社会

長い時を経て遷座した仏画

国府阿弥陀

 津市大門の恵日山観音寺(津観音)内にある大宝院の本尊「国府阿弥陀」は伊勢神宮の天照大神の本地仏(同一存在)として江戸時代には国民的な信仰を集めていたが、その姿を描いた江戸期の仏画が兵庫県で見つかり、長い時を経て同院に還座した。この画を江戸での出開帳(本尊の出張)の際に祀っていたことを示す資料も一緒に見つかっており、伊勢神宮の式年遷宮の年に津観音を盛り上げる力にもなりそうだ。
 現在は観音堂内の正面左側に祀られている「国府阿弥陀」は、永禄11年(1568年)に戦火で焼失していた大宝院を織田信包が観音寺境内に再興した際、現在の鈴鹿市国府町にあった寺院から移し本尊としたと言われている。神仏習合の中で光を司る神性が伊勢神宮の祭神・天照大神と共通することから本地仏とされ、伊勢神宮参拝が一生に一度のビッグイベントだった江戸時代には「阿弥陀に参らねば片参宮」と言わしめるほど信仰を集めた。そして、伊勢まで足を運べない人のために江戸や大阪で出開張も行っていた。
 このたび還座したのは、その如来像の姿を写した仏画で、津観音住職で大宝院院家の岩鶴密雄師の下に昨年末頃、仏教芸術に造詣の深い知人から「この仏画は元はそちらの寺にあった物なのでは」という連絡があった。知らせと共に送られてきた画像を確認すると神々しくも穏やかな表情で描かれている仏の上には「勢州安濃津国府阿弥陀佛」の文字が添えられており、画と共に残っていた文書にも大宝院の塔頭(子院)の一つである千王院が四条流を開いた呉春の最古参の門人で仏画師として活躍した紀廣成=1777年~1839年=に描かせたことなどが記されていた。更に寺に記録として伝わる嘉永6年(1853年)の江戸での出開帳の際、この画を将軍や諸大名の前で披露したということまで分かった。
 岩鶴師もこのような画が存在することは全く知らなかったため、兵庫県尼崎市まで赴き、実物を確認。その後、持ち主と交渉の末、晴れてこの画が津に戻ってくることとなった。岩鶴師も「仏様が津に帰りたがっていたのだと思う。寺のイベントに合わせ環座法要をしたい」と喜ぶ。
 この画が津を離れた時期は不明だが明治初めの廃仏毀釈の頃だとすれば、約140年ぶりの還座で、20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮のこの年というのもドラマチック。10月に向け、全国から観光客が伊勢神宮を訪れる中、津観音を盛り上げる力にもなりそうだ。

 

セアカゴケグモの巣…有毒なメス(左)と無毒のオス(右上)

 毒を持つことでも知られる特定外来生物の「セアカゴケグモ」だが、津市内でも姿を見せている。まだ目撃例も少なく、現状ではそれほど目立った数が生息していないと思われるが、暖かくなるこれからの季節にクモの動きが活発化するだけに注意が必要。全国の事例を踏まえると今後、生息域の拡大も十分考えられ、クモに出会った時に備え、市民一人ひとりがある程度の知識を身につけておくことが重要といえる。

 
 「セアカゴケグモ」は1995年に国内で初めて大阪府の港湾地帯で発見されたのに次いで、四日市港でも発見。現在、本州・四国・九州・沖縄と広範囲に生息域を広げており、県内では四日市市のほか、桑名市・松阪市・多気町などで確認されている。津市でも平成23年11月に続いて、今年に入ってからも、生きた個体が見つかっている。
 このクモの身体的な特徴は腹部の背面に赤い模様を持つメスの大きさが7~10㎜、白っぽいオスは4~5㎜。毒を持つのはメスのみで噛まれた場合、激しい傷みと共に発汗・発熱などの症状が現れる。オーストラリアでは過去に死亡例もあるため、国内で発見された当初は『殺人グモ』と呼ばれ恐れられていたが、健康な大人なら噛まれても、大事に至るケースは希。ハチ毒のように2回以上噛まれてもアナフィラキシーショックを起こすこともなく抗血清が開発されてから50年以上死者は出ていない。今まで日本では重症者も出ていないが、体力のない乳幼児や高齢者が噛まれると命に関わる危険性もあるため注意が必要だ。
 主に側溝のふた・プランター・庭石の裏側など、直射日光の当たらない場所に巣をつくり、虫などの獲物を捕らえる。そのため、ベランダに置いてあったサンダルの内側に潜んでいた個体に噛まれるというケースも発生している。ただし、クモ自体の性質は大人しく自分から人に襲い掛かることはない。
 このクモは生態系や人の生命・身体などに被害を及ぼす可能性がある「特定外来生物」に指定されており津市や三重県もHP上で注意を呼びかけている。しかし、ハチの巣などと同じく県市共に駆除は行っておらず、もし駆除をする場合は発見者の手に委ねられることとなる。その際は、絶対に素手で触れないように気をつけ市販の殺虫剤を散布するか靴を履き踏み潰す。もし噛まれた場合は医療機関ですぐに受診(可能ならばクモの死骸も持参すると医師の判断材料となる)。
 津市で最近、駆除された固体は1匹のみで同じ場所からはそれ以来、見つかっていないという。それ以前での市内の目撃報告も少ないので、大きく繁殖はしていないと思われるが自動車やその積荷に紛れ込んで運ばれることも多く、大阪府では初めて見つかった南部の港湾部から北部の都市部へと生息域を広げている。これら事例もあり、県の農林水産部みどり推進課では「今や県内のどこに居てもおかしくない」と分析する。
 在来種でもスズメバチやマムシなど強い毒を持つ生物は身近に存在しており、このクモばかりを過剰に恐れる必要はないが、クモが活発となるこれからの季節には、生息に向きそうな場所をこまめに掃除して巣を作りにくくする、居そうな場所を触る際には軍手など手袋をつけるといった対策を行うだけでもリスクは軽減できる。もしも出会った際には慌てず対処できるよう必要な知識を持っておくことも必要とされている。

 
 

アスト津の新たな非常用発電機

 南海トラフを震源地とした巨大地震発生時、津市内でも津波で津駅周辺に浸水の可能性があり、多数の帰宅困難者発生が予想されているが大きなビルの非常用発電機は地下に設置されている場合が多く電源の確保が大きな課題となる。そんな中、「アスト津」=津市羽所町=では水没の心配のない同ビル4階に新たな非常用発電機を設置し、周辺住民と共に帰宅困難者の受け入れも行う避難所としての機能強化を進めている。

 オフィスビルやホテルといった大きな建物の非常用発電機は設置スペースの都合もあるため、現状では地下にある場合が多い。しかし、昨年に発表された内閣府の有識者会議の南海トラフ大地震の被害想定によると津駅周辺は1~2mの浸水が予想されており、非常用発電源が・切り札・として機能しない可能性が現実問題として浮上している。
 ショッピングモールやコミュニティ施設の利用者、オフィスビルで就労する人たちなど毎日多数の人が利用するアスト津でもご多分に漏れず、平成13年の竣工時に設置された非常用発電機は地下1階にある。同ビル4階にある橋北公民館が周辺住民約900名の避難場所に指定されていることからも、アスト津管理組合では危機感を募らせていた。加えて、JR・近鉄・伊勢鉄道・三重交通のバスといった交通網の集積地であり災害が発生する時間によっては多数の帰宅困難者が出ることが予想されており、その明確な避難場所の整備も急務となっている。
 そこで先月にあった同組合の臨時総会で新たな非常用発電機の設置を決定。4階(地上約20m)にディーゼル発電機を設置した。
 大きさは全長約1・4m・幅65・×高さ90・とかなりコンパクト。備蓄する予定量の軽油で72時間以上の稼動ができ、昼間の照明などを工夫すれば、更に1日伸ばすことも可能。設置業者は大成有楽不動産⑭=本社・東京都=で設置にかかった費用は約690万円。通常の非常用電源と比較すると大掛かりな工事の必要が無く、低コストで設置できるのが大きな特長だ。
 これに伴い、避難所として開放する3・4・5階へ誘導するために階段やエスカレーター(非常時には階段として活用)付近に防災用蛍光灯ダウンライト30個や移動式照明器具20台を、更に情報収集に必要となる防災用TVアンテナとTV3台を設置。毛布・簡易トイレなどの備蓄も進めており、7階と12階にある中間水槽や高架水槽も飲料用としての活用を検討中。水槽の内容量に左右されるが3日間、4000人以上の飲料水を供給できる容量を持っており、公共性の強い同ビルが地域貢献を目的に周辺住民と共に帰宅困難者を受け入れる準備を進めている。4月5日深夜にはビル内の電源を落とし、新たしい発電機の試運転も行ったが順調に稼動した。
 また、アスト津管理組合では帰宅困難者の発生に備え、津市との協議・連携を進めており、帰宅困難者への対応についての協定締結も検討している。
 同管理組合では「まずはテナントの方々が安心して働いて頂ける環境を整えた。そして、地域への貢献。新しい発電機は現実的な価格で設置できるので、周囲のビルも導入して頂ければ一丸となって非常時に備えられる」と話す。これに対し、津市の酒井英夫危機管理部長も「非常時の電源の確保と帰宅困難者への対策は大きなテーマ。アストが対策を進めて頂くことで、周囲にもお願いし易くなる」と期待する。
 津市は現在、津波避難ビルの認定や駅前にオフィスがある企業に帰宅困難者となる従業員用の物資の備蓄を要請しているが、今回の取り組みはそれに一歩先んじたものといえる。今後、周辺への波及効果も含め、非常に大きな意義を持つ一歩となることは確実だ。

[ 68 / 73 ページ ]« First...102030...6667686970...Last »