーターと面談し、外出・料理などの自立生活プログラムを自らの意思で決定。それに基づき、ヘルパーの介助を受けながら一人暮らし体験を行う。
そして、例えば食事の買い出しでは食材の適切な量はどれくらいかなど、様々なことを自分の責任で選択・決定。失敗することで自立に向けた課題の発見ができて、成功が達成感と自信に繋がるという。
先月、障害のある高校生と親が見学に訪れ、親は「子供の卒業後の生活を検討している。施設やグループホームも考えていましたが、体験室の存在を最近知り、一人暮らしという選択肢が増えました」と話した。
一方、障害者自身が一人暮らしする意思を固めても、家族や、住みたい物件の大家の理解が得られなかったり、物件をバリアフリーに改装するのが費用面で困難などの理由で、実現できないケースも多数。
そのため体験室利用を経て一人暮らしをした人もこれまでに約10名と多くはないが、杉田さんは事業の意義を「障害がある人一人ひとりやその家族に、本人が親元や施設以外の場所で暮らすことを選択する機会を提供するというのは、(成功事例の)数だけでは計れない、とても大事なこと」と力強く語り、利用を呼びかけている。
問い合わせは☎059・213・9577へ。見学も随時行っている。

11月9日の「赤塚FFCの日」の(一社)日本記念日協会への登録1周年を祝し、赤塚植物園グループ(㈱赤塚植物園、㈱赤塚、㈱エフエフシー・ジャパン)と朝津味を運営する㈱フューチャー・ファームコミュニティ三重=全て津市高野尾町=は、記念イベントを開催(会期は9日・10日)。記念式典で赤塚充良会長に三重大学から名誉博士が授与されるほか、人気園芸家トークショーや物産展などがある。

 

 

赤塚会長

赤塚会長

11月9日は、赤塚植物園グループの創業者・赤塚充良会長の誕生日で、「い・いち・きゅう(いい地球)」と読めることから、水に関する同社独自技術「FFC」によって、より良い地球をめざす記念日「赤塚FFCの日」として、日本記念日協会への申請を行ったところ、昨年登録された。その1周年を記念して9日と10日の2日間、盛大にイベントを開催する。
9日、関係者を集めて本社FFCホールで行われる記念式典では、赤塚会長に三重大学の「名誉博士」の称号が駒田美弘学長より授与される。園芸植物とFFCに関する事業における研究の着想と発展及びビジネスへと実用化する地道な努力やチャレンジ精神、その成果である技術力やそれを背景として農業活性化や環境改善に対する提案力、郷土の発展に対する貢献などが評価されたものとみられる。三重大学名誉博士の称号を贈られるは通算4人目。同社研究所庭園内で、FFCと地球をイメージしたオブジェ「FFCの泉」の竣工披露も行われる。
一般参加者が楽しめるイベントは以下。
アカツカFFCパビリオンで9日10時半~11時45分、ローズスタイリスト・大野耕生さん、フラワースペースK主宰・西本敦子さん、吉坂包装㈱・上田泰さんの人気園芸家3名によるトークショー。参加費は千円(パビリオン千円分買物券付)。9日15時~16時、ハワイ赤塚植物園代表でカトレアの新品種の作出家として世界的に活躍している赤塚守康さんのトークショー。参加無料。いずれも予約制(FFCパビリオン☎059・230・2121)。
朝津味では、9日12時半~13時10分、イベント広場で三重大学の西村訓弘副学長の講演。赤塚植物園の研究員の水を使った楽しい実験は9日①13時15分~②15時~。10日①10時半~②14時~に行われる。各30分。ゆめひろばで9日・10日9時半~17時(10日は15時まで)FFC活用製品物産展で全国30事業者が出店。
朝津味隣のレッドヒルヒーサーの森では9日・10日は入場料通常1200円が無料に。森の音楽会は9日①10時~②11時~③14時~。10日①11時~②14時~。各30分。森のヨガは9日①10時~②11時半~。各45分。参加費千円。予約制(レッドヒル☎059・230・7789)。
ガイド付ガーデンツアーは9日・10日①10時半~②13時半~。各30分。エントランス周辺で行われる花とみどりのマルシェは9日・10日10時~17時(10日は15時まで)、人気園芸家の大野耕生さんや西本敬子さんによる園芸体験や、植物の販売を行う。
問合わせ㈱赤塚☎059・230・1310。

[ 2 / 82 ページ ]12345...102030...Last »