未分類

ゴールデンウィークににぎわう「潮干狩り」。大人から子供まで誰もが楽しめるため、津市の御殿場海岸にも大勢の人が訪れる。しかし、捕って良い貝の大きさが決まっていたり、通販などで簡単に買える熊手の中には県が使用を禁じているものがあったり、資源保護のために禁止区域が設けられていたりと様々な規則が決められている。違反すれば摘発される可能性もあるので、出かける前に要チェック!

 

 

潮干狩りをする上で、最初に確認すべきなのはどこでできるかということだ。海には漁業者の生活を守るため、共同漁業権が設定されている。津市内や松阪市内の漁協では潮干狩りの対象となるアサリ、ハマグリ、バカガイには漁業権が設定されているので、侵害すると20万円以下の罰金が科せられる。
漁業権を気にせず、潮干狩りができるのは、漁業権が設定されていない御殿場海岸など。もう一つは、漁業権は設定されているが観光のために漁協と協議の上で開放している松阪市の松名瀬海岸など。伊勢湾ではアサリが不漁続きで、資源保護・回復に向けた取り組みも進んでいる。香良洲海岸は現在潮干狩りが禁止されており、松阪漁協も松阪港周辺に保護区を設定し、管理している。
知人から聞いた〝穴場〟がこのような場所で漁業権侵害による密漁として摘発されることは十分あり得る。自治体や観光協会が周知している場所に行くのが賢明だろう。
そのほか、確認すべきものは、各都道府県が定めている漁業調整規則で違反すれば取締りの対象となる。例えば、三重県の同規則では「じょれん」と呼ばれる漁具を漁業者以外が使うことを禁じている。じょれんといえば、長い棒の先に、かごの付いた道具をイメージしがちだが、網がついた忍者熊手も大小問わず違反となる。通販サイトで道具を揃える人も増えているが、特に注意書きも無く販売しているので購入する際は要注意。また、資源保護のために捕って良い貝の大きさも定められており、アサリは殻長2㎝以下、ハマグリは殻長3㎝以下の個体を捕まえてはいけない。
これらに対しては、水産資源の減少が続く中、各漁協や海上保安庁も警戒を強めており、桑名市から津市までの海岸を管轄する四日市海上保安部によると、じょれん使用による三重県漁業調整規則の違反者は平成29年中は22人を摘発。平成30年は未発表だが、取締りの効果もあり減少したというものの、違反者は後を絶たない。じょれん使用で摘発された者は同時に体長制限違反や漁業権侵害している事も多い。一口に密漁といっても、転売目的の〝プロ〟だけでなく、ルールへの認識の甘さから一般人が罪を犯すケースも少なくない。
間近に迫ったゴールデンウィーク。楽しい思い出となるよう今一度、ルールを確認した上で出かけるようにしたい。

講師の石倉さん

講師の石倉さん

31日㈰、津市中河原の潮音寺=村上英俊住職=が、「春の永代経」を開催する。13時~13時40分に法要、13時50分~15時30分(途中休憩あり)に説教。講師は浄土宗西山深草派宝樹寺住職で、傾聴僧の会代表の石倉真明さん。
檀信徒や一般からも参加募集中。檀家以外の参加者は1000円~2000円程度のお志をお願い致します、とのこと。
石倉さんは京都府生まれ。ロンドン大学卒業後、東京でデザインアートディレクションに従事。2006年、妻の実家である宝樹寺の住職を拝命。09年に傾聴ボランティアを開始。10年には傾聴僧の会を発足。以後、東日本大震災や終末期医療、福祉の現場での傾聴活動に携わっている。13年、京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科卒。現在、傾聴僧準備研修講師。潮音寺でも昨年、傾聴僧準備研修講座を開いた。
潮音寺では「今回は今までの説教スタイルではなく、対話形式の法話を行って頂きますので、日頃抱える色んな苦しみを和らげるきっかけになればと思います」と話している。問い合わせ☎059・228・9090。

林業体験

林業体験で、講師(右)の説明を聴く参加者やMSFCの学生たち

9日、津市美杉町上多気の古民家と山林で恒例の「なぁなぁ美杉ライフ体験&移住相談」が催された。津市が、美杉での暮らしに興味がある人などを対象に行っているもの。
今年は、三重大学の学生でつくり三重県の活性化に取り組んでいる団体「三重創生ファンタジスタクラブ(通称・MSFC)」=部長・岡田まりさん(19・1年)=のメンバー16名が、古民家のかまどでの炊飯などの体験内容を企画した。
MSFCでは昨春から美杉の活性に取り組んでいる。これまで同町を7回ほど訪れ、北畠神社での観光や木材の切り出しなどを体験し、町の魅力に触れてきた。外部向けのイベント内容を企画するのは今回が初で、会場の古民家を使って美杉ならではの良さを伝えられるように工夫したそう。
当日は、美杉を度々訪れていて、町内で空き家を借り別荘とすることを検討している伊藤光彦さん(26、四日市市)らが参加。地元の林業家の指導による林業体験、薪割り、かまどでの火おこしが行われた。またかまどで炊いたご飯やジビエ鍋の昼食を皆で味わった。その後、市職員による移住相談も実施された。
伊藤さんは、「美杉に来るといつも思うのが、ウェルカムな雰囲気で落ち着くということ。田舎の良い所だと感じています」と話した。また岡田さんは「かまどでご飯を炊くのに手間がかかったので、今後はそれも体験として楽しめるよう、流しそうめんや川遊び体験などと合わせて企画したいです」。

[ 1 / 78 ページ ]12345...102030...Last »