未分類

昨年の展覧会会場の様子

昨年の展覧会会場の様子

松阪市肥留町30─1のアートと珈琲のお店「coma」で昨日28日(水)~7月9日(日)まで、初夏にアートを鑑賞しながら涼しく過ごすための展覧会『cоmaで過ごす、涼むアート』が催されている。
出展者は三重出身・在住の30代・40代の作家で、次の11名(敬称略)──植野 のぞみ、大西佐奈、大山展弘、下村雄三、畠知良、林 康貴、樋口萌、平松典子、森田佳奈、宮崎愛子、Casian Stera。
◆会期中の企画は ▼涼しい朝に庭でパンと珈琲を(要予約、参加費400円)=7月1日(土)6時半~7時半。※雨天の場合は7月8日(土)に順延。
▼会期中は無料のミニかき氷を用意している。
▼今年も来場者の数だけ旗を掲げるイベントを実施。今回は青色の旗。
問い合わせ・予約はcoma☎0598・56・1270へ。営業時間は10時~17時。月・火定休。

6月22日号の「安濃津ギターアンサンブル」さまの記事の
コンサート会場が抜けていました。
津市羽所町のアスト津4階アストホールです。

慰霊祭の様子

慰霊祭の様子

14日、久居英霊合祀碑顕彰会=竹林武一会長=は津市久居野村町の旧陸軍墓地内の『英霊合祀碑』で慰霊祭を行った。
同碑は昭和9年、満州での派遣任務より帰還した郷土部隊・歩兵三十三連隊が持ち帰った戦友たちの血と汗が染み込んだ土を積み上げて建立。更に日中戦争や太平洋戦争などで散華した三十三連隊など三重ゆかりの部隊の英霊も合祀。終戦後、アメリカの占領下になると慰霊行事もままならない状態となっていたが、昭和27年に日本の主権が回復したのを機に戦友会「歩三三会」を結成。長らく慰霊を行ってきたが、高齢化などを理由に平成7年、同会から引き継ぐ形で旧久居商議所が中心となって設立した『久居英霊合祀碑顕彰会』が慰霊祭を行っている。
神事は野邊野神社の山中里恵さんが執行。地元選出の県議・市議・関係団体や陸上自衛隊久居駐屯地と県内自衛隊各駐屯地・基地の幹部ら60名が参列。我が国の平和の礎となり、貴い命を捧げた英霊たちに感謝と哀悼の意をささげた。

[ 3 / 70 ページ ]12345...102030...Last »