未分類

三重県では10月1日より、自転車運転者やその保護者、自転車を使った事業を行うものに、対人事故への賠償を備えた自転車保険への加入が義務付けられる。罰則規定はないが、他県では自転車の加害事故当事者で多額の損害賠償請求が発生しているため、運転者自身を守るためにも必要になっている。自動車保険の特約などで対応できる場合も多いので、義務化に向け、今一度保険の加入状況の確認が必要だ。

 

自転車保険加入の義務化が盛り込まれているのは、今年3月に施行された「三重県交通安全条例」。高齢化や注意を妨げる原因にもなるスマートフォンの普及など、自動車、歩行者、自転車各々の立場を取り巻く環境の変化もあり、改めてそれぞれの責務を明らかにし、県民一丸となった交通安全に取り組むことが定められている。施行から約半年の10月1日より自転車保険の義務化が始まる。対象は未成年を除く自転車運転者、未成年の自転車運転者の保護者、仕事で自転車を利用する事業者、レンタサイクルなど自転車の貸付業者。また、自転車を販売する業者は購入者が自転車保険に加入している事を確認する必要がある。
この背景には近年、自転車が起こした歩行者との人身事故で高額賠償を求められる事例が全国的に増えいるという事実がある。小学生や高校生が起こした事故でも9000万円以上の賠償が請求された判例もあり、自転車は「車両」で運転者に対して責任が強く求められる流れになっている。
その一端として、道路交通法改正によって自転車の危険行為15項目(信号無視、遮断踏切立ち入り、指定場所一時不停止など)に罰則が設けられている。三重県内でも2020年中に危険な運転が認められた運転者に警告指導票が約2200枚が交付されている。特に悪質な者には、刑事処分の対象となる可能性が出てしまう赤切符も数件交付された。自動車の運転免許制度のような青切符(減点制度)が無く、摘発されれば非常に重い処分になるも特徴。
三重県内の自転車事故の総数自体は減少傾向にあるが、自転車が人身事故の第一当事者(交通事故で過失が最も大きい者)の事故の件数は2020年中で86件。このうち、15歳以下が13件、16歳~19歳が30件で全体の約35%を占め、次いで70歳以上が18件で約21%。自動車の運転免許が取得できない若年層と、免許の返納などで自転車を利用する機会が増える高齢者で6割近くを占めている。公共交通機関が充実していることから、歩行者と自転車の総数が多い都会とは違い、自動車との接触事故が中心。歩行者との接触事故は少なく、幸い悲惨な事故で、大きな賠償が発生した事例はまだ起っていない。
今回の自転車保険の義務化が発表を受け、三重県生活部くらし・交通安全課に様々な質問が寄せられており、HP上でQ&Aもまとめている。
特に多いのは、個人はどのような保険に入れば良いのかという質問。
判例の賠償額から見て概ね1億円程度の補償が目安とされている。補償額次第だが年間保険料が1000円程度のものから様々な保険がある。
運転者もしくは未成年の運転者の保護者が自動車保険、火災保険、傷害保険のいずれかに加入していると、自転車保険に相当する補償が特約としてついている可能性があり、その場合は新たに加入しなくても問題ない。
高齢者の場合は要注意で年齢制限で新たに自転車保険に加入できない場合がある。そういった場合は、自転車屋でメンテンナスを受けた証として車体に補償が受けられるTSマーク付帯保険がおすすめ。期限は1年だが年に一度安全のため、点検を受けるついでに加入できるので手軽。
未加入でも罰則は無いが、不測の事態から自分を守るためという目的を忘れてはならない。義務化まで約一カ月。加入している保険の契約内容を確認しておくと安心だ。
質問は同課☎059・224・2410。

三重県立美術館で8月14日㈯から企画展「ミケル・バルセロ展─世界を魅了するスペインの天才」が開かれる。
ミケル・バルセロは、大自然を着想源に独創的でダイナミックな作品を手がける現代を代表するアーティストのひとり。スペインのマジョルカ島に生まれ。1982年に国際美術展「ドクメンタ7」(ドイツ・カッセル)に参加して以降、国際的に活躍。その制作活動は幅広く、絵画、彫刻、陶芸、版画に加え、パフォーマンス、そしてマジョルカのパルマ大聖堂内礼拝堂装飾やスイス・ジュネーヴの国連会議場の天井画といった壮大なプロジェクトも実現している。
また、制作活動は、ヨーロッパにとどまらず、時にアフリカの砂漠地帯やヒマラヤの高地にも赴く。大自然との交感は芸術活動の重要な着想源となり、大地と海、動植物、闘牛などをテーマとした作品を生み出している。中でも巨大な絵画作品は、そのスケールのみならず、塗り固められた様々な素材やカンヴァスのしわが作る凹凸によって、見る者に圧倒的な存在感をもって迫る。
今展では、初期から現在に至る絵画作品に加え、彫刻や陶芸など90点以上の作品を展示し、その多彩な芸術活動の全容を紹介する。
観覧料=一般1000園、学生800円、高校生以下は無料。休館日=月曜日。開館時間=9時半~17時(入館は16時半まで)。問い合わせは同美術館☎059・227・2100。

プレゼント
本紙読者5組10名に同展覧会の招待券をプレゼント。希望される方は葉書かメール(件名は「美術館」)で、郵便番号・住所・氏名・年齢・連絡先を明記して、〒514─0028、津市東丸之内26─12、三重ふるさと新聞「美術館」係まで。8月19日㈭必着。当選は招待券の発送をもって代えさせて頂きます。

来月、津市栄町の古刹「四天王寺」=倉島隆行住職=の境内に、高齢者向けの自立支援特化型通所介護施設『四天王庵』が開所する。㈱ポラリス=兵庫県宝塚市=と業務提携して運営するもので、介護が必要な高齢者が自宅で自立生活が送れるよう運動能力の向上などを図るパワーリハビリや歩行訓練に加え、禅の教えに基づく「禅脳」をメンタルケアに取り入れるなど独自性のある介護サービスを展開する。

 

 

四天王庵の内観

四天王庵の内観

四天王寺

四天王寺

四天王寺は曹洞宗の中本山で、今年没後1400年を迎える聖徳太子が開いたと伝承がある津市内でも屈指の古刹。しかし、進取の気風を尊ぶ寺風で、現代の人々にも分かり易く仏の教えを伝えるため、毎週日曜に座禅会を開いたり、人生相談を受ける中で、禅をメンタルケアに生かすといった試みなども行ってきた。また、同じく境内にある四天王会館は、レトロな雰囲気が漂う建物にギャラリーやカフェなどが入居。様々な年代の幅広い層の人たちが日常的に訪れるようになっており、自然なアプローチで寺へも足を運びやすい環境を整えている。
今回、関西を中心に全国に拠点を持つポラリスと提携して8月にオープンする介護施設「四天王庵」もそういった取組みの一環。倉島住職とポラリスの森剛士代表取締役との交流の中で実現。同社としては三重県初の拠点で旧四天王幼稚園の園舎を活用している。
ポラリスの提供する自立支援特化型介護は一般的な介護とは異なり、医療用トレーニング機器を使ったパワーリハビリテーションや歩行訓練を主軸に、介護が必要になった高齢者の歩く、持つといった日常生活に必要な運動能力の向上を図り、介護からの「卒業」を目的としている。
具体的にどのようなプロセスを行うかというと、最初に施設を利用する高齢者が「近所に買い物に行きたい」「ゴルフをしたい」「海外旅行へ行きたい」といった目標を立てる。そして、目標に基づいたリハビリメニューを実践しながら3カ月に1度「立つ、歩く、座る」といった動作を動画で撮影。効果をチェックするだけでなく、本人、家族、ケアマネージャーに見てもらい、次の目標について話し合っていくという流れ。これまで、車椅子利用者がリハビリを経て、杖を付いて歩けるようになったといった実績もある。
また、四天王庵独自の特色としては、幸せに生きるための考え方を学ぶために、禅の教えを分かり易く伝える「禅脳」という独自プログラムをメンタルケアに取り入れていく。緑にも恵まれ、閑寂な雰囲気漂う環境の中、心身ともにリラックスしながらリハビリに打ち込める。
倉島住職は「聖徳太子が四天王寺を創建した際には、地域の高齢者や病人に対する地域福祉を担っていたという伝統も踏まえている」と語り、利用者の反応を見ながら、禅の教えを生かした様々なケアを取り入れていく予定という。
地域の社会問題の解決を担い、地域コミュニティの中心にあった寺本来の役割に即した意欲的な取組みに注目が集まる。
施設は介護保険制度利用者が対象で、ケアマネージャーからの相談や見学・体験の希望も受付中。問い合わせは平日9時~18時 0120・927・276へ。

[ 2 / 91 ページ ]12345...102030...Last »