健康だいすき

 今年は、気温は昨年とあまり変わらないようですが、陽射しが強く湿度が高い影響で、熱中症気味の人が増えているように思われます。
 東洋医学的に考えると熱中症は、胃に熱を持った水毒の状態なので、緊急に対処するには胃の熱をなるべく早く冷やすことが必要です。
 アイスキャンディーやかき氷、冷凍庫にある氷を口に含んで胃を冷やして下さい。冷たい水などを飲んでも、冷えるのは喉を通る瞬間だけであまり効果はなく、取り過ぎれば腸まで冷えてしまいます。腸が弱ると消化吸収の能力や食欲も低下して、手足に力が入らなくなり夏バテになります。
 中等度の熱中症は、喉が良く渇く、冷たい物が欲しい、めまい、頭痛、頭重、気力の低下、疲労感、虚脱感、足のケイレン、食欲不振、肩・背中のこり、吐気、嘔吐、失神(日射病など)などの症状が幾つか重なることがあります。さらに重症度になると意識障害、過呼吸、ショック症状、不自然な言動などが中等度の症状に重なって起こります。
 中等度から重症化するのに時間がかからないこともあるので、熱中症かなと思ったらすぐに治しましょう。熱中症の漢方薬があり、数分で熱が取れて楽になります。お店で無料で体験できますので、ぜひご来店下さい。

 夏に多い腸のトラブルは下痢、腹が張る、ガスが動くようにゴロゴロいう、便の出がすっきりしなくて食欲不振、手足に力が入らないなどです。
 今年は土運大過という運気で、消化器系にトラブルを起こしやすいようです。そのため、食事は腹八分目にするなどの養生が必要でしょう。
 当店ではファスティング(絶食療法)をお勧めし始めました。食事を少なくすると自然治癒力が高まり、漢方薬なども良く効き、疲労の回復が早くなります。
 夏場はスタミナをつけなきゃいけないと肉とか脂っこいものを多く取りがちですが、ファスティングは胃腸を休ませるという点で、意味があることだと思います。
 たとえ一日でもファスティングをすると、お身体の中から変わろうとし始めるでしょう。現在、実行中の方は、症状の回復が早く、漢方薬などの効き目がすごく良くなってきています。
 ファスティングの効果は次の通りです。
 ①体質を変える②快感をもたらす③エネルギー利用法が変わる④宿便を排泄する⑤環境毒素を排泄する⑥「自己融解」を起こす⑦遺伝子を活性化する⑧スタミナをつける⑨免疫力を上げる⑩活性酸素を減らす。

 今年の運気は土運大過なので、胃の気が強くてついつい腎の気を抑えてしまいます。そのため、5月頃から少しずつ腎虚の人(腎虚になると老化が加速する)が増えてきました。
 老化は男女ともにありますが、男性は精力の衰え、腰の痛み、小便が近い、目の疲れ・霞み、耳鳴りなどを感じる人が多いようです。
 また女性は、足腰が弱り階段がつらい、小便が近く膀胱炎に間違われることもある、耳鳴りが気になり気分が塞ぐこともある、腰痛などの症状が良く出るようです。
 6月に入ってから腎虚の症状でご相談に来られる方が増えています。腎虚になると老化が早まるので、誰にとってもあまり嬉しいことではないでしょう。最近流行りのアンチエイジングにも逆行することになります。
 生物が成熟期を過ぎ、機能低下する過程を老化と言います。高齢の患者が、耳鳴り、関節痛などを訴えた時に「加齢による現象ですので、仕方ないですね」というような説明を受けることがあります。この老化現象が急速に進むことは避けたいですね。
 そのためにはどうすれば良いかと言いますと、腎虚を治す漢方薬などを使って頂くことと、アミノレブリン酸というアミノ酸を飲んで頂くことを強くお勧めします。

[ 15 / 38 ページ ]« First...10...1314151617...2030...Last »