未分類

◆篁陰笑いの狂言面展 能面博物館「聒々庵」=市川篁陰館長=が11月1日(水)~5日(日)の9時半~17時(最終日16時まで)、県立美術館県民ギャラリーで「篁陰笑いの狂言面展」を開く。後援=津市・津市教委、三重のまんなかまちかど博物館。入場無料。
市川篁陰(本名・了一さん)は昭和32年・観世流謡曲、仕舞を開始。同40年・幸清流小鼓開始。同53年・京都能面師無形文化財保持者、長澤氏春三男草春師に師事。平成10年1月に篁陰能面研究会創立。
今展では「狂言は猿に始まり狐に終わる」をテーマに様々な狂言面を展示する。
問い合わせは☎059・227・8744。
◆第8回いい人、見つけて結婚しよう(結婚を希望する男女の楽しい出会いの場) 11月3日(祝)12時半~16時(受付11時半~12時半)、家県総合文化センターの生涯学習センター4階大研修室で。主催はボランティア団体の津シルバークラブ。対象は20歳代~40歳代。定員は150名。参加費1000円。予約申し込み不要、問い合わせは斎藤さん☎津293・1169。

24日13時~(12時半開演)、津リージョンプラザお城ホールで「三重のうたごえフェスティバルin津」が開かれる。主催=同フェスティバル実行員会、三重のうたごえ協議会。
県内の合唱団や高齢者歌唱グループ、障害者の共同作業所などが集い、オープニングの合同演奏「この星の名前は地球」を皮切り、懐メロから平和を願う歌まで様々な歌を披露。歌を通じた交流をはかる。
参加費は一般800円中学生以上の学生と障害者500円。小学生以下は無料。全席自由席。
問い合わせは鈴木みづ絵さん☎090・8863・9118へ

放送画面(一例)

放送画面(一例)

ZTVスタジオの様子

ZTVスタジオの様子

㈱ZTV(本社・津市あのつ台。田村憲司社長)は、安濃川流域・岩田川流域に「河川監視カメラ」を、また津市大倉に「道路情報カメラ」を設置。明日9月1日から、これまで国土交通省三重河川国道事務所から提供されていた映像に加えて、3カ所の様子を視聴できるようになる。
平常では、やすらぎ・憩いの場として親しまれる川だが、天候によっては時に暴れ川になることも。
特に近年、増加の一途をたどっている局所的な大雨が原因の河川氾濫により、流域で甚大な被害が全国で多発。一般市民の自然災害への危機管理意識はかつてないほどの高まりをみせている。
こういった社会背景から、津市内を流れる2つの河川と国道23号の様子が見られるコンテンツを提供し、市民の安全・安心の向上に役立ててもらおうと実施することにしたもの。
テレビ放送
▼チャンネル=地デジ12チャンネル(ZTV加入世帯)。
▼放送エリア=津市、亀山市、松阪市嬉野地域。
▼放送時間=毎日朝6時30分~7時、7時45分~8時15分、14時45分~15時。※気象状況によってこの時間帯以外でも放送する場合もある。
データ放送
▼メニューから河川水位を選択すれば随時視聴可能。

[ 10 / 78 ページ ]« First...89101112...203040...Last »