未分類

一絃琴正流清壽会々主・荒井眞道尼

一絃琴正流清壽会々主・荒井眞道尼

津城復元の会(西田久光会長)は新春1月30日(土曜)津リージョンプラザお城ホールで、「津城復元資金造成ライブⅡ」を開く。後援=津市、一般社団法人津市観光協会。
今年3月に開いた第1弾は、地元和太鼓チームの協賛出演を得ての開催だったが、今回は津・高虎太鼓のトップチーム、美里龍神太鼓、津商工会議所青年部元気玉太鼓の和太鼓3チームに加え、米国カーネギーホールで演奏したこともある一絃琴の名手・荒井眞道尼(津市分部・天台真盛宗本願寺住職)率いる清壽会、現代の虚無僧・プロ尺八奏者の牧原一路氏、詩吟の津岳風会も協賛出演し、2部構成。
第1部「お城づくし」では、荒井尼ら清壽会、牧原氏でお城を題材にした日本の名曲の数々を演奏。また津岳風会は、津藩校有造館第3代督学(学長)にして優れた漢学者・文章家として国内はもとより中国にまで知られた斎藤拙堂や、著名な漢詩人で頼三樹三郎・吉田松陰・斎藤拙堂らと親交があった梁川星巌(やながわ・せいがん)が、津城

津・高虎太鼓

津・高虎太鼓

を題材にした漢詩を披露する。
第2部「一打伝心Ⅱ」では、地元3チームが大好評を博した前回を上回る感動と迫力のステージを目指している。特に津・高虎太鼓は今回はトップチームのみの出演。全国区の実力が堪能できる。開場12時半、開演13時、終了予定16時。全自由席。前売千円、当日千五百円。大門・近藤楽器、中央・中津軒、アスト津1階・津駅前観光案内所、本紙などで取扱い。収益金は全額津市のふるさと納税制度「ふるさと津かがやき寄附」の使途項目『津城跡の整備』に寄附し、津城復元の一助となる。
問い合わせは西田会長090・3933・6061か小菅雅司事務局長090・8869・7528へ。

11月19日㈭発行の本紙1面トップ記事の中に事実誤認がありました。
津競艇は、過去一度も津市の一般会計から繰り入れを受けたことはありません。
読者の皆様並びに関係者の皆様に深くお詫び申し上げ訂正させて頂きます。

入賞者の皆さん(アストホールにて)

入賞者の皆さん(アストホールにて)

津税務署は、今月11日~17日に行われた「税を考える週間」に合わせ、管内の小・中・高校生から募集した「税に関する作品」の入賞作品の表彰式を8日、アストホールで開いた。 次代を担う児童・生徒が、民主主義の根幹である租税の意義や役割を正しく理解し、社会の構成員として税金を納め、その使い道に関心を持ち、さらに納税者として社会や国の在り方を主体的に考えるという自覚を育てることを目的に実施しているもの。今年は計約1100作品が寄せられた。
厳正な審査の末、見事入賞したのは次の児童・生徒20名。
小学生の税に関する習字(5年生以外は6年生。敬称略)▼三重県知事賞…徳永百華・栗葉小▼津税務署長賞…岩名美穂・藤水小▼津市長賞…森尾真帆・南が丘小▼津市教育委員会賞…北西琉暉・立成小5▼中勢納税貯蓄組合連合会会長賞…土谷凛・桃園小5▼優秀賞…小瀬古大洋・千里ヶ丘小。杉本優海・明合小5。瀬川桃加・新町小。中嶋もも・誠之小。
中学生の「税についての作文」(全て3年生。敬称略)▼名古屋国税局長賞…井上茉弥・セントヨゼフ女子学園中▼津税務署長賞…田中遥那・同中▼津市長賞…新竹梨央・高田中▼津市教育委員会賞…加城早菜・セントヨゼフ女子学園中▼中勢納税貯蓄組合連合会会長賞…木村絵里・同中▼優秀賞…築地寿実。羽根悠衣。守山りさら。以上、セントヨゼフ女子学園中。
「税に関する高校生の作文」▼津税務署長賞…古岡梨依奈・高田高。田中侑希。西村はの。以上、津商。

[ 20 / 78 ページ ]« First...10...1819202122...304050...Last »