未分類

山形大学都市・地域学研究所と山形県山辺町が開催した「安達峰一郎記念世界平和弁論大会」で津商業高校2年の鵜飼初笑さんが予選を通過し、10月27日㈯に同大学で開かれた本選に出場。上位4位には及ばなかったものの、「山形大学都市・地域学研究所長賞」を受賞した。
同町出身の安達峰一郎(1869~1934)は、国際間の紛争を戦争ではなく、国際法で解決する組織を作り、制度化に向けて生涯を捧げた。また「常設国際司法裁判所」の生みの親の一人でもある。
同大会は、国際法・世界平和の組織化に尽力した同氏の平和の精神を受け継ぐ弁論大会。高校生・中学生が、その普遍的な意義に学び、平和の精神を受け継ぐことを考える機会とすると共に、平和の精神の具体化の重要性を世界に向けて発信するもの。今年は全国から10名が出場した。
鵜飼さんは、「笑顔がくれるもの」と題して、昨今、スポーツ界を揺るがす不祥事の多発を指摘しながら、自身の生活体験を交えて笑顔が地域や世界の平和をもたらすという内容の7分間のスピーチにまとめ、現代社会の課題を聴衆に訴えた。

(スピーチの内容は別記事)

川遊びが楽しめる「落合の郷」

川遊びが楽しめる「落合の郷」

津市芸濃町河内、安濃川の源流に近い清流のほとりにある市営施設「落合の郷」は、あまり知られていないものの、豊かな自然に囲まれ、川遊びやバーベキューに絶好のスポット。
毎年、地元のボランティア団体が草刈りを行っている。
またボランティアガイド団体「芸濃ふるさとガイド会」=駒田富士雄会長=では10年ほど前から毎年1回、夏の川遊びシーズンの前に、施設内の親水公園のトイレを清掃しているほか、近くにある「成覚寺」を案内する際、同施設もガイドしてPR。「ここ数年、賑わってきました。小さな子供さん連れの家族が多く、駐車場に車が20~30台とまっている日も。沢山の方に来て楽しんで頂ければ」としている。

▼第63回チャーチル会・津展=17~20、三重画廊
▼夜籠りの宴・手嶌かよ=24~29、VOLVOX
▼津市民文化祭・舞台芸術部門「民謡新舞踊の会」=20、津リージョンお城ホール
▼南立誠地区老人クラブ主催・ミドラリハーサルバンドジャズコンサート=20、アストホール
▼第13回サンデルタ歌と踊りの集い・ゲスト歌手・竹村こずえ
▼津市民文化祭・美術部門「書道展・工芸美術展」=~20、津リージョンプラザ
▼津市民文化祭・生活文化部門「茶の湯大会」=19~20、津リージョン
▼佳旺会日本画展=17~20、アストプラザ
▼第2回ポアンの会展=23~27、三重画廊
▼エレクトーンフェスティバル2018村井楽器津店大会=20、嬉野ふるさと会館
▼槇原敬之コンサート=17、総文大ホール
▼琴伝流大正琴第27回中京大会=19、県総文大ホール
▼田中宏子ピアノコンサート=19、県総文小ホール
▼しゅんこうの和紙ちぎり絵・菊山サークル作品展=25~27、アストプラザ

[ 5 / 79 ページ ]« First...34567...102030...Last »