社会

5月5日~8日と13日~16日、芸濃町椋本の東日寺境内の特設野外舞台で、劇団『水族館劇場』が『パノラマ島き綺譚外傳 この丗のような夢』を上演する。主催=『芸濃町を芸濃い町にする会』。江戸川乱歩の名作のモチーフが芸濃町にあったという推論を原点に、〝現代河原者〟を自称する同劇団が自らの手でつくりあげた劇場で、サーカス的な迫力ある演出や詩的な台詞に彩られた唯一無二の芝居を構築していく。

 

東日寺に建設中の野外舞台の前に並ぶ劇団員たち

東日寺に建設中の野外舞台の前に並ぶ劇団員たち

「芸濃町を芸濃い町にする会」は、芸濃町椋本出身で東京で活躍する文筆家・伊藤裕作さん(66)を中心に設立。伊藤さんは還暦を期に地元と東京を行き来する生活を送りながら、東京の劇団の舞台を津市の劇場で上演してきた。そして、地元への恩返しという想いもあり、昨年には津市無形文化財である椋本獅子舞の継承に尽力する人々の姿をとらえた映画を地元の人たちとの会でつくった。その会を発展的に解散して同会を設立。日本で唯一の「芸濃(げいのう)」という名前を大切にしたイベントを企画している。今年は、旧芸濃町が誕生して60年に当たることもあり、特別なことをしようと温めてきた企画が、芸濃町椋本の東日寺境内で行う劇団『水族館劇場』の『パノラマ島綺譚外傳 この丗のような夢』だ。
〝現代河原者〟を自称する同劇団は、全国各地の神社や寺院の境内などに、団員自らの手で一から野外舞台をつくりあげる〝小屋掛け芝居〟にこだわりつづけている。サーカスや移動遊園地を思わせる大がかりな仕掛けや大量の水を使った派手な演出と、詩的な言葉に彩られた濃密な世界観は唯一無二で、各方面より注目を集めている存在。
同劇団の作・演出の桃山邑さんの完全描き下ろしの新作となる今回の劇の下敷きとなっているのは三重県出身(本籍地は津市)の小説家・江戸川乱歩の中編小説「パノラマ島綺譚」。この物語の中心人物は、若くして亡くなったM県T市出身の大富豪・菰田源三郎とその同窓生で容姿が瓜二つな主人公・人見廣介。菰田と入れ替わり、巨万の富を手にした人見が、離島を改造した人工の理想郷・パノラマ島をつくりあげていく中で起こる事件を描いている。M県T市はもちろん、三重県津市を指している。
この話と芸濃町を結びつけるきっかけは、伊藤さんが地元に戻るようになってから、椋本の歴史を勉強したことで浮かび上がってきた一つの推論だ。乱歩が大正15年~昭和2年にかけて雑誌・新青年でこの小説を連載するにあたって、津市やその周辺の芸濃町の取材をした可能性は高い。その中で駒越五良八が巨額の私費を投じて、人工のため池・横山池を造成したという話を人工の楽園であるパノラマ島をつくりあげる物語のモチーフにし、更に椋本出身で明治14年(1881)に製茶輸出で大成功を収めた駒田作五郎を菰田源三郎のモデルにしたのではという推論にたどり着いた。
今回の作品には、パノラマ島奇譚や、芸濃町にまつわる歴史や伝説がエッセンスとして散りばめられている。現在、劇団員が東日寺境内に「野外舞䑓 黒翁の走り」を建設中。高さ約12mのテント小屋の中に舞台と客席を設置。同劇団の真骨頂である大量の水を使うための仕掛けも施される。
劇のあらすじは以下。政治的亡命を余儀なくされ、パトロンの大富豪が住む村へと流れてきた都会の舞台女優。大富豪が生まれた地にある枯れ果てた池を巡る失われた神話を聞かされた女優は自らの主演での舞台化することを望むが…。
チケット発売中。公演日は5月5日・6日・7日・8日・13日・14日・15日・16日。各日19時開演(18時半開場)。全席自由席(各日17時半より津市芸濃総合文化センター前で整理券発行)。前売り券3500円は水族館劇場HPで予約するか東日寺で劇団員から直接購入可能。電話で希望日・枚数・名前・連絡先を伝えて3700円を当日清算する予約券もある。問い合わせは☎080・6412・4897へ。芸濃町民・在勤者・出身者は前売り限定で1000円に。こちらは芸濃地区社協☎059・265・4890へ連絡を。当日券4000円。

3月11日、津観音こと『観音寺大宝院』=津市大門=が所蔵する絵画『絹本著色 弘法大師像』が同寺初となる国指定の重要文化財として答申を受けた。更に、同25日に9件が新たに津市の有形文化財指定されており、これで国・県・市合わせて75点の文化財を所蔵することとなった。昨年に真宗醍醐派の別格本山へ昇格した同寺だが寺格の高さを裏付ける多数の宝物を所蔵しており、今後も精力的に文化財認定をめざす。

 

国重文「絹本著色 弘法大師像」

国重文「絹本著色 弘法大師像」

「不動明王像」

「不動明王像」

国重文「絹本著色 弘法大師像」

国重文「絹本著色 弘法大師像」

同寺は平成3年に津観音保存会を設立。昭和20年の大空襲による戦火を逃れた貴重な寺宝などの所蔵品を後世に伝えるべく、修復・整備に着手し、それらを順次、文化財申請している。
今年3月11日に国からの答申があり、同寺初の国指定重要文化財となった「絹本著色 弘法大師像」は鎌倉時代の絵画。真言宗開祖・弘法大師空海が亡くなる直前の姿を描いたとされる御影の形式を踏襲する鎌倉時代の作例。同時代の空海画像は少なからず残っているが特に保存状態が良好。画中の墨書で、以前は京都の泉涌寺に伝わったことが判る作品で、文化史的にも重要な研究材料となり得る作品との評価を受けている。
更に、今年3月25日に9件16点が津市指定有形文化財の指定を受けた。内訳は絵画(全て絹本著色)が①「尊勝曼荼羅図」(室町時代)、②「釈迦十六善神像」(鎌倉時代末~南北朝時代)、③「五大尊像」(室町時代)、④「不動明王像」(室町時代)、⑤「大随求菩薩像」(桃山時代~江戸時代)、⑥「高野四所明神像」(桃山時代)、⑦「職貢図」(明時代)、典籍が⑧「紺紙金銀字千手陀羅尼経」(平安時代後期)、⑨「紺紙金字妙法華経」(平安時代末~鎌倉時代)。
一部を紹介すると…「尊勝曼荼羅図」は伝統的な技法で描かれた仏画だが、天台寺門系に通ずる作風で、真言宗の有力な寺院である同寺に伝わっているのは極めて異例の作品。「不動明王像」は独鈷杵を持つ赤不動を描いた画幅。同じような姿を描かいた本格的な仏画はほとんど知られておらず、資料的価値は極めて高い。尊勝曼荼羅図と同じく、特異な個性を持つ中世仏画の遺品として特筆すべき存在と評されている。その他の文化財も、全国的に見ても希少な品々が揃っており、文化的価値は非常に高い。
同寺は昨年に真言宗醍醐派の別格本山へと昇格。今回、初めて国重要文化財指定の答申を受けたことは、その格式を裏付ける上でも重要な意味を持つ。今後も、所蔵品の文化財申請を積極的に実施。津市民共有の財産として更に価値を高めながら、津市の文化レベル向上にも貢献していく。
津観音資料館で、5月29日まで「平成27年度 新指定文化財展」を開催。開館時間10時~17時。4月14日~19日は臨時休館。弘法大師像は4月19日~5月8日まで東京国立博物館での「平成28年 新指定 国宝・重要文化財」に出展。津観音資料館での展示は無い。

農業による地域活性化を掲げ、今年7月にオープンする『花と水と緑の里(仮称)』=津市高野尾町=を運営するフューチャー・ファーム・コミュニティ三重が主体の『地域特産物づくり委員会』は、高野尾地区でかつて栽培が盛んだったサトイモの特産品化をめざす。同施設での販売・PRに加え、病院食レシピなどの開発による販路拡大で、農家の収益増もねらう。また、同地区に留まらない新たな特産品として津市全域や周辺市の農家や一般から栽培希望者を募り、品評会も実施する。

 

サトイモの種イモ

サトイモの種イモ

黒ボク土壌が広がっている高野尾地域にはかつて、サトイモやサツマイモの畑が一面に存在していた。それが約50年前に㈱赤塚植物園がサツキの大量生産に成功して以降、地域を挙げて植木類の栽培に力を入れ、一大産地にまで成長した。しかし、現在では植木類の売上が低迷。そこで苦境にあえぐ地域を救うべく、赤塚植物園と三重大学が中心となって設立した『㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重』が、高野尾地区活性化プロジェクトに着手している。農業による地域活性化というテーマを支える中核施設として今年7月に、農産物の直売所やフードコートなどを備えた施設「花と緑と水の里(仮称)」をオープンさせる。
それに伴い、施設で販売する農産物の出品者を募集しており、その中で同社が中心の「地域特産物づくり委員会」を設立。新たな特産品の発掘や開発を進めている。その取組みの一つとして同地域で、かつて盛んに栽培されていたサトイモに着目。サトイモの栽培を高野尾地区だけに留まらず津市全域や周辺市の農家にも広く呼びかけ、農業振興の足掛かりとしていく。
具体的には、集客力の高い同施設で特産品として販売・PRを行ったりスイーツなどの商品開発を行うのはもちろん、産学連携ならではの柔軟な取組みで収益増をめざす。サトイモは、イモ類の中でも低カロリーで食物繊維が豊富。更にぬめり成分のムチンは消化促進、マンナンは便秘予防、ガラクタンは免疫力向上などがそれぞれ期待できる。そういった栄養学的な要素の裏付けや、味の追求を行いながら新しい病院食やダイエット健康食のレシピを開発。独自の販路を開拓し、需要拡大をねらう。
また、農作物を育てる上で重要となる土づくりにおいても、赤塚植物園や三重大学の技術や研究成果で生産者を支援。収量や品質面からも差別化も行う。
生産・加工・販売・流通を一手に行うことで収益性を向上。農業をしっかりとした産業として成立させることで、農家の高齢化と後継者不足という問題の解消にも繋げる。成功すれば、一つの作物を軸に産学連携で地域活性化と農業振興を実現する先進例にもなる。
それらの計画に先駆け、広く関心を持ってもらおうとサトイモを栽培する農家と個人を募り品評会を開催。同員会が用意した種イモを育て10月頃に行うイベントで収量・味・形などの項目を競い合う。希望者には、植物の生育を助ける㈱赤塚の土壌活性改質培土FFCエースを格安で提供。参加者対象の勉強会も開き、栽培を支援する。
品評会の詳細は…農家の部(一口1畝=約100㎡=)が①種イモ100球付が1000円、②種イモ100球+FFCエース20㎏付が3000円。一般・個人の部は①種イモ10球付で500円、②種イモ10球+FFCエース1㎏付で1000円。参加希望者は希望のコース・〒・住所・氏名(フリガナ)・☎を明記し、FAX059・230・0576へ送信。または電話でも申込み可。申し込め切りは3月30日必着。
電話申込み・問い合わせはフューチャー・ファーム・コミュニティ三重(大平さん)☎059・230・0282へ。

[ 30 / 78 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »