未分類

先週号2面掲載の津商工会議所青年部主催のジュニアエコノミーカレッジのグランプリチームの「ОPEN catカフェ」の所属小学校に誤りがありました。
南立誠小学校とありますが、西が丘小学校の誤りです。お詫びして訂正致します。

酒類や食品の卸商社「㈱マツオカ」=津市高茶屋小森町1707─400、松岡宏社長=が主催する「ボジョレー・ヌーボーを楽しむ会」が11月18日、津都ホテルで開かれた。
仕入れたてのボジョレーを楽しんでもらおうと毎年行われているもので、9回目となる今年は約150名が参加した。
11月16日に解禁された今年のボジョレーは、すっきりとした口当たりと爽やかでフルーティーな味わい。参加者らは、この日のために考えられたとっておきの魚料理や肉料理と共に、その風味を堪能していた。
また、ゲストの声楽家の田中宏子さんによる美しいグラスハープの演奏や独唱も披露され、会場に華を添えていた。
さらに、今年もカンボジアにある日本語学校「山本教育センター」への支援として、10万円の寄付金を贈った。

参加者と津商工会議所青年部会員ら

参加者と津商工会議所青年部会員ら

11月23日、津商工会館で津商工会議所青年部=尾﨑正彦会長=が主催する小学5・6年を対象とした『第9回ジュニアエコノミーカレッジin津』の表彰式が行われた。
地域の未来を担う子供たちに商売の楽しさや、仲間との友情の大切さを学んでもらおうと毎年開催しているもの。1チーム5名で今回は7チーム35名が出場した。
子供たちは仮想会社を設立し、それぞれが社長や財務部長などの役職に就き、自分たちの力だけで独自商品を開発。今月3日の高虎楽座での販売実践に挑んだ。この日はその結果発表となる表彰式。審査は売上と共に、販売態度や商品のアイデアなど、総合面で評価。
見事グランプリに、西が丘小の「ОPEN catカフェ」が選ばれた。
その後、優勝チームが、前葉泰幸市長に、全チームの売上金の一部に当たる1万5410円を〝税金〟として、社会福祉のために寄贈した。

[ 1 / 71 ページ ]12345...102030...Last »