社会

空き家の増加は社会問題となっているが、津市でも特に危険な家屋を「特定空家等」として認定し、持ち主に解体など適切な管理を促すなど様々な対策を講じている。また7月からは、美杉町で行ってきた「空き家情報バンク制度」の対象を全市域に広げ、利活用の面からも対策を講じているが、未登記空き家の所有者特定の困難化などもあり、今後、少子高齢化の進行に伴って問題が加速・深刻化しそうだ。

 

総務省の「住宅・土地統計調査」によると、平成25年度で全国の空き家数は約820万戸で空き家率は 13・5%という結果が出ており、それに伴い「空き家対策特別措置法」が一昨年に制定されている。
この法律によって、全国の市町村が危険な空き家を「特定空家等」に認定することができ、段階を踏めば住宅に適用される税の優遇制度を外したり、最終的には解体などの行政代執行(かかった費用は持ち主が負担)を行うことができるようになった。
津市も同法施行に合わせて「津市空家管理台帳」を整備。外観調査を実施し、市内の3924戸を台帳に登録。所在地・所有者・登記情報(土地・建物)などの情報を空き家対策に係わる部署や各総合支所で共有することで迅速な対応を行う体制を構築している。特措法の施行以来、空き家問題を扱う報道も飛躍的に増加していることもあり、市民の空き家に対する関心も高まっている。同法施行前の平成25年度が33件だった相談が昨年度では111件まで増加。今年度も5月末で11件の相談が寄せられている。
台帳に登録されている空き家のうち、特に危険で倒壊の恐れや周辺住民に被害を与えたり、著しく景観や衛生上の問題となっているものの「特定空家等」への認定も積極的に実施。外観調査と市民からの相談によって151件が認定を受けている。持ち主との協議の末に解体などの改善に至ったのが20件、法に基づく指導を受けたのが8件、税の優遇措置が受けられなくなる勧告を受けたのが1件、改善に向け所有者と協議中が36件となっているが、一番多いのは所有者確定調査中の87件。
特措法によって税情報を使って空き家の所有者とコンタクトを取り易くなっているが、それに伴って浮上しているのが相続や未登記によって所有者の特定ができない空き家の存在だ。特に相続の場合、代を重ねるほど、相続人の数が膨大となり、津市でも空き家の相続人が北海道や沖縄で暮らしており、自分が相続していることすら知らなかったというケースも発生している。
土地と建物の登記が別名義の場合は、より所有者の特定が困難になっている。空き家は個人の財産である以上、所有者全員の許可を得ないと対応ができず、今後もこの問題は増え続けることが確実なことを考えると、国が新たな法整備などを行うことがあるのは明白だ。
いわゆる空き家問題は、近隣住民の生命にもかかわることにも繋がりかねないだけに、確実な対応が求められるが、言わば対症療法に過ぎず、空き家が使えるうちに利活用を促す施策と両輪と言える。そのような施策としては、津市は三重県宅地建物取引業協会などと連携し、美杉町内の物件を田舎暮らし希望者に紹介する空き家情報バンク制度である程度の実績を上げてきた。そこで、来月に新たに協定を結び、同制度の対象を市全域まで広げる予定だ。また三重県の施策で移住促進のための空き家リノベーション支援事業補助金を行っており、県外からの移住者が空き家の改修を行う場合に補助金を出している。しかし、この制度は県内全域でもまだ利用者が少なく、津市での利用例もまだない。
特効薬と呼べるような対策は今のところ無く、行政は相続に伴う登記の確認や適正管理について改めて呼びかけたり、相談会を開くなど地道な施策が中心となる。また、空き家問題は持ち主側の責任であることは間違いないが、解体に応じない人の大部分が、費用の工面に苦慮をしているという現実もある。今後、ますます高齢化が進む中で我々にとって、もっとも身近でもっとも頭を悩ませる問題へと発展していくことは確実だろう。

津市が昨年4月から運用している『徘徊SOSネットワーク津』は認知症高齢者が徘徊などで行方不明になった場合、関係機関で情報共有することで早期発見・保護や、本人や家族の負担軽減をめざす。今後更に高齢化が加速していく中、大きな力となる事が期待され、非常に有意義な制度だが、高齢者の登録数が5月末で121名で、協力機関・協力者数も355にとどまり、更なる周知の必要性が浮き彫りとなっている。

認知症の高齢者の徘徊は深刻な社会問題となっており、津署管内でも昨年中に28件発生。今年も1月から5月末で14件と昨年を上回るペースで発生している。そのような背景で、同ネットワークは、徘徊の心配がある高齢者を持つ家族などが津市か、各地域包括支援センターで対象者の基本情報(氏名、住所、身長、体重、歩行の程度など)や上半身の写真などを事前登録(無料、要介護度などの基準はない)を行い、中核的機関の津市、地域包括支援センター、津警察署、津南警察署で共有し迅速な対応を行うのが特徴。もし、登録者で行方不明者が出ると、津市から民生委員・児童委員や高齢者施設など事前登録している協力機関や協力者へメールで情報を配信。従来は電話で連絡を取り合っていたが、これで大きく保護までの時間を短縮できることが期待されているだけでなく、津市が育成している認知症サポーターを始め、一般からも広く協力を募ることで、より多くの目で登録者を見守れるのが最大の長所といえる。また、登録者には、靴に貼る反射ライト用シールを配布し、登録者を見つけやすくする工夫も行っている。
発見が遅れれば、命に係わるだけに、非常に有意義な制度ではあることは疑いようがないが、運用開始1年を迎えて課題も抱えている。それは登録者数で、5月末現在で121名で、協力機関・協力者についても355と、更なる周知の必要性を感じる数値となっている。協力機関と協力者には、認知症の高齢者との接し方や知識が、ある程度求められるため、活躍が期待されているのが津市が平成20年より育成している認知症サポーターだ。現在までに8677人を育成している。津市は市内全域で行っている育成講座で同ネットワークを紹介し、協力を呼びかけている。一方、認知症サポーターも活躍の場が課題となっており、上手くマッチングできれば一石二鳥ともいえる。
津市の総人口約28万人のうち、65歳以上の高齢者は5月末現在で約7万9707人で高齢化率は28・37%にも及ぶ。今後も高齢化が加速していくのは確実で、徘徊が益々、深刻かつ身近な問題となっていくことは確実。現在でも、警察に相談する前に家族が発見しているケースも考えると、想像以上の数が発生しているといえる。
警察や行政などだけでは徘徊の対応を行うにも限界があり、この問題と向き合うには、高齢者を見守る目をどれだけ増やせるかが大きなカギとなることは間違いない。他市ではより情報共有をし易くする取組みも行われており、今後そういった部分の検討も必要となるだろう。
徘徊の恐れがある認知症高齢者を登録したいという人や、協力機関や協力者として参加したい場合は、津市高齢福祉課☎059・229・3156へ。

27日㈯・28日㈰、『高野尾花街道 朝津味』=津市高野尾町=で、伊賀の忍者と老舗菓子店とのつながりを紹介するトークショウなどを盛り込んだイベント『三重の文化と忍者』が催される。主催=「㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重」。赤塚植物園と三重大の共同研究で、海外から多くの観光客が訪れる伊賀市や関宿などとの連携を深め、津市の交流人口の拡大をめざす取り組みの一環として行う。

 

深川屋に伝わる徳川家康の伊賀越えについて書かれた古文書

深川屋に伝わる徳川家康の伊賀越えについて書かれた古文書

『朝津味』は、赤塚植物園の赤塚充良会長が地域の農業者らと地域活性化を目的に設立した『㈱フューチャー・ファーム・コミュニティ三重』が運営。県下最大級の農産物直売所を備え隣接する赤塚植物園の「レッドヒルヒーサーの森」は広大な敷地を誇る里山で、豊かな自然を楽しめる。 昨年9月には、朝津味の集客を生かしたり、伊勢別街道や名阪国道などとも近い好立地を生かし、周辺地域とのハブ機能を持った拠点とするべく、赤塚植物園と共同研究を行っている三重大学地域戦略センターが三重県や津市など関係団体を交え、「地域連携ゾーン文化・観光交流研究会」を設立。津市の交流人口を増やすことを目的に、海外からも多くの観光客が訪れる伊賀市や関宿など周辺地域との連携を深める取り組みを行ってきた。今回もその一環。
忍者をテーマにした催しは、以前にも一度行っており、今回で2回目。
5月27日・28日に行われる「三重の文化と忍者」のイベント中でも目玉は、28日12時20分~13時20分に朝津味イベント広場で開かれる、老舗菓子店の店主が忍者と菓子の密接な関係を語るトークショウ。服部半蔵の元居住地に店舗を構え創業400年余り、銘菓「釣月」で知られる桔梗屋=伊賀市上野東町=の店主・中村伊英さんが「忍者にまつわるお菓子」をテーマに講演。服部半蔵の親戚筋で関宿で創業370年を超える銘菓「関の戸」で有名な深川屋=亀山市関町中町=の店主・服部吉衛門亜樹氏が「和菓子にみる忍法」をテーマに語る。老舗菓子屋に伝わる忍者についての記述などを元に両者から、ここでしか聞けない興味深い話の数々を聞ける。トークショウ開始5分前から両店のお菓子を配布。最後まで聴講すると忍者ステッカーがもらえる。
また、深川屋には、創業当時から今も守り抜いている関の戸の秘伝のレシピや徳川家康の伊賀越えについての資料など、先祖伝来の貴重な古文書も残っており、それらを写した写真や服部半蔵の名を冠している東京の半蔵門などのパネル展示を27日・28日9時半~17時半に行う。
28日13時半~15時には、伊勢木綿の着物を着た津クイーンとの記念撮影をヒーサーの森で実施(参加費200円。100名限定)。
27日・28日の両日、映画「君の名は」で大人気となった伊賀の組紐のワークショップを実施(協力=松島組紐店)。組紐のブレスレットとキーホルダーを製作するもので、両日共にイベント広場で①11時~②13時半~③15時~の全6回(各回6名限定)。参加費は1500円(この新聞を見たという人は1100円で申し込み可能)。参加希望者は朝津味総合案内所で1500円を添えて事前に申し込む。
今回のイベントは三重と忍者の文化にスポットライトを当てるだけでなく、朝津味を軸に、伊賀市・関宿と高田本山・榊原温泉などの津市の観光地を結び、相互機能で発展を目指す足掛かりにする意欲的な取り組みと言えよう。各イベントの問い合わせは朝津味☎津230・8701へ。

[ 4 / 63 ページ ]« First...23456...102030...Last »