社会

「㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重」が、農業による高野尾地区の活性化の拠点として、大規模な農産物直売所などを備えた施設『花と緑と水の里(仮称)』の建設を来年6月のオープンに向けて進めている。6月24日、共同研究を三重大生物資源学部の若手研究者と同施設の農作物を供給することとなる地元農業者たちが語り合う『みんなで農業の未来を考える会』の第1回が開かれるなど、今後の進捗が期待される。

 

みんなで農業の未来を考える会の様子

みんなで農業の未来を考える会の様子

「高野尾地区活性化プロジェクト」は植木用のサツキの生産で栄えていた同地区が、需要の減少や高齢化による後継者不足で衰退の一途を辿っているため、地域住民から、㈱赤塚植物園の赤塚充良会長に現状をなんとかしたいという切実な声が届いたのをきっかけにスタート。同社、三重大学、高野尾地区の関係者たちが「高野尾地区活性化推進協議会」を設立し、農業による活性化を行う。現在、プロジェクトの核となる施設『花と緑と水の里(仮称)』(津市高野尾町)。運営主体の㈱フューチャー・コミュニティ・ファームは来年6月のオープンに向け工事を進めている。
この施設は、赤塚植物園の実験農園で広大な敷地に多様な植物が植生する「レッドヒルヒーサーの森」と隣接。同社の持つ土づくりの技術を核に三重大学との共同研究で環境に優しく持続可能な方法で収入が得られる新しい農業の理想郷を生み出すべく模索を続けている。具体的には3万2000㎡の土地に、出荷会員数最大700名の地域の農産品や加工食品などを販売するファーマーズ・マーケット(農産直売所)を中心に、同じく地産の農産物やエディブルフラワー(食用花)の料理や菓子を提供するフードコート、環境学習や三重大学との産学連携を行う研修室などを備える。それらの機能をフルに活用し、年間36万人もの集客をめざす。
6月24日に第1回が行われた「みんなで農業の未来を考える会(略称=のみかい)」は、現場との深い関わりがなく、日々の研究の成果を実践する場に恵まれない三重大生物資源学部の若手研究者と、最新の知識や技術を必要としている地元農業者や農協職員らがひざをつきあわせて、気軽に話をできる場をつくろうと開催していくもの。
初回ということもあり、この会の意義を再確認するとともに、8月~9月に地域の農家だけでなく、家庭菜園を持つ者など高野尾地区の農地を持つ市民を対象にしたアンケートを実施して、データを集める「直売所の出荷者動向調査」の詳細を説明。調査を通じて、どのような農家が直売所に出荷するのか、生産者の意思決定のメカニズム、どういう作物を出荷するのかなどを探り、農家が施設の直売所に何を求めているのかを分析。直売所ができる前後で作付面積や売上の変化といった波及効果を導き出す。このような直売所設立の前後で比較分析したデータは、全国的にも存在しないので、地域活性化の重要な指標となることも期待されている。また、駒田美弘新学長の下、地域との連携をより強化することを掲げている三重大全体にとっても貴重な実践の場となる。
施設の南側の農地一面に四季折々の花を植えて、施設との相乗効果で集客をアップをねらう『花・夢街道』の整備も進められる予定で、景観形成の足掛かりとして、3300㎡のコスモス畑の準備をしている。そのほか、学生たちによるエディブルフラワーを使ったレシピ開発など、着々とオープンに向けて、産学連携による多彩な計画が進んでいる。農業による地域活性化の先進例にもなるだけに今後の進捗にも注目だ。
施設名の募集

①施設の全体名称②各建物の名前(ファーマーズマーケット、フードコート、研修棟)③名称の由来・意味④応募者情報(住所・氏名・☎)を専用の応募用紙に明記。審査のポイントは、みんなが呼びやすい、覚えやすい、愛着がわくの3点。応募者の中から抽選で10名に素敵なプレゼントも用意している。応募用紙は、HP=http://ffcmie.co.jpからダウンロードするか、アスト津1階のBOSCOとアカツカFFCパビリオンにも設置。応募はFAX059・230・0576、もしくはeメールaishoboshu@ffcmie.co.jp
詳細はHPで確認を。問い合わせは☎059・230・0282

林敬天さん(左)と藤堂千秋さんのユニット

林敬天さん(左)と藤堂千秋さんのユニット

私たちは『津城復元』を応援します──7月17日14時(開場13時半)~16時、県文化会館第1リハーサル室でフラダンスとラテン音楽などによる「草の根サポート・プチコンサート~セイ・アロハ セイ・アミーゴⅡ」が催される。
これは津城復元運動に共感した津市渋見町の林敬天・恵美子さん夫妻が、互いの趣味を活かして勝手連的に復元資金造成に協力しようと企画・出演するもの。
林さん夫妻は同市鳥居町にあったロシア料理店『ビストロぴあっと』の経営者として知られるが、敬天さん(69)は学生時代からラテン音楽のボーカル&ギタリストとしてならした人。一方の恵美子さんはフラダンスの指導者として活躍している。
林夫妻と津城復元の会の西田久光会長とは旧知の仲。自分たちも「ささやかだけど草の根的に復元運動を応援したい」と、昨年から始めたプチコンサートを2回目の今回からチケットの売上金の一部を津城復元資金として寄附することに。しかも、今回限りではなく「今後もこうした草の根サポートを継続していきたい」と。
敬天さんからこの申し出を受けた西田会長は「ものすごくありがたい。津市がふるさと納税の使途目的の一項目に『津城跡の整備』を昨年1月から設けてくれ、ここに寄せられた浄財が復元の基金となるということで、昨年3月から会を立ち上げた。今年3月の総会で組織の形を個人会員と協賛団体会員に改め、現在会員は約40名、協賛4団体。ふるさと納税への呼掛けや協力店舗への募金箱設置、松菱や市内外のイベントでの会場募金の3本柱で募金活動を進めている。浄財は現在1300万円を超えたが、復元の会の復元運動には時間的・人材的に限りがある中で、草の根的・勝手連的に応援して頂けるのは願ってもないこと。こうした勝手連的な輪がどんどん広がっていけば嬉しい」と大歓迎している。
プチコンサートでは、第1部『スタジオ・ウイ』がフラダンス7曲を踊り、第2部では敬天さんのボーカル&ギター、藤堂千秋さんのボーカル&キーボードによるユニット『シェンプレ』が、ラテンの名曲やスタンダードなど11曲を演奏する予定。
チケットは500円だが、既に完売。問い合わせは林さん☎津227・5823へ。

旧津市久居庁舎=津市久居東鷹跡町=を取り壊した場所に建設し、平成31年度の供用開始が予定されている『(仮称)津市久居ホール』。昨年8月から今年3月にかけて、各分野の専門家たちによる全7回の有識者委員会が開かれ、「劇場、音楽堂等の活性化に関する法律」(劇場法)を踏まえた多角的な検討がなされてきた。そこで導き出されている方向性は日常から市民が集い、文化の担い手を育む先進的なホールの姿だ。

 

このホールの整備は、津市の副都市核と位置付けられている久居駅周辺地区都市整備再生事業の大きな柱の一つ。今年初めよりポルタひさいに機能を移し、役割を終えた旧久居庁舎を取り壊して建設。平成31年の供用開始をめざしている。
その整備基本計画で、大きなウェイトを占めるのが平成24年施行の劇場法との整合性だ。この法律では、文化ホールなどに対して、従来の貸館中心の業務から脱却し音楽・演劇・舞踏・伝統芸能といった実演芸術の振興や担い手の育成を図るために積極的な取り組みを行うことを求めている。
同法を設計段階から折り込んだ施設整備は、全国的にも稀有で、従来のホールとは一線を画す施設にする必要があるだけに津市でも慎重に準備を進めてきた。
昨年8月から今年3月にかけて、三重大学大学院工学研究科の大月淳准教授を会長に、先進的な施設運営を行っている公共ホールの館長らを迎えた有識者委員会を全7回実施。ホール整備の基本計画に基づきながら、様々な事例を踏まえた濃密で多角的な検討がなされており、その成果を意見書として今年3月に津市へ提出している。
その意見書で導き出されたホールの方向性を簡単に説明すると、公演のある時間だけでなく、日常より多くの人々が集い、地域の文化の担い手達を育くんでいく機能を持った施設。
施設を構成する主たる機能を説明すると…①主ホールは座席数600~700席を想定。舞台の大きさは奥行15m・幅37mで演劇・舞踊系を意識した造りにするが、音楽にも高いレベルで対応できるものとする。それに併設するスタジオは実演芸術の練習から主ホールのリハーサルや小規模な公演、主ホールに入りきれない人の収容などもできる多目的な機能を備える。200㎡を想定。
②専用展示ギャラリーは絵画など視覚芸術の展示が主目的。200㎡を想定しているが、スタジオや他室を合わせて、1000㎡の展示スペースを確保する。
③ホール運営を司る事務室は、久居総合支所のサテライト機能の併設が基本計画に盛り込まれているが、管理運営体制の違いや利用想定人数も少ないため、併設に当たり、更に慎重な検討と調整を求めている。
その他にも、各種音楽練習やリハーサルにも対応可能で、CD制作も可能な録音スタジオにも使えるバンド練習室(音楽練習室)。誰もが気軽に立ち寄れるオープンスペースに障害者を雇用するカフェや情報ラウンジ設置を提案している。
平成31年度に向けた今後のスケジュールは、6月議会に提出した補正予算が可決されれば、8月よりプロポーザル方式で建設業者を選び、基本設計に入る。同時にソフト面の核となる管理運営計画も策定。来年度の実施設計へと繋げる。
今回の有識者たちの意見は、運営方針にまで踏み込んでおり、既存ホールとの役割の違いをより明確にしている。即ち、久居のみに捉われないより広義の〝地域〟に文化的な影響を与えまちづくりや地域活性化につなげていく姿勢だ。
津市によると、市民への説明会でこの方針は好感触を得られたというが、それを実現するには然るべき人的資源と予算の投入など、求められる水準も高い。今後の取組にも期待したい。

[ 20 / 58 ページ ]« First...10...1819202122...304050...Last »