街角通信

今年の春からNHKのBSでドラマ「おしん」の再放送をしている。
子どものおしんが粗末な筏で冬の川を下るシーンや、母の泉ピン子が堕胎しようと雪の積もる川に浸かるシーンは何度も見たような気がするが、私はこのドラマをリアルタイムで見ていない。だから、世界各国でも評判になり、テレビ史に輝くこのドラマを新鮮な気持ちで楽しんでいる。
山形の小作の娘おしんの境遇は、想像もできないほどの過酷さであった。腹いっぱい食べられるようになるのが、幼いおしんの生きる目的。
現在、ドラマの舞台は伊勢や津。戦争の時代のおしんと家族を描いている。おしんの苦闘は続いている。
私はきょう大根めしを炊いた。おしんの大根めしは大根八割にクズ米二割だそうだが、私の作る大根めしはいつもの味ご飯に大根を少し加えるだけなので、普通に美味しい。
今でも社会に格差はある。田舎と都会、貧乏人お金持ちとの間で、教育や就職の機会に大きな差があるのは、よく言われることである。庶民はいつの時代も、身の丈にあった生き方を余儀なくされる。
それでも私は、良い時代に生きていると思う。美味しい大根めしを腹いっぱい食べられるし、戦争を知らないままここまで来たし。再び、おしんの時代に戻らないよう切に願っている。             (舞)

◆40周年記念・喫茶エンゼル・チャリティー歌と踊りの発表会 4月7日㈰9時半~(開場9時)白山総合文化センターしらさぎホールで。入場無料。☎059・262・2992。
◆三重県彫刻会第47回・彫刻展 4月4日㈭~7日㈰10時~16時半(最終日16時)。三重県総合文化センター第2ギャラリーで。三重県彫刻会=杉田幸平会長=は三重県を代表する彫刻作家たちで構成。同会唯一の具象彫刻展で石膏、ブロンズ、FRP、木など、様々な素材を使用し、人物、動物、仏像などの作家24名による46点と県立飯野高校の生徒・卒業生の作品も展示。アクセサリーづくりを体験可能。
◆オリーブオイルの話と料理の会 4月14日㈰12時~14時、津市久居射場町の喫茶えくぼ。七栗村の飯田博さんから、オリーブオイルの話を聞き、高級オリーブオイル「カナキス」を使った料理を堪能。会費1000円(ランチ、デザート、飲料代込)。定員15名。☎津256・5111へ。

◆美杉町の初詣客を出店でおもてなし 美杉町奥津の「かわせみ庵」駐車場で1月1日㈷~3日㈭10時半~14時、町おこしに取り組む有志が開催。悪天候中止。内容は──▼かわせみ庵=美杉の土産▼野田米菓=あられ茶漬け▼平治煎餅=平治煎餅▼ペンギン村=鹿せんべい?(鹿肉をプレスして焼いたもの)、安濃津やきそば▼たろうの店「ようこそ」=プレミアム津ぎょうざ(各日限定3個。予約可)、ぜんざい、甘酒▼木こり木たろう=木工品販売、チェーンソーパフォーマンス(何れの日か1回)。問い合わせは、ようこそ☎059・261・2600へ。

[ 1 / 11 ページ ]12345...10...Last »