社会

 
 

B29の図柄が掲載された伝単を手に…雲井さん

「日本國民に告ぐ」と題された津空襲予告の伝単

 まもなく昭和20年7月28日の津空襲から68年。津市の戦災研究家・雲井保夫さん(64)が本紙を訪れ、秘蔵していた津空襲予告の伝単を見せてくれた。米軍が、日本国民に対する心理作戦の一環でB29から撒布したもの。戦時中、国民は敵機が投下したビラを警察署などに届ける義務があったうえ、予告通りの空襲で津の市街地が焦土と化したなか残った貴重資料で、多くの犠牲を払った戦争の悲惨さを今に伝えている。

 「伝単」は、戦時に、相手国の国民や兵士に対し、戦意を喪失させるために撒かれる宣伝ビラのこと。第二次世界大戦時には各国が大量に作成し、配布した。
 津空襲予告ビラもその一種で、太平洋戦争中の昭和20年7月27日夜、米軍が、日本本土空襲において実施した「リーフレット心理作戦」で、B29が津の上空から撒布したもの。
 縦約14㎝・横約21㎝で、片面は、無数の爆弾を投下するB29の図柄で、津をはじめ国内12の都市名も記載されている。
 また、もう一方の面には「日本國民に告ぐ」と題して、①数日中に裏面の12都市のうち必ず4つは爆撃するという予告②避難勧告③アメリカの考える平和は、戦争を強制する日本軍から日本国民を解放することである、など巧妙に人道主義を語り、厭戦気分を煽る文章が毛筆で書かれている。 このビラが撒かれた翌日28日深夜から29日の未明にかけて、B29が津に雨あられのように焼夷弾を投下し、多くの犠牲者を出した。さらに、津と同じくビラが撒かれた宇治山田・青森・一宮・大垣・宇和島の5都市も空襲されたことで、国民の米軍のビラに対する信憑性が高まったという。
 雲井さん所有のビラは、撒かれた時に津市内で拾ったという知人(故人)から5、6年程前、研究用にと譲り受けたもの。以来、秘蔵していたが、ビラを多くの人に知ってもらい平和の尊さをかみ締めてほしいという思いから今月2日、本紙を訪れ見せてくれた。
 戦時中、国民は敵機が投下したビラを警察などに届ける義務を課せられていたうえ、空襲で市街地が焦土と化したなか、今日まで残った貴重資料と言える。
 「平和はある程度努力しないと保てない。若い世代に戦争について知ってほしいし、体験者は声を上げてほしい」と雲井さん。
 戦後約68年が経ち体験者は年々減っているが、だからこそ、戦争を知らない世代がこの伝単のような資料を手がかりに自ら知ろうとすることが重要で、二度と悲劇を繰り返さないための一歩となるだろう。

三重テレビでのカメラマン体験

 津商工会議所の『津の観光文化を発展させる委員会』=小柴眞治委員長=は、工場見学や産業体験ができる津市内の企業を紹介する『産業観光ガイド』を従来の印刷物から、より広域に発信できるウェブ版へと改訂し今年1月より公開している。産業観光は全国的にも注目を集めており、誰もが知るヒット商品から知られざる逸品まで多彩なものづくりが行われている津市の魅力を全国にPRする際に大きな力となりそうだ。 

 津商工会議所の「産業観光ガイド」は元々、平成20年にパンフレットとして発行されたが、情報をより広く伝えられるようにと平成22年より同商議所の「津の観光文化を発展させる委員会」=小柴眞治委員長=が改訂作業に入っていた。その結果、より多くの人に情報を届けられるウェブサイトという形で今年1月にリニューアルされている。
 産業観光の盛り上がりに伴い、登録企業数も以前の10社から26社へと増加。サイト上では各社の見学や体験できる内容・所要時間・見学条件など詳細情報が確認できるほか、食べる・体験する・買うといったカテゴリー別で検索もできるのも特色の一つといえる。
 6月18日にはガイドに掲載されている企業の魅力を再確認するため、同委員会の小柴委員長を始めとする委員や同商議所職員ら20名が掲載企業の中から5社6カ所=㈱松阪鉄工所(雲出工場・本社工場)・井村屋グループ㈱・三重テレビ放送・パイロットインキ㈱津工場・㈱岩出菌学研究所=を一日かけて見学した。
 全国的に有名なあずきバーなどの生産工程が見学でき、超お値打ちな販売コーナーを完備している井村屋グループや、テレビ放送の現場を見学しながらカメラマン体験ができる三重テレビ放送、免疫効果を高める姫マツタケを筆頭に様々なキノコを栽培している岩出菌学研究所と、各社共それぞれ魅力的で参加者たちは移動する度に新たな発見をしていたが、特にその中でも参加者から印象に残ったという声が多かったのが松阪鉄工所の雲出工場=雲出長常町(津鉄工団地内)。
 同社は建設・配管・電設などの作業工具・機器や工作機械治具(刃物や工具を加工物の正しい位置に導く補助工具)の県内唯一の生産メーカーであり、オリジナル工具を含め、多品種の少量生産で知られる『ものづくり企業』。鉄とアルミ製の工具を製造している雲出工場では県内に、ここともう1社にしかない熱感鍛造ハンマーという機器を使い1150度にまで熱した材料をエアハンマーで鍛えながら加工する。一人前になるのには10年かかるという熟練を要する作業ということもあり、参加者たちは真っ赤に焼けた材料をエアハンマーで叩く光景や、その時に出る地響き・音を介し、五感でものづくりの素晴らしさを感じていた。
 また、年間2億4千万本の水性ボールペンを製造しているパイロットインキ津工場=津市片田町(片田工場団地内)=も印象に残ったという声が大きかった。この工場では、ボールペンの頭頂部でこすると書いた文字が消える同社の大ヒット商品『フリクション・シリーズ』を世界で唯一生産すると共に、このペンに使うメタモインキもここで生産している。また、総生産量の7割を世界各国に向けて輸出し、品質の良さから欧米など書類にサインをする文化のある国で特に高い評価を受けている。そのため、商品表示だけでも多種多様の言語が使われており、超多品種製造なので、職人技頼みの工程も少なくない。製品のサイズに応じた小型の作業ロボットの軽妙な動きと、職人技が同居する鮮やかな作業に参加者たちは感動していた。
 この日の行程を終えた小柴委員長は「津市の企業は高い技術を持って発展してきたことを改めて感じた。ガイドをウェブ版に改訂し登録企業も増えたので、もっと沢山の人に来てもらえたら」と展望に期待する。同商議所の山口修専務も、「製品を見ているだけでは分からないものづくりの凄さを目の当たりに出来る。また津から世界に出て行っている商品があることを知って頂きたい」と産業観光の魅力を改めて語った。
 もちろん、この日見学した以外の21社もいずれも劣らぬ魅力を持った企業ばかり。学校の社会見学だけでなく、家族や小グループで見学できる場所もあるなど企業によって様々なスタイルで楽しむことが出来る。
 今後、同商議所では旅行業者の担当者向けの見学会を開くなど、新たな観光資源としての魅力を秘めた産業観光を様々な形で発信していく。その中で、この産業観光ガイドが果たす役割は一層大きくなるだろう。
 産業ガイドhttp://www.tsucci.or.jp/sankan/
 サイトの問い合わせは℡津228・9141へ。

 近鉄江戸橋駅前のコンビニ前にそびえたつ放置自転車の山。その高さは1・5mにも及ぶ。近年、津市が駅東西に有料駐輪場を整備したためロータリー周辺の放置自転車は激減したが、駐輪台数は不足気味。更に有料化を嫌う者が駅周辺の店舗やマンションの駐輪場などへ無断駐輪しこのようなトラブルが発生。自転車利用者のモラルが問われている。 

 江戸橋駅周辺に無料駐輪場があった頃、三重大生が駅から学内への通学に使っているものを中心に無秩序に停められた自転車が歩道にまで溢れかえっていた。
 そこで津市は平成23年10月に駅東側、平成24年4月に西側に市営の有料駐輪場を整備。その結果、駅前は美しくなり、放置自転車の撤去台数も激減したが、そのしわ寄せとみられる現象が発生し、問題化している。
 有料駐輪場を利用するには1日限りの一時預かり料金100円を支払うか、大学生なら月1600円~の定期料金が必要。それを嫌う者たちが有料化を境に、駅周辺に無断駐輪し始めたのだ。その最たる場所が江戸橋駅前にあるコンビニの店舗前の駐輪所だ。無断駐輪の後、放置されたり道路まではみ出そうな自転車が積み重ねられ、今では高さ約1・5mの山として、そびえ立っている。この他の店舗やマンション・アパートなどの駐輪スペースに無断駐輪されるケースも。
 また、ある周辺住民は、「明らかに有料駐輪場の台数が不足している。市の見込みの甘さも一因だ」と指摘する。その言葉の通り、現在、駐輪場の定期契約待ち状況は300台1年半待ち。東西合わせて約1200台という駐輪台数は、以前あった無料駐車場とほぼ同じだが現状を見る限りでは十分な数とも言い切れないのも事実だろう。
 江戸橋駅周辺は自転車放置禁止区域で、違反自転車は市が撤去しているが民有地の放置自転車は法律上、持ち主の財産として扱われるため、放置されている土地の地権者が張り紙などで警告した上で撤去しなければならない。しかも、撤去費用は地権者持ちと、現状では泣き寝入り状態だ。
 この問題が発生する原因をつくったともいえる津市も〝見て見ぬ振り〟では済まされないが、最後に問われるのは自転車に乗る者のモラル。自らの行いを反省し、改善を期待したい。

[ 65 / 73 ページ ]« First...102030...6364656667...70...Last »