社会

 今年7月に景観行政団体となった津市では、来年度の運用開始をめざし独自の景観計画の策定に向けた協議を進めている。これは基本的に新築建築物に地域の景観との調和を求める内容だが、より重点的な施策に取り組む景観形成地区の候補地で現在、地域の景観を形作る上で重要な歴史的建造物が失われようとしている問題が発生しており、計画にどれだけ実効力を持たせられるかが重要な課題として浮上している。 

 国内では高度経済成長期辺りから無秩序な建築物が増え続け、各地域が持っていた自然や歴史などの特色ある風景が失われてきた。そこで国は平成16年に「景観法」を施行。全国の都道府県と政令指定都市を景観行政団体に指定している。津市も独自の景観計画を策定・運用をすべく、県と協議した上で、今年7月に景観行政団体となった。
 津市の景観的特色は海山川といった豊かな自然と、街道筋の宿場町として栄えた当時の面影を残す町並みなどが挙げられる。計画自体は市域全体が対象になるが、歴史的な建造物や特徴的な町並みが残る津城址周辺・一身田寺内町・芸濃町楠原などや、市街地であるフェニックス通りから津なぎさまち周辺・津駅西口と東口の周辺の計10地区を景観形成地区の候補に指定。行政や有識者と各地域の住民が計画策定に向けた話し合いを重ねている。
 来年7月の運用開始をめざす景観計画は、まずファーストステップとして県の景観計画同様、新築の大規模建築物に対して、周囲の景観とマッチした色や意匠にするよう施主に配慮を求めていくことになる。
 一方、個人の住宅や小規模店舗に対しては地域住民の最大限の合意形成が必要となるため、より慎重に協議を重ねながらルールづくりを進めた上で運用に移していくという流れだ。
 これらの施策は、新築物件に加え、既存物件の増改築も対象としているが、景観形成地区候補の一つでは、その地域の景観を形作る「基準」の一つとなる建造物が消えそうになるという問題が発生している。その地域のシンボル的な建造物のちょうど真正面に見える問題の建築物は通り沿いで、ほぼ唯一、江戸時代の景観を伝える貴重な建物として、文化財にこそ指定されてはいないが周囲の景観形成に重要な役割を果たしている。しかし相当前から空家となっており、建物は老朽化。現在の持ち主は遠方に在住している。以前に地域の声もあり解体補修工事を行う計画が浮上したが、市の試算では予想以上に費用がかかるとの結果が出たため、あえなく頓挫。今や屋根の一部が崩れて、防災面からも危険な状態になっているが、取り壊せば通り全体の景観が大きく損なわれてしまうことになる。
 景観計画はまだ策定段階であり、この建物は文化財でなく個人の資産である以上、現状では行政として動きづらいのも確かだが、景観上果たす役割を考えれば持ち主や地域だけに改修費の捻出を求めるのは適切なのか疑問が残る。これからも、こういうケースの発生は十分予想されるため、何らかの形で行政が動ける仕組みづくりは必要だ。
 景観計画自体が、どこまでの〝実効力〟を持つものになるのかは、景観を守るために必要な補助制度の創設といった制度面の充実に加え、市として明確な価値判断をした上で、柔軟に個別の施策へ移せるかも重要な要素となろう。

 障害者雇用率が全国ワースト3の三重県では、現状の改善が大きな課題となっているが、11月17日13時半~16時半にアスト津4階のアストホールで産官学連携で新たな雇用創出をめざす『ひろげよう!はたらくよろこびフォーラムinみえ』が開催される。主催=三重大、津市、県教委、稲葉特別支援学校。社会に必要な能力と技術を持った人材育成や、受け入れる側の企業の体制づくりなど、実践的な事例を交えながら学ぶ。 

  従業員数が50人以上の会社には、そのうち2%以上の障害者雇用が義務付けられているが、昨年6月1日現在の県内の障害者雇用率は1・57%と全国ワースト3。過去には2年連続で全国ワースト1になったことがあるほど〝低空飛行〟を続けている。これを受け、三重県労働局ではホームページを活用した情報発信に力を入れるなど、改善に向けた取り組みに注力している。
 ただ〝数字ありき〟の雇用率改善だけでは問題の根本解決とならないばかりか雇用される側の障害者と雇用する側の企業とのミスマッチが予期せぬ不幸な結果を招いてしまうケースも少なくない。従って、問題の解決には労働現場で必要とされている能力や技術を持った人材を育成する『学』、障害者の特性を理解しつつ適切な労働環境を提供する『産』、両者を支えていく『官』による三者一体の取り組みが必要不可欠。
 そこで、11月17日に開かれる『ひろげよう!はたらくよろこびフォーラムinみえ~企業、行政、大学と一体となった障がい者雇用創出とその取組』では、主催の三重大学地域戦略センターなどが中心となって、問題解決に向けた現実的な方法を提示していく。
 当日はまず、障害者の自立に向けた施設の経営革新を軸に、ビジネスに挑戦する施設や、企業で働く障害者の紹介などを行っている季刊誌『コトノネ』を発刊している㈱はたらくよろこびデザイン室編集長・里美喜久男氏が『障がい者雇用とメディアによる情報発信の有効性』を演題に講演。全国の先進事例を交えながら、どのような形で障害者たちが社会で活躍しているのか、また環境づくりに取り組んでいるのかを紹介する。
 続く、座談会「障がい者雇用の新しい試みと、経営の真価」では、三重大副学長の西村訓弘教授を座長に、全従業員の27%に当たる障害者を雇用している四日市市のパン製造販売会社「コーンブルメ」社長の樋口豪男さん、障害者を職員として雇用しており、障害を持つ学生たちも学び易い環境づくりを実践している三重大の教育学部准教授・菊池紀彦さん、障害者雇用カフェの開設に向けて尽力するなど様々な施策を展開している三重県雇用経済部障がい者雇用推進監・瀧口嘉之さんが参加。障害者施策については、ともすれば理想論や感情論が飛び交いがちだが、この座談会では3人が産官学それぞれの立場から実践する取り組みを紹介したり、客観データに基づく冷静な視点から障害者雇用の明日を導き出す。
 そして今後、県内でどのような道筋を立てて人材育成や職場環境づくりに取り組んでいけば良いのか、という大きな課題に現実的な解決策を示していく。
 ひと口に障害といっても身体、知的、精神と3区分に分かれており、それぞれ全く違う特性を持っている。一人ひとりの障害の重さも千差万別なので、企業で働くという選択肢が必ずしもベストとはいえないが、特別支援学校の卒業生の大部分が社会に出るチャンスすら与えられていないという現実がある。然るべき教育や職場環境さえあれば、十分に活躍できる力を持った人材が埋もれてしまっているのは社会的に大きな損失といえるだろう。
 近年、CSR(企業の社会的責任)という考え方の広まり方からも、障害者雇用への関心は高まりつつある。今回のフォーラムは、実践に移せる具体的なヒントやアイデアが得られる貴重な場になりそうだ。
 参加費無料。聴講希望者は会社名と所属先、〒、住所、、役職名、氏名、座談会で質問したいこと、当日の交通手段を明記し、三重大学地域戦略センターFAX059・231・9899へ申し込み。詳細などのフォーラムに関する問い合わせは三重県立稲葉特別支援学校津221・1221、県教委特別支援教育課℡津224・2961へ。

 久居地区の若者たちが集い、地元の地域活性化に取り組んでいる『久居げんき会』。今年1月の設立以来、様々なイベントへの参画や自主イベントの運営などをこなしてきたが、今週末の26日には久居まつりの前日祭『グリーンフェスティバル』の企画・運営を担うまでに発展。わずかな期間で、ここまで存在感を高めるに至った原動力を同会の石川禎紀会長(42)に聞いた。(聞き手=本紙報道部長・麻生純矢) 

石川禎紀会長

 ──まずは、設立のきっかけをお願いします。
 石川 市町村合併後、少しずつ〝久居らしさ〟というものが失われていくように感じていた。小さなことを言うなと言われるかもしれないが、まずは自分たちの暮らす足元から固めたいという気持ちがあり、何も無いのなら、自分達で作ろうという思いで始めた。
 ──メンバーは20代~40代の若い世代を中心に20人位とお伺いしています。関わられているイベントにお邪魔させて頂くと大変多くのボランティアが参加されていて〝輪〟が広がっているなという印象ですね。
 石川 設立の目的として地元を盛り上げるだけでなく、人と人とのネットワークづくりというものがあった。一人でできないことでも会があればできるし、他の会との交流も生まれる。まさに、それが上手くいっていると思う。メンバー個々のネットワーク力が非常に強く、そのネットワーク同士が繋がって、新たな繋がりを生んでいる。夏の盆踊りやサマーキャンプの時でも沢山の方々にお手伝い頂いた。
 ──今週の土曜日に久居駅前の緑の風公園で行われる久居まつりの前日祭『グリーンフェスティバル』の企画・運営に携わっていますよね。ここに至った経緯などを教えてください。
 石川  駅前の凄く良い場所で上野博士とハチ公の銅像まであるあの公園を、もっと有効活用したいと行政に持ちかけたところ、行政も同じ思いを持っていた。久居には春と秋にまつりがあったので、冬のイベントをつくろうと企画したが予算などの問題で実現しなかった。しかし、折角なので秋の久居まつりの前日祭という形でお話を頂いた。
 ──プログラムを拝見させて頂くと、様々な出店によるマルシェやアコースティックライブに加え、会場でのキャンドルナイトが印象的ですね。
 石川 『みんながつながる参加型イベント』をテーマにしているので、会場を彩る4000本のキャンドルの内、2000本は久居地区内の小学生にワークショップ形式で作ってもらった。残りの2000本も市内の企業の協賛で用意させて頂くが、お金をもらうだけではなく、点灯式や設営にも参加して頂くなど一緒にやるというスタンスをとっている。更に、斎奉閣さんには不要なロウソクをキャンドルの材料として譲って頂いた。その他、カメヤマローソクさんにロウソクを、キャンドルを入れるグラスは宮の雪で有名な宮本店さんに格安で譲って頂いた。出店者や出演者もメンバーとの繋がりで出て頂いた方が大部分で、更に地元の中高校生など色々な方にお手伝い頂いたりと新しい繋がりも生まれている。こういう新たな繋がりによって地域が盛り上がっていくと思う。
 ──26日11時~21時のグリーンフェスティバルが楽しみですね。ありがとうございました。(敬称略)

[ 58 / 71 ページ ]« First...102030...5657585960...70...Last »