未分類

再選を果たした前葉泰幸氏

再選を果たした前葉泰幸氏

任期満了(23日)に伴う津市長選が19日に告示され無所属で現職の前葉泰幸氏(53)が無投票での再選を果たした。
届出締切の17時を過ぎ、他の立候補者の届けが無かったため、前葉氏の当選が確定すると、津市東丸之内の事務所駐車場に集まった大勢の支持者や鈴木英敬知事、県内選出の代議士や県議・津市議たちと共に再選を祝した。
旧津市から数えて37年ぶりの無投票となった今回。自民党の推薦候補らとの選挙戦となった前回と違い、自民、公明、民主、維新の党の国政4党のほか、地域政党・新政みえなど、約300の組織・団体が前葉氏を推薦するという盤石な体制での立候補となった。
壇上で前葉氏は「多くの皆様の支援のおかげで無投票での再選を果たすことが出来た。こういった支援は二期目の市政に向けた期待として受け止めると共に、大きな責任を感じている。この再スタートで津市をもっともっと良いまちにし、合併して良かったと思える津市にしようと新たな決意で仕事をしていく」と二期目への意欲を語った。
政策面では、中学生までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置など、10市町村の合併効果による行政サービスの更なる充実を掲げた。

挨拶する橋爪俊裕会長

挨拶する橋爪俊裕会長

19日、津都ホテルで津ライオンズクラブ=橋爪俊裕会長、以下LC=が「結成55周年記念例会」を盛大に行った。
例会には、津LCの会員に加え、周辺のLCや、姉妹LCである台北LCと上富良野LCの会員ら、来賓の鈴木英敬三重県知事や前葉泰幸津市長ら計162名が出席した。
津LCは結成以来、様々な社会貢献活動に取り組んでいる。近年では、中勢グリーンパーク=津市あのつ台=への桜の木の植樹、時計台の設置、遊具の寄贈や盲導犬の育成にも力を入れている。
冒頭、橋爪会長は「当クラブは55年間、様々な会長の下で社会福祉をモットーに事業をしながら半世紀を過ごし、進化してきた。世の中がグローバル化し、社会構造や自然環境、人の考え方や価値観が大きく変化する中、組織も人間も変化する必要がある。ライオンズクラブも時代に合った奉仕をしていく必要がある」と力強く語りかけていた。

菅原社長に支援金を贈る松岡社長(左)

菅原社長に支援金を贈る松岡社長(左)

10日、酒類や食品の卸商社「㈱マツオカ」=津市高茶屋小森町1707─400、松岡宏社長=は、東日本大震災で被災した㈱男山本店=宮城県気仙沼市、菅原昭彦社長=を訪問し、今年も支援金を贈った。
支援金は昨年、マツオカが販売した男山本店の日本酒「蒼天伝特別本醸造」の300ml入り約4000本の売上から一本につき、20円を贈ったもの。男山本店は、東日本大震災による津波で、社屋や酒瓶を保管していた倉庫が流されるなど大きな被害(高台にあった酒蔵は無事だった)に見舞われたが、松岡社長は電話も復旧していない頃からEメールで菅原社長を激励。この4年間、毎年この時期に欠かさず、支援金を気仙沼市まで直接届けている。
菅原社長は「毎年、大変感謝をしている。震災から4年を迎えたが、気仙沼の復興はまだ全体の5%程。これから10年、15年と長い年月が必要と思う」と感謝の言葉を述べると共に、復興への長い道のりを改めて語っていた。
男山本店は苦難を乗り越え、弛まぬ努力を続けてきた結果、蒼天伝の大吟醸が昨年の全米日本酒歓評会で最高位の金賞を受賞。日本のみならずアメリカでも高い評価を受けている。
マツオカでは今年も「蒼天伝特別本醸造」300mlを1本420円(税別)で販売。注文・問い合わせは☎津235・5022へ。

[ 30 / 79 ページ ]« First...1020...2829303132...405060...Last »