社会

「高田中学校・高等学校(6年制)」の生徒有志が、名古屋産業大学、㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ、㈱赤塚植物園の協力を受けCO濃度を測定してデータを収集するなど環境学習に取り組んでいる。今月31日には、同じく環境学習に取り組む台湾の大同高校とお互いがまとめた調査結果を発表し、インターネットを通じたテレビ会議を開催するなど、文科省の進める探求的な学習を実践している。

 

 

環境学習に参加している生徒たち

環境学習に参加している生徒たち

三重県屈指の進学校としても知られる「高田中学・高等学校」=津市一身田町=。2017年より「高野尾花街道 朝津味」=同高野尾町=を運営する「㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ」、多様な植生で環境学習の場となるレッドヒルヒーサーの森=同高野尾町=を持つ赤塚植物園、CО濃度調査に基づく環境教育プログラムの開発と実践に取り組む「名古屋産業大学」=愛知県尾張旭市=の協力を受け、産学連携による環境学習を行っている。目的は、世界的な課題である環境問題に対して、未来を担う若者たちに、自らの課題である認識を持ってもらい、それを周囲に伝えられる人材育成。現在、中学から高校まで35名の有志が参加。
環境学習は、3カ年計画で初年度の一昨年には同大学の伊藤雅一教授から、地球温暖化を防止するための国際的な協定であるパリ協定によって大幅な削減が求められるCOの実測データに基づく、学習の意義を学んだり、岡村聖教授と共に、ヒーサーの森でCO濃度測定器などを使った調査や実験を実施。昨年には、学校内にCO濃度測定器を設置し、定点観測を行いデータを収集。生徒たちが、収集したデータをコンピューターなどを使い分析。伊勢湾から学校に向かって吹く風のCO濃度が高いことに着目し、海中のCOを吸収する植物性プランクトンが減り、COを排出する動物性プランクトンが増えている可能性があるという仮説を岡村教授と共に導き出している。
そして、3カ年目の今月31日には、同じく名古屋産業大学が環境学習の指導を行っている台湾の大同高校と、インターネットを通じたテレビ電話で世界共通の課題である地球温暖化の防止をテーマとした会議を実施。生徒と教員の交流を図る。その翌日には、朝津味で生徒たちは近隣の小学生を対象に、自分たちが学んだことを伝える。
テレビ会議を前に、同校の林翔太さん(16)は「世界の環境問題について改めて考えたい」、成尾和真さん(15)は「日本人との目線の違いを感じたり、同世代との生徒との交流を生かしたい」と語り、谷信孝さん(15)は小学生への環境セミナーに向け「自分たちで学んだことを伝えたい」と意気込む。
同校の環境教育が国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)をベースにしていることから、低炭素社会の実現に向けた教育の実践の場として、ユネスコスクールの認定を申請中。認定されれば、県内で3校目。
また、生徒自らが課題を定め、必要な情報を集め、整理・分析を行い、まとめ・表現する文部科学省の学習指導要領に盛り込まれている探究的な学習をいち早く実践することの意義も大きい。

「一般社団法人・三重県技工士会」が安全技術向上などを目的に、県の委託で行っている「歯科技工技術安全研修事業」について長年、研修会場を無償提供していた「三重県立公衆衛生学院」=津市夢が丘=が施設の使用を禁じる通知を出したことに、同会が反発。減り続ける歯科技工士の人材の養成と確保を厚労省も課題としているが、それと逆行する学院とそれを運営する県の動きに疑問の声が上がる。

 

 

歯科技工士は、歯科医師の指示に基づき、入れ歯、いわゆる被せ物や詰め物と呼ばれる補綴物を製作する医療系の技術専門職。「一般社団法人・三重県技工士会」は、県内の歯科技工士たちで構成されている。
三重県立公衆衛生学院は開学当時の昭和49年から、平成22年3月まで歯科技工学科を開設しており、三重県内の歯科医療の一角を支える歯科技工士を輩出してきた。
平成22年の県下唯一の歯科技工士養成校だった同学科閉科後、三重県は同会に委託し、歯科技工士の確保や安全技術などの向上を目的に「歯科技工技術安全研修事業」を年間5日実施。同学院は長年にわたり、歯科技工学科の実習室などを、同会の研修会場として提供してきた経緯があり、同事業についても、会場を無償提供していた。
しかし、今年4月に同学院から、同会宛てに今年6月30日の同事業を最後に施設の使用を禁止する旨の文書が届いた。その理由としては、学生本位の施設であること、設備の老朽化、不測の事態に対する責任の所在、近年同事業で実習は無く、座学のみの講習を続けていることなどを挙げた。
これを機に、技工士会だけでなく、全ての団体が使用禁止になったが、急にはしごをはずされた形の同会は困惑。更に、同会の事業と同じく公益性の高い内容であるが、三重県歯科医師会が学院を会場として9月に事業を行う通知を出していたため、学院側の一貫しない対応に技工士会は不信を募らせた。これに対し、芝田登美子学院長は、やむを得ない事情で学院長権限によって条件付きの許可をしたと説明。今後、他団体へ施設を貸し出さない意向を強調した。
同学院を運営する県も委託事業費用に会場費を含んでおり、他の会場を探すべきとするが、これに対して技工士会が反発。座学のみの研修であれば、他の施設の会議室で完結するが、粉塵や熱が発生する機材を用いた講師の実演、実習が伴う研修、復職支援講習会を行う場合、県内で会場探しが難しいからだ。
会自前の実習設備も無く、会員の技工所を借りるにしても、県内の約8割の技工所が就業者1人のみ。3人以下の小規模事業所が9割以上を占め、必要十分な会場の確保は難しい。現実的なラインは、県外の歯科技工士養成校やメーカーに場所を借りることだが、果たして、それが三重県の委託事業として適切な形かは疑問が残る。
同学院の実習室は現在、当初のような形で使用していないが、歯科技工教育のために設計された県内唯一の公共施設という事実を踏まえ、三重県歯科技工士会の片岡均会長は「県民の財産を公衆衛生向上のために役立てるという意識に欠ける」と県を批判する。
歯科技工士は全国的に深刻な人材不足で、厚労省も人材の養成と確保を課題に上げるが、冷や水を浴びせるような学院と運営主体である県の対応は、逆行そのものといえる。そもそも同会が受託している事業は、県が公衆衛生のために果たすべき責務を肩代わりしている点も無視できない。
県内の状況はというと、同学院の歯科技工科閉科で県内の養成校は無くなったため、県は代替え策として奨学金制度を設けたが、歯科技工士は年々減少。離職率も高い。歯科医療財団の調べによると、平成28年で全国の歯科技工士免許登録者11万8271人のうち、実際に歯科技工士として働いている者は3万4640人とわずか29・3%。離職者の約8割が20代で、就業者の半数近くを50歳以上が占めるなど高齢化が加速。離職者の復職も少なく、近い将来、歯科医療を支える人材確保が難しくなる可能性も高く、もはや業界内だけの問題とはいえない。
県内の公衆衛生のレベルが下がれば、不利益をこうむるのは県民に他ならない。県は様々な団体と慎重に対話と協議を重ねがら、公衆衛生の向上に何が必要なのかを改めて考えるべきだろう。

「わー! きれいに咲いてる!このままにしとこ」
二年前、玄関前に咲いた白いドクダミの群れを前に、私は思わず言ってしまった。花が終わってからむしったが、勿論、根の奥までとれなかった。しかも庭のあちこちにはえているドクダミを頭のモードが狂ってしまったのか、あまり気にしないで見過ごしてしまった。被害は確実に現れた。大切にしていたしゃくやくがドクダミの根に負けてしまい、生えてこなくなった。その時やっとドクダミの害を知り、今年は五月下旬から毎朝一時間草むしりというよりドクダミむしりをしている。長くなったのは洗って干し、薬草として使用するつもりだ。
私の所属している「谷川士清の会」では、秋の新町フェスタで薬草茶を振る舞っている。ドクダミはきついので干して二年後に使用できるとか言う。我が家のドクダミがフェスタで使えるのは来年。楽しみがふえた。
令和元年の五月十日の「士清まつり」では新町駅前の南漢方薬局の南先生に「薬草について」の講演をしていただいた。先生には平成二十一年の谷川士清生誕三百年祭と平成二十五年、そして今年と三回目になる。谷川士清は家業が医者だったから、旧宅のケースの中にも『谷川家処方書』が保存してある。代々の谷川家の医者がこの書物に記録していったようで、士清の自筆のものも入っている。
谷川士清は『日本書紀』があまりに難しい漢文体で書かれているため、よほどの知識人でなければ理解できないことより、少しでも読み易くと考え、自らの漢文能力をふるに使い注釈をつけて『日本書紀通証』三五巻を出版した。
取り組み始めて三十年はかかっている。その時、言葉の意味や出典など書き溜めた言葉が二万一千語近くになり、自ら発明した五十音順に分類したものが、現在の国語辞典の元『倭訓栞』である。その頃は出版するには多額の費用がかかり、『日本書紀通証』でほとんど医者としての蓄えは使い尽くし、資金繰りに家族は四苦八苦した。悪い事に、京都で士清と一緒に神道を学んだ竹内式部が幕府が宮中での日本書紀の講義を辞めるようにとの命を無視したため、追放され一七五九年士清を頼ってきた。
情に厚い士清は人目につきやすい旧宅を避け、娘八十子の嫁ぎ先の伊勢に匿った。その為、士清は津藩から疎まれる。さらに士清は徳川光国が著した『大日本史』の誤りを正した『読大日本史私記』を一七七四年に著した。このことより津藩は士清を他参留め、息子士逸を所払いにした。家塾の弟子たちも絶家、減給にされ、塾はつぶされた。追い打ちのように明治に入り、医者が世襲制でなくなり、学校に通い医師免許試験に合格する規則が設けられ、谷川家は学校へ行く資金も工面できず、薬剤師をして士清の『和訓栞』の出版費用とした。
士清の持ち物、本、家まで人手に渡り百十年かけて明治二十年やっと『倭訓栞』全巻九十三巻八十二冊を出版した。谷川家の執念ともいえる。士清を子孫は尊敬し、誇りに思っていたことがよくわかる。
『谷川家処方書』に詳しく書いたからなのか、『和訓栞』を調べたら、薬草が意外に少ない。次に記してみる。
『増補語林 和訓栞 後編』 編者 谷川士清
増補 井上頼国 小杉榲邨
増補語林は上巻、中巻、下巻、後編とある。士清の著した『倭訓栞』は前編、中編、後編に分かれており、前編は古言と雅語、中編は雅語中心、後編は方言や俗語、外来語を集めた。そして増補語林では前編と中編は増補しているが後編はそのままである。薬草は前編と中編にはなく、望みを託して後編を読み始めたら、多少出てきたけれど、薬草としての使い方等は詳しく載っていなかった。普通薬草と言われているものを少し並べてみることにする。

○あけび…倭名抄小葡萄を訓じ又木通をあけびのづらとよぶ。あきえびの義。実えびの如く熟して開き折らん。
○あざみ…薊をよめり日本紀倭名抄に粗刻の葉の体をいうなるべし。
○いたどり…本草に血痛墜撲などに用う一説あり。
○きらんそう…龍牙草也といえり。俗に地獄の釜の蓋という。
○ぐみ…倭名称に胡頽子をよめり。苗代ぐみともいう。熟せる時をもって名づく。
○さねかずら…古事記萬葉集に見ゆ。根をつき滑汁を取る。今は葛を水にさらして用いる。
○さんしょう…山椒とかけり和称也。実小也。
○ぜんまい…薇をいう銭舞の義、芽の銭の形して回転せしかをいうなるべし。
○どくだみ…木にいうは○○○也 草にいうは蕺菜である。毒痛いの義である。
(谷川士清の会 顧問)

[ 2 / 79 ページ ]12345...102030...Last »