未分類

大井慎也さん

大井慎也さん

 鈴鹿市出身の大井慎也さん(36)が、6月19日~28日にセルビア共和国で開催されるフリーダイビングプール世界選手権に日本代表として初出場する。
 フリーダイビングは、水中で、呼吸のための装置を使わずに一呼吸での閉息時間・潜水距離・潜る深度を競うスポーツ。
 大井さんは、学生時代はダイビングに縁がなかったが、大人になり沖縄でスキューバダイビングを体験しその面白さに魅了されたのを機に24歳頃から、沖縄でダイビングインストラクターとして働いた。30歳を過ぎて帰郷し、デザイン会社勤務を経て、2011年、ダイビングショップ「Sirena Dive」=鈴鹿市中江島=をオープン。
 その後、知人の影響でフリーダイビングを始め、まもなく初出場した13年の日本選手権で見事、総合6位になった。翌年の同大会では結果が出せなかったが、この経験をバネに練習を重ね国内大会で総合優勝など好成績を収め、過去2年間の大会での記録により世界選手権出場が決まった。
 現在は同店を経営しながら、世界選手権に向け、鈴鹿市内のプールで練習中。また三重大学の研究室の被験者として、低酸素トレーニングも行う。
 選手活動のやりがいは記録が伸びることや、周囲の人が応援したり喜んでくれることだという大井さん。
 「世界選手権での目標は自己ベストと入賞です。今後、海でのフリーダイビングの記録も伸ばしたい。また三重の企業などスポンサーを増やしていければ。この競技でプロとしてやっていける人が出るよう、選手と地元のスポンサーというモデルケースを作りたいです」と抱負を語っている。
 問い合わせは☎鈴鹿059・387・3898へ。

気迫のこもった「美里龍神太鼓」の演奏

気迫のこもった「美里龍神太鼓」の演奏

 17日、津市美里町穴倉の専用練習場で『美里龍神太鼓』=若林善周代表=が恒例の謝恩懇親会を開いた。
 今年で結成18年を迎える同チームが、日頃の感謝を込めて年に1度、盛大に行っているもの。今年も前葉泰幸市長や地元選出の県議・市議、同チームを支える賛助会員など大勢の支援者たちが駆けつけた。
 ステージでは、地元の美里輪踊り友の会や、津・高虎太鼓の水谷忍さんが率いる津打の会による迫力満点の演奏、地元出身の演歌歌手・結城さおりさんの歌謡ショーが宴を彩った。昼食にはバーベキューやビールなどが振る舞われた。
 その後、小学生の部である龍童太鼓が元気あふれる演奏を披露。トリを飾った龍神太鼓は、感謝の気持ちがこもった熱い演奏を支援者の前で披露していた。
 最後の挨拶で若林代表は「ここまでこられたのも皆様一人ひとりのおかげ」と感謝の意を表した。

賞状を手に…入賞した子供達(結城神社にて)

賞状を手に…入賞した子供達(結城神社にて)

 17日、結城神社相撲場で、「第30回わんぱく相撲津場所」が開かれ、小学生89名が、保護者・見学者の前で白熱した取組を見せた。
 今大会で個人戦の4年生・5年生・6年生の優勝者は今年8月1日・2日に東京・両国国技館で開催される「第31回わんぱく相撲全国大会」の津地区代表として出場する(6年生優勝者が全国大会を辞退したため準優勝者が出場する)。
  入賞者は次の通り(敬称略。末尾は学校名)。
 ▼1年生=優勝…吉田海人・一志西。準優勝…平賀瑛大・養正。第3位…田口雄勢・北立誠。
 ▼2年生=優勝…グッドマン安龍・村主。準優勝…櫛引思羽・上野。第3位…中川蒼大・雲出。
 ▼3年生=優勝…吉田千沙都・大三。準優勝…村上颯俄・大里。第3位…仁木涼太郎・附属。
 ▼4年生=優勝…宮本利隆・北立誠。準優勝…瀬分悠・榊原。第3位…山科啓容・天白。   
 ▼5年生=優勝…稲垣明良・修成。準優勝…森川晴凪・一志西。第3位…吉田汰洋・一志西。
 ▼6年生=優勝…工藤大知・一志西。準優勝…岩田龍弥・藤水。第3位…榊琉一・育生。

[ 30 / 75 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »