社会

 津市内屈指の大規模墓地「偕楽霊園」=津市観音寺町=の一角にある竹藪(市有地)には、納骨後に不要となった骨壺を捨てていく者が後を絶たない。また、近くの池の底からも不法投棄と見られる大量の骨壺が発見されている。それら骨壺は既に市が処分したものの、再び繰り返される可能性は高い。倫理観の乱れと世相の変化が嘆かわしい事態を招いている。 

無残に捨てられた骨壺…故人の氏名・命日・享年も書かれている

無残に捨てられた骨壺…故人の氏名・命日・享年も書かれている

竹藪に散乱している骨壺たち

竹藪に散乱している骨壺たち

 地域住民の話によると、偕楽霊園内の市有地の竹藪に、骨壺が捨てられ始めたのは約10年前。いつの間にか1つ捨てられ、2つ捨てられ…。気が付けば、10個余りの骨壺が散乱するようになっていた。
 もちろん、遺骨は墓に収められているので骨壺の中身は空だが、雨ざらしで泥にまみれた骨壺が並ぶ様子は異様。中には故人の氏名や命日などが書かれているものもあり、現代社会の倫理観の乱れを象徴するかの如き様相を呈していた。
 骨壺の一般的な処分方法は、弔いの一環として故人の菩提寺・葬儀業者・墓地を管理する石材店に使用後の骨壺を引き取ってもらうというケースが多い。時勢の移り変わりもあり、通常の葬儀を行わない家庭も増えており、それらの手段が使えない人を対象に1個数千円ほどで処分を請け負う業者も出てきている。
 津市は、遺骨を運んだ骨壺は、なるべく菩提寺・葬儀業者・石材店などを通じた処分をしてほしいとしているが、どうしても自分で処分しなければならない場合は、砕くなど骨壺と分からない状態にした上で「燃やせないゴミ」として回収をするとしている。
 この竹藪の中の骨壺は当社の取材後に市が処分をしたが、広大な霊園の周囲の茂みを観察してみると、数は少ないが所々に骨壺が打ち捨てられている。このような個人の倫理観の乱れに端を発する問題以外にも、この霊園では更に大きな骨壺を巡るトラブルも発生している。昨年8月、この竹藪のすぐ近くにある霊園内の池を清掃していた地域住民から市に「池の底から、大量の骨壺が出てきた」という通報があった。すぐに駆け付けた市職員が回収したところ、個数は記録していないが砕いても小さい土嚢袋5つ分の量になったという。
 真相は闇の中だが、この地域住民は定期的に池や周囲の清掃を行っていることを考慮すると、長い時間をかけて数が増えていった前述の竹藪と違い、一度にまとめて捨てられた可能性が高い。更に、個人がここまで大量の骨壺を集めることは難しいため、悪質な業者による不法投棄の可能性も否めない。
 市は、これらの件に関して捨てた者を追及するつもりはないとしているが、葬儀に対する考え方や家庭の在り方が急激に変化する中で、何らかの呼びかけや対策を行わない限り、今後も同じ行為が繰り返されてしまうばかりか、万が一、遺骨が入ったままの骨壺が捨てられる事態でも発生すれば目も当てられない。
 まして、この場所は花見の時季には大勢の人が市内外より訪れる津偕楽公園より近く、その時季に合わせて津市が臨時で開放する駐車場の真裏に当たる。ある意味では津市の印象を決めるこの地域で、このような問題が発生していることは看過できない事実である。
 もちろん、これはこの霊園に限った問題ではく、問題の根本にあるのは人々の倫理観の乱れと、葬儀に対する価値観の変化の表れに他ならない。今一度、市民ひとり一人が自身の行動を振り返り、死者を弔うという行為の原点と向き合うことが必要とされている。

 『津城復元の会』=西田久光会長=は設立1周年記念事業として、3月8日㈰13時より、津リージョンプラザお城ホールで『津城復元資金造成和太鼓ライブ 一打伝心~安濃津奏鼓』を開催。津・高虎太鼓(本隊、津青年会議所津・高虎太鼓、津・高虎太鼓華乃津会)と美里龍神太鼓、津商工会議所青年部元気玉太鼓の3団体5チームが協賛出演し、津城復興という大きな目標に向かって、力を一つにして熱い演奏を繰り広げる。

 

練習をする津・高虎太鼓少年隊

練習をする津・高虎太鼓少年隊

協賛出演各チームの代表的奏者たち

協賛出演各チームの代表的奏者たち

 同会は、築城の名手として知られる津藩祖・藤堂高虎公の居城で、津市が誇る歴史的財産である津城の復元を目的に昨年3月設立。「NHK大河ドラマ『藤堂高虎』を誘致する会」「藤堂藩五日会」「ときめき高虎会」「津市議会お城を活かしたまちづくり推進議員連盟」「津・お城の会」が共同で活動する任意団体。
 同会が当面の目標として掲げるのは津城北面部分の復元。総工費は約6億円。これまで、毎月の松菱を始め、市内のイベント会場や東京の三重テラスで募金を実施。趣旨に賛同した企業・団体にも募金箱を寄託している。
 そして、この復元運動のもう一つの柱が、津市のふるさと納税制度「ふるさと津かがやき寄附」の使途項目「津城跡の整備」(この項目宛への寄附が全額復元資金として積み立てられていく)の利用呼びかけだ。 その成果もあり、約1年前に新規項目として追加されてからこれまでで236件約1038万円もの寄付が集まった。募金の方も、65件(推定3287人)約107万円。計3500人以上から1100万円以上の寄附が集まっている。
 順調な滑り出しと言えるが、復元の実現には更なる市民の協力が不可欠なため、同会では復元運動のアピールと資金造成を兼ねたイベントを企画。そこで西田会長が旧知の仲で、優れた和太鼓奏者で指導者としても知られる津・高虎太鼓の水谷忍さん=津市稲葉町=に協力を要請したところ快諾。水谷さんの呼びかけで津高虎太鼓(本隊、津青年会議所津・高虎太鼓、津・高虎太鼓華乃津会)、美里龍神太鼓、津商工会議所青年部元気玉太鼓の協賛出演が決定し、3団体5チームによる和太鼓ライブが実現した。
 ライブの内容は、オープニング、第1部「津城物語」~中世安濃津から城下町津へ~と第2部「一打伝心」~継承から未来へ、で構成。「津城物語」は、安濃津から織田信包の津城築城、冨田信高時代の津城籠城戦、高虎公による藩政の立て直しなど、中世から近世の津の歴史をナレーションと和太鼓演奏で綴る。「一打伝心」では、それぞれが得意曲を演奏する。
 今回ステージに上がる、津・高虎太鼓の小1~高校3年の約60名による少年隊も津市河芸庁舎の郷土芸能練習場で毎週日曜日に水谷さんらの指導を受けながら熱の入った練習を続けている。第1部で高虎公や津城に因む曲を演奏する予定。
 西田会長は「津に素晴らしい城があったことを知らない方も多いので、PR活動は非常に重要。古図面にも記されているが、津城には太鼓櫓があり、そのおかげか協賛出演チームとの縁ができ非常にありがたい」、水谷さんも「復元された津城を中心に地域のイベントが開かれるようになってほしい」と大きな目標に向けて心を一つにする。
 全自由席、前売り1000円、当日1500円。収益金は当日の会場募金と合わせて、「ふるさと津かがやき寄附」の「津城跡の整備」に寄附する。
 問い合わせ☎090・3933・6061(西田)または☎090・8869・7528(小菅)へ。

 先月、NPO法人『アトリオ』=津市久居元町・山口友美理事長=が文部科学省の「平成26年度キャリア教育優良教育委員会、学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰」を三重県内のNPO法人で初めて受賞した。同法人は、県内の学生を対象としたインターンシップなどを通じ、〝働く〟ために必要な経験を提供。学校・企業・地域をつなぐコーディネーターとしてのキャリア教育推進への寄与が評価されての受賞となった。

 

 『幸せな仕事をしている人でいっぱいの三重をつくる!』をスローガンに掲げるアトリオは、平成24年度より三重県教育委員会の業務委託でキャリア教育推進に向けた学校と受け入れ先となる事業所や経済団体などをつなぐコーディネーターとして活躍している。
 今回の表彰は、文部科学省がキャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績がある教育委員会・学校・PTA・団体などに対して、その功績を称えるもの。しかし、ほとんどの受賞が学校が対象でNPO法人は全国的にも珍しい。

 

 

表彰を喜ぶア・トリオスタッフ(右から2人目が山口理事長)

表彰を喜ぶアトリオスタッフ(右から2人目が山口理事長)

 評価を受けたのはまず、同法人が県教委・県内大学・企業・県子ども家庭局・県雇用経済部と共に始めた三重県広域公募型のキャリア教育コーディネート事業「三重チャレ」。この事業では2種類のプログラムを行っており、1つは小中高生向けの「しごと密着プログラム」。子供たちが地域の事業所で働く人に約半日密着し、「仕事に対する姿勢」や「職場の様子」などを観察することで働くことについて考える。ここでは仕事そのものを体験するのではなく、働く人を間近で観察し、仕事に対する思いなどを直接聞くことで、将来の夢や進路について考えるきっかけにしてもらうことを目的としている。
 もう一方の「高校生インターンシッププログラム」は県内の公立・私立高校の生徒が自分で受け入れ先の事業者を選び、同法人に申し込む。インターンシップを実施していない学校でも自由に参加でき、事前研修では企業研修や目標設定、ビジネスマナーを学べるというもの。そのほかにも、高校生を対象にした就職支援セミナーやキャリア教育支援協議会への参画も表彰の理由になっている。
 ニートや早期離職する若者の増加は深刻化しており社会に出て生き抜く力を育むキャリア教育の推進に文科省も力を入れている。しかし、現場の教師たちは従来の職務だけでも多忙を極めており、子供たちに充分なキャリア教育を行うことは相当な重荷になっているのも事実である。そのため学校間で取り組みの内容に差が出てしまっている。
 そういう意味では県内全域をカバーし、全ての子供たちが質の高いキャリア教育を受けられる機会を与えている同法人が果たす役割は非常に大きいといえる。
 高校を卒業した学生の県外流出も問題になる中、次代を担う若者たちに県内の企業の素晴らしさを伝えるきっかけにも繋がる同法人の取組みは地域活性化にも必要不可欠といえる。今後も学校・企業・地域をつなぐ同法人の更なる活躍に期待が集まっている。

[ 30 / 63 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »