催し

「安濃津よさこいハッピーアーカイブ」の参加メンバーたち

「安濃津よさこいハッピーアーカイブ」の参加メンバーたち

今年も6月13日・14日に北海道札幌市で盛大に開催される「YOSAKOIソーラン祭り」に、安濃津よさこいの合同チーム『安濃津よさこいハッピーアーカイブ』が参加。5回目となる今回はテーマでもある新曲「津のまちゃええじゃないか」を披露する。
津まつりでおなじみの安濃津よさこいの組織委員会は、〝よさこい〟を通じて、札幌だけでなく、高知・名古屋・台湾と国内外で広く相互交流を行っている。
また、それら交流の充実と継続を目的に、5年前に安濃津よさこい出場チームの合同で、「安濃津よさこいハッピーアーカイブ」を設立。毎年、YOSAKOIソーラン祭りに参加してきた。
今年も参加者を募ったところ大反響。最終的には、極津・天狗ぅ・どすこい・すもも組・ダンスチーム凛・心わのべの・桐ヶ丘どっこいしょ・飃~FREEDOM・ありがた屋・夢陣~mujin~・風鈴鹿山といった各チームのメンバーに極津OGやチームには所属していない経験者などを加えた総勢73名が集まった。年齢層も小学2年生から50代までと幅広い。 従来は参加チームが使用している既存の曲を皆で踊るという形だったが、昨年からは新曲で参加。今年の新曲である「津のまちゃええじゃないか」は、津まつりの祭礼行列をイメージしたもので、津八幡宮から津観音までの道のりをストーリー仕立てで演舞。途中、農民一揆を唐人が鎮めるというパフォーマンスも組み込みながらパレードやステージで熱く演じ切る。
参加者たちは唐人踊りをイメージした衣装や面、農民の衣装、江姫の衣裳を身にまとい、しゃご馬や、ゆるキャラのゴーちゃんとも共演。各チームの個性が出た多彩なパフォーマンスも、よさいこいの魅力だが、郷土芸能や、ゆるキャラとのコラボは珍しく話題性も十分で注目度も高そうだ。
練習は4月の週4回ペースで市内の体育館やセンターパレスなどで実施。休みの日には10時間以上にも至る猛練習を重ねている。
明日の出発を前にメンバーは、「遥か北の大地で津市や津まつりのピーアルを行いながら祭りを盛り上げたい」と意気込みを語った。

 ▼坂倉晴彦バードカービング作品展=~4・5、とね菓子館
 ▼ヒーロー伊藤スタジオ美術研究所・キッズラボ作品展=27~29、岩田川久画廊
 ▼濱田稔 鍛金・絵画展=~29、三重画廊
 ▼伊勢音頭恋寝刃松阪公演=29、クラギ文化ホール
 ▼第31回三重むさしの会コンサート=28、お城ホール 
 ▼NTT─OB作品展=27~29、リージョン3階

 子どもの幼稚園時代のママ友を見た。名前を仮に佐藤さんとしておこう。
 佐藤さんは幼稚園お迎えママの中で目立っていた。小柄だけどバイタリティを感じさせる人で、坊主頭の男の子のママだった。自転車の後ろに子どもを乗せてダーッと走りだす様が、見とれるほど元気いっぱいだった。
 小さな顔に大きな目と大きな口。顔いっぱいで笑うと、ぱぁっと周りが明るくなった。でも佐藤さんと話したことは一度もない。子どもの性別もクラスも違ったから。
 佐藤さんは隣の町内に住んでいるらしかった。子どもが小学校に入ると、佐藤さんに会わなくなった。子どもの成長につれて、親の関係は希薄になる。一年に数回、近所の店で行き合うぐらいだった。そこが店じまいするともう見ることもなくなった。
 そして今朝、久方ぶりに佐藤さんを見た。車から見た佐藤さんは、オレンジ色のマフラーを巻いてダーッと自転車を走らせていた。寒風をものともせずにペダルを漕いで、相変わらず元気いっぱいだ。しかし、佐藤さんは明らかに年をとっていた。ひっつめにした髪は灰色。目と口は以前より大きく見えた。
 これはかなりショックだった。同窓会で同級生が先生に見えた時のような衝撃。私も同じように老けたのだろうか。そんなはずはない。もう少しましだと思いたい。自問自答が続く。   (舞)

[ 10 / 21 ページ ]« First...89101112...20...Last »