未分類

三重県は平成25年度、獣害対策で捕獲された鹿・猪肉の利活用のため「みえジビエ」登録制度を開始。知名度は向上しつつあるものの、品質・衛生管理マニュアルの一部が必要以上に厳しく守るのが困難で、解体処理施設の登録が8件(津市2件、松阪市0件)と少ないこともあり、効果は極めて薄い。津市内の獣害対策関係者からはマニュアルの改善や、インフラ面の支援を求める声が出ている。

 

 

「みえジビエ」の制度や商品のチラシ

「みえジビエ」の制度や商品のチラシ

三重県では全国同様、鹿や猪による獣害が深刻で、駆除のため捕獲された個体の利活用も含め対策が喫緊の課題。
そこで県では平成25年度、安全・安心で美味しい鹿肉・猪肉を提供する「みえジビエ登録制度」
を開始。登録対象は、食品衛生法の規定に加え県独自の基準を定めた「品質・衛生管理マニュアル」に基づき鹿・猪を解体処理、加工、販売、調理して提供している施設。登録施設で様々なメニューが開発され、特産品として広まりつつある。
しかし一方で、獣肉の利活用への効果は極めて薄い。平成29年度に県内で捕獲された猪・鹿は計約3万6345頭(津市では約7300頭、松阪市では約3350頭)、そのうち、みえジビエとして利用されたのは1029頭で、わずか3%ほど。そのほかの個体の多くは行き場がないため埋設処理されている。
原因の一つが、マニュアルの県が定めた基準の一部が、必要以上に厳しいこと。
例えば捕獲時に個体にとどめを刺して放血後、夏は60分以内、冬は90分以内に解体処理施設に搬入しなければならない。しかし、施設は県内で8件、津市内では美杉町に2件と少なく、松阪市に至ってはない。このため、捕獲の条件が、施設から近い山で頂上ではなくふもと付近で行うなど限られる。また解体処理施設は整備に莫大な費用がかかるうえ、鹿や猪の捕獲数が不安定で経営が予測しづらいため、今後も大幅な増加は見込めない。
津市内の獣害対策関係者からは、先進地のように行政による解体処理施設整備を求める声も上がっている。またある猟師は「山の上のほうで捕獲しても、搬入に時間がかかるためみえジビエにできないことも多い。三重県は日本一厳しいマニュアルがあっても、獣肉の活用は1歩も2歩も遅れている」と指摘する。
みえジビエ登録制度の根本的な問題は、捕獲された獣肉の活用策でありながら、厳しいマニュアルによって供給量が限られるという大きな矛盾。制度の最大の目的は何か、原点に立ち返り考えるべきだろう。

ゴールデンウィークににぎわう「潮干狩り」。大人から子供まで誰もが楽しめるため、津市の御殿場海岸にも大勢の人が訪れる。しかし、捕って良い貝の大きさが決まっていたり、通販などで簡単に買える熊手の中には県が使用を禁じているものがあったり、資源保護のために禁止区域が設けられていたりと様々な規則が決められている。違反すれば摘発される可能性もあるので、出かける前に要チェック!

 

 

潮干狩りをする上で、最初に確認すべきなのはどこでできるかということだ。海には漁業者の生活を守るため、共同漁業権が設定されている。津市内や松阪市内の漁協では潮干狩りの対象となるアサリ、ハマグリ、バカガイには漁業権が設定されているので、侵害すると20万円以下の罰金が科せられる。
漁業権を気にせず、潮干狩りができるのは、漁業権が設定されていない御殿場海岸など。もう一つは、漁業権は設定されているが観光のために漁協と協議の上で開放している松阪市の松名瀬海岸など。伊勢湾ではアサリが不漁続きで、資源保護・回復に向けた取り組みも進んでいる。香良洲海岸は海の家の周辺を除いて現在潮干狩りが禁止されており、松阪漁協も松阪港周辺に保護区を設定し、管理している。
知人から聞いた〝穴場〟がこのような場所で漁業権侵害による密漁として摘発されることは十分あり得る。自治体や観光協会が周知している場所に行くのが賢明だろう。
そのほか、確認すべきものは、各都道府県が定めている漁業調整規則で違反すれば取締りの対象となる。例えば、三重県の同規則では「じょれん」と呼ばれる漁具を漁業者以外が使うことを禁じている。じょれんといえば、長い棒の先に、かごの付いた道具をイメージしがちだが、網がついた忍者熊手も大小問わず違反となる。通販サイトで道具を揃える人も増えているが、特に注意書きも無く販売しているので購入する際は要注意。また、資源保護のために捕って良い貝の大きさも定められており、アサリは殻長2㎝以下、ハマグリは殻長3㎝以下の個体を捕まえてはいけない。
これらに対しては、水産資源の減少が続く中、各漁協や海上保安庁も警戒を強めており、桑名市から津市までの海岸を管轄する四日市海上保安部によると、じょれん使用による三重県漁業調整規則の違反者は平成29年中は22人を摘発。平成30年は未発表だが、取締りの効果もあり減少したというものの、違反者は後を絶たない。じょれん使用で摘発された者は同時に体長制限違反や漁業権侵害している事も多い。一口に密漁といっても、転売目的の〝プロ〟だけでなく、ルールへの認識の甘さから一般人が罪を犯すケースも少なくない。
間近に迫ったゴールデンウィーク。楽しい思い出となるよう今一度、ルールを確認した上で出かけるようにしたい。

講師の石倉さん

講師の石倉さん

31日㈰、津市中河原の潮音寺=村上英俊住職=が、「春の永代経」を開催する。13時~13時40分に法要、13時50分~15時30分(途中休憩あり)に説教。講師は浄土宗西山深草派宝樹寺住職で、傾聴僧の会代表の石倉真明さん。
檀信徒や一般からも参加募集中。檀家以外の参加者は1000円~2000円程度のお志をお願い致します、とのこと。
石倉さんは京都府生まれ。ロンドン大学卒業後、東京でデザインアートディレクションに従事。2006年、妻の実家である宝樹寺の住職を拝命。09年に傾聴ボランティアを開始。10年には傾聴僧の会を発足。以後、東日本大震災や終末期医療、福祉の現場での傾聴活動に携わっている。13年、京都ノートルダム女子大学大学院人間文化研究科卒。現在、傾聴僧準備研修講師。潮音寺でも昨年、傾聴僧準備研修講座を開いた。
潮音寺では「今回は今までの説教スタイルではなく、対話形式の法話を行って頂きますので、日頃抱える色んな苦しみを和らげるきっかけになればと思います」と話している。問い合わせ☎059・228・9090。

[ 1 / 78 ページ ]12345...102030...Last »