未分類

11月19日㈭発行の本紙1面トップ記事の中に事実誤認がありました。
津競艇は、過去一度も津市の一般会計から繰り入れを受けたことはありません。
読者の皆様並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げ訂正させて頂きます。

入賞者の皆さん(アストホールにて)

入賞者の皆さん(アストホールにて)

津税務署は、今月11日~17日に行われた「税を考える週間」に合わせ、管内の小・中・高校生から募集した「税に関する作品」の入賞作品の表彰式を8日、アストホールで開いた。 次代を担う児童・生徒が、民主主義の根幹である租税の意義や役割を正しく理解し、社会の構成員として税金を納め、その使い道に関心を持ち、さらに納税者として社会や国の在り方を主体的に考えるという自覚を育てることを目的に実施しているもの。今年は計約1100作品が寄せられた。
厳正な審査の末、見事入賞したのは次の児童・生徒20名。
小学生の税に関する習字(5年生以外は6年生。敬称略)▼三重県知事賞…徳永百華・栗葉小▼津税務署長賞…岩名美穂・藤水小▼津市長賞…森尾真帆・南が丘小▼津市教育委員会賞…北西琉暉・立成小5▼中勢納税貯蓄組合連合会会長賞…土谷凛・桃園小5▼優秀賞…小瀬古大洋・千里ヶ丘小。杉本優海・明合小5。瀬川桃加・新町小。中嶋もも・誠之小。
中学生の「税についての作文」(全て3年生。敬称略)▼名古屋国税局長賞…井上茉弥・セントヨゼフ女子学園中▼津税務署長賞…田中遥那・同中▼津市長賞…新竹梨央・高田中▼津市教育委員会賞…加城早菜・セントヨゼフ女子学園中▼中勢納税貯蓄組合連合会会長賞…木村絵里・同中▼優秀賞…築地寿実。羽根悠衣。守山りさら。以上、セントヨゼフ女子学園中。
「税に関する高校生の作文」▼津税務署長賞…古岡梨依奈・高田高。田中侑希。西村はの。以上、津商。

船上結婚式を挙げる三田さん、磯田さん

船上結婚式を挙げる三田さん、磯田さん

23日に津新町通り商店街を歩行者天国にして行われる新町フェスタの午前中のメインイベント『和船出車安濃津丸船上結婚式』で挙式するのは津市白山町上ノ村の三田勇也さん(22)と同市美杉町丹生俣出身・西丸之内在住の磯田安里さん(21)(9時10分乗船~同30分パレード開始~10時50分挙式開始)。
安里さんは、小学校5年生からよさこいチーム『わいわい踊ろう会』に参加。お母さんもメンバー。勇也さんはJA三重中央の自動車センター(同市一志町)に勤める整備士さんで、高校2年生から同チームに参加。三田家もお母さん・弟さんが一緒に踊っている。
船上結婚式は、安濃津丸に新郎新婦を乗せ、新町通りを餅まきなどをしながらパレードした後、船上で雅楽の生演奏が流れる中、津藩祖・藤堂高虎公を祀る高山神社の多田宮司により厳かに行われる。
尚、7時~19時は津新町通りは車両通行止めになる。
問い合わせは同組合☎059・226・0363

[ 10 / 68 ページ ]« First...89101112...203040...Last »