未分類

津市内14のガイド団体が加盟する津市観光イドネットでは、『あなたの知らない街道めぐりわきみちよりみち 伊勢街道』を12月まで全3回開催中。
河芸町~高茶屋の同街道をガイドの案内のもと歩いて巡るもので、第2回が11月13日に行われる。
▼集合場所=近鉄江戸橋駅前。
▼受付=9時~9時半。 ▼コース=江戸橋駅前~伊勢街道(常夜灯・道標…阿部家…初午寺…四天王寺…塔世橋…能面博物館「聒々庵」…旧銃砲店…土井聱牙旧宅跡…旧津市役所門柱…道標…津観音…上宮寺…寒松院…御船入り…西来寺盛品塚…えんま堂…市杵島姫神社…神明神社)~JR阿漕駅。約7㎞。
▼参加費=五百円(資料・保険代・土産付)。記念のオリジナル缶バッヂ贈呈。
▼申込方法=往復葉書で〒514─0009、津市羽所町700、アスト津、津市観光協会内 津観光ガイドネット「あなたの知らない街道めぐり」係へ。
往信用裏面=参加者の住所・氏名・☎・開催日(11月13日)を記入。返信用宛名=代表者の住所・氏名を記入。返信用裏面=空白にする。1枚の葉書で3名まで申し込み可能。
▼締切=10月30日必着。
▼定員100名。申込者数が定員を超えた場合は抽選となる。
▼問い合わせは津市観光協会内の津観光ガイドネット☎059・246・9020へ。

この暑いのに、道を歩いている人をよく見かける。ポケモンとかいう位置情報ゲームをやっているのだろう。夜の十時のご近所の人だかりは、ポケモンを引き寄せていたのかもしれない。みなさん勤勉にゲームをやっていらっしゃる。
この間、田んぼの中の道路を通ったら、前の車が超低速で走っていた。ウインカーで合図されて追い越したが、車の人はたぶんゲーム中。勤勉なのも、これは行き過ぎだ。ポケモンをふ化させるには歩くべきだろう。
私が見かけたゲーマーたちは、高校生ぐらいから大人が多かったけれど、一回り体の小さい少年もいた。中学生か、もしかしたら、小学生か。
子育て中の親にはたいへんな時代である。新しいツールやソフトが出てきて、判断に迷う事柄が増えた。子供にスマホを持たせるか。ゲームやSNSをやらせるか。出会い系や危ないサイトから隔離する必要もある。
位置情報ゲームで外に出れば、交通事故、不審者との遭遇など、夏休みの危険が増すばかりだ。際限なくのめり込んでいきそうな子供を制御し、危険から守る手立てを考えなければならない。
やみくもに禁止したところで、子供は抜け道を探す。親子で話し合って納得させて、できる限り子供の行動を見守って。今思うと、ヤンキーやツッパリになることだけを心配していた時代はのどかだった。

(舞)

生徒たちに話しかける中垣内さん(右)

生徒たちに話しかける中垣内さん(右)

7日、津市渋見町の「津商業高校」で夏休みを利用したインターンシップの事前学習が行われた。
2年生で卒業後の進路に就職を希望する生徒123名が参加。津市内の企業で職場体験に参加する前に、社会で必要とされる心構えなどを学んでもらおうと催されたもの。職場体験を行う企業の紹介も行っている津商工会議所の依頼で㈱丸中産業=津市久居万町=の社長・中垣内良紀さんが講師として登壇した。
中垣内さんは最初に工場の塗装設備のメンテナンスなどを行っている自社の業務を紹介。社会で働く人々は好きなことばかりを仕事にしているだけではなく、最初は余りやりたくなかった仕事であっても真剣に取り組む内に面白くなって好きになる人が多いことに触れた上で、働くことの意味について、生きるために必要なお金を得るだけでなく生きがいを得る大切な手段であることを説明した。
その後は、多くの企業が社員に求めているコミュニケーション能力を養うトレーニングとして、あいうえを作文をしながら場の空気を和ませた。
最後に生涯挑戦を続けたホンダの創業者・本田宗一郎の言葉を紹介し「皆さんも何事にもチャレンジしてほしい」と激励した。

[ 5 / 68 ページ ]« First...34567...102030...Last »