社会

 

新たに制作された稲葉区のお木曳き車

 明日29日~31日、津市香良洲町で、20年に一度、香良洲神社の式年遷座(定期的に社殿を造り替える行事)の前年に行われる『香良洲お木曳き行事』(市指定無形民俗文化財)が催される。町内の9区が、御用材をお木曳き車に載せて曳き回す同町最大の行事で、住民によって地域の伝統文化として継承されてきた。市町村合併後、初となる今回は、観光客誘致にも取り組み、次回開催へと繋がる盛り上がりを目指している。

 『香良洲お木曳き行事』は明治18年から開催記録がある同町の最大行事。香良洲神社の本殿を造り替えるのに使う御用材27本を、町内の9区(川原・桜町・地家・稲葉・小松・砂原・馬場・浜浦・高砂)のお木曳き車に3本ずつ載せて、3・のコースを練り歩く。
 各地区数名が、「音頭さん」といわれるお木曳き音頭の歌い手を務め、道中、陣羽織を着て車に乗り、一人ずつ歌い、200人以上の曳き手とかけ合いを披露する。親子の音頭さんや、夫婦によるかけ合いなど、家族の絆を感じさせる粋な演出も見所の一つ。
 またお木曳き車のデザインや大きさは各地区で異なり、ワン鳴り(車軸と車輪が擦れて発せられる独特の音)の音色を競う。
 これら迫力満点の練り歩きは、幅広い世代の住民が一丸となり準備に協力することで実現し、行事は地域の伝統文化として脈々と継承されてきた。
 今回の場合、音頭さんの練習は、最も早い地家区では一昨年から始まり、ベテランが、若手に各地区独自の歌詞や、発声などの技術を丁寧に指導。行事直前には各区で、かけ合いの練習が何度も行われた。また、稲葉区では区民の総意のもと、200万円以上かけてお木曳き車を新たに制作。高さ4m80・、尾木までの長さ6m80・という重厚な山車を完成させた。
 これまでは住民やその親族らで盛り上がる行事だったが、市町村合併後、初開催となる今回は、津市と自治会、昨年開設された「お木曳き観光PRセンター」が、町内外でPR活動を展開。本番を成功させ、20年後の次回開催に繋げるため観光客誘致に取り組んだ。
また30・31日は同センターの研修を受けた「津観光ガイドネット」所属のボランティアガイドがコースや周辺で来場者の案内を行う。 香良洲神社の氏子総代・濱村隆通さん(70)は「若手の音頭さんも一人前になり、祭りに向け何もかもが盛り上がっているし、地域の団結力が強まった。安全に行い、ご遷座の紹介もしたい」と話している。
 行事の日程は──
 ▼29日8時頃~17時頃
 各地区の山車がお披露目のため区内を巡った後、小松区内で御用材を載せ、翌日の出発場所(先頭=香良洲大橋北側~最後尾=三重交通北浦バス停付近)に移動する。
 ▼30日9時頃~16時頃
 お木曳き車が出発し、先頭が百五銀行香良洲支店前に着くまで約1・を移動。
 ▼31日9時頃~17時 
 同支店前を出発し、香良洲神社で曳き回し納め。
 ※30・31日は商工会などが物産展・抽選会を開催。
 また期間中、町内各地で通行規制が行われる。
 問い合わせはお木曳き観光PRセンター℡059・292・2010。

長年空き家状態が続いている「コミュニティ瑞穂」の1棟

 40歳未満の若年夫婦の美杉地域への定住を目的に格安で一戸建て住宅を貸し出している『津市若者住宅』。その内、「コミュニティ瑞穂」=津市美杉町太郎生=では全5棟中、2棟が長年、入居者無しの状態となっている。田舎暮らしブームを受け、津市では美杉地域への移住希望者を対象とした施策に力を入れ、成果を出しているだけに、この現状は看過できない。有効活用に向けた市の取り組みが求められている。

 「コミュニティ瑞穂」は旧美杉村時代の平成7年に建設。平成5年に建設された津市美杉町竹原の「コミュニティ持経」と共に、平成18年の市町村合併時に津市が引継ぎ、『津市若者住宅』として運営している。
 瑞穂は5棟全てが2階建てで、持経は平屋と2階建てという構成。どの物件も3LDKで家賃は月額3万2千円と格安。夫婦(もしくは婚約者)各々の年齢が40歳未満であることなどの条件を満たしていれば、一般的な市営住宅と違い、世帯収入による入居制限がないのも特徴といえる。
 空きが出た場合は、他の市営住宅と同じく毎年6・9・11月に市の広報誌を通じて募集。現在、2棟が空いている持経の方は広報誌に募集記事を掲載すると確実に入居希望者からの応募があるというが、平成18年に津市が引き継いだ時点より2棟がほぼ空き家状態となっている瑞穂の方への問い合わせはほとんどない。
 この明暗を分けているのは立地条件。持経がある竹原は美杉の入口で津市中心部から約40分。逆に瑞穂のある太郎生は奈良県境と接する津市最奥の地。市中心部へ出るには約1時間半もかかってしまうため、働き盛りの40歳未満の世帯がいくら家賃が手頃でも入居を躊躇うのは当然といえる。
 しかし、太郎生は若年層の人口流出が顕著な美杉地域で最も50歳未満の世帯が多い地域。その理由は、名張市の八幡工業団地へも30分で通えるなど、他に比べると若年世帯が仕事をしながら暮らし易い環境にあるからだ。この事実は、広報の方向性を変えるだけで入居希望者が見つかる可能性を示しているといえる。
  田舎暮らしブームの中、豊かな自然環境が広がる美杉の魅力が再評価されており、津市でも「空き家情報バンク」を始め、田舎暮らし希望者を対象とした多彩な事業を展開。県も今週末には名古屋で「移住フェスタ」を開く予定で、こういう場も活用すれば効率のよいPRができるはずだ。
 今後、若者住宅を管理する津市市営住宅課では広報誌への掲載に加え、市HP上での紹介やパンフレットを作ってPRに努めるというが、定年後の第2の人生をのどかな田舎で過ごしたいというニーズも多い。このまま空き家状態が続くのであれば、条例改正による年齢制限の引き上げなど、柔軟な施策で貴重な財産を活かすべきであろう。
 問い合わせは市営住宅課℡津229・3188。

 三重県では山野に生息するマダニ類が媒介する細菌が原因の『日本紅斑熱』の発生数が8年連続で全国トップとなっている。伊勢・志摩地方での発生が大部分で、津市ではまだ発生していないが野外に出かける機会が増えるこれからの季節にマダニも活発となる。同じくマダニ類が媒介し、死者が相次いでいる「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)と違い、治療法は確立されているものの注意が必要だ。

 

 1984年に徳島県で発見された「日本紅斑熱」は山や草むらなどに生息するマダニ類(キチマダニ、フタトゲチマダニなど)が吸血するために人体に噛みついた際、リケッチアという細菌が体内に入ることで起こる。関東以西でのみ発生することも大きな特徴。潜伏期間は2日~8日で代表的な症状は、40度前後の発熱や発疹などがある。医療機関で適切な処置を受ければ大事に至ることは少ないが、放置すると最悪死に至るケースも。狂犬病や日本脳炎などと同じ「4種感染症」にも指定されている。
 三重県内では05年に初めて2人の発症が確認されて以来、昨年と一昨年が37人と8年連続で全国トップとなっている。発生場所は伊勢志摩地方など南勢地域がほとんど。津市ではまだ発生していないが隣接する松阪地域の発生が確認されている。しかし、この件も南勢地域で感染したことが分かっており、ダニは春から秋にかけて活性化するため伊勢福祉事務所では県内の医療機関への呼びかけなど注意喚起を行っている。
 なぜ同地域に多いのかは不明だが、細菌を保有するマダニ類がシカなどを吸血し、そのシカを別のマダニが吸血することで細菌が広がるという流れは分かっている。このため、近年増加する獣害も拡大の一因となっていると見られる。
 マダニ類は体長5・前後とダニ類としてはかなり大型。更に吸血をすると体が何倍にも膨れ上がるため、目視での発見は容易だが刺されてもかゆみや痛みを感じない種類もいるので要注意。またストロー状の口を血管に突き刺す蚊などと違い皮膚を食い破った上でセメント状の分泌液で取りつきながら血を吸い続けるので、無理に引きはがすと頭が残ったり、潰した体から細菌が体内へ注入されることになり兼ねない。刺された時は医療機関で適切な処置を受けるのが賢明だ。
 同じくマダニ類が引き起こす病気としては、有効な治療法が無く死者が相次いでいる重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が世間を騒がせているが、こちらは県内で発生していない。
 どちらも予防は至って単純で山中や草むらなどに入る場合、・なるべく肌の露出を避ける・取り付かれても分かるよう明るい色の服を着る・虫除けスプレーを使うなど、マダニ類に刺されないようにすること。
 林業など仕事で山に入る機会の多い人、タケノコや山菜狩りをする人に加え、『山ガール』に代表されるアウトドアブームで山に踏み入る若者も増えているので更なる被害拡大が危惧される。今後、県として保菌ダニの分布状況の把握などの対策が求められている。
 一方、住民サイドとしては治療法が確立されているので過剰に恐れる必要はないが、南勢地域の山野に入る場合などはこの病気のリスクを頭に入れつつ、予防に努め、もしもの際は速やかに医療機関にかかることが重要といえるだろう。

[ 68 / 72 ページ ]« First...102030...6667686970...Last »