未分類

三重大学が平成19年度から医師を派遣している「三重県立一志病院」=津市白山町南家城=は、診療科の枠を越えた総合診療(家庭医療)を実施している。その一環で昨年院内に設置された「三重県プライマリ・ケアセンター」では、高齢化が進む地方で増える在宅医療や介護などの需要に多職種連携のプライマリ・ケアで応えるため、人材育成を行う。その第一歩として現在、エキスパートナースの教育プログラムを構築中。

 

toppu「プライマリ・ケア」は、地域住民の健康を身近な立場でサポートする医療・介護・福祉・保健のことで、住民のニーズに応じ幅広い分野の診療を行う総合診療医などによって行われる。
三重県立一志病院=院長・四方哲三重大学臨床教授(47)=では、総合診療の臨床・教育・研究の先進的な取り組みで医療過疎地域である白山・美杉町の医療に貢献すると共に、研修医を県内外や海外にも輩出してきた。来月3日に診療が始まる美杉町奥津の「津市家庭医療クリニック」にも医師を派遣し、グループ診療で住民の健康を支える。
一方、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年以降、国民の在宅医療・介護などの需要が更に増えることが見込まれている。そのため厚労省は、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防などを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を推進している。
そこで昨年10月院内に設置され、同大が県からの委託で運営する「三重県プライマリ・ケアセンター」=センター長・竹村洋典三重大学大学院医学系研究科家庭医療学教授(55)=では、この課題に対処するため、多職種連携によるプライマリ・ケアを担う人材を育成。
竹村センター長は「三重県など医師不足の地方では、地域包括ケアシステムは、多職種連携し、①相手を知り②相手が何ができるかを知り③皆の関係性の中で自分はどこにいるのかを知り④何をすれば良いのかを考え⑤コミュニケーションをとり⑥患者中心で何ができるかを考えなければ、動かない。そして、患者自身とその家族も多職種の一つです」と語る。
現在、プライマリ・ケアエキスパートナース育成のため研修会を開くと共に、教育プログラム・評価表を構築中。
来月頃から同院の看護師がプログラムを受け、1年かけて他の医療過疎地域の医療機関でも使用してもらえる内容の完成を目指す。人手不足の施設で働く看護師が参加することを想定して、基本的に自分の職場内で受けられるなど、自由度が高い内容にする予定。
プログラムの目的は、地方で働いているためスキルアップ教育を受ける機会が少ないが、地道なプライマリ・ケアで住民に貢献している看護師のスキル・モチベーション向上と、プライドを持ってもらうこと。
また将来的には、魅力ある教育プログラムにより、都市で働く若手看護師を地方に呼び込みたいという。
四方院長は、地方の病院・医師数は今後、さらに減るとして「プライマリ・ケアエキスパートナースが、三重県や日本の隅々の、訪問看護を中心とした在宅医療などで救世主になると思う」と期待を込め話した。
大病院など先端医療の現場の看護師は専門性が求められる傾向があり、専門ごとの資格認定制度も確立している。一方、同センターの評価表は、外来の幅広い診療科の中堅看護師の応用スキルを詳細に亘り評価するもので、完成すればおそらく全国初だという。全国の地域医療に貢献し得る取り組みで、発展が待たれる。

4月9日㈰10時~17時、津駅東口ロータリー・栄町公園・羽所町通り周辺で「津駅前ストリート倶楽部」=青山春樹会長=主催の『津駅前ストリートまつり』が開かれる。後援=津市、津市観光協会、津商議所、㈱まちづくり津夢時風。
津市内で最も勢いのあるエリアとして、近年注目を集めている津駅前の商店主らによる同倶楽部。県庁所在地の顔ともいえる津駅前を活性化させようと、毎月の清掃活動をはじめ、様々な取り組みを行っている。この祭りはその中でも最も大きいイベントで今年で6回目を迎える。
東口ロータリー内に設置したメインステージでは、津商工会議所青年部元気玉太鼓や津・高虎太鼓による和太鼓演奏、唐人踊りといった郷土芸能、2017年度津クイーン発表、ゆるキャラステージ、よさこい、ダンス、津ぎょうざ早食い大会など、多彩な内容が楽しめる。 歩行者天国の羽所通り周辺のストリート会場には飲食・物産販売ブースがずらりと並び、自由に描けるお絵かきバスや大道芸人パショーマン、地震体験車、自衛隊車両やエコカー展示。また、昨年も好評だったリアル謎解きアトラクション「4つのナゾの箱」も実施。尚、混雑が予想されるので、できる限り公共交通機関の利用を呼び掛けている。

津市芸濃町のガイド団体「芸濃ふるさとガイド会」は3月~8月に全12回、バス・ウォーキングによるツアー『芸濃名所めぐり+伊勢の津七福神 2017春夏』を催す。共催=津市芸濃総合支所地域振興課。
4月開催分の詳細は次の通り。集合時間・場所・申込み方法は全回とも同じで、集合は8時50分、津駅東口のローソン前。9時出発、15時半到着予定。
バスツアー……◆4月6日=㋺北神山の花街道と普門寺の桜(歩く距離約2・5㎞)▼参加費=千円▼津駅~花街道~芸濃資料館~閑翁寺~普門寺~錫杖湖水荘(昼食)~地蔵寺~榊原おもてなし館~津駅。
◆4月20日=㋩長徳寺の龍王桜と錫杖湖畔めぐり(同約1・5㎞)▼参加費=千円▼津駅~長徳寺~河内渓谷~安濃ダム~錫杖湖水荘(昼食)~同資料館~初馬寺~津駅。
◆4月27日=㋥光安寺と水源の神様美濃夜神社(同約1・9㎞)▼参加費=千五百円、昼食は錫杖湖水荘の平家御膳▼津駅~同資料館~光安寺~雲林院まちなみ~美濃夜神社~錫杖湖水荘(昼食)~高山神社~津城跡~津駅。
ウォーキング……◆4月13日=②河内渓谷、錫杖湖畔桜ウォーキング(約6・9㎞)。雨天中止▼参加費=千円▼津駅~長徳寺~河内渓谷~安濃ダム~錫杖湖水荘(昼食)~成覚寺~落合の郷~同資料館~津駅。
◆各コース定員20名(抽選)、最少催行人数8名。
◆申込み方法=往復葉書に次のように記入し郵送。
【往信用表面】=〒514─2292 津市芸濃町椋本6141─1 芸濃総合支所地域振興課「芸濃名所めぐり」事務局。
【返信用裏面】=空白のままにする。
【返信用表面】=自身(代表者)の住所・氏名、申込コース(例=㋺)。
【往信用裏面】=〒、住所、☎(携帯)、参加希望者全員の氏名・年齢、参加希望コース(例=㋺4/6)。
※1枚の葉書で1つのツアー日程につき3名まで申込み可。複数のツアーに申込む場合は日程毎に別の葉書で申込みを。小学生以下の参加は保護者の同伴が必要で、必ず保護者と一緒に1枚の葉書で申込むこと。
◆申込み締切り=各コース出発日の14日前必着。
問い合わせは同課☎津266・2510へ。

[ 3 / 68 ページ ]12345...102030...Last »